Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画ギフト(2000)|ネタバレあらすじ結末と感想考察の評価。犯人の真相に隠された事件の謎をサムライミ×ケイト・ブランシェットで描く

  • Writer :
  • 秋國まゆ

サム・ライミ監督が描く超感覚サスペンス・ホラームービー!

サム・ライミが監督を務めた、2000年製作のアメリカのサスペンス・スリラー映画『ギフト』。

アメリカ・ジョージア州の小さな町で子供3人と暮らす未亡人のシングルマザーが、人の運命を見通す超能力「超感覚(ギフト)」を使って、息子の教師の婚約者であり町の実力者の娘でもある1人の女性が失踪した事件の謎を解き明かしていく姿とは、具体的にどんな姿だったのでしょうか。

ケイト・ブランシェットやキアヌ・リーヴスら豪華キャスト陣で贈る、全米が震撼したホラー色の強い超感覚サスペンス・スリラー映画『ギフト』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

映画『ギフト』の作品情報


(C)2000 LAKESHORE ENTERTAINMENT CORP.

【公開】
2000年(アメリカ映画)

【脚本】
ビリー・ボブ・ソーントン、トム・エッパーソン

【監督】
サム・ライミ

【キャスト】
ケイト・ブランシェット、ジョヴァンニ・リビシ、キアヌ・リーヴス、ケイティ・ホームズ、グレッグ・キニア、ヒラリー・スワンク、リンジー・プロバンス、キム・ディケンズ、ゲイリー・コール、マイケル・ジェッター、ローズマリー・ハリス、J・K・シモンズ、チェルシー・ロス、ジョン・ビーズリー、エド・レディック、スチュアート・グリア、ダニー・エルフマン

【作品概要】
「死霊のはらわた」シリーズや「スパイダーマン」シリーズなどを手掛けるサム・ライミが監督を務めた、アメリカのサスペンス・スリラー作品です。

「エリザベス」シリーズや「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズなどに出演するケイト・ブランシェットが主演を務めるほか、「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーヴスや『プライベート・ライアン』のジョヴァンニ・リビシら豪華キャスト陣が出演しています。

映画『ギフト』のあらすじとネタバレ


(C)2000 LAKESHORE ENTERTAINMENT CORP.

人の運命を見通す超能力「超感覚(ギフト)」を持つ未亡人のアナベル・ウィルソン(愛称はアニー)は、その力を使って占い師となり、アメリカ・ジョージア州にある「ブリクストン」という小さな町で、3人の子供とひっそりと暮らしていました。

そんなアニーの元には、神経質でキレやすい性格の夫ドニーからのDVに悩むヴァレリー・バークスデイルや、精神を病んだ自動車整備士のバディ・コールなど、町の様々な住人が助言を求めに来ていました。

バディのようにアニーを慕う者もいれば、中にはアニーのことをあまり快く思わない者も………。ドニーはヴァレリーに離婚を勧めているアニーを、魔女だ悪魔だと罵り嫌がらせをしてくるのです。

そんなある日の夜、アニーは奇妙な夢を見ました。それはまるで、1年前に夫のベンが勤めていた工場の爆発に巻き込まれ、死んだ日の前夜に見たような恐ろしい夢でした。

その翌日、4月8日土曜日。アニーの息子マイクの担任の教師であるウェイン・コリンズの婚約者ジェシカ・キングが、突如失踪するという事件が発生。

ジェシカは町の実力者であるケネス・キング牧師の娘でもあるため、占いなどを信じていない町の保安官パール・ジョンソンは、アニーに捜査に協力して欲しいと頼みます。

最初は気が進まなかったアニーでしたが、酷く落ち込み憔悴しているウェインを気の毒に思い、事件の捜査に協力することにしました。

しかしアニーが見たのはジェシカの姿ではなく、とても大きな柵と、その向こうに柱とゲートがあること、沢山の白い花があるという不鮮明なイメージでした。


(C)2000 LAKESHORE ENTERTAINMENT CORP.

その日の夜、アニーはまた奇妙な夢を見ました。沢山の白い花が両脇に咲いているとても大きな柵、その向こうに進んでいくと大きな池があり、男がヴァイオリンを弾いていました。

そこで目覚めたアニーは、眠れなくなってしまい、飼っている愛犬ブッチと一緒にホットミルクを飲んで戯れることに。

その時、アニーは半裸の状態でチェーンに巻かれ、梢に漂うジェシカの姿が見えました。4月9日、アニーは警察署へ行き、そのことをパールに話しました。

するとヴァイオリンを弾いていたのはヴァイオリン奏者のトミー・リー、そして池がある土地の所有者は彼の隣人のドニーであることが判明。

早速アニーは、パールたち保安官と共に池を捜索しました。しかし、池から見つかったのは古い自転車でした。

そこへ、友人と釣りに出掛けていたドニーが車を飛ばして現れます。勝手に池を捜索したことを怒るドニーに対し、パールは彼の腕に引っ搔き傷があることを指摘しました。

アニーたちがドニーと揉めていると、池の中からチェーンを体に巻いたジェシカの水死体が見つかりました。

それを見たパールは、ドニーに手錠をかけ警察署へ連行。娘の惨たらしい姿を目の当たりにしたキング牧師はその場で心臓発作を起こし、救急搬送されました。

池から引き上げられたジェシカを司法解剖した結果、彼女の爪からドニーの皮膚が検出されました。

以下、『ギフト』ネタバレ・結末の記載がございます。『ギフト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

4月10日、ジェシカ殺害事件に関する裁判が行われました。検事のデヴィッド・ダンカンは事件があった日の晩、ドニーとジェシカの姿を目撃したという酒場の店員アルバート・ホーキンスに話を聞きました。

ホーキンス曰く、ゴミを捨てに店の外に出ると、駐車場で白人女性と言い争いをしているドニーの姿を目撃。その女性がドニーの腕を引っ掻いたので、彼は彼女を殴ったといいます。

そこでダンカンがジェシカの写真を見せると、ホーキンスはドニーと言い争っていたのは彼女だと答えました。

これに対し弁護士のジェラルド・ウィームスは、保安官が占い師の言うことを信じて被疑者所有の池を捜索し、ジェシカの遺体を発見したことを厭味ったらしく追及しました。

その日の夜。アニーの元に、バディの母親から「息子が父親を殺すと騒いでいる」と電話がかかってきます。

それを聞いてすぐさまアニーがバディの家へ駆けつけると、バディは父親を半裸の状態でイスに縛りつけ、口汚く罵りながら革製のベルトで殴っていました。

実はバディは子供の頃、父親から酷い虐待を受けていました。しかも性的虐待まで………。

興奮状態にあるバディは、アニーや母親の制止する声も聞かず、憎き父親に灯油をかけ火をつけます。

そこでアニーは、バディがずっと言っていた青いダイヤモンドとは、彼の父親の腹に彫られた青いダイヤモンドのタトゥーであることを知りました。

その後、通報を受け駆けつけた警察官にバディは逮捕され、実の息子に火をつけられたバディの父親は救急車で運ばれていきました。

4月11日。ドニーの裁判に出廷したアニーは、まずダンカンからの証人尋問を受けました。

アニーはダンカンの質問に淡々と答えていきます。去年夫を工場の爆発事故で亡くしたこと、その社会保障費と占いで子供3人と暮らす生活費を捻出していることを。

そして自身の力について尋ねられた時、アニーは「物が見えたり感じたりする。まだ起きていないことや他所で起きたことなどを」、「祖母が“天から授かった霊感(ギフト)”だから恐れてはならない、感じたままを信じればいいのだと言われた」と正直に答えました。

しかしウィームスからは、アニーは心無い言葉を浴びせられます。ウィームスは「夢や幻視で人を惑わせるのが楽しかったのでしょう?」、「梢に漂う被害者の死体を見て、(被告と揉め事があった)あなたにとってさぞ愉快だったはず」と言ったのです。

アニーが退廷した後、次は被告人であるドニーの被告人質問が始まりました。

ウィームスにジェシカと会った理由を尋ねられ、ドニーは「彼女とは以前から体の関係があった。俺は女房に嘘をついて、彼女と11時に酒場で待ち合わせして会った」と答えました。

そこでジェシカに、ドニーは別れを告げられます。ジェシカはウェインとの結婚を機に、かねてからやっていた男遊びをやめようとしたのです。

そんなジェシカに怒り口論をしたドニー。その際彼女が腕を引っ掻いてきたため、カチンときて殴ってしまったといいます。

ドニーもさすがに頭を打って倒れているジェシカが心配で、病院へ連れていこうとしましたが、ジェシカは「(診察した時に)背中を見られるから嫌だ」と言ったため、病院へ連れていけませんでした。

ジェシカとはそのまま酒場で別れたのが最後だというドニー。ここでウィームスからダンカンにかわり、ヴァレリーへのDV行為について尋ねました。

ドニーは一瞬口ごもりましたが、ヴァレリーにも暴力を振るっていたことを素直に白状しました。

ダンカンは、女好きだが平気で女に暴力を振るう男とジェシカはなぜ関係を持ったのか尋ねます。

するとドニーは、「他の男は下手糞だからってとジェシカが言ってた」と答えました。さらにダンカンに、保安官についた嘘を追及されると、ドニーは逆上し、アニーを魔女だなんだの言って罵倒します。

その後、ドニーの裁判が結審され、ドニーはジェシカ殺害の罪で有罪となりました。

これでようやく、アニーは子供たちと静かな生活が送れると思っていました。しかしその日の夜、まるで違う人に殺されたのだというかのように、アニーの前に死んだジェシカが「ばかやろう!」と言って現れたのです。

翌朝、アニーはウェインの家を訪ねました。婚約者が殺され、挙句の果てに彼女が隠れて男遊びをしていたことを知ったウェインは酷く心を病んでおり、部屋は荒れていました。

ウェインはアニーに、「大事な人を失った孤独に耐えられない。すべて忘れてしまいたい」、「この孤独と悲しみを抱えたまま生きていくしかない僕らは、きっと心が通じ合えるはず」と言って、失った心の穴をアニーで埋めようとします。

その気持ちはアニーにも痛いほど分かるものでしたが、アニーは夫を失った現実を受け入れるのがまだ怖いようで、やんわりとウェインを拒絶しました。

そしてアニーは、「ジェシカを殺したのはドニーじゃない」と告げるのです。2人とっての悪夢はまだ終わりじゃありませんでした。

その日の夜。アニーは誰かに殺されるという不吉な予兆を感じました。すぐさま子供たちを隣人のフランシスに預けた上で、ダンカンのところへ行き裁判のやり直しを求めました。

しかし真犯人が誰なのか分からない以上、裁判のやり直しはできません。それを分かったうえで、アニーはダンカンもジェシカと体の関係があったと脅し、裁判のやり直しを強く求めます。

実は事件前日の夜、ジェシカとダンカンはパーティーを抜け出し、隠れて情事に励んでいたのです。それを偶然、トイレに行こうとしたアニーが見てしまいました。

家路についたアニーでしたが、家の周りをうろつくバディの姿を目撃。彼の名を呼んで探しましたが、バディは彼女の呼びかけに一切答えません。

するとそこへ、ウェインが現れます。アニーの話を聞いてからというもの、真犯人が誰なのか気になって仕方なくて訪ねてきたのです。

ウェインと一緒に家の中に入り、カードで占ってみたアニーでしたが、何も見えませんでした。そこでウェインは、池に行けば何かわかるかもしれないと進言します。

アニーは気乗りしないまま、ウェインと一緒に真っ暗な夜の池へ。すると石に躓き倒れたことをきっかけに、アニーはジェシカの身に起きたことが見え始めます。

事件当日の夜。ジェシカは平気だからと言い、ドニーに酒場の駐車場まで戻ってもらいました。

そしてドニーと別れた後、ジェシカの前にウェインが現れ、彼の車で池へと連れて行かれます。

先ほどの2人の様子を見ていたウェインは、ジェシカにドニーと寝たのか尋ねました。するとジェシカはあっさりと浮気と、男遊びしていたことを認め、挙句の果てに「パパのために我慢していただけ」と言って婚約指輪を捨て別れを告げてきたのです。

それに逆上したウェインは、ボンネットの上でジェシカの首を絞め殺害しました。ジェシカが半裸だったのは、ウェインが問い詰める前に服を脱がせようとしたからです。

事実を知って呆然と立ち尽くすアニー。そんなアニーの表情を見て、自分が真犯人であることに気づいたのだと察したウェインは、「ここで起きた事実を知って欲しくて池に連れてきた」、「僕は人殺しなんかじゃない。彼女は性悪で酷い女だった。きみとならこうはならないはずだ」と言って距離をつめてきます。

そう言ってもアニーに拒絶されたせいか、逆上したウェインは持っていた懐中電灯でアニーの頭を殴りました。

頭から血を流すアニーに、ウェインが再度懐中電灯を振り上げたその瞬間、誰かがその腕を止めて殴り飛ばします。

それは、逮捕後に精神病院に入れられたはずのバディでした。アニーを助けたバディは、殴り飛ばしたウェインを車のトランクに詰めてから、彼女と話をしました。

あんな事件を起こしてしまう前に、助けを求めてきたあなたの話をもっと聞けばよかった、力になれなくてごめんなさいと謝るアニー。

これに対しバディーは、「あなたはたった一人の友達で、僕はあなたが好きです」、「あなたは街の人々の救いです、いつまでも皆の力になってあげてください」と言いました。

その言葉に涙を流すアニーに、バディは以前アニーから貰ったハンカチを差し出しました。

アニーはバディと共に車で警察署へ行き、パールに池であったことと事件の真相を伝えました。

しかしウェインを運び出すために、保安官と共に車に戻った時、助手席にいたはずのバディの姿がありませんでした。

その後、警察署で傷の手当てを受けていたアニーに、パールはウェインが自供したと告げました。

そしてパールから、アニーは衝撃的なことを聞かされます。バディは今夜6時に、院内のシャワー室で首を吊って自殺したのだと………。

後日。夫の死を受け入れることに決めたアニーは、今まで滅多に足を運ばなかった夫の墓に、3人の子供と一緒に墓参りをしてその死を悼みました。

映画『ギフト』の感想と評価


(C)2000 LAKESHORE ENTERTAINMENT CORP.

アニーが持つ人の運命を見通す超能力「超感覚(ギフト)」は、バディやヴァレリーのように感謝し慕う者が多いですが、中には占い自体信じない公務員や、魔女だ悪魔だと罵るドニーのような人も少なからずいました。

ジェシカ殺害事件の捜査に協力したことで、いわれのない誹謗中傷を受けることになり、アニーが心身ともに落ち込んでいく姿は見ていられません。

しかもアニーの中で、まだ工場爆発の事故に巻き込まれ死んだ夫という悲しい過去を引きずったままです。

ドニーから酷い嫌がらせを受けた際、息子たちに「こんな時パパがいてくれればいいのに」と言われた時のアニーの心情を考えると、シングルマザーならではの苦悩を感じ胸が痛くなります。

それでもこのジェシカ殺害事件は、アニーがいなければ解決できませんでした。

アニーが見た映像も夢もどれも心臓が凍るほど怖いですが、占った相手に降りかかる災難や不幸を予知し、回避する方法を助言したり、このように事件を捜査し解決できるその能力は本当に凄かったです。

対して事件の被害者であるジェシカは、婚約者がいようと関係なく男遊びするほどの性悪女で、いつだれに刺されてもおかしくありません。

ウェインはそれを知るまで、本気でジェシカを愛していました。ですが浮気を指摘されて開き直り、コソコソと嗅ぎ回っていたことを逆に責められ、挙句の果てには「パパのために我慢していただけ」とまで言われてしまう始末………。

ウェインの中で愛が殺意に変わってもおかしくないです。それで精神を病んだウェインは、今度こそ真実の愛を見つけるべく、同じ境遇のアニーに目をつけます。

結局、アニーにも拒絶されてしまったウェイン。それまで良き婚約者、良き教師であった彼に下される判決はどうなったのか、残念なことに作中では描かれていませんでした。

まとめ


(C)2000 LAKESHORE ENTERTAINMENT CORP.

3人の子供を育てる未亡人のシングルマザーが、人の運命を見通す超能力「超感覚(ギフト)」を使って、小さな町で起きた殺人事件の謎を解き明かしていくという、アメリカのサスペンス・スリラー作品でした。

本作の見どころは、超能力を持つ者としてシングルマザーとして苦悩するアニーの姿と、アニーが自身の力を使って殺人事件の真相と真犯人を暴いていくところです。

作中では、アニーが裁判のことで頭がいっぱいで、父を殺す一歩手前まで追い詰められていたバディの話をちゃんと聞いてあげなかったことが原因で、2人の間にあった友情が壊れてしまいました。

ですが逮捕されてもなお、バディは今まで自分の心に寄り添いさせてくれたアニーを慕っていたのでしょう。バディがあの場に現れたのは、アニーに恩返しをしたかったからだと考察します。

そしてバディは、あの時は興奮状態だったからつい罵倒してしまったけれど、アニーを慕う気持ちが変わることはないこと、これからも自分のように助けを求める人たちの助けになって欲しいと伝えるために、彼女の前に姿を現したのではないでしょうか。

そんなアニーとバディの友情、バディが死してもアニーを守りたかった気持ちを考えると感動して涙が止まりません。

心臓が凍りつくほどの恐怖映像の中に、超能力を持つ占い師と彼女を慕う友人による心温まる場面も描かれている、未体験の「超感覚」サスペンス・ホラー映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

サスペンス映画

デスノートLight up the NEW worldあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

11月17日に地上波「金曜ロードSHOW!」にて放送される、前作から10年のときを経て製作された、正統な映画『デスノート』続編。 一見無謀のようにも思える、この続編の制作。果たして原作ファンの期待に答 …

サスペンス映画

【ネタバレ】渇きと偽り|あらすじ感想と結末の評価解説。同名小説を映画化したオーストラリアのクライムサスペンス

ジェイン・ハーパーの世界的ベストセラー小説を映画化! ロバート・コノリーが脚本・製作・監督を務めた、2020年製作のオーストラリアのクライムサスペンス映画『渇きと偽り』。 オーストラリア・メルボルンの …

サスペンス映画

『獣手』あらすじ感想と評価解説。バイオレンスサスペンス映画が描くのは“異形の姿”となった男と孤独な女の《壮絶な生き様》

映画『獣手』は2024年1月27日(土)より渋谷ユーロスペース公開後、6月17日より横浜シネマノヴェチェントにて上映! 失われた左手が異形ものへと変わってしまった男が繰り広げる凄惨な戦いを描く映画『獣 …

サスペンス映画

『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』あらすじ感想評価と最新作解説。佐藤刑事は過去のトラウマを乗り越えられるか!

映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』は2022年4月15日(金)に公開 青山剛昌の人気コミックをアニメ化したシリーズ「名探偵コナン」の劇場版25作目は『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』。 舞台はハロ …

サスペンス映画

『エドガルド・モルターラ』あらすじ感想と評価解説。“ある少年の数奇な運命”をあのスピルバーグも映画化を希望した衝撃の少年拉致事件

イタリア史上最大級の波紋を呼んだ誘拐事件を映画化 第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作の映画『エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命』が、2024年4月26日(金)より東京・YEB …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学