Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/09/18
Update

【ネタバレ】映画マスカレード・ナイト|あらすじ感想と結末考察。キャストの木村拓哉と長澤まさみが再びタッグを組む東野圭吾の小説シリーズ第2弾!

  • Writer :
  • もりのちこ

刑事とホテルマンの「異色のバディ」が帰ってきた!
ファントムの仮面を被った悲しき殺人犯の正体とは。

東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズから『マスカレード・ナイト』が、実写映画化となりました。

2019年公開の『マスカレード・ホテル』に続く、木村拓哉と長澤まさみの共演で実写映画化第2弾となります。

今回の舞台は、ホテル・コンテシア東京で開催される年越しカウントダウンパーティー「マスカレード・ナイト」。パーティー参加者500名、全員仮装、全員容疑者。

敏腕刑事・新田と優秀なホテルマン・山岸の、立場も考え方も真逆な2人が、共に熱い想いで犯人逮捕へと挑む。果たして、仮面を被った犯人の正体とは。映画『マスカレード・ナイト』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ナイト』の作品情報


(C)2021 東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
東野圭吾

【監督】
鈴木雅之

【キャスト】
木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、中村アン、田中みな実、石黒賢、沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、凰稀かなめ、麻生久美子、高岡早紀、博多華丸、鶴見辰吾、篠井英介、石橋凌、渡部篤郎

【作品概要】
数々の傑作ミステリーを世に送り出し、これまで「探偵ガリレオ」「新参者」シリーズをはじめ多くの作品が実写映画化されてきたベストセラー作家・東野圭吾。

今回は、そんな東野圭吾の「マスカレード」シリーズから、2019年公開の『マスカレード・ホテル』に続き、『マスカレード・ナイト』が実写映画化公開となりました。

前作に引き続き、刑事・新田役に木村拓哉、相棒となるホテルマン・山岸役を長澤まさみが演じます。

監督は、前作同様『HERO』(2001)『プリンセス・トヨトミ』(2011)の鈴木雅之監督。

出演者は、お馴染み警察メンバー、ホテルメンバーの再演に加え、ホテルを訪れる怪しい客の面々には、沢村一樹、麻生久美子、木村佳乃、高岡早紀、博多華丸などバラエティーに富んだ豪華キャストが勢揃いです。

映画『マスカレード・ナイト』のあらすじとネタバレ


(C)2021 東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

ここは、ホテル・コルテシア東京。ホテルマンたちは、お客様に最高のひとときを提供すべく、日々最高のおもてなしを心がけています。

その中にいて、常にお客様の要望に応え、様々な手続きや手配を請け負うサービスのプロ、コンシェルジュ。山岸尚美は、一見わがままにも聞こえるお客様の要望に、誠心誠意尽くす優秀なコンシェルジュです。

今日も、部屋から見える景色を気に入らないと言うお客様のために奮闘する山岸。「ホテルマンは無理という言葉は使わない」が信念の真面目過ぎるホテルマンです。

一方その頃、都内のマンションの一室で不可解な殺人事件が発生していました。被害者はトリマーをしている女性で、ロリータファッションを身にまとい、死因は感電死。

警察に届いた匿名の密告書によると、この事件の犯人が大晦日にホテル・コルテシア東京で開催される仮装カウントダウンパーティー「マスカレード・ナイト」に現れるといいます。

ホテル・コルテシア東京と言えば、以前にも事件現場となり潜入捜査を行った場所です。警察は直ちに協力を申しだてました。「あいつを呼べ!あいつを」。捜査一課係長の稲垣が声をあげます。

捜査一課刑事の新田浩介は、アルゼンチンタンゴに高じていました。ダンスインストラクターの女性をデートに誘うも呼び出しを食らいます。向かった先は、ホテル・コルテシア東京。

以前の潜入捜査でホテルマンの心得を嫌というほど山岸に叩き込まれた新田は、身だしなみを整えるとそれなりに一流のホテルマンに見えました。

「またですか」。ホテルで再会した新田と山岸。「相変わらず人を疑ってばかりですね」。「君は人を信じすぎる」。立場も考え方も真逆な2人でしたが、お客様の命を守るため今回も協力しあうことになりました。

12月31日、大晦日。今夜11時から、カウントダウンパーティー「マスカレード・ナイト」が開催されます。出席者500名は全員仮装。この中に犯人と密告者が紛れていると思われます。

ホテルの中は、宿泊客とパーティーへの参加者、そして潜入捜査をする刑事たちでごった返していました。

コンシェルジュの山岸に宿泊客の日下部篤哉が近寄ってきます。やや横柄な態度の日下部は、彼女にプロポーズをするためにレストランを貸し切りにし、薔薇の花びらを散らした道を作ってほしいと要求します。

その後も、なんだかんだと山岸に無理難題を持ち掛ける日下部。新田は、山岸の身を心配し、日下部をチェックします。日下部は偽名を使いこのホテルに宿泊していました。

また、宿泊客・中根緑はひとりでチェックインしたにも関わらず、主人の誕生日を祝うためケーキを用意して欲しいと言います。後で来ると言っていた旦那様の姿を見た者はいません。

疑われた中根緑は、山岸と新田に事の真相を話します。昨年の大みそか、彼を癌で亡くした彼女は、彼と来るはずだったこのホテルで最後のお別れをしようとしていました。

どんな要求にも「かしこまりました」と、笑顔で対応する山岸に、新田は呆れながらもコンシェルジュとして成長した彼女の姿にどこか嬉しそうです。

警察は、ホテルのフロントでパーティーのチケットを手にした人物の身元を片っ端から調べていました。しかし、パーティーが近づくにつれ仮装したままホテルを訪れる客が現れます。仮面に隠された素顔を見ることができません。

警察はホテル側に、客室への立ち入りの許可を要求しますが、お客様のプライベートを重視するホテル側との対立が続きます。新田は山岸の協力を得ながら、怪しい人物をマークし捜査を続けます。

刻一刻と迫る「マスカレード・ナイト」。ここにきて、新田の読み通り、宿泊客の浦辺幹夫が被害者の女性と接点があったことが判明します。

ホテルにゴルフバックを持ち込んだ浦辺を、山岸が珍しいお客様と言ったことが気になり、新田は浦辺をマークしていました。服に付着していた犬の毛から、トリマーだった被害者との接点が導き出されました。

ホテルのパーティー会場には、仮面をつけた招待客が集まっています。「さぁ、マスカレード・ナイト開催です」。司会の合図とともに音楽の演奏が始まりました。

以下、『マスカレード・ナイト』ネタバレ・結末の記載がございます。『マスカレード・ナイト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

捜査一課の能勢は、新田が信頼する刑事のひとりです。独自の捜査を行う能勢は、犯人は3年前にも同じ犯行を起こしていたことを突き止めていました。

密告者が殺人現場を覗ける場所にいたと確信した新田と能勢は、近所に住む宿泊者の曽野一家に注目します。夫の曽野昌明は不倫相手との密会でこのホテルをよく利用していました。

今日は、妻の万智子と息子との家族での宿泊予定でしたが、そこに不倫相手の貝塚由里が現れます。万智子と由里は同級生でした。再会を驚く2人でしたが、昌明は気が気じゃありません。

警察は、密告者である曽野昌明が名乗り出ない理由は、犯人である浦辺を脅し、金を巻き上げようとしているのでは考えます。

「曽野と浦辺が合流したところを抑えろ」。係長の稲垣の指示が飛びます。しかし、浦辺は怪しい行動をし続けるも、曽野はパーティーには参加せず外出してしまいました。

能勢は、曽野の息子が一眼レフカメラを持っているのを不審に思い話を聞くことにしました。密告者は、息子が覗いた部屋での出来事を相談したという母親・万智子でした。

急いで、万智子と浦辺を取り押さえる新田たち。浦辺は、被害者と接点はあったものの、二股をかけられており、今回も脅されて指示通り動いただけだと言います。

万智子は始め、同級生の由里が犯人を脅し金を要求しようと言い出したと涙をみせ謝りますが、稲垣は見逃しませんでした。「仮面をとれ」。笑い出した万智子は自白します。

夫の不倫相手が由里だと知った万智子は、犯人からある提案を持ち掛けられていました。協力すれば、由里を殺してあげると。

浦辺と万智子は、口を揃えて犯人が名乗ったという名を言います。「森沢光留」。

「貝塚由里が狙われている。恰好はロリータファッション」。ホテル内の刑事が一斉に動き出します。しかし、仮装した由里の姿は見つかりません。

その頃、山岸も貝塚のことを捜していました。ロビーで、万智子と由里のやり取りをみた山岸は、由里が気になり跡を追っていましたが、途中、日下部に捕まり見失ってしまいます。

チャペルの祭壇に横たわる由里を見つけ近づく山岸。その時です。何者かによってスタンガンが当てられ、気を失ってしまいました。

パーティー会場で犯人を捜す新田は、あるひとりの男性に気付きます。仮面で隠されているものの、除く目元に覚えがありました。

「一曲踊りませんか」。手を差し出す新田。アルゼンチンタンゴを踊る2人。リード役は仮面の男です。「中根緑さん、あなたは男性ですね」。仮面の下から現れた人物は、帰ったはずの中根緑でした。

「もう遅いよ」。カウントダウンが始まります。あと20秒。中根緑の話を思い出し、新田はチャペルへ走ります。「犯人はファントムの仮面を被った森沢光留、男性。中根緑は偽名」。

新田がチャペルに着くと、由里の側に被さるように山岸が倒れています。すでに時間は過ぎています。動かない2人。

ふと、新田は気付きます。山岸の腕時計は常に遅れていました。犯人はタイマーを仕掛ける際、山岸の腕時計を見たのでしょう。おかげで、感電死は免れたのでした。

犯人の森沢光溜には、双子の妹がいました。妹は、レイプ事件の被害者で、その後の警察の事情聴取でさらに精神的ショックを受け自殺していました。

妹の変わりを求め、森沢は彼女にロリータファッションを強要し、気に入らなくなると感電死させていました。そして警察への恨みを募らせた森沢は、警察に勝つことに執着していきます。

12月31日は、森沢と妹の誕生日でした。そして、妹が自殺した日。2人客を装い用意させたバースデーケーキ。あの晩、流した涙だけは本物でした。

今回も、互いの立場や考えは違えど、「お客様」「市民」の命を守ろうとする熱い想いを持った刑事・新田とホテルマン・山岸バディの活躍で、事件は解決へと導かれました。

山岸が、チェックアウトを済ませます。同僚のホテルマンたちが声を掛けました。「お気をつけて、いってらっしゃいませ」。

ロサンゼルスの系列ホテルに昇進となった山岸は、旅立ちの日を迎えていました。

あの怒涛の大晦日。コンシェルジュの山岸に次から次へと無理難題を吹っかけて来ていた日下部が、実はホテル・コルテシアの北米人事部長で、昇進のテストをしていたのでした。

晴れやかな笑顔でドアに向かう山岸の前に、仮面をつけた新田が現れます。時が止まり、マスカレード・ナイトが蘇ります。

仮面を外し微笑む新田。「ディナーの予約をお願いするよ。君がロスから帰ってくる日に」。

「無理です」と言いかける山岸の言葉をさえぎり新田は続けます。「ホテルマンに、無理ですは、禁句ですよね」。

「もっといいホテルマンになって帰ってきます」。「僕ももっといい警察官になります」。互いの健闘を誓い別れる2人。「いってらっしゃいませ」。清々しい挨拶がホテルに響き渡りました。

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ナイト』の感想と評価


(C)2021 東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズから、実写映画化第2弾となる『マスカレード・ナイト』が公開となりました。

刑事の新田浩介とホテルマンの山岸尚美がバディを組み、事件解決に挑むミステリーシリーズ。

前作の『マスカレード・ホテル』に続き、今作も舞台はホテル・コルテシア東京。ひとときの極上の時間を求め、お客様はみな仮面を被ってやってきます。

お客様の仮面を守るホテルマンと、仮面を剥ごうとする刑事。相容れない2人が力を合わせた時、犯人の仮面が剥がれ落ちるのです

実写映画化では「探偵ガリレオ」シリーズの福山雅治、柴咲コウのコンビに継ぐ美男美女バディ、木村拓哉と長澤まさみが絶妙な掛け合いをみせてくれます。

前作では、敏腕でありながら身なりには無頓着な新田刑事が、潜入捜査のためにホテルマンに化けたところで基本が全くなっておらず、優秀なフロントクラークの山岸尚美に、徹底的に指導を受けるという姿が滑稽で見どころのひとつでした。

今作では、手慣れた様子でホテルマンに変身する新田刑事の成長ぶりに関心するも、やっぱり鋭い目つきは変わらず、すべてを疑う刑事魂は健在です。

演じる木村拓哉の眩しさも相変わらずで、今作ではアルゼンチンタンゴを披露しています。初めての挑戦とは思えないほどのクオリティーの高さに驚きます。

原作者・東野圭吾が、木村拓哉を当て書きしたと言われる新田浩介。原作者の予想を超えるはまり役となっています。

緩いパーマの髪型で情熱的なタンゴを踊るキムタク。キッチリとした髪型のホテルマン姿のキムタク。仮面をつけさせたら日本一セクシー。改めて「キムタクってスター」と、ウットリすること間違いなしです。

そして、フロントクラークからコンシェルジュへと抜擢された山岸は、お客様の要望には「無理です」と絶対に言わない、熱いホテルマンに成長しています。

演じる長澤まさみも、前作に引き続き、ホテルの制服が本当に良く似合う。凛とした佇まいと、綺麗な笑顔が一流ホテルのコンシェルジュそのものです。

『マスカレード』シリーズでは、新田と山岸の恋の行方も気になるところですが、相変わらずくっつきそうでくっつかない。さらに、遠距離になってしまう2人にもどかしさマックスです。

互いの成長のために尊重し合う2人の関係は、恋愛ではなく同志のような、強い絆を感じます。今後の展開も気になるところです。

そんな主人公2人の成長も見どころですが、何と言っても東野圭吾ワールド、次々現れる怪しい宿泊客の面々に、謎解きの面白さが止まりません

ただでさえ仮面を被ってやってくるホテルという空間で、仮装パーティーに犯人が紛れ込むという難易度。見る者は最後まで犯人が誰か分かりません。

さらに、それぞれの宿泊客を演じた豪華キャストの名演技によって騙されてしまうことでしょう。

一癖も二癖もある俳優たちに混ざり、今作ではお笑いコンビ「華丸大吉」の博多華丸が、キーパーソンとなる人物を演じています。ほどよい怪しさとピュアさでストーリーを盛り上げます。

そして、最後に暴かれる犯人は誰なのか。何枚もの仮面を被って生きてきた犯人。犯人の目的とは。悲しき殺人鬼が誕生した背景にも考えさせられる問題がありました

事件の裏にある物語にスポットをあて、正義だけでは片付けられないこの世の不条理を嘆く、胸が痛むストーリーとなっています。まさに、東野圭吾作品の醍醐味が詰まっている作品です。

まとめ

映画『マスカレード・ホテル』に次ぐ、シリーズ実写映画化第2弾『マスカレード・ナイト』を紹介しました。

今作も、木村拓哉と長澤まさみの華麗なバディと、東野圭吾の極上のミステリー世界を堪能できる作品となっています。

原作を読んでから映画を見るのも良し、映画をみて原作を読むのも良し。まずは、原作の新作が待ち遠しい今日このごろです。



関連記事

サスペンス映画

映画『ブレインゲーム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『ブレイン・ゲーム』は10月6日から新宿武蔵野館ほか全国順次上映中です。 完全犯罪と思われた連続殺人事件に、FBIが捜査協力を依頼したのは、特殊能力を持つ医師のジョン・クランシー博士でした。 主人 …

サスペンス映画

トガニ 幼き瞳の告発|動画無料視聴と結末あらすじ考察。PandoraやDailymotionよりも韓国映画おすすめを快適に見る

韓国映画『トガニ 幼き瞳の告発』は、2011年の公開当時、韓国国内で大きな反響を呼び、社会に通称「トガニ法」を制定させる革命的な動きを巻き起こした実話です。 この話題となった『トガニ 幼き瞳の告発』の …

サスペンス映画

映画『ホテル・ムンバイ』ネタバレ感想と評価。実際のテロ事件を徹底した取材に基に描く

インドの最高級ホテルで起きた無差別テロ事件を映画化! 2008年にインドの国際都市・ムンバイで発生した、タージマハル・ホテル襲撃事件。 その衝撃のテロ事件に遭遇した宿泊客と、彼らを守り抜いた従業員の姿 …

サスペンス映画

映画『飢えたライオン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【松林うらら×水石亜飛夢】

誰もが発信者になれるSNS時代、一つのフェイクニュースが少女を追い詰めていく・・・。 全編定点視点のカメラワークはまるで人の私生活を覗き見するような不気味かつ危険な魅力に溢れています。 現代社会の警鐘 …

サスペンス映画

『ゼロ・ダーク・サーティ』ネタバレ結末あらすじと感想解説評価。実話と真実を基にキャスリンビグロー監督がテロに立ち向かう女性分析官を描く

第85回アカデミー賞で作品賞ほか5部門ノミネート、音響編集賞受賞作品! キャスリン・ビグローが製作・監督を務めた、2012年製作のアメリカのPG12指定の政治サスペンス映画『ゼロ・ダーク・サーティ』。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学