Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

実写映画『ミスミソウ』のトラウマ漫画の映像化は「赤」に注目!胸キュン場面もある?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

乙女心をくすぐる胸キュンな場面写真を解禁!ミスミソウの花言葉は、「あなたを信じます」。

2018年に最も切なく、最も美しくて残酷なトラウマ・サスペンス映画『ミスミソウ』

壮絶な状況なかでも微かな希望を与えてくれた存在に、少しづつ距離が近づいていくふたりの淡い切ない恋の行方は? (トラウマ・サスペンス映画ですが…)

スポンサーリンク

1.人気コミックを実写映画化『ミスミソウ』とは


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

コミック『ハイスコアガール』や『でろでろ』などで知られる人気漫画家として知られる押切蓮介の代表作にして、映像化不可能とされた伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』を実写映画した作品は4月7日(土)より、新宿バルト9ほか全国公開

押切蓮介のファンの間でも1、2を争うほどの人気のある作品で、ネット上のトラウマ漫画系まとめサイトや掲示板などでは、必ずと言っていいほどタイトルがあげられる認知度ある押切蓮介作品の初実写化です。

2.キャストとスタッフもすごい!実写映画『ミスミソウ』

今注目の若手女優・山田杏奈は春花役!


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

最も今勢いのある女優として注目を集めている山田杏奈が映画初主演となる春花役を射止めことでも話題の高い作品です。

また主人公の春花を学校で支えている唯一の味方である相場晄役を、映画『渇き。』や『ちはやふる 上の句/下の句』などの話題作に立て続けに出演を果たした注目の俳優の清水尋也が演じています。

さらには演出には、映画『先生を流産させる会』や『ライチ☆光クラブ』など、少女少年を主人公としたサスペンス作品の内藤瑛亮監督が自ら自信作という完成度を見せた作品です。

スポンサーリンク

唯一の春花の味方である相場晄役に清水尋也


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

3.胸キュンなトキメキ?もある実写映画『ミスミソウ』

胸キュン必至の場面画像3点解禁!


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

情報解禁する度にSNSで注目の高い話題作『ミスミソウ』。残虐だけではなかった! 絶望的な状況のなか、主人公春花を支える淡い恋心も見所の一つです。

今回解禁となった場面写真は、山田杏奈演じる主人公の野咲春花と、彼女の心の支えである相場晄役の清水尋也との距離が少しずつ近づいていく様子がわかる3点です。

これらは「ずっと会いたかったと」言葉をかける相場の優しい言葉に春花は口を噛みきりながら泣いてしまう場面。

また、「野咲(春花)を守るから」と誓いの言葉をかけて近づいていく相場の様子など、ふたりの想いを確かめていく、まさに乙女心をくすぐる場面ですよね。

スポンサーリンク

4.実写映画『ミスミソウ』の「赤色」の色彩に注目!


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

本作『ミスミソウ』では、主人公の春花が身にま取っている「赤」の面積が大きくなるほど、春花の人間性が欠如していくように演出したという内藤瑛亮監督。

後半部分になると、春花の復讐が進むにつれ増えていく「赤」の表現に注目してみると、この作品は一層楽しめるはずですよ。

歪んだ愛と暴力が、一層さらなるバイオレンスを呼ぶ壮絶なシーンには容赦がなく、近年の日本映画ではかなりの残酷さで衝撃度数も大きい衝撃に要注目です!

5.映画『ミスミソウ』のあらすじ


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

東京から田舎に転校してきた野咲春花は、“部外者”と呼ばれ、壮絶なイジメを受けていました。

春花の唯一の味方となってくれたのは、同じく転校生であるクラスメイトの相場晄でした。

彼の存在を心の支えに必死に耐えてきた春花でしたが、クラスメイトで女王的ヒエラルキーで支配する小黒妙子と、その取り巻きであるイジメグループからの嫌がらせは、徐々にエスカレートしていきます。

ある日、それはあろうことか、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くまでとなります。

春花の妹祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまいます。

想像を絶する悲劇に遭遇した春花の心は崩壊してしまいます。

やがて、事件の真相が露見することを恐れたイジメグループのメンバーたちは、春花に自死を行うことを強要しはじめます。

それがきっかけとなり、春花は事件の真相を知ると、家族を奪ったイジメを行う女王の妙子たちに復讐を開始するのだが…。

まとめ

実写映画『ミスミソウ』は、4月7日(土)初日舞台挨拶が決定!4月2日よりチケット販売スタートします。

会場となる新宿バルト9では、4月7日(土)の【1回目】を11:45の回上映後舞台挨拶 (登壇13:45-14:30)。

【2回目】を15:00の回上映前舞台挨拶 (登壇15:00-15:30)の予定にしているようです。
(※登壇者はやむなく変更となる可能性がございます。ご了承ください)

2018年4月7日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

映画『さらば友よ』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。アランドロン×ブロンソン共演おすすめ代表作!

アラン・ドロン×チャールズ・ブロンソンの2大スター共演のサスペンスアクション! ジャン・エルマンが脚本・監督を務めた、1968年製作のフランス・イタリア合作のサスペンスアクション映画『さらば友よ』。 …

サスペンス映画

プリズンエクスペリメントは実話?ネタバレ感想と考察!ラスト結末も

2017年7月19日(水)より新宿シネマカリテにて上映中の人格破壊映画と呼ばれる『プリズン・エクスペリメント』。 サンダンス映画祭3部門受賞ほか、各国の映画祭でも絶賛された作品で、『es[エス]』『エ …

サスペンス映画

【ネタバレ】エノーラ・ホームズの事件簿2|結末あらすじ感想と評価考察。エノーラとシャーロックがお互いを導き合うバディムービー|Netflix映画おすすめ120

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第120回 名作小説「シャーロック・ホームズ」シリーズから設定を借用した人気小説「エノーラ・ホームズの事件簿」。 エドガー賞を受賞したこの小 …

サスペンス映画

映画『L.A.コンフィデンシャル』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

~一人の女、ひとつの真実…男たち、野獣の輝き~ ジェイムズ・エルロイの暗黒の“L.A.4部作”を一つを見事に映画化した傑作クライム・サスペンス『L.A.コンフィデンシャル』をご紹介します。 スポンサー …

サスペンス映画

映画レッド・スパローあらすじとキャスト。ジェニファー・ローレンス紹介も

映画『レッド・スパロー』は3月30日(金)よりTOHOシネマズ他全国映画館にてロードショー! 映画『ハンガー・ゲーム』シリーズでタッグを組んだフランシス・ローレンス監督とジェニファー・ローレンスのWロ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学