Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『ある閉ざされた雪の山荘で』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラストシーンの芝居セリフの意味とは⁈

  • Writer :
  • もりのちこ

これは演技か、それとも事件か。
役者は皆、嘘を付く。

作家・東野圭吾の1992年に発行されたミステリー小説「ある閉ざされた雪の山荘で」を、飯塚健監督が、重岡大毅を主演に迎え豪華キャストで映画化。


演じることにすべてをかける者たちの集団「劇団 水滸(すいこ)」。新作舞台の主演を決める最終オーディションが、とある山荘で行われようとしていました。

最終選考に残った7人の役者たちは、この山荘で4日間の合宿を通して、演出家から与えられたシチュエーションに従い、役を演じきらなければなりません。

「大雪で閉ざされた山荘で起こる連続殺人事件」。探偵となり、この謎を解いた者が主演の座を獲得できます。

しかし、そのシナリオは密室で1人また1人と姿を消していく奇妙な展開をみせます。これは最初から仕組まれた演技なのか、それとも本当の事件なのか。

全員役者。全員容疑者。互いに疑心暗鬼に陥っていく劇団員たち。極限の精神状態で迎える最終日、果たして謎は解けるのか。サスペンスミステリー映画『ある閉ざされた雪の山荘で』を紹介します。

映画『ある閉ざされた雪の山荘で』の作品情報


(C)2024映画「ある閉ざされた雪の山荘で」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社
【公開】
2024年(日本映画)

【原作】
東野圭吾

【監督】
飯塚健

【キャスト】
重岡大毅、中条あやみ、岡山天音、西野七瀬、堀田真由、戸塚純貴、森川葵、間宮祥太朗

【作品概要】
これまで、『沈黙のパレード』(2022)のガリレオシリーズ、『マスカレード・ナイト』(2021)のマスカレードシリーズなど、多くの作品が映画化されてきたベストセラー作家・東野圭吾。

映画化26本目となる作品は、1992年発行のミステリー小説「ある閉ざされた雪の山荘で」となりました。

監督は、『ステップ』(2020)『ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち』(2021)の飯塚健監督。

主演は、『禁じられた遊び』(2023)をはじめ、ドラマや映画で役者としても活躍中のWEST.の重岡大毅。オーディション参加者の中で、唯一劇団員ではない久我和幸を演じています。

その他、中条あやみ、岡山天音、西野七瀬、堀田真由、戸塚純貴、間宮祥太朗が同じ劇団員として最終オーディションに挑む面々を演じています。

個性豊かな劇団員を演じる、若手実力派俳優たちの演技バトルに注目です。

映画『ある閉ざされた雪の山荘で』のあらすじとネタバレ


(C)2024映画「ある閉ざされた雪の山荘で」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社
バスの中には、目隠しをされた男女6人が乗っています。降ろされた場所は、目の前に綺麗な海が広がる静かな場所でした。

6人は、劇団「水滸」の劇団員です。その独特な演出法で演劇界に名を馳せる東郷陣平が主宰し、多くの舞台俳優たちが憧れる劇団「水滸」。

華と実力を兼ね備えた劇団のトップ俳優・本多雄一。公演直前に役を奪われた経験を持つ悲運な女優・中西貴子。強烈な存在感を放つ怪優・田所義雄。女優は私の天職、お嬢様女優・元村由梨江。役のためなら何でもする勝気な女優・笠原温子。真面目で心優しいリーダー・雨宮恭介。

これからこの近くにある山荘で、次の舞台の主演をかけた最終オーディションが開催されます。

たどり着いた山荘「Shiki Villa」には、すでに先客がいました。もうひとりの最終オーディション参加者であり、唯一の部外者・久我和幸でした。

久我は、劇団「水滸」のファンであり、そのトップ俳優たちに会えたことで興奮しているようです。

オーディション初日、夕方5時。役者は揃いました。リビングに東郷からのメッセージが流れます。この山荘での4日間の合宿を通して、役者たちは与えられたシチュエーションに従い、役を演じきらなければなりません。

与えられた舞台設定は、「大雪で閉ざされた山荘で起こる連続殺人事件」。探偵となり、この謎を解いた者が主演の座を獲得できると言います。

その晩、夕食をとりながらメンバーは芝居談議に花が咲いていました。温子が久我に聞きます。「久我くんにとって芝居とは?」。

「殺し合い」と答える久我。オーディションで見た、水滸所属の女優・麻倉麻美の迫真の演技が心に残っていました。

「麻倉さんは最終に残らなかったんですか?」久我の質問に、メンバーは気まずさを残し、場はお開きとなりました。

壁際のテーブルに人数分の本が置いてあります。アガサ・クリスティ作「そして誰もいなくなった」でした。

オーディション2日目。雪山だという設定も忘れてしまうほどの良いお天気です。久我と雨宮は、雪山という設定も忘れ、ラジオ体操をしています。

「温子がいないんだけど」、貴子がリビングにやってきました。ここで、新たなメッセージが流れます。

「笠原温子は、ピアノの部屋でヘットフォンのコードで首を絞められ殺されました。さぁ犯人を考察しなさい」。突然のひとり退場に、戸惑うメンバーたち。温子は始めから退場する設定だったのか。それとも、突然脱落させられたのか。

田所は貴子を疑います。「昨夜も2人喧嘩してたよな」。貴子は、以前、公演直前に役を温子に奪われたことを根に持っていました。

そして昨夜、温子が舞台監督の東郷と体の関係を持ち、役を奪ったことを知ります。ライバルであり友達だと思っていたのに。

今回の件も何も知らされていません。もう温子のことを信じられない。貴子は、ショックが大きいようです。

互いに疑心暗鬼になっていく俳優たち。久我は、本多にアリバイ作りの協力を頼みます。一晩、手をしばり一緒に寝ようというのです。しぶしぶ受け入れる本多。

オーディション3日目。今度は、由梨江の姿がありません。「元村由梨江は部屋で前頭部を打撃され撲殺されました。犯人の動機は?考えろ。そして競い合え」。

皆が由梨江の部屋に入ってみると、壁には血しぶきがあります。よく見ると、演劇で使用する血糊のようです。

貴子が、ここぞとばかり田所を責めます。由梨江は田所の執着に怯えていました。昨夜、雨宮と由梨江が付き合っていると誤解した田所が、由梨江の部屋に押しかけていることも知っています。「俺はやっていない」。

皆がリビングに戻るとそこには、凶器と思われる血の付いた花瓶が置いてありました。玄関にあったはずの花瓶。そこに付着した血は本物でした。

久我は、持参していたビデオカメラでリビングの様子を録画していました。そこに映っていたのは、黒いフードをかぶった男が、山荘の裏口へと由梨江らしき死体を運び出す映像でした。

裏口を出た所には深い井戸があります。「きゃー」。その井戸を塞ぐ蓋に、温子の着ていたセーターの毛が付着していました。

これは芝居と見せかけた本当の殺人事件なのか?それともすべて芝居の一環なのか?

以下、『ある閉ざされた雪の山荘で』ネタバレ・結末の記載がございます。『ある閉ざされた雪の山荘で』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2024映画「ある閉ざされた雪の山荘で」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

「俺は降りる」。リーダーの雨宮は、荷物をまとめ玄関へと向かいます。「身の危険を感じたのね」。貴子は何かを察したようです。

「殺されたのは、あの日、雅美がオーディションに落ちたのを慰めに行った人ばかりよ。そしてその日、雅美は下半身不随の大事故に遭った」。

貴子の言葉に青ざめる雨宮。「雅美があんなことになったのに、また舞台に立とうとするなんて、俺たちは狂っていた」。そんな雨宮を本多が引き留めます。「俺には役者しかないんだ」。

そして迎えた最終日。リビングに集まったのは、久我と貴子、田所、本多の4人でした。「雨宮恭介は、リビングにて首を絞められ死亡。すべての謎が解けた者は、明日稽古場へ来るように」。やはり、これはすべて東郷主宰のオーディションに過ぎなかったのか。

帰ろうとする本多を、久我が引き留めます。「待って下さい、本多さん。犯人はあなたですね」。ビデオカメラには、昨夜、本多以外の3人が一緒の部屋で寝ている証拠映像が写っていました。

静かに語り出す本多。始まりは、久我も参加していた「水滸」のオーディション。雅美にとってそれは、すべてを懸けたオーディションでした。

しかし、結果は落選。努力が報われないこの世界に嫌気がさしていました。自暴自棄になり稽古を休む雅美のもとを、雨宮と温子、由梨江の3人が訪ねてきました。

3人はどこか旅行気分ではしゃいでいます。上辺だけの慰めに気付いた雅美は怒り、温子と取っ組み合いの喧嘩になります。止めに入った雨宮は突き飛ばされます。

帰りの車中、雅子の態度に怒りがおさまらない温子は、雅美に嘘の電話をかけます。「雅美、助けて、雨宮が事故で…」。それは、皮肉にも迫真の演技でした。

慌てて家を飛び出す雅美。そこに、車が突っ込んできます。本当に事故に遭ったのは雅美の方でした。

雅美の芝居に対する覚悟をよく知っていた本多は、「私の人生、終わっちゃった」と病室で塞ぎ込む雅美に、ある約束をします。「俺が雅美の足になる。何でも言ってくれ」。

そして、盗聴器と監視カメラが仕掛けられたこの山荘の隠し部屋で、ひっそりとその様子を見守っていた人物。雅美が姿を現します。「おかげで上手くいったわ」。驚く、貴子と田所。

久我は、俳優として尊敬する本多を信じていました。「本多さんと僕は、由梨江さんが殺害された夜、一緒にいました。本多さんに由梨江さんは殺せません。共犯者がいるはずです。由梨江さんを殺す演技をしたのは雨宮さんですね」。

雅美は、久我が撮影していたビデオカメラの存在を知りません。「どうゆうことなの?」。そこに、死んだはずの温子、由梨江、雨宮の3人が姿を現します。

久我の推理が進みます。「この山荘で起きた事件は、三重構造になっているのです。東郷先生によるオーディション。それにかこつけ、雅美さんが実行しようとした殺人計画。そして、雅美さんの計画をすべて芝居でやり抜こうとした本多さんの偽造です」。

雅美に怒りで罪を犯して欲しくなかった本多は、原因を作った温子、由梨江、雨宮に「死ぬ気で死ぬ演技をしろ」とシナリオを渡します。

罪の意識に苛まれていた3人は協力し、雅美にむけて本当に殺された演技をしていました。「雅美、許されることじゃないけど、本当にごめんなさい」。それは心からの謝罪でした。

「ふざけんな!」。雅美はナイフを取り出し自らに向けます。「頼む、生きてくれ」。本多が必死に止めます。

久我がしゃべり出します。「水滸のオーディション、僕も参加していました。劇団も辞め人生に悩んでいた頃、雅美さんの演技を見て、頑張ろうと思えました。ありがとう」。

久我の想いに、雅美の心が動きます。「最悪ね。もう一度、私にしかできない芝居ができるかしら」。

田所「最悪だと言えるうちは、まだ最悪じゃない」。
雅美「ここでシェイクスピアかよ」。
皆、口々に言い合います。「一緒に生きよう」。
本多「久我、芝居は殺し合いなんかじゃない。生かし合いだ」。

満席の会場から、観客たちの盛大な拍手が聞こえてきます。役者は一列に並びお辞儀をしました。その真ん中には、車イスの雅美の姿があります。

舞台袖にはける面々。互いに演技を称え合います。泣きじゃくる久我。「さぁ、カーテンコールだ」。本多が声をかけます。

本日の公演、演目:「ある閉ざされた雪の山荘で」。作:久我和幸。

映画『ある閉ざされた雪の山荘で』の感想と評価


(C)2024映画「ある閉ざされた雪の山荘で」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社
最終オーディションに集められた7人の劇団員。クローズド・サークルと化した山荘で、1人また1人と姿を消していく。これはフィクションなのか、はたまた事件なのか。

人気ミステリー作家・東野圭吾の1992年に発行された小説「ある閉ざされた雪の山荘で」が、約30年の時を経て映画化となりました。

クローズド・サークルを扱ったミステリーは、インターネットやスマホの普及で描きづらい傾向にあるものの、依然として人気のジャンルです。

今作の舞台は、一見穏やかな山荘でありながら、役者のオーデション会場ということで、主宰者のシナリオ通り「吹雪で外に出られない雪の山荘」へと早変わりします。まずは、その設定の面白さに惹き込まれます。

役者たちは、連続殺人事件という与えられたストーリーの中、それぞれ役はなく、推理と演技力を求められます

カリスマ演出家・東郷が率いる劇団「水滸(すいこ)」は、俳優たちの憧れの劇団。その水滸に所属する劇団員たちの主演をかけた最終オーデションということで期待も高まります。

始めは合宿気分ではしゃぐメンバーも、連続殺人事件というフィクションなのか本物なのかわからない展開に、演技どころではなくなります。

劇団内でのゴシップやそれぞれが抱えていた闇の部分が暴かれ、誰もが怪しい容疑者へと変貌していく演出は見事。1人また1人と姿を消していくストーリーは、徐々に緊迫感が高まっていきます。

そして迎えた最終日。4日間のオーデションは、すべてがシナリオ通りだったという結末を迎えるはずが、そこからが謎解きの始まりでした。


(C)2024映画「ある閉ざされた雪の山荘で」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

これまで名前しか出てこなかった劇団員・麻倉雅美が登場します。そして、不幸にも車イス生活を余儀なくされた雅美の残酷なストーリーが追加され、殺人事件は本物だったという展開に。

しかしそれだけでは終わりません。さらに、雅美の計画に賛同するかのように見せかけ、実はオリジナルのシナリオを描いていたすべての仕掛人・本多の登場です。

本多のシナリオには、「雅美を救いたい」という強く優しい願いが込められていました。本多と、罪を償おうとする共犯者たちの懺悔の気持ちが、雅美に届き受け入れられたとき、この舞台は幕を下ろします。

悲しい事件はあったものの、復讐は誰のためにもならない、それでも前に向かって生きて行こうという強いメッセージが伝わってきます。

物語の主人公・久我和幸は、オーディションに参加した7人の中で唯一の部外者です。空気が読めないお調子者ですが、核心をついた質問をしたり、するどい観察力で、探偵役として観客を導いてくれます。原作とは異なるキャラクターになっています。

そんな久我の台詞で「自分にとって芝居とは、殺し合いだ」と答えるシーンがあります。まさに、その言葉が伏線かのように、フィクションなのか現実なのかわからない殺人事件へと巻き込まれていくことになります。

演じたのは、今作が映画単独初主演となった重岡大毅。同世代の演技派俳優たちと並んで、生き生きとした演技を見せています。

対して、久我の憧れの俳優・本多雄一は、芝居を愛し、芝居に愛された男。一見クールで掴みどころのないように見えますが、本当は愛情深く仲間思いな人物です。

演じたのは、次々と話題作に出演している間宮祥太朗。劇団のトップ俳優という役に相応しい安定感。劇団員というリアルと演技の狭間を上手く表現しています。

ラストシーンでの「芝居は、殺し合いなんかじゃない、生かし合いだ」という、本多の台詞が、久我への回答であり、本多が身をもって雅美に伝えたかった言葉なのだと感じます。

すべての謎が解けたあと、これまでのメンバーの様子を振り返ると、決められた演技だった部分と、即興で演じた部分と、素の部分とがあることに気付きます。もう一度見直したくなる作品です。

まとめ


(C)2024映画「ある閉ざされた雪の山荘で」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社
閉ざされた山荘を舞台に起こる謎の連続殺人事件。果たして、これは演技か本物か!?映画『ある閉ざされた雪の山荘で』を紹介しました。

最終オーディションのため集められた7人の劇団員が、嘘か本当かわからない連続殺人事件へと巻き込まれる。そして、徐々に暴かれていく劇団の秘密。真の仕掛人は誰だ!

仕掛けられた多層トリックの謎を解け。すべての謎が解けた時、あなたはもう一度見たくなることでしょう。



関連記事

サスペンス映画

韓国映画『リアル』あらすじとキャスト一覧!公開する劇場情報も

すべてのジャンルを超える新感覚ボーダレスムービー! 韓国の次世代トップ俳優キム・スヒョンが初の一人二役に挑み「20代の代表作」と自ら発言した注目の主演作、『リアル』が4月14日(土)よりシネマート新宿 …

サスペンス映画

『ブラッドシンプル 』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。コーエン兄弟がハードボイルドなサスペンススリラーを描く

コーエン兄弟の長編映画デビュー作となったハードボイルド・サスペンススリラー! ジョエル・コーエンが監督を務めた、1984年製作のアメリカのハードボイルド・サスペンススリラー映画『ブラッドシンプル ザ・ …

サスペンス映画

映画ソウsaw3|動画フルを無料視聴!字幕も吹き替え版も見られる

映画『ソウ3』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『ソウ3』の動画を無料で見るならU-NEXT!↓ なお、当記事でご紹介している映画『ソウ3』の動画配信状況は201 …

サスペンス映画

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』あらすじと感想。ラスト事件の真相は?

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』は、2018年1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開! いよいよ台湾映画界の新星チェン・ウェイハオ監督の作品が日本上陸されます。 この戦慄の体感型サスペン …

サスペンス映画

映画『交渉人』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラストは名作西部劇「シェーン」を彷彿させるどんでん返しの連続!

ふたりの交渉人が火花を散らす緊迫のサスペンス 『ミニミニ大作戦』(2003)『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019)などのF・ゲイ …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学