Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/04/18
Update

22年目の告白キャストとあらすじ!映画舞台挨拶や試写会情報も

  • Writer :
  • リョータ

“すべての国民が、この男に狂わされる”

韓国映画『殺人の告白』を入江悠監督がリメイクしたクライムサスペンス映画『22年目の告白 私が殺人犯です』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』の作品情報

【公開】
2017年(日本)

【監督】
入江悠

【キャスト】
藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル

【作品概要】
『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』でおなじみの入江悠監督が、2012年の韓国映画『殺人の告白』を基に描いたサスペンススリラー。

主演に藤原竜也さんと伊藤英明さん、共演に夏帆さん、野村周平さん、石橋杏奈さんら若手俳優に加え、平田満さん、岩松了さん、仲村トオルさんなどのベテラン俳優陣が脇を固めた豪華キャストが集結している。

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』のキャスト一覧

曾根崎 雅人 / 藤原竜也


(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会

1997年、蜷川幸雄さん演出の舞台『身毒丸』の主役オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビューを飾った藤原竜也さん。

その後も舞台へ出演する傍ら、映画界では深作欣二監督の『バトル・ロワイアル』(2000)の主演に抜擢され、一躍脚光を浴びました。

2001年、今度はテレビドラマにおいても活躍を見せます。日本テレビドラマ『新・星の金貨』で連続ドラマで初主演を果たし、ますます注目を集めることに。

2004年にはNHK大河ドラマ『新選組!』で沖田総司役、2006年の映画『デスノート』では夜神月役を演じ、さらに人気を博します。

さらには映画『カイジ』シリーズや『藁の楯』(2013)、『僕だけがいない街』(2015)、TBSテレビの2017年春ドラマ『リバース』など、様々な話題作で個性的なキャラクターを演じ、常に強烈なインパクトを残し続けてきました。

そんな藤原竜也さんが本作で演じているのは、22年目の告白をすることになる男、曾根崎 雅人。

まさに藤原さんのためにあるような役柄で、一体どのような怪演を見せてくれるのか…今から楽しみですね!

牧村 航 / 伊藤英明


(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会

1993年に第6回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」準グランプリを受賞したことで、芸能界デビューを果たした伊藤英明さん。

2000年にはテレビ朝日ドラマ『YASHA-夜叉-』でテレビドラマ初主演、同年の映画『Blister 〜ブリスター〜』では映画初主演を果たし、この作品で高崎映画祭新人賞を受賞するなど、高評価を獲得します。

さらにフジテレビドラマ『救命病棟24時』シリーズや『白い巨塔』(2003)でも素晴らしい演技を披露してくれましたが、やはり伊藤さんといえば『海猿 ウミザル』(2004)ですよね。

この『海猿』シリーズの大ヒットによって一躍スターへの階段を駆け上がった伊藤さんは、その後も様々な作品に出演し続け、2012年には三池崇史監督の『悪の教典』で悪役としての新境地を開拓するなど、俳優としての幅を広げていきました。

本作『22年目の告白 私が殺人犯です』で伊藤さんが演じているのは、かつて犯人を追い詰めながらも逃してしまった刑事の牧村航。

22年目に犯人として名乗り出た曾根崎だが時効が成立していてどうにも手が出せないという状況に、一体どう対応し、また伊藤さんがどう演じているのかに注目です!

岸 美晴 / 夏帆

2003年にCMに出演して芸能界デビューを果たした夏帆さんは、2003年から(2005年まで)ファッション雑誌『ピチレモン』でモデルとして活躍していました。

2004年には、これまで数々の名女優を輩出してきた登竜門的存在である「三井のリハウス」のCMで11代目リハウスガールに抜擢。

それ以降『ケータイ刑事 銭形零』(2004~05)を皮切りに、女優として活動するようになります。

2007年の主演を務めた映画『天然コケコッコー』では、その高い演技力が評価され、第31回日本アカデミー賞新人俳優賞、第29回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、第32回報知映画賞最優秀新人賞などといった様々な賞レースを席巻。

2008年には『東京少女』、『うた魂♪』、『砂時計』と立て続けに主演映画が公開され、女優・夏帆の名が日本中に知られるようになりました。

その後も様々なテレビドラマや映画に出演し、2015年の是枝裕和監督作『海街diary』では第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞するなど、女優としてますます脂が乗っているといったところでしょうか。

そんな夏帆さんが本作で演じているのは、被害者遺族の娘である岸美晴。曾根崎の命を狙うことになるのですが、いつもの可愛らしい夏帆さんとはまた一味も二味も違った一面を見せてくれることに期待大です!

小野寺 拓巳 / 野村周平

アミューズ全国オーディション2009「THE PUSH!マン〜あなたの周りのイケてる子募集〜」で、見事グランプリを受賞し、芸能界デビューを果たした野村周平さん。

翌年にはMBSドラマ『新撰組 PEACE MAKER』でテレビドラマデビューを果たし、その後も何ドラマや映画への出演が増えていきますが、彼が本格的にブレイクを果たしたのは、フジテレビドラマ『恋仲』(2015)でしょう。

この作品で、ミステリアスな蒼井翔太という役柄を演じ、一躍注目を集めることに。翌年にはフジテレビドラマ『フラジャイル』、『好きな人がいること』などに出演し、ますます人気に火が付きます。

映画では『ちはやふる』(2016)や『森山中教習所』(2016)、『ミュージアム』(2016)など立て続けに話題作に出演。

2017年には本作の他に、『サクラダリセット前篇/後篇』(2017年3月25日・5月13日公開予定)、『帝一の國』(2017年4月29日公開予定)の公開が控えており、現在の若手俳優の先頭を切っている存在といえますね。

そんな野村周平さんが本作で演じているのは、牧村刑事の妹・里香の恋人である小野寺拓巳。どうような立ち位置になるのか詳細は不明ですが、今大注目の若手俳優の演技に注目しましょう!

牧村 里香 / 石橋杏奈

2006年に第31回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、芸能界入りを果たした石橋杏奈さん。

翌年にはテレビ朝日ドラマ『失踪HOLIDAY』(2007)でいきなり主演として女優デビューを果たします。

2008年には廣木隆一監督の『きみの友だち』で映画でも初主演を務め、30回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞するなど、新人女優であるにも関わらず高い評価を得ていました。

その後も日本テレビドラマ『銭ゲバ』(2009)、TBS系ドラマ『MM9-MONSTER MAGNITUDE-』(2010)、フジテレビドラマ『無痛〜診える眼〜』(2015)などに出演しています。

本作『22年目の告白 私が殺人犯です』で石橋さんが演じているのは、牧村の妹である里香。一体どのような役回りになるのかに注目して見ていきましょう!

春日部 信司 / 竜星涼

2010年のフジテレビドラマ『素直になれなくて』で、俳優デビューを果たした竜星涼さん。

翌年にはTBSドラマ『桜蘭高校ホスト部』(2011)に出演し、2012年の映画版『桜蘭高校ホスト部』で映画デビュー。

2013年には『獣電戦隊キョウリュウジャー』で 桐生ダイゴ(キョウリュウレッド)を演じ、一気に日本中の注目を集めます。

その後も『orange』(2015)、『泣き虫ピエロの結婚式』(2016)、『君と100回目の恋』(2016)などの話題の映画に出演。

2017年のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』にも出演することが決まっており、今後の活躍がますます期待されている若手俳優の一人ですね!

そんな竜星さんが本作で演じているのは、牧村航の部下である熱血刑事の春日部涼。牧村とは何かとコンビを組むことになるそうですが、気が短いようで曾根崎の挑発にも簡単に乗ってしまうのだとか。

注目若手俳優の竜星さんが一体どのような演技を見せてくれるのか…非常に注目度は高まっています!

戸田 丈 / 早乙女太一

 
4歳の頃(1995年)に初舞台に立ち、すでに存在感を発揮していたという早乙女太一さん。

映像媒体に初めて登場したのは、北野武監督作品の『座頭市』(2003)。続く『TAKESHIS’』(2005)にも出演し、一気に注目を集めます。

2007年以降は女形として舞台に立つ傍ら、テレビドラマ界にも進出し、NHK大河ドラマ『風林火山』(2007)やフジテレビドラマ『信長協奏曲』(2014)、テレビ東京ドラマ『信長燃ゆ』(2016)など主に時代劇などで活躍していました。

他にも映画『少年H』(2013)、『クローズEXPLODE』(2014)、『HiGH&LOW THE MOVIE』(2016)などに出演しています。

そんな早乙女太一さんが演じるのは、橘組という暴力団の若手構成員である戸田丈。22年前の事件に深い関わりがあるようで、曾根崎の命を狙っているのだとか。果たして早乙女さんがチンピラをどう演じているのか…非常に興味深いですね!

山縣 明寛 / 岩松了

俳優としてはもちろん、劇作家・演出家・映画監督としても知られる岩松了さん。

最初に頭角を現したのは劇作家もしくは演出家としてでした。1980年代初頭から活動をしていた岩松さんは、1989年に『蒲団と達磨』で岸田国士戯曲賞、1993年には紀伊國屋演劇賞、1998年『テレビ・デイズ』で読売文学賞と、様々な受賞歴を誇っています。

1990年代からは俳優としても活動を始め、『のだめカンタービレ』や『転々』などといった様々なテレビドラマや映画で脇役として存在感を発揮し続けていますね。

そんな岩松さんが本作で演じているのは、かつて曾根崎に目の前で妻を殺された医師の山縣明寛。

曾根崎と対面したことで新たな騒動に発展することになるのですが、岩松さんの渋い演技に注目です!

橘 大祐 / 岩城滉一

ロックバンド“クールス”のメンバーとして知られる岩城滉一さんは、1975年に東映映画『新幹線大爆破』で俳優デビューを果たします。

その後、日本テレビドラマ『前略おふくろ様』(1977)に出演し、1981年には『北の国から』で北村草太役を演じ、一躍国民的人気者となりました。

1980年代からはレーサーとしても活動を始め、俳優としても様々な作品に出演し続けていますね。

本作で岩城滉一さんが演じているのは、かつて恋人を曾根崎に殺されてしまった橘組の組長・橘大祐。

曾根崎の登場で彼の命を狙うことになるのですが、岩城さんのド迫力の演技に注目です!

仙堂 俊雄 / 仲村トオル

1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で俳優デビューを飾った仲村トオルさん。翌年からは『あぶない刑事』シリーズに出演し、人気を博します。

その後もフジテレビドラマ『29歳のクリスマス』(1994)、映画『きけ、わだつみの声 Last Friends』(1995)、フジテレビドラマ『眠れる森』などの話題作に次々と出演。

さらには『救命病棟24時 第3シリーズ』(2005)、『海猿』(2005)、『華麗なる一族』(2007)、『チームバチスタ』シリーズなど、常に第一線で活躍し続けていますね!

そんな仲村トオルさんは、人気報道番組「NEWS EYES」でメインキャスターを務める仙堂俊雄。

時効を迎えた曾根崎に対し、メディアの力を使って彼を裁こうと奮闘することになる訳ですが、一体どのような結末を迎えるのか…要注目です!

スポンサーリンク

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』のあらすじ


(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会

22年前 ―

5人の命が奪われる凄惨な連続殺人事件が発生。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるというルーティンで犯行を重ねていました。

捜査を担当していた刑事・牧村は犯人を追い詰めるも、罠にはまってしまい、結果として上司を殺されてしまいます。

それから22年 ―

曾根崎雅人という一人の若い男が開いた記者会見で再び事件の幕が上がります。

その会見で曾根崎は不敵な笑みを浮かべながら、ある1冊の本の出版を発表しました。

タイトルは「私が殺人犯です」。

なんと22年前のあの連続殺人事件の犯人が自分だというのです。

すでに時効を迎えているこの男の登場で、日本中が大混乱に陥りました。

顔を晒し、肉声で殺人を告白する曾根崎の残忍な殺人犯とも思えぬほど美しい容姿にマスコミの報道も過熱します。

SNS上でも一気に人気者になってしまい、一躍時の人となった曾根崎。

賛否両論が巻き起こる中、出版した本もベストセラーになりますが曾根崎の企みはそれで終わった訳ではありませんでした。

マスコミを連れて被害者遺族への謝罪行脚をおこなったり、刑事を挑発したり、はてはサイン会を開いたりとさらに報道やSNSを過熱させてしまいます。

そしてそんな時…あらたな事件が巻き起こり…。

かつて事件を担当し、直前で犯人を捕まえ損ねたことを今でも悔やみ続けていた刑事・牧村は、再び起きた事件を曾根崎の仕業だとにらみ、今度こそ捕まえようと奔走します!

果たして…曾根崎の目的とは一体…?!

牧村は事件の真相に辿り着けるのか?!

スポンサーリンク

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』公開はいつから?

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』の劇場公開は、2017年6月10日(土)よりスタートすることがすでに決定済みです。(前売り券は3月18日より発売中

TOHOシネマズ系やイオンシネマ系列の他にも全国的にかなり大規模での劇場公開が予定されており、この作品への力の入れようと評価の高さが窺われますね。

さらには、劇中で曾根崎(藤原竜也)が出版する告白本『私が殺人犯です』と同様な形式の小説『22年目の告白-私が殺人犯です-』が4月14日(金)に講談社から発売されることも決定したようで、事前のプロモーションもバッチリといったところでしょう。

韓国版のリメイクということですので、元々のファンの方たちを取り込むにはいかにしてオリジナリティを出しつつ、元のイメージを損なわず、なおかつそれを超える結末を用意しなくてならないという、もはや曲芸的手腕を披露しなくてはならないのが、リメイクの弁慶の泣き所ではありますね。

しかし、監督の入江悠さんはじめスタッフ・キャスト共に最高のメンバーが揃っているので、大ヒットロングランも夢ではないかもしれません!

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』試写会はある?

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』の試写会は、2017年5月中旬と5月30日に予定されています。すでに応募は始まっており、締め切りが迫っているものもございますので、以下をご参照ください。

試写会情報

開演日時:5月中旬 時間不明
上映場所:都内某所(※マル秘ゲスト付き)

① SODA 5月号    
  招待者数:5組10名様
  応募方法:官製ハガキ(※応募券の貼付必要)
  締め切り:5月1日

② シネマ☆シネマ スペシャル 2017年春号
  招待者数:5組10名様
  応募方法:官製ハガキ(※応募券の貼付必要)
  締め切り:5月1日

開演日時:5月30日(火)19時00分~
上映場所:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場、豊洲、としまえん他、全国36箇所のユナイテッド・シネマ/シネプレックス

① Cinema Style for au
  招待者数:36会場4000組8000名(※auスマートパス会員限定ですのでご注意下さい
  応募方法:auスマートフォン(http://movie-cp.auone.jp/
  締め切り:5月18日

現時点で発表されているのは以上の通りです。詳細につきましては各誌、もしくはホームページをご参照ください。

まとめ


(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会
藤原竜也さんがハマり役になること間違いなしの本作『22年目の告白 私が殺人犯です』。

豪華キャストも集結し、常に最高の評価を得ている入江悠監督がメガホンを取るとあれば、これはもう面白いに決まっているでしょう!

主題歌も今話題のロックバンド・感覚ピエロが本作のために書き下ろした『疑問疑答』に決定したという事で、こちらの方でも注目が集まっていますね!

注目の劇場公開は2017年6月10日(土)より始まります!ぜひ劇場で事件の真相をお確かめ下さい!

スポンサーリンク

関連記事

サスペンス映画

映画『暗くなるまで待って』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『ローマの休日』や『ティファニーで朝食を』などで知られるオードリー・ヘプバーン… その美しさだけでなく高い演技力をも知らしめた『暗くなるまで待って』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『暗くなるま …

サスペンス映画

映画『お嬢さん』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

韓国映画の勢いが止まりません。中でもパク・チャヌク監督の『お嬢さん』に注目です。サラ・ウォーターズの小説『荊の城』を原作に、舞台を19世紀のイギリスから日本統治下の朝鮮半島に置き換え、豪奢でエキサイテ …

サスペンス映画

映画『キッスで殺せ!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

一人の女が残した大いなる謎とは一体…?! ソリッドかつクールな私立探偵マイク・ハマーが躍動する『キッスで殺せ!』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『キッスで殺せ!』の作品情報 【公開】 1955 …

サスペンス映画

映画セールスマンあらすじとキャスト!日本公開はいつ?試写会情報も

“ある夜の闖入者…。辿り着いた真実は憎悪か、それとも愛か…。” 巨匠アスガー・ファルハディが描くの濃密な心理サスペンスの傑作『セールスマン』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『セールスマン』の作 …

サスペンス映画

映画『スプリット』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

女子高生3人vs “23+1人”の攻防?! M・ナイト・シャマラン史上最も衝撃的なラストが待ち受ける『スプリット』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『スプリット』の作品情報 【公開】 2017年 …

映画専門サイトライター募集中