Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/02/27
Update

映画『ナチス第三の男』ネタバレ感想評価と結末あらすじ。実話原作を基にハイドリヒ暗殺計画の真実と現実を探る

  • Writer :
  • 秋國まゆ

「ナチス第三の男」暗殺をめぐる真実の物語。

第二次世界大戦中、冷徹極まりない手腕から「金髪の猛獣」と呼ばれたナチス親衛隊No.2のラインハルト・ハイドリヒ。

映画『ナチス第三の男』は、ナチス政権内にて手にしたその絶大なる権力から「ナチス第三の男」と称され、かのヒトラーさえも恐れていたというハイドリヒの暗殺計画にまつわる真実に迫った戦争アクションサスペンスです。

150万人を超えるユダヤ人虐殺の首謀者として、ナチス政権内でも絶大な権力を振るっていたハイドリヒ。彼の狂気と暴走を止めるべく、チェコ亡命政府は暗殺部隊を送り込みます。

史上唯一成功した、ナチス高官の暗殺計画の全貌とは。フランス・イギリス・ベルギーの合作により実現した、誰も知らないハイドリヒ暗殺計画の真実の物語を描いた『ナチス第三の男』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ナチス第三の男』の作品情報


(C)LEGENDE FILMS – RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED ‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

【日本公開】
2019年(フランス・イギリス・ベルギー合作映画)

【原作】
ローラン・ビネ

【監督】
セドリック・ヒメネス

【キャスト】
ジェイソン・クラーク、ロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカ、スティーブン・グレアム

【作品概要】
『フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争』(2014)を手掛けたセドリック・ヒメネスが監督を務めた、R15+指定の戦争アクションサスペンス。フランスで最も権威のある文学賞「ゴングール賞」の最優秀新人賞に輝いた作家ローラン・ビネが書いた世界的ベストセラー小説『HHhH プラハ、1942年』が原作。

ホワイトハウス・ダウン』(2013)や『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(2014)、『ターミネーター:新起動 ジェニシス』(2015)などに出演するジェイソン・クラークが主演を務めます。その他、ロザムンド・パイクやジャック・レイナーら豪華キャスト陣が出演しています。

映画『ナチス第三の男』のあらすじとネタバレ


(C)LEGENDE FILMS – RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED ‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

1942年5月27日のチェコ・プラハ。2児の父である38歳のラインハルト・ハイドリヒと、その運転手はベンツの黒のオープンカーに乗り、街から少し離れた道を颯爽と走ります。

すると1人の青年が機関銃を持って車の前に飛び出し、ハイドリヒに銃口を向けました。

時を遡ること1929年。ドイツの海軍将校であるハイドリヒは、ドイツのキール海軍基地にてフェンシングの剣技を磨き、バイオリンを弾いて心を落ち着ける日々を送っていました。

ある日、ハイドリヒは社交場で出会った貴族階級の娘リナと出会い、恋に落ちます。

ハイドリヒは映画デートをし、やがて交際に至ったリナと結婚すると決心し、彼女と一緒に汽車に乗りリナの両親に挨拶に行きました。

その道中、リナはハイドリヒにナチ党の党員証を見せます。リナは両親と賑やかに暮らしていた幼い頃の生活を、「今より強いドイツ」とその実現のために行動し続けるヒトラーが取り戻してくれると信じていました。

リナはハイドリヒに「自分と婚約するなら、この信念を理解して欲しい」と告げます。さらにリナは、ハイドリヒにヒトラーの著書『我が闘争』を読むべきだと強く勧めました。

ハイドリヒはリナの告白を聞いた後、彼女の両親に結婚を認められます。

しかし、リナと無事結婚したハイドリヒは後日軍法会議にかけられ、不名誉除隊処分を受けます。その原因は、ドイツの海軍提督の親友の娘クリスティーナ・ウェーゲルと肉体関係を持ったからでした。

1年半前、クリスティーナとハイドリヒは出会い、彼女はハイドリヒと婚約したものだと思い込んで、勝手に軍関係者に言いふらしていました。そのため、ハイドリヒの結婚を知ったクリスティーナは、婚約不履行だと訴えてきたのです。

不名誉除隊を言い渡されたハイドリヒは、部屋にある物を片っ端から壊すほど荒れてしまいます。リナはそんなハイドリヒに喝を入れ、「私と結婚したいならする。だけどもう二度と、その女の事は口にしないで」と言いました。

後日、ハイドリヒは車に乗り、鶏を1棟70羽ずつ入っている6棟の鶏舎を見つつ、その先にある屋敷へ向かいます。そこは、ナチ党親衛隊(SS)指導者ハインリヒ・ヒムラーの屋敷でした。

新たに創設するSS諜報部の人材を探すため、ヒムラーはハイドリヒと面接をします。

ヒムラー曰く、SS諜報部は政敵の情報収集と政府機関と外国勢力の不適切な関わりを暴くことを目的としていました。

ハイドリヒはヒムラーに、「諜報活動とは、直感を情報と結びつけること。熱意を持って、効率的に動かねばならない。私ほど効率的に動ける者はいない」と、諜報活動に対する自分の考えを伝えます。

さらにハイドリヒは、ヒムラーが経営する鶏舎が、彼が多忙な故に適切な飼育環境がなっていないせいで経営が悪化していると告げます。ヒムラーは初対面のハイドリヒに問題点を指摘されたことに驚き、彼の明晰な頭脳を買って、SS諜報部の創設を任せることにしました。

ハイドリヒはその後、ベルリンの至る所にスパイを送り、密告者を募って政敵である共産主義者を摘発・抹殺していきます。


(C)LEGENDE FILMS – RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED ‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

ハイドリヒがSS諜報部長官としてメキメキと頭角を表していく一方、リナの父親レーム率いる突撃隊は、総統アドルフ・ヒトラーへの造反を企んでいました。ハイドリヒはこの証拠を掴み、部下のミューラを連れてヒムラーに報告します。

ヒムラーはハイドリヒたちに、「今こそSSの義務を果たすべき時だ。総統の偉大なる計画を阻もうとする者を抹殺する。前に進むために、汚れたナチ党を浄化するために」と言い、反乱者の粛清を命じました。

ハイドリヒたちSS諜報部は、レーム率いる突撃隊全員を粛清します。

一方でハイドリヒの家に招待されたヒムラーは、2人の男児の母親となったリナに、ハイドリヒの功績を称えたヒトラーが「鉄の心臓を持つ男」と彼を評したことを話しました。

第二次世界大戦が始まった1939年9月。ハイドリヒは「政治戦士」と呼ばれる、SS特別行動部隊を組織します。

そしてハイドリヒ率いるSS特別行動部隊は、ドイツ国防軍が征服したポーランドの土地に住む、外国人や病人を含むナチスに歯向かう敵全てを抹殺していきました。

SS特別行動部隊が、反ドイツ勢力の人々を虐殺していく様を記録した映像を見ながら、ハイドリヒはリナが3人目の子供を出産したと報告を受けます。

ハイドリヒはドイツ国防軍の将校と会った際、「SS特別行動部隊は、ただの虐殺集団だ」と皮肉を言われました。しかし彼は怒ることなく、将校に「諜報活動の結果」だけを淡々と伝えます。

ハイドリヒは事前に将校の身辺をについて調べており、彼がベルリンで未成年の娼婦とよく遊んでいることも知っていたのです。

ハイドリヒは将校をその情報で脅した結果、彼からドイツ国防軍の支援と、反対勢力についての情報提供を受けることができました。

ハイドリヒは家で息子クラウスにピアノを教えていた際、リナにヒトラーから1か月前、ボヘミア・モラヴィア保護領の副総督に任命されたことを報告します。

1941年、チェコスロバキアのプラハに赴任したハイドリヒは、ベルリンやウィーン同様、ユダヤ人のいない街にすると宣言しました。

さらにハイドリヒは、全てのユダヤ人は最寄りの警察署に出頭するよう命じ、ユダヤ人である証として腕章を必ず身につけることを義務づけます。

またチェコのレジスタンス組織をいかなるものであっても、生き延びる余地がないほど粉々に解体する一方で、ハイドリヒは兵器工場で働くチェコ人の給与を引き上げることを約束しました。

ハイドリヒが出世街道を歩むにつれ、リナとの関係は冷え切っていきました。

リナはハイドリヒが、子供の教育は熱心にやるのに、自分との時間は僅かしか与えられず、会話もないことに不満と寂しさを募らせていき、一度離婚を申し出ます。

それに対し、ベルリンへの出張の準備中だったハイドリヒは、リナに初めて怒鳴り「それ以上何も口にするな、私の妻でいたいのなら」と告げました。

1942年1月20日。ハイドリヒはヴァンゼー会議に出席し、上層部にヨーロッパ各地に暮らす150万人を超えるユダヤ人の虐殺・強制労働を提言します。

そして場面は物語の冒頭に戻り、ハイドリヒは車の前に飛び出してきた青年に機関銃を向けられますが、その銃口から弾は出てきませんでした。

ハイドリヒは逃げる青年をピストルで撃ち殺そうとします。しかしその直後、ハイドリヒは背後に迫るもう1人の青年から、手榴弾を投げ込まれてしまうのです。

以下、『ナチス第三の男』ネタバレ・結末の記載がございます。『ナチス第三の男』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)LEGENDE FILMS – RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED ‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

ハイドリヒ襲撃から時を遡ること6カ月前。在英チェコ軍基地にいるチェコのレジスタンスは、チェコスロバキアに戻り、大統領が置いていった背広を持ち帰るという任務を与えられました。

パラシュート部隊のヨゼフ・ガプチークとヤン・クビシュは、先に輸送機からパラシュートを使って降下し、チェコの雪原に着陸します。

ヨゼフたちが着陸場所から立ち去った直後、SS特別行動部隊が現れ、木に絡まったパラシュートを発見しました。

フェンシングをしていたハイドリヒは、潜入してきたヨゼフたちとレジスタンスのリーダー「東方の三博士」の捜索を部下に命じます。

ヨゼフたちは雪山を登り、雪山の小屋に住む協力者の男から、プラハへ潜入する際に必要な労働許可証、そしてプラハにいる協力者と落ち合うための目印・赤いマフラーを貰います。

ヨゼフたちは汽車に乗ってプラハへ行き、協力者の男女と合流。それぞれの家族の家で一晩を過ごすことにしました。

ハイドリヒによるレジスタンス狩りは苛烈を極め、「東方の三博士」の1人ヨゼフ・マッシーニを拷問した末、他のリーダーやパラシュート部隊の情報を聞き出せないことに苛立って射殺します。

一方ヨゼフたちは、広大な土地の中央にポツンとある牧場へバラバラに向かい、中で落ち合いました。その時ヨゼフは、ヤンが彼に部屋を提供している家の娘アンナ・ノヴァークと恋に落ちたことを聞き、彼をからかいます。

やがてヨゼフたちの元へ「東方の三博士」の1人モラベクが現れ、ハイドリヒたちSS特別行動部隊に隠れ家が見つかり、自分以外の「東方の三博士」バラバンとマッシーニが殺されたことを報告しました。

そう話すヨゼフたち3人には、自決用の毒を仕込んだ小道具を隠し持っていました。

次の日、ヨゼフたちはモラベクが紹介した、ハイドリヒの行動を把握できる協力者と会います。ヨゼフたちは、ハイドリヒの自宅の建物の管理をしているその男から、ハイドリヒが何時に自宅に戻り、護衛をつけているのかどうかを調べて欲しいと頼みました。

協力者の男は、ハイドリヒの自宅への帰宅時間と外出時間、護衛の有無を把握したメモを郊外に住む別の協力者に渡し、ヨゼフに渡るようにします。

連日行われるハイドリヒの行動についての調査中、ヨゼフは郊外に住む協力者ヴィヴィアナと恋に落ち、ヤンもアンナとの愛を育んでいきました。

そしてヨゼフたちは、ハイドリヒが車で毎朝10時きっかりに、街から少し離れた道の曲がり角を通ることから、その場所でハイドリヒを暗殺しようと作戦を立てます。

しかし作戦決行前に、ハイドリヒはモラベクの居場所を突き止め襲撃。その結果追い詰められたモラベクは、襲撃してきたSS特別行動部隊を数人射殺した後、ピストルで自害します。

プラハ脱出と作戦に不可欠な人材の確保を手伝ってくれるはずのモラベクが、目の前で自害したのを偶然目撃したヤンは、愕然としました。

ハイドリヒはそんなヤンの姿を一瞥し、わざと彼に聞こえるように「“三博士”は死んだ、レジスタンスはもう終わりだ。全て終わったと、家族・友人に知らせてやれ」と告げます。

その後、別の場所に潜伏していたパラシュート部隊の元へ、ロンドンから「プラハ隊を援護せよ、標的はハイドリヒ」と指令が届きます。

ヤンたちパラシュート部隊は、ハイドリヒ暗殺決行実行後、大事な人や家族が危険な目に遭うかもしれないと考え、任務を放棄するかと悩みます。

皆で話し合った末、計画通りハイドリヒの暗殺はヤンとヨゼフが担当し、他のレジスタンスメンバーは2人のサポートに回ることにしました。


(C)LEGENDE FILMS – RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED ‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

ハイドリヒ暗殺計画の実行前夜、ヤンたちは恋人と最後になるかもしれない夜を過ごし、武器の準備を整えたのちイエス・キリストに祈ります。

ハイドリヒ暗殺計画の実行当日、計画に参加するパラシュート部隊員たちは持ち場につきました。午前10時、ハイドリヒと運転手は時間通り、車に乗って曲がり角を通ります。

ヨゼフは機関銃を持って車の前に飛び出し、ハイドリヒを撃とうとしますが、銃の不具合により発砲できません。

ヨゼフがその場から離れた直後、車の後ろに待ち伏せていたヤンが手榴弾を放り投げます。

車は爆発し、ハイドリヒは重傷を負いました。ハイドリヒは逃げるヤンに対し、ピストルで殺そうとしますが、道端に倒れてしまいます。

ハイドリヒはすぐさま病院へ搬送され、リナは治療中の彼の元へ駆けつけます。ヤンとヨセフはそれぞれ、潜伏している家族の家へ逃げ帰りました。

しかしヤンは、街に置いてきた自転車がSS特別行動部隊に見つかってしまい、アンナの家は家宅捜索されてしまいます。

咄嗟に窓枠にへばりついて回避したヤンは、ヨゼフたちレジスタンスと無事再会できました。

木で作られた棺桶の中に隠れたヨゼフは、隣の棺桶の中にいるヤンに「任務が終わったら、ヴィヴィアナと一緒にアメリカへ行く」と伝えます。それに対しヤンは「俺はいずれ、自由の国となるこの場所で暮らしていきたい」と話しました。

その頃ハイドリヒは、息も絶え絶えにリナへ「子供たちを育ててくれ。頼んだぞ。良きアーリア人に。名に恥じぬよう、良きドイツ人に」と伝えます。

リナは見舞いに来たヒムラーへ、ハイドリヒが総統の為にと考えた「ユダヤ人問題の最終的解決」を記した書類を、彼の代わりに手渡しました。

ハイドリヒは自身の父が言っていたオペラの一節を述べたのち、「連中を終わらせてください」とヒムラーに頼み息を引き取りました。

ハイドリヒの葬儀は軍関係者たちの手で、荘厳に執り行われました。教会に隠れていたヤンたちは、ハイドリヒの死に喜びます。

SS特別行動部隊は、ハイドリヒ殺害に関与した疑いがあるプラハ郊外のリリツ村を襲撃し、男は全員銃殺し、女子供は全員収容所に連行しました。

さらにSS特別行動部隊は「ハイドリヒ殺害に関する情報を持つ者は即刻通報し、怠った者は銃殺刑に処す」と街中を車で走って触れ回ります。

パラシュート部隊の一人であるカレル・チルドが、SS特別行動部隊に「ハイドリヒ殺害に関与した部隊の情報を持っている」と密告したせいで、ヤンたちを匿っていた協力者の家は次々と家宅捜査されていきました。

その結果、協力者の男は息子と共に毒を飲んで心中を図り、協力者の女は子供の前で服毒自殺しました。協力者の女の家族は捕まり、SS特別行動部隊に協力者の女の夫は拷問されます。アンナは、どこか遠くへ逃亡しました。

そして目の前で母が自殺し、父親が拷問されるのを見て耐えられなくなった子供は、SS特別行動部隊にヤンたちの居場所を話してしまいました。

SS特別行動部隊はパラシュート部隊が潜伏する教会を襲撃し、礼拝堂で機関銃による激しい銃撃戦を繰り広げていきます。

パラシュート部隊はSS特別行動部隊を一度退かせ、礼拝堂の中で籠城し一晩明かします。しかし数で劣るパラシュート部隊はやがて、ヤンとヨゼフを除く全員がSS特別行動部隊による射殺、或いは服毒による自殺で命を落としました。

ヤンとヨゼフは地下納骨堂へ逃げましたが、地上にいるSS特別行動部隊からホースが垂らされ、そこから放水されて水攻めに遭いました。ヤンたちは何とかして脱出しようと試みますが、徐々に肩まで浸かった水と投げ込まれる手榴弾によって苦戦します。

現状に絶望したヤンは、ヨゼフに6発入ったピストルを使って自殺しようと提案しました。ヤンたちはそれぞれ、ピストルを自身のこめかみに当て「向こうで絶対会おう、向こうでずっと一緒にいような」と約束し、自害しました。

そのまま2人の遺体は、水の中に沈んでいきます。ヤンたちは最期の中で、クラクフへ行く道中で出会った日の事を回想していました。

スポンサーリンク

映画『ナチス第三の男』の感想と評価


(C)LEGENDE FILMS – RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED ‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

ドイツの海軍将校だったハイドリヒが、副総督の地位にまで上り詰め、暗殺されるまでの過程を描いた映画『ナチス第三の男』。

ハイドリヒは物語の序盤で、クリスティーナと肉体関係を持っていたことにより、不名誉除隊を言い渡されます。そんなハイドリヒを副総督まで導いたのは、彼の妻でナチ党員のリナと、ナチ党親衛隊(SS)指導者のヒムラーです。この二人なくしては、彼はヒトラーさえ恐れた「ナチス第三の男」にはなっていません。

また作中では「ヒトラーでなく、なぜハイドリヒが暗殺の標的に選ばれたのか」が、ハイドリヒ自身の視点、彼を暗殺しようとしたパラシュート部隊の視点の両面から描かれています

ハイドリヒ率いるSS特別行動部隊による、150万人を超えるユダヤ人の虐殺。パラシュート部隊に協力した者たちの無情なる死……思わず目を背けてしまいたくなるほどの場面の連続には、ハイドリヒが「ナチス政権最大の“迫害者”」として人々に認識されていった過程を思い知らされます。


(C)LEGENDE FILMS – RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED ‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

一人の人間であったハイドリヒが何気ない出来事を機に、その暴力性と狂気、そして人々の「憎悪」というイメージによって“迫害者”という名の怪物と化していく。そうした「怪物の生まれ方」は、歴史上にて人々から“怪物”と非難された人間全員に共通しているということを、「ナチス政権の総統たるヒトラーが、写真以外一切出てこない」という演出が証明しています。

人間として登場することなく、ただ写真というイメージのみでしか描かれない。それは人間性どころか人間としての姿形すら失い、ついには人々のイメージだけが残ったという、本作のハイドリヒが持っていた“人物像”すらも失ってしまったヒトラーの“怪物像”を描いているといえます。

そしてヤンたちパラシュート部隊は、ハインリヒという怪物と化していく人間を、あくまでも“人間”として討とうとします。しかし映画は、人間として暗殺を試みた者たちの「人間であったがゆえに生じた悲劇」さえも残酷に描くのです。

まとめ


(C)LEGENDE FILMS – RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED ‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

ハイドリヒが不名誉除隊から副総督にまで上り詰め、暗殺部隊によって暗殺されたまでを描いた戦争アクションサスペンス『ナチス第三の男』。

ハイドリヒの苦悩と挫折、リナや息子たちへの愛、ドイツのために行動した信念……そして、それらが混ざり合い錯綜したことで生じていった狂気を、彼を演じたジェイソン・クラークは完璧に表現していました。

そしてハイドリヒ暗殺の為に、ヤンたちパラシュート部隊やレジスタンス、それに協力するプラハの住民たちがどんな思いと苦労をしてきたのかも、画面越しにひしひしと伝わってきます。

人間がなぜ、“怪物”になるのか。そして人間はなぜ、“人間”であるがゆえに悲劇を見舞われるのか。「ナチス第三の男」の暗殺の真実とは、人間が人間として生きようとするがゆえにたどり着く、怪物と悲劇という二つの残酷な末路を意味しているのかもしれません。





関連記事

サスペンス映画

映画『ダンケルク』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【クリストファーノーラン代表作おすすめ】

公開以前から各メディアでも取り上げられ、映画ファンからはバッドマンシリーズのクリストファー・ノーラン監督の最新作と期待が高まり、そうでない人でも全く見たことの無いようなジャンルの映画であると告知され、 …

サスペンス映画

韓国映画『スウィンダラーズ』あらすじとキャスト。日本公開日はいつ?

韓国映画『スウィンダラーズ』7月7日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー。 詐欺師だけをダマすという詐欺師5人と、エリート検事の攻防を描いた予測不可能なケイパームービー。 駆け引きと裏切りの …

サスペンス映画

韓国映画『国家が破産する日』あらすじネタバレと感想。結末で述べられたのは権威主義に陥ることへの警告

国家破産の日まで残された時間は7日間。その時、政府は何をしていたのか!? 1997年に韓国で実際に起きた通貨危機の裏側を描いた、社会派エンターテイメント作品『国家が破産する日』。 シヒョン役をキム・ヘ …

サスペンス映画

ドラマ『ザ・レイン シーズン1』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『マッドマックス』(1979)や『ザ・ウォーカー』(2010)のように、文明の崩壊した後の世界を描く「ポストアポカリプス」と言うジャンルがあります。 退廃的で暴力的な世界観だからこそ、人間そのものの性 …

サスペンス映画

映画『めまい』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【ヒッチコック代表作にして名作傑作の頂点】

アルフレッド・ヒッチコック監督は、サスペンス映画の神様と呼ばれた巨匠。しかし、『めまい』を観たら“ヘンタイ映画の神様”、もう、そう呼ぶしかない極めてエロスに満ちた作品。 『めまい』を観たこのとのない、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学