Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

海上48hours -悪夢のバカンス|あらすじ感想と解説評価。最後の春休みに弾ける大学生5人組を襲う人食いザメの恐怖!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

海の恐怖を描くサバイバルスリラー『海底48hours -悪夢のバカンス-』が2022年7月22日(金)に公開

海底に閉じ込められた危機から脱出する恐怖を描く『海底47m』シリーズの製作陣による再び海の恐怖を描き出したサバイバルスリラー『海底48hours -悪夢のバカンス-』が2022年7月22日(金)に新宿バルト9ほかで全国公開されます。

水上バイクで事故を起こしたビーチでのバカンス中の大学生5人組が、狂暴なサメの巣窟に迷い込むサバイバルスリラーです。

監督は、『海底47m』(2017)と『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(2020)でセカンドユニット監督を務めたジェームズ・ナン。

脚本を実録ドラマ『暁に祈れ』(2018)のニック・ソルトリーズが務めます。

出演はホリー・アール、ジャック・トゥルーマン、キャサリン・ハネイ、マラキ・プラー=ラッチマン。

スポンサーリンク

映画『海上48hours ―悪夢のバカンス―』の作品情報


(C)Vitality Jetski Limited 2021

【公開】
2022年(イギリス映画)

【脚本】
ニック・ソルトリーズ

【監督】
ジェームズ・ナン

【編集】
トミー・ボウルディング

【出演】
ホリー・アール、ジャック・トゥルーマン、キャサリン・ハネイ、マラキ・プラー=ラッチマン、トーマス・フリン

【作品概要】

『ゲットバック 人質奪還』(2016)の監督や、『海底47m』(2017)と『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(2020)のセカンドユニット監督を務めたジェームズ・ナンが描く青春サバイバルスリラー。

脚本は『暁に祈れ』(2018)のニック・ソルトリーズ。

メキシコのビーチにバカンスにやってきた大学生たちが、水上バイクに乗って事故に遭い、大海原で狂暴なホホジロザメに襲われる恐怖を描きます。

思いがけず気づいてしまった彼氏と親友の浮気や、命の瀬戸際でとるとっさの行動をとおして変わっていく人間関係からも目が離せません。

出演は『アラビアの女王 愛と宿命の日々』(2017)のホリー・アール、新人のジャック・トゥルーマン、キャサリン・ハネイ、マラキ・プラー=ラッチマン、トーマス・フリン。

映画『海上48hours ―悪夢のバカンス―』のあらすじ


(C)Vitality Jetski Limited 2021

最後の春休みにメキシコのビーチにやってきたアメリカの大学生5人組。セクシーに踊るミリーに連れられてナットも踊り始めます。ナットの彼氏のトムや、仲間のタイラー、グレッグも加わりました。

スピンゲームに負けた酒をおごることになったナットが一人歩いていくと、物乞いに金を求められます。男はサメに襲われて両足をなくしていました。男は何度もナットに「気をつけろ」と警告します。

明け方になってもまだテキーラを片手に酔っぱらっていた5人は、2台の水上バイクに無断で乗り込んで沖に出ました。

はじめは心配して止めようとしていたナットも、誘われて一緒につい乗り込みます。調子に乗ってどんどん沖に向かい、ふざけてチキンレースを繰り広げていると、2台が正面衝突して5人は海に放り出されてしまいします。

足を大けがしたグレッグと、泳げないミリーがパニックに陥ります。ミリーの携帯の電波はつながりません。

岩の上に置いていた5人の携帯やサンダルは波にさらわれ、彼らが海に出たという形跡は消えてしまっていました。

ケガしたグレッグをバイクの上に運び上げて岸に向かおうとしますが、エンジンはかかりませんでした。

携帯で日光を反射させて陸に信号を送ろうとしていたナットは、携帯の画像を見てミリーとトムが浮気していたことに気づいてしまいます。険悪な空気になる3人。

先ほどすれ違ったヨットを探しに行くとタイラーが言い出し、仲間は彼に望みを託して送り出します。

しかし、ほどなくしてタイラーを追っていくサメがいることにミリーが気づきます。するといつの間にか、そのサメは彼らの目の前に迫っていました。慌てたトムが無理やり乗り込もうとしてバイクが転倒し、4人とも海に放り出されてしまいます。

ナットはグレッグを助けようとしますが、血を流しているグレッグは真っ先に襲われ、彼の腕時計に髪がからまったナットも一緒に連れ去られます。ナットはグレッグが食われる瞬間を見てしまいました。

途中で腕時計が外れてやっと自由になったナットは、必死でバイクに泳ぎ着きます。

彼らが乗るバイクの下は、なんと狂暴な人食いザメの巣窟で…。

スポンサーリンク

映画『海上48hours ―悪夢のバカンス―』の感想と評価


(C)Vitality Jetski Limited 2021

いつこの恐怖は終わるのか!?手に汗握るスリリングな展開

地中海マルタ島で撮影された透き通るように美しいマリンブルーを舞台に繰り広げられるシャーク・パニック『海上48hours ―悪夢のバカンス―』。リアルなサメのビジュアルにこだわったという本作は、全編通して手に汗握るスリリングな展開となっています。

最後の春休みを思い切り楽しもうとハメをはずした大学生5人組。ところが、盗んだ水上バイクで沖に出て事故を起こし、大海原に放り出されてしまいます。

大けがをしてしまった仲間。電波の届かない携帯。携帯の中にあったトムとミリーの浮気の証拠。ヒロインのナットたちに次々に苦難が降りかかります。

しかし、本当の危機が訪れたのはその後でした。彼らが遭難したのはホホジロザメの巣窟の上だったのです!

ひとりで泳ぎ出したタイラーは果たして無事にヨットを見つけ出すことができるのか。また、やがて訪れる夜の暗闇の海で彼らは生き残ることができるのか。ハラハラの連続で、一瞬たりとも目が離せません。

思わず見惚れる女戦士ナットの雄姿

本作キャストは遠隔オーディションで選ばれた精鋭たちです。勇気あるヒロインのナットは『アラビアの女王 愛と宿命の日々』(2017)のホリー・アールが演じています。

折れるような細い腰をした小柄なナットは、思いやり深いごく普通の女子大生です。恋人のトムとの仲も良好で、一緒にグループ旅行に参加していました。

酔った仲間が水上バイクを盗もうとしたのを止めようとしたナットは、「5分だけ」という言葉を信じてつい一緒に乗り込んでしまいます。良心的な彼女とは違い、仲間たちは思いっきり遊ぶつもりでした。ハイスピードを出して2台がギリギリですれ違うというチキンレースに夢中になった彼らは、正面衝突して海に放り出されて彷徨うこととなります。

信じていた恋人のトムが実はとても女にだらしなく頼りない男で、親友のミリーやほかの女と浮気を繰り返していたことがわかります。トムは傷ついたナットに追い打ちをかけるように、周りに気を使い過ぎる彼女は利用されているだけだと厳しい言葉を投げかけました。

険悪な雰囲気のなか、次々と危機が容赦なく彼らに襲いかかります。

怯えて動けないほかの4人とは違い、ナットだけは危機に襲われるたびに強くなって立ち上がります。その姿はさながら女戦士のようです。

追い込まれたときほど人の本質がわかるものですが、どんな状況でも彼女は決して自分だけ逃げることをせず、いつも人を助けるために全力を尽くします。たとえ相手が浮気をしたトムであっても。

どれほどつらい苦境に立たされても踏みとどまり、サメに真正面から立ち向かうナットの雄姿にぜひご注目下さい。

まとめ


(C)Vitality Jetski Limited 2021

バカンス中だった5人の大学生が巻き込まれた恐怖の時間を描くパニックサスペンス『海上48hours ―悪夢のバカンス―』。

バイクが故障して沖に流される恐ろしさ、信じていた人の裏切りに対する怒りと悲しみ、そして狂暴なホホジロザメに生きたまま食われる極限の恐怖…ひとつの作品の中で、さまざまな感情を味合わせてくれます。

消えてはまた再び現れるサメの恐怖は、主人公らだけではなく、私たち観ている者も翻弄します。

いく度も現れる海のギャングを前に、ヒロインのナットたちはどうやって立ち向かっていくのでしょうか。また、彼女を裏切った彼氏のトム、親友のミリーとの関係は果たして修復できるのでしょうか。

さまざまなスリルを味わいながら、最後までナットの雄姿を見届けてください!




関連記事

サスペンス映画

映画『スプリット』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

女子高生3人vs “23+1人”の攻防?! M・ナイト・シャマラン史上最も衝撃的なラストが待ち受ける『スプリット』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『スプリット』の作品情報映画『 …

サスペンス映画

映画『死の谷間』あらすじとキャスト。上映する劇場情報も【マーゴット・ロビー主演】

映画『死の谷間』は6月23日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー! 1974年にロバート・C・オブライエンが発表した小説「死の影の谷間」を基に、『コンプライアンス 服従の心理』のクレイグ・ …

サスペンス映画

『愛なき森で叫べDEEPCUT』ネタバレ感想と考察評価。実在事件を基に園子温監督が描く“人の恐怖と善悪”

人をマインドコントロールする恐ろしい犯罪者を描き出す。 『愛のむきだし』(2008)や『ヒミズ』(2011)など、パワフルで容赦のない表現が、多くのファンを持つ園子温が手掛けた『愛なき森で叫べ DEE …

サスペンス映画

韓国映画『インサイダーズ 内部者たち』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。どんでん返しで描く“権力と正義”のはざまで繰り広げられる騙し合い!

韓国の性接待シーンの衝撃度を語るなら『インサイダーズ 内部者たち』 実際にそんな接待が繰り広げられているのかと驚愕さえ覚える、財閥と政治家の衝撃の性接待シーンも描かれるR指定作品の『インサイダーズ 内 …

サスペンス映画

【ダイナー映画ネタバレ】本郷奏多演じるキッドが子供の理由は過去に秘密が⁈実写再現力は演技の賜物

2019年7月5日に公開された映画『Diner ダイナー』。 平山夢明の小説『ダイナー』を原作としながら、蜷川実花監督がその色彩感覚で新たな世界を描いた映画『Diner ダイナー』。 (C)2019 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学