Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『マークスマン』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。リーアム・ニーソン主演で描く元海兵隊の狙撃兵とメキシコの凶悪な麻薬カルテルと全面抗争

  • Writer :
  • 秋國まゆ

最強の元狙撃兵vs凶悪麻薬カルテルによる戦いを描いたサスペンスアクション!

ロバート・ロレンツが脚本・監督を務めた、2021年製作のアメリカのサスペンスアクション映画『マークスマン』。

愛する妻に先立たれ、アリゾナ州の国境地帯にある町の牧場で独りひっそりと暮らしていた元海兵隊員の狙撃兵は、メキシコの凶悪な麻薬カルテルに命を狙われている親子と出会います。

そのことがきっかけで始まる孤独な元狙撃兵の戦いと、残された男の子との命懸けの逃避行とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

リーアム・ニーソンが最強の元狙撃兵と化して、メキシコの凶悪な麻薬カルテルと全面抗争を繰り広げていく映画『マークスマン』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『マークスマン』の作品情報


(C) 2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2022年(アメリカ映画)

【脚本】
ロバート・ロレンツ、クリス・チャールズ、ダニー・クラヴィッツ

【監督】
ロバート・ロレンツ

【キャスト】
リーアム・ニーソン、キャサリン・ウィニック、フアン・パブロ・ラバ、テレサ・ルイス、ジェイコブ・ペレス、ディラン・ケニン、ルース・レインズ

【作品概要】
『人生の特等席』(2012)で映画監督デビューを果たしたロバート・ロレンツが脚本・監督を務めた、アメリカのサスペンスアクション作品です。

「96時間」シリーズのリーアム・ニーソンが主演を務めています。

映画『マークスマン』のあらすじとネタバレ


(C) 2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.

最愛の妻に先立たれ、元海兵隊の狙撃兵ジム・ハンソンは、メキシコ国境付近にあるアメリカ・アリゾナ州ナコという町で牧場を営みながら、愛犬のジャクソンと静かに暮らしていました。

そんなある日の月曜日、ジムはメキシコの凶悪な麻薬カルテル(以後、カルテルと表記)の魔の手から逃れ、越境してきた母子と出会います。

ジムはいつものように、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)に密入国者がいると通報しようとしましたが、その母子は通報されたくないのだというのです。

ジムは葛藤の末、越境時にフェンスで足を負傷した母親ローラを病院に運ぶため、トランシーバーを使ってCBPに連絡しました。

するとそこへ、メキシコ側から母子を追ってきたカルテルが襲来。母子の引き渡しを要求する彼らに対し、ジムは毅然とした態度で「もうじき国境警備隊が到着する。騒ぎを起こしたくなければ即刻立ち去れ」と言いました。

これに激怒したカルテルが強硬手段に出ようとしたので、ジムは迷わず持っているライフル銃の引き金に手をかけ発砲。銃撃戦を繰り広げていきます。

銃撃戦の末、カルテルの襲撃を退けたジムでしたが、カルテルに撃たれたローラは、ジムに11歳の息子ミゲルを託して絶命しました。

「彼らは息子を捕まえて殺すでしょう」「だからこの子を守って、イリノイ州シカゴにいる親戚の元に送り届けて欲しい」と………。

その日の夜。ジムの通報により駆けつけたCBPが2人を保護し、ジャクソンをCBPの支局にある拘留施設に入れました。

火曜日。CBPの支局の駐車場に停めた車の中で目を覚ましたジムは、ジャクソンと一緒に何か食べに行こうと思い、車を発進させようとします。

しかしその瞬間、すぐそばにある国境検問所でカルテルの車を発見。さらにローラが渡してきた彼女の鞄には、大金が入っていたことに気づきます。

日々の生活で手いっぱいだったジムでしたが、葛藤の末に彼女の頼みを引き受けることにしました。

ジムは急いで拘留施設からミゲルを連れ出し、シカゴに向けて出発します。その際、ジムは受付にいたCBPの捜査官から、ミゲルはメキシコに強制送還される予定であったことを知らされます。

シカゴへの道中、ミゲルと一緒にステーキハウスで腹ごしらえしたジムは、ニューメキシコ州プエブロ・ロックスにあるガソリンスタンドに立ち寄り、ガソリンと全州が載っている地図を調達。

車内でジャクソンを撫でるミゲルの姿を見て、少しは緊張がほぐれたかと安堵します。公衆電話を使ってサラに電話をかけた時、ジムはカルテルによって家が全焼したことを知りました。

これを受け、ムスッとした顔で一切口を聞こうとしないミゲルに対する不満が爆発。ジムは「クソッタレ!俺を巻き込みやがって。少しは俺に感謝したらどうだ」と文句を言います。

これに対しミゲルは、「僕だってこんな国にいたくない。家に帰りたい」、「なぜ僕に構うの?僕を助けたいなら国境まで戻ってよ」と反論しました。

ミゲルと激しく口論するジムでしたが、ローラとの約束を守るため、彼をシカゴに連れていくことは頑として譲りませんでした。

以下、『マークスマン』ネタバレ・結末の記載がございます。『マークスマン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.

その日の夜。ラジエーター(車のエンジン冷却装置の一つ)の故障により、思わぬ足止めを食らったジムたち。

ですが食事した際、ジムはミゲルたち母子がカルテルに命を狙われているのは、ミゲルの叔父であるカルロスがカルテルを怒らせてしまったからだと知ります。

そしてミゲルにはもう、親戚以外身寄りがありません。ミゲルの父親はミゲルが生まれる前に死んでしまったのです。

一方カルテルは、ジムのクレジットカードの使用履歴を使って2人を追跡し、じわりじわりと近づけていきます。

水曜日。ラジエーターの修理が終わり、ジムたちは自動車整備工場を出発。昨日話し合ったことが功を奏したのか、2人の心の距離は少し縮まりました。

この時、ジムたちは気づきませんでした。今しがた自動車整備工場でクレジットカードを使ったことが、マウリシオたちにバレていることに………。

しばらくして、ジムたちはパトロールをしていた保安官のコンリーに呼び止められます。速度を守って運転していたはずなのに、なぜだと疑問を抱くジム。

しかもコンリーはミゲルと話をするからと、ジムを彼から引き離したにもかかわらず、彼は一切ミゲルに声を掛けることなく、誰かと電話していたのです。

これらの不審点から、ジムはコンリーがカルテルと繋がっている汚職警官だと悟りました。

ジムは揉み合いの末、コンリーを昏倒させ、急いでその場から離れました。その直後、コンリーからの報告を受け、カルテルの車が現場に到着。

コンリーはジムたちがどこへ行ったのか知りません。そう答えても、パトカーのトランクから押収したジムの45口径の自動小銃とライフル銃が見つかったことにより、ジムたちを取り逃がしたことがバレて粛清されました。

その後、ジムはテキサスのウェイバーンにあるガンショップに立ち寄り、奪われた武器を調達。そして再び公衆電話を使ってサラに電話をかけ、カルテルについて調べてもらいました。

その結果、カルテルを率いている男の名はマウリシオ・ゲレロ、少年時代からカルテルにいること。先の銃撃戦でジムが撃ったのは彼の弟であることが判明。

さらに、ミゲルたち母子が命を狙われている本当の理由は、カルロスがカルテルの金を盗んだからだということが判明しました。

サラはジムたちを心配して、現地の保安官に護送を頼もうかとしましたが、先の件があったためジムはこれを拒否。

するとサラは自分がジムたちを護送すると言い出し、彼に「通りから離れて、目立たないところにいて」とお願いしました。

ジムたちは近くの店で食料と服を調達し、人気がないモーテルにチェックイン、サラが来るのを待ちます。その際、ジムはミゲルに、最愛の妻をガンで亡くしたことを話しました。

しかし追われている身であるジムたちに、カルテルは心休まる暇を与えてはくれません。汚職警官と会って以降、ジムはクレジットカードの使用を控えたはずなのに、カルテルはもうすぐそばまで来ていたのです。

それにいち早く気付いたジムは、ミゲルに荷物をまとめるよう指示しながら、警察に「モーテルに武装した強盗がいる」と通報。準備が整い次第、部屋の窓から脱出し、建物裏にある草むらに隠れます。

暗闇で視界が悪い草むらに逃げ込まれたため、さすがにお手上げ状態だったカルテルは、やむなくその場から撤退。

この隙にジムはミゲルを先に車に行かせ、外に放したばかりのジャクソンを探しに行きました。

しかしジムがジャクソンを見つけた時、ジャクソンは勇敢にカルテルに立ち向かっていましたが、すぐにマウリシオに撃たれて死んでしまいました。

木曜日。オクラホマ州ブリッジポートへやって来たジムたちは、大木の下にジャクソンの亡骸を埋葬しました。

ですが2人の心を繋いでくれていたジャクソンがいなくなってしまったことで、近づいていたジムたちのこことの距離はまた離れてしまいます。

教会で一休みした後、ジムは葛藤の末、ミゲルをCBPに連れていきメキシコに送り返すのではなく、ローラから託された使命を全うする道を選びました。

同時刻。ミゲルが落としてしまった地図を拾ったマウリシオたちは、彼らがシカゴに向かっていることを知りました。

そうとは知らず、ジムは万が一の場合に備えて、ミゲルに銃の扱い方を教えました。その日の夜、ジムたちは焚火を見つめながら、互いの胸の内を明かしました。

その際、ジムは大金をミゲルに渡そうとしますが、ミゲルは「汚い金だからいらない」と突っぱねます。そしてジムたちは、鞄に入っていたお金を全て燃やしました。

金曜日。ようやくジムたちは、シカゴまであと80キロというところまで来ました。しかし道路の橋の上でカルテルの姿を見たジムは、別の出入り口から出て脇道へ逃走。

手下からの報告でそれを知ったマウリシオも、手下と共にジムたちを追跡。人気のない一般道でカーチェイスを繰り広げていきます。


(C) 2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.

しかしここで、ジムの車のラジエーターが故障し、エンジンはオーバーヒート状態に。やむを得ず車を降りたジムは、車を盾にライフル銃を構え、向かってくる敵を仕留めようとします。

まずは1発目の弾でカルテルの車の運転手にヘッドショットを食らわせ、2発目の銃弾でカルテルの車の前輪のタイヤを撃ち横転させました。

そしてジムたちは車を捨て、近くの牧場に隠れました。そこからジムはライフル銃を構え、牧場に近づくカルテルに照準を定めていきます。

ジムが放った銃弾でヘッドショットを食らった男は即死。これで残る敵はマウリシオとその手下の2人だけです。

さらにミゲルを使った陽動作戦が功を奏し、ジムはもう1人の男も射殺します。これで残る敵はマウリシオだけとなりました。

しかしここで、追い詰められたマウリシオがミゲルを人質に取ったことで、形勢逆転してしまうのです。

ミゲルの解放を訴えるジムに対し、マウリシオはミゲルの手に無理矢理銃を握らせ、彼の手を使ってジムを殺そうとします。

ですが、ミゲルが咄嗟の判断でマガジンを抜いたことで、放たれた銃弾はジムの頭でも心臓でもなく腹に命中。

マウリシオがミゲルより弾の補充を優先した僅かな隙を突いて、ジムは反撃にうってでました。

ジムとの死闘の最中、マウリシオはミゲルが彼を守るために銃を拾ったのを見て、引き金を引くようミゲルを煽り続けます。

ですがミゲルは、母親の仇であるマウリシオに向けた銃の引き金を引きませんでした。ジムはそんなミゲルから銃を奪い、彼の代わりにマウリシオを撃ちました。

致命傷を負ったマウリシオは、ジムの自宅から奪った彼の勲章を、彼に返しました。それを受け取ったジムは、マガジンを抜いた銃を彼の前に置き、「道は自分で選べ」と言いその場を立ち去りました。

1人になった牧場の中で、マウリシオは自決しました。その後、ジムたちはヒッチハイクした車でシカゴへ向かいました。

土曜日。シカゴに到着したジムたちは、シェルビー通り8201に住む親戚の家へ向かいました。

親戚に会う前に、ジムは「お前の勲章だ」と言って、ミゲルに自身の勲章を渡しました。

そしてミゲルが無事親戚と会えたことを確認すると、ジムは彼に何も言わずその場から姿を消しました。

最後まで、ジムは自分が致命傷を負っていることをミゲルに悟られぬよう、平静を装っていました。そんなジムがバスに揺られながら目を閉じたところで、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『マークスマン』の感想と評価


(C) 2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.

妻に先立たれた元海兵隊の狙撃兵のジムは、彼女と過ごした牧場を営みながら、愛犬のジャクソンと一緒に静かに暮らしていました。

ですが家賃が半年以上滞納しているため、90日以内に返済できなければ牧場は競売にかけられてしまいます。

それでもジムは、この牧場を手放せない理由がありました。それは牧場の敷地内にある丘の上に、最愛の妻の遺灰を撒いたからです。

だからこそジムは、誰に何と言われようと牧場を手放すわけにはいきません。

ですがその反面、ジムは生きる希望だった妻を亡くしたことで、生きる気力を失ってしまいました。

そんなジムの運命を大きく変えたのは、カルテルの魔の手から逃れ越境してきたローラとミゲルとの出会いです。

彼らを助けたことで自身もカルテルに命を狙われるようになり、挙句の果てに大事な家を燃やされたことで、ジムは内心不満でいっぱいでした。

ですが、ジムはなんだかんだ言ってローラから託された使命を全うする道を選び、ミゲルを無事シカゴに送り届けようと奮闘するのです。

それはジム自身がもとよりお人好しの性格だったからと、軍人ならではの正義感の強さが起因しているのではないのかと考察します。

そんなジムがライフル銃を構えて狙撃する場面はとても格好良いですし、どれも目を奪われるアクション描写です。

そして何といっても、ジムとミゲル、孤独な2人が徐々に心の距離を近づけていき、奇妙な友情を築いていく姿は胸を熱くさせます。

まとめ


(C) 2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.

妻に先立たれた元海兵隊の狙撃兵と、家族を失ったメキシコ人の少年が、メキシコの凶悪な麻薬カルテルから逃れるためアメリカ横断逃避行をするという、アメリカのサスペンスアクション作品でした。

本作の見どころは、ひょんなことから行動を共にすることになったジムたちの友情と、アメリカを横断する逃避行、そしてジムがミゲルを狙うカルテルを次々と狙撃していくアクション場面です。

旅の初めは反目しあっていたジムたちでしたが、幾多の視線を共に潜り抜けてきたからか、はたまた互いの身の上話を話したからか、徐々に奇妙な友情が芽生え始めます。

物語の終盤では、あれほど親戚がいるところへ帰りたかったミゲルが、後ろ髪を引かれる思いで扉を開けていました。

そしてそんなミゲルに何も言わず、バスに乗り去っていったジム。これも渋く男らしい去り方でしびれます。

ですがジムは、マウリシオとの戦いで致命傷を負っているため、その後彼が生きているのかどうかわかりません

もしあのまま息を引き取ったのだとしたら、きっとジムは安らかな気持ちで逝き、最愛の妻とジャクソンがいる場所へ行ったのではないかと考察します。

リーアム・ニーソンが愛する人を失った凄腕の狙撃兵を演じ、アウトローの美学を魅せるサスペンスアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

サスペンス映画

『ペリカン文書』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。実際の経験を元ネタした原作グリシャムのミステリーを巧みに映画化!

ジュリア・ロバーツがホワイトハウスの暗部に切り込む女子大生を演じる 『ザ・ファーム 法律事務所』(1993)の人気作家、ジョン・グリシャムの同名小説を実写化した骨太な社会派サスペンス『ペリカン文書』。 …

サスペンス映画

三度目の殺人の原作はある?発売日や映画と小説の結末の違いを調査

9月9日(土)より全国の劇場にてロードショーされる映画『三度目の殺人』に大きな注目が集まっています。 今作は2013年に『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を獲得した、是枝裕和監督と福山雅治主 …

サスペンス映画

映画『ボーダーライン ソマリア・ウォー』あらすじネタバレと感想。原作者ジェイ・バハターの登場シーンは主人公の悪夢の中に

近年、そのあるべき姿と存在意義が問われる機会が増え、それをテーマにした映画も数多く作られているジャーナリズムと、それに関わる人々の姿。 新たに混迷を極める地ソマリアに身を投じた、若きジャーナリストの実 …

サスペンス映画

映画『よこがお』あらすじと感想レビュー。原作なしで筒井真理子という女優に惹かれた深田晃司監督がオリジナル作品で臨んだ真骨頂

映画『よこがお』は、7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開 2016年の『淵に立つ』でカンヌ映画祭“ある視点”部門審査員賞を受賞した深田晃司監督。同作で競作した筒井真理子を主演 …

サスペンス映画

ホラー映画『インサイド』あらすじとキャスト。上映する劇場情報も

補聴器が無いと耳が聞こえない障害を持つ女性が、自宅に侵入してきた、正体も目的も不明の女に襲われるサスペンススリラー。 極限の恐怖と緊張感を味わえる、映画『インサイド』は、7月13日(金)より全国ロード …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学