Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『隣人13号』ネタバレあらすじのラスト結末と感想評価。サイコホラー映画として小栗旬と中村獅童が陰湿ないじめ問題を演じる!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

中村獅童×小栗旬によるネオ・サイコ・サスペンス・ムービー!

井上靖雄が監督を務めた、2004年製作の日本のネオ・サイコ・サスペンス映画『隣人13号』。


(C)2004井上三太/『隣人13号』製作委員会

かつて同級生の赤井から酷いいじめを受けていた建設作業員の村崎十三が、10年ぶりに地元に帰ってきました。

自身が勤める建設会社に入社してきたのが十三だと気づかずに、赤井はまた十三をいじめだします。十三にはもう1つ、凶暴な別人格が宿っているとは気づかずに………。

小学生時代に凄惨ないじめにあった主人公が10年越しにいじめっ子に復讐をする、R15+指定のネオ・サイコ・サスペンス映画『隣人13号』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

映画『隣人13号』の作品情報


(C)2004井上三太/『隣人13号』製作委員会

【公開】
2005年(日本映画)

【原作】
井上三太の漫画『隣人13号』

【監督】
井上靖雄

【キャスト】
中村獅童、小栗旬、新井浩文、吉村由美、石井智也、松本実、劇団ひとり、村田充、三池崇史

【作品概要】
LOVE PSYCHEDELICO、元ちとせや韻シストなどのPVを手掛けたディレクターの井上靖雄が監督を務めた、日本のネオ・サイコ・サスペンス作品。

原作は、人気漫画家の井上三太の初期の傑作漫画『隣人13号』。『ピンポン』(2002)の中村獅童と、テレビドラマ『花より団子』(2005)や「クローズZERO」シリーズの小栗旬が主演を務めています。

※本作はR15+指定作品のため、15歳未満の方は鑑賞できません。

映画『隣人13号』のあらすじとネタバレ

神奈川県藤沢市にある「藤沢市立小友第五小学校」に通う小学6年生の村崎十三は、同級生の赤井トールから酷いいじめを受けていました。

そんなある日、十三は無理矢理理科室に連れて行かれ、赤井に硫酸をかけられ顔にひどい火傷を負ってしまいました。

それから10年後、十三は2階建ての中古アパート「平和荘」の1階にある13号室に引っ越しました。

その真上にある2階の23号室にも、十三とほぼ同時期に引っ越してきた家族がいました。赤井とその妻子です。

十三は赤井が勤めている建設会社「株式会社奥仲工務店」へと入社。入社して早々、建築現場のリーダーになっていた赤井に目をつけられてしまいます。

気弱な作業員の関肇は、十三に親切に接しました。それが気に食わなかった赤井は、十三の右足を角材で殴りつけます。

激痛に耐えきれず、十三は簡易トイレの中に駆け込みました。赤井は外側から簡易トイレのドアを押さえつけ、十三を中に閉じ込めます。

その直後、赤井を吹き飛ばすほどの力でドアを蹴破って出てきた十三は、まるで別人のようでした。

その暴挙に驚く赤井に対し、関は感嘆しました。関は十三と同じく、入社してからずっと赤井にいじめられていたからです。

そのまま早退した十三のもとに、赤井の妻のぞみと息子の勇気が引っ越しの挨拶に来ました。

2人が買い物に出かけると、十三は23号室に堂々と忍び込んで部屋の中を物色し、盗聴器を仕掛けます。

その日の夕方。十三のもとに関が見舞いにやってきました。関は本当は今の仕事を辞めてアニメーターになりたいことと、赤井に対する愚痴を零しました。

「2人であいつを殺しちゃう?」と関が冗談っぽく言うと、十三は自身の過去と、自身の心の中に巣食う別人格の13号について話します。

13号は自身をいじめてきた赤井に対する憎悪から生まれたものであること。日を増すごとに主人格である十三でさえ制御できないほど、13号は凶暴化し、体を乗っ取って好き勝手していることを。

そして最後に、十三はビニール製の仮面に隠した爛れた顔をさらして助けを求めました。

関と話したことで嫌な記憶が蘇った十三は13号に変わり、騒音トラブルで揉めた隣室の中年男性の金田を惨殺してしまいます。

以下、『隣人13号』ネタバレ・結末の記載がございます。『隣人13号』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

翌朝。関は赤井に13号のことを話そうとするも、赤井は無視しました。昼休みになった時、赤井は「勇気がいなくなった」とのぞみから電話があり、慌てて帰宅します。

またしても赤井に無視されてしまった関は、十三におそるおそる声を掛けました。「俺の相談に乗ってくれるの?いい奴だな…」と言うも、13号は己の秘密を知った関を撲殺します。

結局のぞみの嘘だったことが分かり、赤井は現場に戻りました。関の死体が建築中の家の床下に隠されているとは知らずに………。

その日の夜。13号がしたことを知った十三が部屋で泣いていると、のぞみが実家から送られてきたみかんをおすそ分けしにやってきます。

十三は13号の幻覚に苛まれつつ、「旦那さんと行ってきたらどうですか?僕が勇気くんを預かりますから」と言い、お返しに新聞屋さんから貰った映画のチケットを2枚のぞみに渡しました。

その後、勇気がテレビゲームをする傍らで、のぞみは帰宅した赤井と、彼の暴走族時代の後輩「死神」と鍋を囲みながら昔話に花を咲かせていました。

学生時代、赤井は関東暴走連合「犬」の総長を務め、レディース「猫」のリーダーを務めていたのぞみと共に荒んだ生活を送っていました。

そんなある日、背の低い男が「犬」の入団試験を受けに来ました。男は団員たちに失神するまで殴り続けられ、赤井にカッターで頬を傷つけられてもなお、最後まで彼らを挑発し耐え続けました。

そんな男に赤井は「死神」と名付け、入団を許可します。その時の赤井の格好良さに惚れこんだ死神は、一生ついていくと決意しました。

のぞみは十三から貰った映画のチケットを手に、赤井をデートに誘いました。赤井は勇気を見知らぬ住人に預けることに不安を抱きつつ、のぞみの言葉を信じて久しぶりにデートすることにしました。

その頃13号は、赤井たちの会話を盗聴しつつ、ビデオカメラを操作していました。その背後に、十三は割った酒瓶を持って立っていました。

「殺す相手が違うんじゃねえか?自分の都合で俺を呼び出しておいて、自分勝手すぎるだろ」と13号が振り向かずに言うと、十三は涙を流して彼を殺すことを諦めました。

そして翌日、赤井夫婦のデート当日。十三はビデオカメラを手に、勇気を遊園地に連れていきました。

その日の夕方、十三は尿意を催した勇気をトイレに連れていきました。手洗い場にためた水で一緒に手を洗っていた時、13号が十三の体を乗っ取り、勇気を溺死させようとします。

この日ずっと勇気の身を案じて2人を尾行・監視していた死神は、勇気を助けるべく13号に襲い掛かるも、返り討ちにされてしまいました。

13号は死神をトイレの個室の中に連れ込み、抵抗する彼を嘲笑しながら惨殺しました。完全に体を乗っ取られてしまった十三は、ただ見ていることしかできませんでした。

13号の殺人現場を目撃してしまった勇気は逃走を図るも、すぐに戻ってきた十三にあえなく捕まってしまいます。

デート後、仲睦まじく帰宅した赤井夫婦は、玄関先で体を重ねました。その後、のぞみは勇気を迎えに13号室に行きましたが、応答はありませんでした。

いくら待っても勇気が帰ってこず、不安を募らせていくのぞみ。最初は「そのうち帰ってくるだろう」と彼女に言っていた赤井も、たまたまつけたお笑い番組での劇団ひとりが発した「子供が帰ってこない?それは死んでるわ」という言葉を聞いて内心動揺します。

そしてのぞみから、勇気を預けた住人が十三だと聞いた赤井は、彼女と共に13号室へ向かいました。

中から応答はないものの、何故か鍵が開いていました。赤井夫婦はおそるおそる中に入り、真っ暗な部屋に明かりをつけます。

赤井夫婦の目に飛び込んできたのは、奥の寝室に置かれた血だらけのビニールシートと、そのそばに不自然に残されている勇気の上着とリュックでした。

さらに部屋の中を調べると、ビデオカメラがありました。そのビデオカメラに記録された勇気の姿を眺めつつ、赤井は顔写真のそばにあったアルバムを開きます。

そのアルバムは、赤井と十三が通っていた小学校の卒業アルバムでした。十三が欠席した日に撮ったクラスの集合写真には、赤井の顔が黒く塗りつぶされ、「殺」と大きく書かれていました。

それを見た赤井は、十三が昔自分がいじめていた同級生だったことを思い出します。その直後、ビデオカメラに泣いている勇気を、カッターを手に恫喝する13号の姿が映し出されました。

赤井は暴走族時代の子分のもとを訪れ、ライフルを入手。その足で母校に向かい、「同窓会」と称した十三と13号の挑戦状を受けることにしました。

ついに警察によって13号が犯した殺人事件の捜査をはじめていくなか、赤井はライフルを片手に、物音がする2階の男子トイレに向かいます。

その物音の正体は、男子トイレの個室にかけられたモップのハンドル部分に巻かれたホースから流れる水と、それによってモップ替糸が揺れる音でした。

男子トイレを後にした赤井は、3階にある理科室へ向かいます。理科室は真っ暗な校舎の中で唯一、電気がつけられていました。

そこで待ち構えていた13号は、赤井の前に持っていた鞄を滑らせます。赤井は思わずその鞄を目掛けてライフルを発砲。

理科室の奥に移動した13号を追いかけ、ライフルを突きつけるも、13号にライフルを奪われ追い詰められてしまいます。

刀をぶん回しながら赤井を追い詰めていく13号。その刀で自分の左足のつま先を傷つけ、模造刀ではないことを赤井に見せつけた上で、刀を捨ててライフルを彼に突きつけます。

赤井は「本当に村崎か?勇気をどこにやった」と尋ねると、13号は「鞄の中」と答えました。

鞄に詰められた息子の変わり果てた姿を見て、赤井は自分が息子を撃ったことを知り、発狂します。

精神崩壊寸前にまで追い詰められた赤井は、自分が十三にしてきた所業の重さを自覚し、「悪かったよ、ごめんな」と謝罪しました。

赤井の心からの謝罪を聞いて動揺した13号の隙をつき、十三は体を取り戻しその場から立ち去りました。

場面は小学校時代に戻り、自分の机に置かれた花瓶を赤井に投げつけた十三は、彼の心からの謝罪を受け入れました。

十三は出席できなかったクラスの集合写真を撮り、赤井とその仲間たちと和解。仲良く小学校を卒業しました。

解体されていく平和荘の前を通りかかった時、十三の体から追い出された13号が、13号室から彼にピースサインを送りました。

映画『隣人13号』の感想と評価

小学生時代に十三が受けたいじめの内容は、想像以上に凄惨でとても陰湿なもので、思わず目を背けたくなります。

そんな十三の心に宿った別人格の13号。彼が生まれたのは赤井への復讐心からですが、主人格の十三の心を守るためでもあったのではないでしょうか。

その証拠に物語の序盤、十三が赤井によって簡易トイレに閉じ込められた時、彼を助けるかのように13号は彼と入れ替わっています

ですが憎き赤井と再会し、さらに関に秘密を打ち明けたことで嫌な過去を鮮明に思い出してしまったことで、13号の復讐心はますます強く大きくなっていきました。

臆病でおどおどしているものの心優しい性格の十三とは正反対の、短気で凶暴で残忍な性格の13号に切り替わる様は、あまりの衝撃と恐怖に観ているだけで背筋が凍りつきます。

対して赤井は、10年経っても相変わらず弱いいじめをしている陰湿で心が狭い男です。

しかしその反面、赤井は身内と認めた相手には優しく接している姿が描かれています

実際、赤井はのぞみと勇気の前では良き父、良き夫として接しており、死神や暴走族時代の子分から慕われていました。

ですが、そんな赤井の一面なんて十三と13号は知りません。いや知っていたとしても、2人の赤井に復讐したい気持ちは変わらないでしょう。

十三が赤井を殺さなかったのは、当時から求めていた赤井の心からの謝罪をしてくれたからではないかと考察できます。

まとめ

小学生時代に凄惨ないじめを受けた十三と、彼の憎しみから生まれた別人格の13号による復讐劇を描いた日本のネオ・サイコ・サスペンス作品でした。

10年前に硫酸をかけられたことで爛れた顔と、凶暴で残忍な性格の13号を完璧に演じている中村獅童の演技力、薄暗い背景と上手くマッチしていて観ている人も背筋が凍りつくほどの恐怖を感じることが出来ます。

また本作は井上三太の原作漫画『隣人13号』を実写映画化させたものですが、原作漫画には登場しているキャラクターが出ていなかったり、13号による殺人事件の捜査が始まったところしか描かれていなかったりと、原作漫画と実写映画版に相違点があるのも本作の見どころの一つです。

そして何より、何年時が経とうとも「いじめられた側」の人間はいじめっ子にされたことを覚えていること、その復讐心は消えるどころか増していく一方であること。

いじめた側」の人間はいつしか、赤井のように自分が犯した罪を自覚し心から反省するほどの罰を受けることを、本作を通じて学ぶことができます。

いじめと解離性同一性障害(二重人格)を題材にしたネオ・サイコ・サスペンス映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

サスペンス映画

映画『夏、19歳の肖像』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

新本格推理の巨匠、島田荘司の青春ミステリーを完全映画化! EXOの元メンバー、ファン・ズータオが体当たりの演技を見せる『夏、19歳の肖像』をご紹介します。 CONTENTS映画『夏、19歳の肖像』の作 …

サスペンス映画

映画『アウト&アウト』あらすじネタバレと感想。遠藤憲一演じる政男が結末に出す答えとは

小学生の少女と、探偵事務所を営む元ヤクザの男が、殺人事件に巻き込まれていく、犯罪エンターテインメント映画『アウト&アウト』 映画『藁の楯』の原作者としても知られる、きうちかずひろ監督が18年ぶりにメガ …

サスペンス映画

韓国映画『悪の偶像』ネタバレ感想と内容評価。結末にタイトルの意味“偶像”は集約されている

俺は悪い病気にかかった。気づかなかったのは症状がなかったから 映画『悪の偶像』が2020年6月26日(金)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国順次公開されています。 韓国映画界を代表するハ …

サスペンス映画

映画『聖なる鹿殺し』あらすじとキャスト。公開する劇場はどこ?

2018年3月3日(土)より公開されるヨルゴス・ランティモス監督作品『聖なる鹿殺し』。 謎の少年がコリン・ファレル演じる順風満帆な医師と、その家族を追い詰めていく…。極上のスリラーとは? CONTEN …

サスペンス映画

映画『累かさね』あらすじネタバレと感想解説。ラスト結末まで土屋太鳳&芳根京子の狂演×演劇かもめ&サロメの意味を探る

映画『累-かさね-』は、9月7日(金)より全国ロードショー! 松浦だるまの『累』を土屋太鳳&芳根京子のNHK連続テレビ小説のヒロインがW主演で映画化。二人を繋げる男の羽生田役に浅野忠信。共演に横山裕、 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学