Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『トレインミッション』ネタバレ考察と感想解説。ラスト結末の意味深い言葉のメッセージとは

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

『フライト・ゲーム』『アウノウン』主演リーアム・ニーソン&ジャウム・コレット=セラ監督作品

平凡な日常を送る男が、毎日利用している通勤列車内で、謎の女と遭遇した事から始まる、家族の命を守る為の戦いを描いた、サスペンス・アクション映画『トレイン・ミッション』。

映画内の時間と上映時間の105分がリンクし、リアルタイムで進行する。

手に汗握るワンシチュエーションサスペンス映画『トレイン・ミッション』の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『トレイン・ミッション』の作品情報


(C)STUDIOCANAL S.A.S.

【公開】
2018年公開(アメリカ・イギリス合作映画)

【原題】
The Commuter

【監督】
ジャウム・コレット=セラ

【脚本】
バイロン・ウィリンガー、フィリップ・デ・ブラシ、ライアン・イングル

【キャスト】
リーアム・ニーソン、ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、サム・ニール、ジョナサン・バンクス、エリザベス・マクガバン、フローレンス・ピュー

【作品概要】
元刑事で、現在は保険会社で働き、平凡な日常を送る主人公のマイケルが、謎の女が仕掛けたゲームに巻き込まれるサスペンス・アクション。主人公のマイケルを、映画『96時間』などで、アクション俳優としても高い評価を受けている、リーアム・ニーソンが演じ、本作でも体当たりのアクションを披露しています。監督は、本作がリーアム・ニーソンと4度目のタッグとなる、ジャウム・コレット=セラ。

映画『トレイン・ミッション』のあらすじとネタバレ


(C)STUDIOCANAL S.A.S.
保険のセールスマンとして働くマイケル・マコーリーは、妻のカレンと息子のダニーと共に、幸せな家庭を築いていました。

ですが、ダニーの大学進学などで、多額のお金が必要となり、マイケルは金銭面で悩んでいます。

元警察官であるマイケルは、長年コンビを組んでいたアレックスに、金銭面の相談をしていましたが、アレックスも警察内で出世できず、結婚にも失敗し悩んでいました。

マイケルは、いつものように通勤列車に乗って、保険会社に出社しますが、突然解雇を言い渡されます。

ダニーの為に、今後のお金が必要なマイケルは抵抗しますが「会社の決定である」と突き返されます。

マイケルは放心状態のまま、帰宅する為にいつもの通勤列車に乗り込みますが、乗車する直前に財布とスマホを盗まれます。

列車の席について、読書をするマイケル。

すると、近くの席で大声で電話していた証券マンが、隣に座っていた女性と口論になり、女性が席を代える所を目撃します。

それでも読書を続けるマイケルに、1人の女が話しかけてきます。

ジョアンナと名乗る女は、自らを精神学の医師であると伝え、マイケルに、あるゲームを持ち掛けます。

ゲームの内容は、列車内にいる「ある人物」を探し出す事です。

「ある人物」の特徴は3つ「常連客では無い」「終点のコールドスプリング駅で降りる」「プリンと言う偽名を使っている」でした。

ジョアンナの仕掛けたゲームにマイケルは戸惑いますが、「報酬は10万ドルである」事を聞き、高額な報酬に抗う事が出来ず、ゲームを受け入れます。

また、ジョアンナから「ゲームの内容を口外しない」というルールも課せられます。

ジョアンナが列車から降りた後、お金の置き場所である第2車両を探したマイケルは、10万ドルの着手金である2万5千ドルを手に入れます。

マイケルは、そのままゲームを放棄して、次の駅で降りようとしますが、列車に乗って来た黒人の少女に、ある物を渡されます。

それは、妻のカレンが指にしている結婚指輪でした。

家族の身を案じ、マイケルは列車内の顔見知りであるトニーからスマホを借り、カレンに連絡しますが繋がりません。

マイケルはアレックスに連絡をし、自宅に警察を向かわせるよう要請します。

直後に、マイケルはジョアンナからの連絡を受け「ルールを破る事は許されない」と警告されます。

プリンが降りるコールドスプリング駅は、第7地区にあり、マイケルは乗客の椅子に立てられた切符を全て確認し、第7地区で降りる乗客を6人に絞ります。

マイケルは、6人の中の1人で、首に蛇のタトゥーがある男が、最後尾の車両に移る所を目撃し後を追います。

ですが、マイケルの動きを察知した男は、襲いかかって来ました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『トレイン・ミッション』ネタバレ・結末の記載がございます。『トレイン・ミッション』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)STUDIOCANAL S.A.S.

最後尾の車両で、首に蛇のタトゥーがある男と格闘になったマイケルは、男から「この件に関わるな」と忠告されます。

マイケルとの格闘を、他の乗客に見られた事で、首に蛇のタトゥーがある男は立ち去って行きます。

そこへ、アレックスから連絡が入ります。

数日前、政府関係者が飛び降り自殺をした事件が発生していました。

ですが、それは殺人事件であり、その目撃者がプリンである可能性が高い事を、マイケルは聞かされます。

闇組織の陰謀に巻き込まれたマイケルは悲観しますが、トニーに急かされ、スマホを返却します。

冷房装置が壊れ、誰もいない車両を、マイケルが散策していると、列車の床から着信音が聞こえます。

床を開けると、そこには先程の、首に蛇のタトゥーがある男の死体が放置されていました。

男のポケットから、FBI捜査官のバッジが見つかります。

マイケルは、男の死体が持っていたスマホを手に取ると、ジョアンナからの着信がありました。

ジョアンナは、政府の陰謀に深入りしようとするマイケルを脅し、家族の音声を流して脅しをかけます。

プリンを探し出さないと、家族の身に危険が生じる事から、マイケルは、絞り込んだ6人に接触しますが、プリンを探し出す事が出来ません。

列車は終点に近付いており、乗客の数も少なくなっていました。

マイケルは、乗客を一か所に集める為、列車内の冷房装置を破壊し、唯一冷房が使える最後尾の車両に乗客を集めます。

すると、大きなギターのケースを持った男が、不自然に違う車両へ移動しようとした為、マイケルは追いかけて男を問い詰めます。

男は、マイケルに襲いかかってきた為、マイケルは迎え撃ちます。

男の正体は殺し屋で、プリンが発見された後に、プリンの射殺を依頼されていました。

マイケルは、格闘の末に男を車両の外に投げ飛ばします。

すると、ジョアンナから連絡が入り、殺し屋の代わりに、マイケルが殺し屋の拳銃を使って、プリンを殺す事を指示されます。

プリンを守る為、車内を探し続けるマイケルは、証券マンと口論になった女性が、途中で席を代えた事を思い出します。

女性が座っていた席にある切符は、第7地区まででした。

マイケルは、プリンの偽名を使った女性、ソフィアを探し出します。

ソフィアは、殺された政府関係者の事務所で勉強をしていた学生でした。

ですが、ある時、政府関係者が窓から落とされる場面を目撃、犯人は「崇高な思想が…」と言葉を発していました。

ソフィアは、自殺とされた政府関係者の事件を、FBIのガルシア捜査官に証言する為、コールドスプリング駅に向かっていました。

事情を聞いたマイケルが、ソフィアを消す事をためらった為、ジョアンナが列車内の仕掛けを発動、列車のブレーキが爆破され、停車不可能となります。

マイケルはベテラン車掌のサムと協力し、列車を停車させますが、停まった列車を警官隊が包囲します。

拳銃を所持し、車内でトラブルを起こすマイケルを、車掌が危険人物と判断し、警察に通報していました。

現場を指揮するのは、かつてのマイケルの上司、ホーソーン警部。

そして、元相棒であるアレックスがマイケルの説得に向かいます。

アレックスは車内に入り、マイケルを説得しますが「崇高な思想が…」という言葉を発します。

その言葉で、ソフィアとマイケルは、犯人がアレックスであると気付き、マイケルはソフィアを守る為に、アレックスと格闘を開始します。

車内の様子を感知したホーソーン警部は、射殺を指示します。

マイケルは、アレックスと場所を入れ替わる事で誤射させ、アレックスは命を落とします。

列車の外に出て保護されたマイケルは、ホーソーン警部から、アレックスの身辺を調査していた事を聞かされます。

数日後、列車に乗っていたジョアンナの前に、マイケルが現れます。

一連の件を「覚えがない」と嘘をつくジョアンナに、マイケルは警察のバッジを見せ、自分が警察に復職した事を伝えます。

スポンサーリンク

映画『トレイン・ミッション』感想と評価


(C)STUDIOCANAL S.A.S.
平凡な日常を送っていた男が、突如列車内でのデスゲームに巻き込まれる恐怖を描いた、映画『トレイン・ミッション』。

作品の大半が、列車内で進められる、いわゆるシチュエーションスリラーとなりますが、本作の監督ジャウム・コレット=セラは、これまで、飛行機内での連続殺人と戦う男を描いた『フライト・ゲーム』、ビーチを舞台に人食いサメの恐怖を描いた『ロスト・バケーション』と、数々のシチュエーションスリラーを手掛けた名手です。

本作では主人公のマイケルが、限られた情報をもとに、元刑事の洞察力で「プリン」と名乗る人物を絞り込んでいきます。

その様子を、列車というシチュエーションを活かした展開で、スピード感あふれる演出で描いており、ジャウム・コレット=セラの本領発揮という感じです。

主演のリーアム・ニーソンは、映画『96時間』から、アクション俳優として高い評価を受けていますが、『トレイン・ミッション』では、誰もが身近に感じるキャラクターに設定されています。

毎日、決まった列車に乗って職場に行き、仕事を終えれば、帰宅する為に列車に乗って、毎日同じ駅で降りる。

そんな、誰もが経験している日常を送るマイケルが、突然、不条理とも言えるゲームに巻き込まれてしまうのですが、そのキッカケは、息子の学費と家のローンで、金銭的に余裕が無い事からでした。

身近な悩みを抱えるマイケルに、共感する人も多いでしょう。

これに加え『トレイン・ミッション』は、終始マイケル目線で、リアルタイムで物語が進む事が特徴です。

ある日突然、日常が壊され、マイケルにとって最後の日常である、家族の存在を守る為に戦い続けるその姿には、共感し感動すら覚えます。

ラストでマイケルとダニーがかわす、何気ない会話から「苦しくても、普段の日常こそが素晴らしい」と、そんなメッセージを感じる作品でした。

まとめ


(C)STUDIOCANAL S.A.S.
平凡な日常が破壊される恐怖を、リアルタイムで進行させる映画『トレイン・ミッション』。

舞台となる列車は実在していますが、鉄道の撮影許可が下りなかった事から、1両と半分の車両のセットを実際に作り、駅のレプリカを駆使しながら撮影されています。

列車の窓から入る光は、時間の経過を表現している重要な演出になっており、撮影監督のポール・キャメロンは、照明を駆使した職人技を見せています。

本作は、日常の風景を追求する為、徹底してリアリティにこだわっているので、その点にも注目して下さい。

また、マイケルが絞り込んだ6人の他、列車に乗っている乗客は「いずれかのキャラクターに自分を重ねられるようにしたかった」と、監督のジャウム・コレット=セラの考えが反映されており、登場人物は非常に個性豊かとなっています。

この登場人物達と、マイケルのやりとりも、本作の見どころの1つとなっています。

乗客の1人で、派手な出で立ちの女性グウェン役に、後に『ミッドサマー』の主演に抜擢されたフローレンス・ピューも出演していますよ。

とにかく徹底して、ありふれた日常を意識した本作ですが、リーアム・ニーソンの体を張ったアクションも楽しめますので、盛りだくさんの105分となっています。

関連記事

サスペンス映画

映画『逃亡者』ネタバレ結末あらすじと感想評価。60年代の人気ドラマをリメイク版としてハリソン・フォードを迎えて描いた追走サスペンス

1960年代に大ヒットしたアメリカのテレビドラマを映画化したアクションスリラー! アンドリュー・デイヴィスが監督を務めた、1993年製作のアメリカのアクションスリラー映画『逃亡者』。 妻殺しの容疑で逮 …

サスペンス映画

『フライトゲーム』動画無料視聴はU-NEXT。ネタバレ感想と犯人は?

リーアム・ニーソンといえば娘が誘拐されて凄い怒ったり、自分の身分が根こそぎ知らない男に奪われたり、キリスト教を棄教させられたりと、結構大変な目に遭う役が多い印象です。 今作『フライト・ゲーム』でも負け …

サスペンス映画

映画『ナイトクローラー』あらすじネタバレ感想とラスト結末の解説評価【ジェイク・ギーレンホール代表作おすすめ】

YouTubeやテレビでは、多くの「衝撃映像」を見ることができます。 事件や事故の映像は、個人でアップされるものありますが、映像パパラッチの手によって撮影されたがあるとか。 “刺激的な瞬間が見たい”と …

サスペンス映画

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』あらすじとキャスト【チェン・ウェイハオ監督】

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』は、2018年1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開されます。 10月1日に発表された台湾版アカデミー賞の「第54回金馬奨」の演技賞に、カイザー・チュアン …

サスペンス映画

映画『聖なる鹿殺し』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ヨルゴス・ランティモス監督作品】

映画『聖なる鹿殺し』は、ヨルゴス・ランティモス監督が観客のあなたに見せる“死のメタファー”。究極の選択を前に、あなたならどうしますか? 自尊心の強い心臓外科医のスティーブンは幸せに家庭とともに暮らして …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学