Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ネタバレ】御手洗家、炎上する|あらすじ感想評価と結末の考察解説。最終回ラストは?NetflixドラマはSNSの闇を利用した“新時代”復讐劇

  • Writer :
  • 糸魚川悟

SNSを駆使した、新時代の復讐調査劇!

「彼氏の存在によって学内でのスクールカーストが変化する」というリアルな描写が話題となった漫画『17歳の塔』でデビューした漫画家・藤沢もやし。

現代人の精神性をリアルに描く藤沢もやしが2017年から連載した漫画『御手洗家、炎上する』は、復讐劇としての緻密さと、SNSに依存した現代人の心理を巧みに描いた作品として話題となりました。

今回は、藤沢もやしの同名漫画をNetflixが連続ドラマ化した『御手洗家、炎上する シーズン1』を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

ドラマ『御手洗家、炎上する シーズン1』の作品情報


Netflixシリーズ「御手洗家、炎上する」7月13日より世界独占配信開始

【配信】
2023年7月13日(Netflix独占配信)

【原作】
藤沢もやし『御手洗家、炎上する』(講談社・KC Kiss刊)

【監督】
平川雄一朗、神徳幸治

【脚本】
金子ありさ

【キャスト】
永野芽郁、工藤阿須加、中川大志、恒松祐里、北乃きい、濱田マリ、小西桜子、吉瀬美智子、及川光博、鈴木京香

【作品概要】
2017年から2021年にかけて漫画雑誌「Kiss」で連載された、藤沢もやしによる同名漫画をNetflixが連続ドラマ化した作品。

『陰日向に咲く』(2008)や『耳をすませば』(2022)を手がけた平川雄一朗が監督を務め、『マイ・ブロークン・マリコ』(2022)の永野芽郁が主演を務めました。

ドラマ『御手洗家、炎上する シーズン1』のあらすじとネタバレ


Netflixシリーズ「御手洗家、炎上する」7月13日より世界独占配信開始

ある日、裕福な一家である御手洗家が火に包まれました。その13年後、「山内しずか」と名前を偽る村田杏子(旧姓:御手洗)は、現在の御手洗家に家事代行として忍び込みます。

火事の後、杏子の父・治と母・皐月は離婚し、開業医である治は皐月と親しかったシングルマザーの真希子と結婚。治の財産を使って、真希子はインフルエンサーとして一躍有名となっていました。

火事の原因は「皐月の火の不始末」として処理されましたが、杏子は納得ができておらず、御手洗家の中で「あの日の火事」の証拠を掴むために潜り込んだのです。

徐々に掃除以外のことを頼まれるようになった杏子は、真希子のいない隙に禁止されていた2階に立ち入ります。そこには、医学部に入学したはずの真希子の次男・真二と思わしき人物が部屋に引き篭もっていました。

真二が母親と強い確執を持っていることを知った杏子は、彼女の計画を知る親友・クレアと相談し、真二に毎日食事を提供して彼を籠絡することに。しかし扉越しに対話を続けた杏子は、彼が真二ではなく、表向きは商社に就職したことになっている長男・希一であると確信します。

「あの日の火事」から数日後、火元付近の防犯カメラの映像を調べた治と杏子は、火事発生の直後カメラに皐月のニット服を着た人物が現れていたことを目撃します。それ以降、治はその映像を封印し誰にも見せることはありませんでした。

クレアはそのニット服が、特殊なハイブランドであることを調べ上げており、真希子が皐月から盗んだニット服で家に火をつけたと考えていました。

真希子の次男・真二は医学部に通いながら容姿も頭脳も優秀な存在として周囲からも注目の的となっていました。しかし、真二は飲み会でたまたま再会した杏子の妹・柚子に入れあげており、柚子は真希子のことを快く思っていない真二を利用して真希子の情報を集めます。

杏子の協力もあって家の密着取材をやり遂げた真希子は彼女をより信用し、今まで禁止していた階段の掃除も頼むようになります。

家の鍵を預けられるほどに信頼を得た杏子は、衣装部屋に侵入しニット服を発見。過去に杏子自身が病院のカルテ保管庫に隠した防犯カメラの映像のことを思い出した杏子は、次は病院に侵入し映像データを手に入れることを目標にします。

徐々に希一は杏子と関係を深めますが、希一は杏子の発した言葉のすべてが引っかかり、やがて杏子の正体に気づいて彼女に目的を問い詰めました。希一は杏子の行動をスマホで録画しており、杏子に真実を話すように脅しますが、杏子は真実を隠したままそれらしいことを教えます。

翌日以降、希一は真希子に正体を隠す条件として自身の奴隷になるように杏子に命じます。

希一はゴシップ記事を専門としたホームページを運営して収入を稼いでおり、今後は杏子に記事の編集をするように強要。希一の命じるがままに記事を完成させた杏子は、希一が昔の誠実な性格から豹変していることにショックを受けます。

杏子は柚子が頼れる存在になったことを皐月の話から知り、自身が身動きが取れない現況を打開するために柚子に協力を求めます。

柚子は真二の提案で、治とおよそ10年ぶりに再会。しかし、それはカルテ保管庫に隠した防犯カメラの映像データを盗み出すためであり、その計画は成功しますが、柚子の動きは看護師の市原に監視されていました。

柚子の手に入れた防犯カメラのデータにはニット服を着た人間の犯行が映されてはいましたが、顔が映っていないことから決定的な証拠にはなり得ないことを知り、さらなる証拠を掴むため、深部に踏み込むことを余儀なくされます。

希一は真希子の人気を失墜させるために過去を暴露する記事をアップしますが、真希子は希一の運営するサイトのことを知っており、そのことを匂わすことで希一を支配下におきます。

翌日、自暴自棄に陥る希一は杏子を襲おうとしますが、そこで杏子が「あの日の火事」の犯人が真希子であると疑い、この家に侵入したという真意を知ります。

希一はずっと「あの日の火事」には真希子の介入があると疑っており、杏子に自身の知る真実を教えることにしました。

希一の提案を受けた杏子でしたが、意外なことに希一は真犯人につながる場所へ行くと杏子を連れて外出。しかし、希一は引き篭もりであることを他人に知られることに怯え、体調を崩し家へと戻ってしまいます。

希一の提案が彼の体調不良で不調に終わった杏子は、クレアからの情報で真希子が過去に書いたブログのことを知ります。

希一はすっかり意気消沈し、全てに対してのやる気を失っていましたが、杏子は希一に罵詈雑言を浴びせ「自身の秘密」と「希一の引き篭もりを公言しない」という対価を引き換えに、対等の関係を引き出します。

一方、柚子は杏子に内緒で治と会い、皐月がかつてmixiで「エリーゼ」という名前で登録していたアカウントを発見しました。

外に出かける練習として希一は杏子と外出しますが、学生時代の友人の野本と再会。希一は野本が再婚した途端に疎遠になったことを恨んでいましたが、野本は当時真希子から手を切るように言われたことを告白し謝罪します。

希一は過去に医大に受かりましたが、真希子が大学側に裏金を渡していたことが露見し裏口入学とネット上で炎上し、引き篭もりとなってしまったのでした。

杏子は自身を卑下し続ける希一に、自分を過小評価しないように告げると今でも昔のように素敵なままだと伝えます。困惑した希一は、今回はひとりで家に帰ると言うとその場を去って行きました。

再度、治から情報を引き出そうとする柚子は治が「あの日の火事」の動機を、皐月が自分を恨んでいたからだと真希子から聞いていることを知り、思わず盗み出した防犯カメラのデータを見せ真希子を疑っていることを話してしまいます。

治は皐月の現状を知らず、柚子の話すニット服が家の中にある分かれば動くと約束。一方、希一と杏子はかつて治と知り合う前の真希子が希一たちと住んでいた三沢野のアパートを訪れます。

アパートに隠されていたノートパソコンのデータを復旧すると、真希子がかつて付けていたと目していたブログは皐月のものであり、真希子がつけていた日記がmixiの「エリーゼ」だったことを知ります。

希一によれば、真希子は髪型や趣味に至るまで皐月の真似をし始め、ついには日記までも模倣を始めていたと言うことであり、杏子は手がかりとしてノートパソコンを受け取ります。

治との密会を続ける柚子でしたが、その場に真希子が現れます。治は柚子の話したことの全てを真希子に伝えており、真希子は杏子が今回の件に関わっているのかと柚子を問い詰めますが、柚子は機転を効かせ杏子の現住所が不明であると答えます。

真希子は柚子の不穏な動きから、市原に皐月の周辺を探らせ始めた上でニット服を燃やしました。

柚子から事情を聞いた杏子は正体が露見するのも時間の問題だと悟り、治と対峙することを決心。治のもとに突然押し入った杏子は、世間体や家族の体面を気にするあまり皐月を切り捨てた治の本音を聞きました。

思わず杏子は治を殴ろうとしますが、市原が杏子を止めます。市原は皐月に助けられた過去があり、さらに火事の時間に皐月と共にいたことから皐月の無実を信じていました。

市原は真希子が治の会話を全て録音していることを杏に告げると、真希子から頼まれた杏子と柚子の身辺調査に全て嘘の報告をすると誓い、皐月の無実を証明することを杏子に依頼しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『御手洗家、炎上する シーズン1』のネタバレ・結末の記載がございます。『御手洗家、炎上する シーズン1』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


Netflixシリーズ「御手洗家、炎上する」7月13日より世界独占配信開始

真希子はテレビでの活躍が増えたことで、杏子をマネージャーとして雇います。一方、柚子は真希子の過去を探るために「エリーゼ」が過去に会った人物に次々に連絡を取り、「エリーゼ」と仲の良かった「ムジナ」の存在を知ります。

街で柚子を見かけた真二は彼女に付き添い、火事の件のストレスによって記憶喪失になった皐月の見舞いをしたことで、皐月の置かれている境遇を知ることになります。

真二と同じ大学に通う七海は、御手洗家の財産に惹かれ真二に猛烈にアピールを繰り返していました。しかし、同種の匂いを真希子に見抜かれ、釘を刺されます。

憤る七海は真希子の本性を隠し撮りした上でTwitterに音声をアップロードし、真希子は世間からの大バッシングを浴びることになります。

事態の収束を命じられた杏子は、七海が行っているパパ活の現場写真を押さえ、音声データの削除とtwitter上での謝罪と引き換えでの削除を提案。七海は杏子も真紀子と同様の人でなしだと非難しながらも、杏子の提案をしぶしぶ受け入れました。

七海の暴露はすぐに世間から忘れられますが、次に「ムジナ」を名乗る人間が真希子の秘密を暴露する記事を上げ始めます。

「ムジナ」は「エリーゼ」が友人(皐月)から高価なアクセサリーや服を盗み、自身のものとして紹介することでインフルエンサーとしての地位を獲得していたことを暴露していました。

「ムジナ」の暴露がTwitterでバズり始めたことで焦りを募らせる真希子は、「エリーゼ」を嗅ぎ回っていた柚子を家に連れ去ります。

その場には市原や治、真二や希一も駆けつけており、柚子は全員の前で「ムジナ」の暴露記事を見せつけようとしますが、既に暴露記事は何者かによって削除されていました。勝利を確信する真希子の前に杏子が現れ、自分が「ムジナ」の記事を削除したと言います。

実は「ムジナ」による暴露記事とTwitterでのバズりは、本物の「ムジナ」によるものではなく、杏子と希一が仕組んだ偽の炎上劇でした。

Twitterを信じすぎる真希子は、希一が大量のアカウントを購入しバズっているように見せかけた策を真実だと思い込み、杏子に「ムジナ」の正体を教え黙らせるように命じていたのです。

杏子の目的は火事の日に真希子に会っていたとされる本物の「ムジナ」と会い、当時の真希子の服装を知ることであり、その日に「ムジナ」と写真を撮っていた真希子が防犯カメラに映っていたニット服を着ていることを全員の前で告げました。

「ムジナ」の証言によると事件当日、真希子は御手洗家の最寄駅である鈴ヶ丘駅で降車したとのことでした。

真希子の嘘はことごとく論破され、真希子は遂にその罪を認めます。杏子は真希子に母に謝罪することの一点のみを求めました。

治は皐月の件が片付き次第、離婚の手続きをすることを告げ、翌日に皐月の病院に2人で謝罪に行くことにします。

しかし翌日、真希子は独断で会見を開きエッセイの発売を強行するだけでなく、気の弱い治の性格を知っている真希子は治に迫り離婚の取りやめを決めさせました。

真希子は度重なる炎上を逆手に取り悲劇のヒロインを演じ切り、世間の同情を勝ち取り始めますが、何者かにInstagramが乗っ取られ、邸宅内での横暴な振る舞いが全てアップロードされて行きます。

犯人に思い当たる節のある真希子は、皐月の見舞いに行きます。皐月は記憶を取り戻しており、自分の人生を乗っ取った真希子への復讐のためにInstagramを乗っ取ったのでした。

2週間が経ってもなお炎上騒動は続き、家の中は荒れ果てたものとなりました。治は家から出れず酒浸りとなり、真希子はエリート商社マンのはずの希一が引き篭もりであることが知られることを恐れ、希一を地下室に閉じ込めようとします。

希一は杏子の言った「自分の人生を変えられるのは自分だけ」という言葉を思い出し、真二に家を捨てて自由に生きるように告げると、二階の自室から外に飛び降りました。

足を痛め野次馬に追われつつも公園に逃げ延びた真二は騒動を知り駆けつけた杏子に保護され、しばらくの間一緒に過ごすことになります。

治は真希子を切り捨てることにし、放火犯として真希子を告発。任意同行として刑事の大沼に連行された真希子は、大沼から新たな情報として事件当日に御手洗家の近くで少年を目撃したと聞かされます。

当時、近隣では窃盗グループの犯罪も多発しており、警察は希一がそのグループの一員として捜査をしていたのでした。真希子は即座に自身が放火犯であると自白し、大沼はその代わり身の速さに希一への疑いを強めます。

10年前、希一は真希子が皐月の家から金品を盗んでいることに気づいており、真希子にゲームセンターから金を盗んだ先輩がゲームセンターが燃えたことで罪を逃れた話をします。

現在、希一は杏子を山へと連れ出し、かつて2人で見上げたペテルギウスを共に見上げると、杏子にこれからも頑張るよう告げます。

その日の夜、杏子の家を抜け出した希一は警察署に自首。翌日、希一の自首を聞いた杏子は全ての事実を明らかにするために、柚子と共に御手洗家へと向かいました。

杏子は真希子に真実を訪ねると、真希子は守ろうとした希一が自首したことで意気消沈し、彼女の知る真実を話します。

火事の日、御手洗家に侵入した真希子はニット服を含め、盗んだ金品を返せるだけ返していました。真希子は自身の罪は許されるものではないと考え自首しようと外に出ますが、その時御手洗家の火事騒ぎを聞きつけます。

自身の罪が洗い流されたと考え安心した真希子でしたが、その日から希一が火をつけたと考え始め、希一を守るために過剰な保護をするようになったのです。

真希子は杏子を家に入れたことを最大のミスだと言いタバコに火をつけますが、テーブルに散乱したゴミに火がついてしまいます。すると、その場にいた真二が火傷を負いながらも火を止め、あの日の火事が自分のせいだったと話し始めます。

かつて真二は悩みを皐月に相談するために御手洗家に入り浸っており、その日は皐月の作ったカレーを食べるため火をつけた時に布巾に火がついてしまいます。すぐに火は燃え広がり、手に負えなくなった真二は置いてあったニット服を着て外へと逃げていきました。

その日以降、真二はすべての罪滅ぼしのために立派な医者になることを志していましたが、病院の皐月を見て自身の罪の重さを再認識することになり、罪悪感を抱えきれなくなっていたのです。

杏子は真二に母に謝るように求めると、病院を訪ねた真二は皐月に謝罪。皐月は真二に「一生許さない」と言いますが、それは一生真二のことを考え続けるということだと言い、いつも本気で自分のことを考えている人がいると真二を励ましました。

釈放された希一を迎えにきた真希子の前に杏子が現れます。杏子は「真二のことが好きだから真二を自分にください」と言うと、迷惑をかけると心配する真二と不幸になると嗜める真希子を論破すると、真二と手を取り生きていくことを認めさせます。

3ヶ月後、未成年時での犯罪によって罪に問われなかった真二は、医大を卒業後に病院で働かせてほしいと治に頼み込みます。

治は既に真希子と離婚しており、二人に家族の関係はもうありませんでしたが、炎上騒動によるスタッフ不足を市原が告げると、真二を受け入れることに決めます。

真希子は懲りずにYouTuberとしての活動を始め、体調が回復した皐月は人材派遣会社で働く柚子と暮らし始めます。

杏子はクレアと共に起業し、IT会社に就職した真二と幸せな暮らしを始めていました。

ドラマ『御手洗家、炎上する シーズン1』の感想と評価


Netflixシリーズ「御手洗家、炎上する」7月13日より世界独占配信開始

実在のSNSが登場する共感性の高いミステリー

本作で主人公・杏子の復讐相手となる真希子は、SNSで絶大な人気を集める「インフルエンサー」です。

杏子は別の名前を利用し真希子に近づきますが、目的は単なる復讐ではなく自分の家族に対して真希子が行った行為のすべてを知ることにあります。

真希子は昔から承認欲求が強く、本当の自分を知らない不特定多数の人間に対し虚飾を着飾り「インフルエンサー」として活動していました。

本作には「mixi」や「Twitter」「Instagram」といった実在するSNSが実名のまま登場し、他者の良い部分だけを見て崇拝したり、表から見える悪い部分のみを見て誹謗中傷を行うSNSの闇の部分に触れた内容が描かれています。

身近で触れる時間の多いSNSを題材としているからこそ、共感性の高い身近な闇を感じられる作品となっていました。

「炎上」にクローズアップした物語

タイトルである『御手洗家、炎上する』には二つの意味が込められています。

一つ目は文字通り、物語の中心となる「御手洗家の邸宅が火事で炎上する」という意味であり、本ドラマは配信前から炎上シーンに対するこだわりぶりが話題となっていました。

原作者の藤沢もやしはTwitterでこのシーンの撮影のために、建物を本当に一棟燃やしたとプロデューサーから聞いたと投稿しており、製作陣の本作に対する本気ぶりを感じることができます。

二つ目の意味である、「SNSを中心に御手洗家(主に真希子)に非難が集まる」というシーンに対しても、本作は他の作品と異なる演出がされています。

本作は「パソコンやスマートフォンを操作し、批判的文章を打つ人」をネット炎上シーンに映さないことで、批判的な文章を打っている人の存在の「匿名性」をより強調していました。

SNSの向こう側にいる正体不明の一般人と言う登場人物を上手く使い、現代社会のふたつの炎上を描いている作品でした。

まとめ


Netflixシリーズ「御手洗家、炎上する」7月13日より世界独占配信開始

豊富な資金力と、配信という媒体だからこそできる攻めた物語構成が話題となる、Netflixドラマシリーズ。

同名漫画を原作とした『御手洗家、炎上する』は、2023年の現代だからこそ多くの人が共感できる、SNSと現代人の精神性を題材とした既存の作品とは全く異なる復讐劇となっていました。

二転三転する物語と、作品に漂った陰鬱とした雰囲気が払拭される最終話の爽快感が秀逸な本作をぜひ「Netflix」にてご覧になってください。



関連記事

サスペンス映画

映画『ジェントルメン』感想評価と内容レビュー解説。どんでん返しサスペンスで悪党たちの騙し合いを描く

映画『ジェントルメン』は2021年5月7日(金)より全国ロードショー。 裏社会の大物として知られるミッキーが引退宣言をした事で、彼が所有する4億ポンド(約500億円)の大麻事業を巡り、悪党たちの騙し合 …

サスペンス映画

【ネタバレ】ロストケア|あらすじ結末感想と評価解説。事件/犯人の意味/真相は?長澤まさみ×松山ケンイチが演じる“超高齢社会の悲劇”

殺人鬼VS検事の息詰まる対決を長澤まさみ×松山ケンイチで魅せる! 『ロストケア』は、連続殺人犯として逮捕された介護士と検事の対峙を描いた社会派サスペンスです。 松山ケンイチと長澤まさみが初共演を果たし …

サスペンス映画

映画『失われた少女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソンが共演した『ヒットマンズ・ボディーガード』(2017)やウィル・スミス主演の『ブライト』(2017)のように、Netflix独占配信映画では今や、ハリウ …

サスペンス映画

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじとキャスト!日本公開はいつ?

2017年12月9日(土)より公開される韓国映画『ありふれた悪事』は、モスクワ国際映画祭にて主演男優賞&最優秀アジア映画賞の2冠達成! 今作は歴史の暗闇に真正面から向き合い、国境を超えて高い …

サスペンス映画

映画『ゲットアウト』あらすじ感想と評価。考察解説のホラーおすすめの見どころを深堀り!

2017年10月27日より劇場公開される『ゲット・アウト』。 新人監督には思えない本格派スリラーを低予算でありながら、本年度公開作のなかではズバ抜けた傑作と言い切れる作品です!!!! アフリカ系アメリ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学