Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』8番タカヒロ役は萩原利久。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。

メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ』『トリック』などヒット作を数多く持つ堤幸彦監督

”12人の子どもたち”を演じるキャストも発表され、話題を呼んでいます。

この記事では、8番タカヒロ役を演じる萩原利久(りく)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『十二人の死にたい子どもたち』の作品情報


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)

【監督】
堤幸彦

【キャスト】
杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗

【作品概要】
『天地明察』『光圀伝』といった時代小説や『マルドゥック・スクランブル』などのSF小説で人気の冲方丁が、初めて現代を舞台に描いたミステリー小説を実写映画化。

閉鎖された病院を舞台に、それぞれの理由で安楽死をするため集まった12人の少年少女が、そこにいるはずがない13人目の少年の死体を見つけたことから始まる犯人捜しと、その過程で少年少女たちの死にたい理由が徐々に明らかになっていくことで、変化していく人間関係や心理を描いています。

出演には杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜ら人気若手俳優がそろいました。

脚本は岸田國士戯曲賞受賞経歴を持つ劇作家の倉持裕。

監督はドラマ『池袋ウエストゲートパーク』をはじめ『SPEC』シリーズ、『イニシエーション・ラブ』を手がけた堤幸彦氏が務めます。

映画『十二人の死にたい子どもたち』のあらすじ


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

廃業した病院にやってくる、十二人の未成年たち。

建物に入り、金庫をあけると、中には1から12までの数字が並べられていました。

この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にとり、「集いの場」へおもむく決まり。

初対面同士の子どもたちの目的は、みなで安楽死をすること。

十二人が集まり、すんなり「実行」できるはずでした。

しかし、「集いの場」に用意されていたベッドには、すでに生温かい死体が横たわっていたんです。

この死体は一体誰なのか。

自死か、他殺か。

このまま「実行」してもよいのか。

この集いの原則「全員一致」にのっとり、子どもたちは多数決を取ります。

不測の事態を前に、議論し、互いを観察し、状況から謎を推理していく彼らが辿り着く結論は。

そして、この集いの本当の目的は…。

スポンサーリンク

映画『十二人の死にたい子どもたち』8番タカヒロ役は萩原利久(はぎわら・りく)

参考映像:映画『高崎グラフィティ。』(2018)

映画『十二人の死にたい子どもたち』で8番タカヒロ役を演じる萩原利久(はぎわら・りく)は1999年2月28日生まれ。埼玉県出身。

子役出身。芸能人と友達になりたくて、子役になったそうです。特に芸人の小島よしおに会いたかったのだとか。

NEWSエンターテインメント・スクールを経て2013年からトップコートに所属。

2008年にCM『LEGOブロック』で芸能界デビュー。

子役時代からなので芸歴は長く、『ハガネの女2』『13歳のハローワーク』『運命の人』などにも出演しています。

『週刊こどもニュース』にも出演。『めちゃx2イケてるッ!』ではオカレモンJr.も務めました。

映画『暗殺教室』『ちはやふる』シリーズ、『帝一の國』『あゝ、荒野』など多くの作品に出演しています。

出演映画『高崎グラフィティ。』は第1回「未完成映画予告編大賞」を受賞。なんと3分間の予告編だけを見てグランプリを決める賞なのだそうです。群馬県を舞台に、それぞれ新しい道へと踏み出そうとする男女5人の青春が描かれています。

2019年には、本作に加え『あの日のオルガン』『アイネクライネナハトムジーク』が公開予定です。

テレビドラマでは、『先に生まれただけの僕』『あなたには帰る家がある』などに出演。人気作品『グッド・ドクター』では入院患者役を演じました。

人気バラエティ『痛快スカッとジャパン!』でも注目されています。

特技はバスケットボール、ヒップホップ。

映画『十二人の死にたい子どもたち』8番タカヒロはどんな役?


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

映画『十二人の死にたい子どもたち』8番タカヒロは16歳の高校1年生。

吃音があり、いつもうつむきかげんな少年。クスリを常用しているため、いつも眠気があります。

母から「普通じゃない」と言われて育ち、普通でいたい、みんなと違うことをするのが辛いと思うようになります。

いつも眠くてぼーっとしているため、周囲からトロイとかキモイとか言われてきました。

病院に早く着いたタカヒロは、自販機でコーラを買い、屋上に空を見に行きます。

子どもの頃、病院に行くときだけコーラを買ってくれた母を思い出しながら。

幼い頃、遊園地でわがままを言い母の言うことをきかなかったために、癇癪を起したと病院に連れていかれてから、ずっとクスリを飲んでいるタカヒロ。

そう話すタカヒロに、10番のセイゴはそれは病気ではないと言います。子供なら癇癪を起すこともある、母親に薬漬けにされているのだ、と。

7時間の長い話し合いの後、クスリが切れたタカヒロは、眠気なくスッキリしていることに気づき…。

スポンサーリンク

萩原利久(はぎわら・りく)の演技力の評価は

若手俳優でまだ知名度は高いとはいえませんが、子役時代からコツコツと経験を重ねてきた萩原利久。

本作の堤幸彦監督は「難易度の高い芝居をみごとに演じてくれた有望な若手」と高く評価しています。

ファンからは、「かわいらしい」「子役の頃からぐっとイケメンになった」などの声が聞かれます。

ドラマ『あなたには帰る家がある』ではそのイメージとはうって変わって、闇を持つ者静かなタイプの役を演じ好評を得ました。

様々な役をこなせる役者として、今後の活躍が期待される若手俳優です。

萩原利久(はぎわら・りく)の公式SNSの紹介

残念ながら萩原利久の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

衝撃的なタイトルからも大きな話題を呼んでいる映画『十二人の死にたい子どもたち』

”十二人の子ども”を演じるキャストには、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、黒島結菜といった若手の実力派が勢ぞろいしています。

4番目のキャストについて詳細が未発表。謎が多いことにも話題が集まっています。

鬼才・堤幸彦監督が「人に観せたくないほど面白い」と公言しており、作品への期待がすます大きく膨らんでいる本作。

子役からキャリアを積んできた萩原利久が、母に翻弄されてきた8番タカヒロという難役にどう挑むのか大きなみどころとなっています。

衝撃的な密室サスペンス映画『十二人の死にたい子どもたち』は2019年1月25日より全国ロードショーです。



スポンサーリンク

関連記事

サスペンス映画

映画『娘よ』ネタバレあらすじと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する映画『娘よ』は、日本で初めて公開されるパキスタン映画。 世界の片隅では、今だ起き続ける紛争に巻き込まれた少女や、少年の哀しみをネットでよく見かけます。また昨今は、過激な発言で一部の国民を …

サスペンス映画

本日公開!上映中のおすすめ台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』をご存知ですか?

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』は、本日1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開! アジア映画はあまり見たことがないというあなた。の台湾映画デビューに、チェン・ウェイハオ監督の体感型サスペ …

サスペンス映画

映画『ザ・シークレットマン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ウォーターゲート事件を内部告発したFBI副長官の目線で映像化。 『コンカッション』や『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』のピーター・ランデスマン監督が徹底的なリサーチの末に脚本を書き上げた映画 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』5番シンジロウ役は新田真剣佑。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画『スプリット』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

女子高生3人vs “23+1人”の攻防?! M・ナイト・シャマラン史上最も衝撃的なラストが待ち受ける『スプリット』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『スプリット』の作品情報映画『 …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP