Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2019/09/24
Update

映画『見えない目撃者』ネタバレ評価と犯人の正体は誰?ラストは浅香航大と吉岡里帆の演技力がぶつかり合う

  • Writer :
  • もりのちこ

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、そして意識。
第六感までも震撼させるノンストップ・スリラー。

2011年韓国で大ヒットを記録し、中国でもリメイクされた映画『ブラインド』を、森淳一監督が大胆にリメイク

事件を解決へと導く盲目の主人公を、吉岡里帆が演じます。

見えないことで増す恐怖心と、ラストまで絶え間なく襲ってくる衝撃シーンに、息つく暇もないほどです。

犯人の不気味な行動、犯罪の異様さ、グロテスクな映像。ここまで攻めるか!R15+指定『見えない目撃者』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『見えない目撃者』の作品情報


(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督】
森淳一

【キャスト】
吉岡里帆、高杉真宙、大倉孝二、浅香航大、酒向芳、松大航也、國村隼、渡辺大知、柳俊太郎、松田美由紀、田口トモロヲ

【作品概要】
韓国映画『ブラインド』の日本リメイク版『見えない目撃者』。視力を失った元警察官が猟奇殺人鬼に挑むサスペンススリラーです。

盲目の主人公を演じるは、本格ミステリー初挑戦となる吉岡里帆。そして主人公に協力する少年を、『十二人の死にたい子どもたち』『賭ケグルイ』と話題作出演が続く高杉真宙が演じています。

監督は、『重力ピエロ』『リトル・フォレスト』など、静けさの中にも言葉の強さが印象的な作品が特徴の森淳一監督。

映画『見えない目撃者』のあらすじとネタバレ


(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.

浜中なつめは、警察学校を優秀な成績で卒業しました。

その日、なつめは夜遊びをしている弟の大樹を車で迎えに行きます。「警察官の弟が補導とか止めてよ」。大樹は遊びたい年頃です。

手に入れたティアベルのキーホルダーを自慢げに取り出し、運転席の足元に落としてしまいます。

手を伸ばしキーホルダーを取ろうとするなつめ。一瞬、目を離した隙に横からトラックが突っ込んできます。ハンドルを切るも横転してしまう車。

車から引き出されたなつめは、大樹の「助けて」の声に駆け寄ろうとしますが、次第に視覚がぼやけていきます。

車は炎上。大樹は亡くなりました。そして、なつめの目は見えなくなってしまいました。

それから3年。警察官を諦めたなつめは、今もなお苦しみの中にいました。

弟の死を乗り越え、なつめの人生を歩んで欲しい母は、なつめを大樹の墓参りに誘いますが、お墓の前に行けないなつめ。止める母を振り切り、盲導犬のパルと一緒に一人帰ることに。

途中、後ろからスケボーの音が近づき、なつめを追い抜いて行きました。その先で、車の急ブレーキの音が聞こえます。スケボーと衝突したのかもしれません。

車の方へ駆け寄ると、ラジオが大音量で流れているにも関わらず、誰も乗っていないようです。すると、後ろの窓を叩く音が聞こえてきます。「助けて」。

「誰か中にいるの?名前は?」「レイサ」。確かにそう聞こえます。その時、何者かが戻ってきました。なつめを追い払い、去って行く車。

元警察官のなつめの感が犯罪の匂いを嗅ぎつけます。警察に通報に行くなつめ。しかし、警察では盲目者の証言を受け入れてはくれませんでした。

それでも食い下がるなつめに、警察は現場にいたであろうスケボーの男から事情を聞くことにします。

スケボーに乗っていた男は、高校生の国崎春馬でした。春馬は「確かにぶつかりそうになったけど、女の子は乗っていなかった」と面倒くさそうに証言します。

刑事の木村はどっちの証言が正しいのか迷っていました。同じ刑事の吉野は、なつめは盲目で精神科通院をしており自殺未遂も起こしていることから、なつめの幻聴だと言います。

なつめは、春馬を訪ねていました。なつめの訪問に嫌な顔をする春馬でしたが、これは誘拐事件かもしれないと詰め寄るなつめに、しぶしぶ証言します。

車から降りてきた男は、帽子にマスクに眼鏡をしており、急いでいるから面倒を起こしたくないとお金を渡されたと言います。そのお金は証拠になると回収するなつめ。

もう一度警察に協力を仰ぎに出向きます。信じない吉野に、声だけで身長、年齢、昼に食べたものまで当ててみせるなつめ。木村も吉野も、なつめの鋭さに驚きます。

春馬は、自分と同じ年頃の女の子が事件に関わっているかもしれないという、なつめの言葉が気になっていました。レイサという女子高生の捜索に乗り出します。

春馬の先輩の協力で、未成年の風俗を斡旋しているアジトを突き止めた春馬となつめは、刑事の木村と吉村と共にアジトに踏み込みます。

そこに隠れていた桐野という男から、最近業界でうわさの救様(きゅうさま)という、家出の女子高校生を風俗の世界から救ってくれる救世主の存在が明らかとなりました。レイサも救様と接触し、姿を消したとみられます。

一方その頃、レイサは狭い小屋のようなところに閉じ込められていました。片目がないウサギのぬいぐるみと一緒です。隙間から除く隣の小屋にも同じぐらいの女の子がいます。

キョウコと名乗るその子は、ひどく怯えています。「あなたの前にも女の子がいた。あなたが来たから次は私の番よ」。扉が開き、光が差し込みます。泣き叫ぶキョウコ。

覗くレイサの前で、キョウコは何者かによって、髪の毛をつかまれ連れ出されて行きました。

以下、『見えない目撃者』ネタバレ・結末の記載がございます。『見えない目撃者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.

春馬はスケボーに乗って帰る途中でした。突然、黒い車が春馬を襲います。何度もぶつけてはしつこく引きにくる車。対向車が通りかかり春馬は命拾いをします。

春馬が覚えていた車のナンバーから、新井ふみのりという男が持ち主であることが判明。刑事の木村と吉村は、新井の会社を訪ねます。

新井は薬の多量接種ですでに死んでいました。裏のゴミ捨て場で警察犬が吠えています。そこで、木村が発見したものは惨い女子高生の死体でした。

死体は4体。それぞれ、耳、鼻、口、手が切り取られています。

春馬が初めに接触した時渡された紙幣の指紋と、新井の指紋が一致します。警察は女子高生連続殺人事件の犯人は新井と断定。事件は解決したかに見えました。

なつめは犯罪の手口が気になり、独自で調べます。そこで、仏語で六根から生じる迷いを断ち切り清らかな身になるという意味がある六根清浄(ろっこんしょうじょう)にたどり着きます。

木村に連絡を入れるなつめ。「これは儀式殺人かもしれません。被害者はあと2人います」。

それを聞いた木村にも思い当たる事件がありました。15年前これと似た儀式殺人事件が起こっていたのです。

当時の事件を担当した平山を訪ねる木村。そこで当時の犯人逮捕に繋がった目撃者の存在を聞き出します。当時、高校生だった目撃者は犯行現場をビデオに収めていたそうです。

平山は、「犯人が人を切り刻む場面をズームで撮影していたよ。高校生の興味を見たようで恐ろしかった」と語ります。

その頃、春馬のSNSを見た女子高生から新たな証言が寄せられていました。死体で発見されたキョウコの友達でした。家出していたキョウコは、やはり救様と会っていたようです。

なつめは、レイサとキョウコの共通点を探していきます。そしてある可能性に行きあたります。

彼女たちの共通点は家出をしても親から捜索願が出ていないこと。そして、キョウコの友達の証言から長者町警察所に一度補導されたにも関わらず、その記録が残っていないこと。春馬のお札のすり替えが可能なこと。犯人は警察にいる。

木村は、レイサの捜索願で協力してもらった長者町警察所生活安全課・少年係の日下部翔に目を付けます。

そして答え合わせのように、平山からも連絡が入ります。「15年前の目撃者が分かった。今は警察官になっていたよ。日下部翔という男だ」。

木村は単独で日下部を追います。しかし待ち受けていた日下部に返り討ちにあってしまいます。倒れる寸前、木村の携帯電話になつめからメッセージが届きます。

なつめが木村に送った待ち合わせ場所に現れたのは日下部でした。「木村さんから頼まれてきました。お連れします」。車に乗せられる、なつめ。

走る車から、あの時嗅いだアルコールの匂いがかすかにします。「眼鏡の曇り取りのにおいです」と答える日下部。眼鏡が曇るのはマスクをしているから。

目が見えないなつめのすぐ側で、日下部は注射器をかまえています。今まさに振り下ろそうとした時、危険を感じたなつめは、盲導犬パルと車から飛び出します。

追ってくる日下部。なつめは、春馬にテレビ電話をかけ、誘導をお願いします。

しかし、回り道をしていた日下部に出くわしてしまいました。近くにいる日下部の存在に気付かないなつめ。日下部の持つナイフが振り落とされます。

その時、盲導犬パルが日下部に噛みつきました。訓練され決して人間を襲わないパルが、なつめを守るため牙をむきます。鳴き声とともに、血まみれで倒れるパル。

その騒動に駅員が駆け付けると、日下部は姿を消しました。

なつめは、木村から聞いていた15年前の事件との関連から、日下部は当時の事件現場に戻っていることを確信します。

そこは使われていない古い屋敷でした。部屋から明かりが見えます。日下部の姿がありました。なつめと春馬は、高校生のレイサを探しに侵入します。

部屋には、刑事の木村と吉村の死体がありました。吉村の持っていた拳銃を拾うなつめ。隠し扉の奥には新しく誘拐された女の子の姿が。彼女の箱には頭のないぬいぐるみが入れてありました。

残るは視覚。目を狙われているレイサがまだこの屋敷にいるはずです。

部屋を出るなつめ達を待ち構える日下部。容赦なくナイフを振り落とします。春馬が倒されながらも必死で2人を逃がします。

なつめは屋敷の電気をショートさせ、春馬を助けに戻ります。暗闇の中ではなつめの方が有利です。

スマホの明かりで、なつめを追う日下部。なつめは一人、レイサの救出に向かいます。レイサは、バスルームに鎖に繋がれていました。

助けに来たなつめに気付き、パニックになるレイサは、大声で泣きだしてしまいます。その声で日下部がバスルームに近づいてきます。

なつめは先手を打ちました。弟・大樹の忘れ形見、ティアベルのキーホルダーを廊下に置きます。そして、まっすぐ銃を構え、日下部が近づくの待ちます。

なつめの姿を見つけた日下部は、目が見えないなつめを前に、靴を脱ぎ音を消しゆっくり近づいていきます。あと一歩でナイフが届く距離。日下部の足がティアベルを蹴りました。

音が鳴った瞬間、なつめは銃を打ち込みます。皮肉にも弾は目を貫通していました。

なつめは盲導犬パルと、母、そして春馬と弟・大樹の墓参りに来ています。「俺、警察官になれるかな?」と聞く春馬になつめは力強く答えます。「なれるよ。絶対」。

スポンサーリンク

映画『見えない目撃者』の感想と評価


(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.

目の見えない元警察官がある事故に遭遇したことで、とんでもない連続殺人事件へと繋がっていきます。

主人公のなつめが、目が見えないことで何度も危険な目に合うも、感覚を研ぎ澄ませ危機を乗り越えていく姿に、観ている者もハラハラドキドキが止まりません。

主人公の視点になって、見えないはずの景色が浮かび上がってくる映像描写が登場します。真っ白な世界に物質の輪郭が浮かんでいく様は、普段味わえない体験となりました。

また、主人公が目が見えないという恐怖に加え、犯人の残虐性が明らかになっていくことでどんどん恐怖が増長していきます。ここまでやる!?容赦ない無残な展開に目を覆いたくなります。

サイコ・サスペンスと言えば、キリスト教の「七つの大罪」をなぞり起こる連続猟奇事件に、ブラッド・ピット演じる刑事が犯人を追う『セブン』が思い浮かびますが、儀式犯罪という点でも似ているかもしれません。

ただし、日本リメイク版『見えない目撃者』では、猟奇殺人鬼のターゲットが、親との関係が上手くいっていない女子高校生という、現代日本の問題を浮き彫りにしている点がさらにリアリティを感じさせます

子どもが家出をしても何とも思わない親。体を売ってお金を稼ぐことに抵抗のない女子高校生。自分のことだけが大事な教師。見て見ぬふりをする大人。犯罪はもうすでに身近にあるのかもしれません。

そして本作で注目すべき点は、盲目の主人公なつめを演じた吉岡里帆の演技力です。焦点が合わない様子や、感覚を研ぎ澄ます正義感宿る力強い目。盲目という難しい役を表情でみごとに演じています。

本格スリラー初挑戦となる吉岡里帆の、これまで見たことのない力強い表情が見られます。

そして恐怖のサイコパスを演じた浅香航大。元ジャニーズという爽やかな顔が、無表情でためらいなく犯罪を犯していく姿に震えが走ります。

ミステリアスな演技を見せた、大ヒットドラマ『あなたの番です』を超えるはまり役。今後の役どころも心配になるほどのインパクトでした。

まとめ


(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.

猟奇殺人鬼と視力を失った元女性警官の対決を描いたノンストップ・スリラー『見えない目撃者』を紹介しました。

現代日本の闇の部分が浮き彫りになる、類を見ないほど残忍な猟奇殺人事件

目の見えない主人公がどうやって犯人を追っていくのか?その研ぎ澄まされた感覚で事件を推理していく過程に注目です。

次から次へと襲い掛かる恐怖。あなたも五感を研ぎ澄ませ、感じて下さい。

関連記事

サスペンス映画

映画『グッドタイム』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

最近、テレビでも放送されたハリー・ポッターシリーズでセドリック・ディゴリーを演じたロバート・パティンソン。 本作ではまるで地方都市から飛び出してきた、頭の残念すぎる若者を熱演し、全部自業自得で大変な目 …

サスペンス映画

韓国映画『リアル』あらすじとキャスト一覧!公開する劇場情報も

すべてのジャンルを超える新感覚ボーダレスムービー! 韓国の次世代トップ俳優キム・スヒョンが初の一人二役に挑み「20代の代表作」と自ら発言した注目の主演作、『リアル』が4月14日(土)よりシネマート新宿 …

サスペンス映画

映画『キッスで殺せ!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

一人の女が残した大いなる謎とは一体…?! ソリッドかつクールな私立探偵マイク・ハマーが躍動する『キッスで殺せ!』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『キッスで殺せ!』の作品情報映画 …

サスペンス映画

映画『ゴールド/金塊の行方』感想とあらすじネタバレ!ラスト結末も

実在の事件を題材に、マシュー・マコノヒーが自身の制作・主演で映画化した犯罪サスペンス『ゴールド/金塊の行方』をご紹介します。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『ゴールド/金 …

サスペンス映画

三度目の殺人の撮影ロケ地とメイキング舞台裏【福山雅治主演映画】

9月9日(土)より全国の劇場にて上映される映画『三度目の殺人』。 2013年に『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を獲得した、是枝裕和監督と福山雅治主演という再タッグに、世界的に知られる大御所 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP