Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『鵜頭川村事件』ネタバレ原作あらすじと結末の感想評価。犯人は誰か?WOWOWにて狂気が狂気を呼ぶ物語が配信

  • Writer :
  • 星野しげみ

小説『鵜頭川村事件』がドラマ化され、2022年8月よりWOWOWにて放送・配信スタート!

『避雷針の夏』『死刑にいたる病』で知られる人気作家・櫛木理宇によるパニックスリラー小説『鵜頭村事件』(文春文庫刊)。

土砂崩れによって社会と遮断された村で起る暴動をスリリングな展開で描いたこの作品のドラ化が決定しました。

22年目の告白 私が殺人犯です』(2017)『AI崩壊』(2020)の入江悠監督が手がけ、松田龍平を主役に迎えた『連続ドラマW 鵜頭川村事件』は、WOWOWで8月放送・配信スタート。第1話はWOWOWプライム、WOWOW4Kで無料放送です。

すでに公開された映画『死刑にいたる病』(2022)にも共通する病的とも言える‟人間の凶悪な心理”を見事に表しています。

『連続ドラマW 鵜頭川村事件』配信に先駆けて、小説『鵜頭川村事件』をネタバレ有りでご紹介します。

スポンサーリンク

小説『鵜頭川村事件』の主な登場人物

【岩森明】
15歳で上京して就職した主人公。働きながら夜学へ行き、看護婦の節子と知り合って結婚。2人の間には愛子という子どもができる。

【降谷辰樹】
村の自警団の発起人。

【矢萩元市】
節子の伯父。岩森親子を離れに泊めている。

【矢萩吉朗】
村の実質的な支配者。元市の兄。

【矢萩大助】
吉朗の息子。乱暴者で村民から嫌われている。

【矢萩廉太郎】
矢萩の親族ながら、降谷港人と交友関係を持つ。

【降谷港人】
煙草屋の息子。村から出て行った兄・敦人は辰樹の親友だった。

【白鳥和巳・西尾健治】
自警団の一員。

小説『鵜頭川村事件』のあらすじとネタバレ


櫛木理宇『鵜頭川村事件』(文春文庫、2020)

昭和54年6月。岩森明とその娘・3歳の愛子は、岩森の亡き妻・節子の墓参りのため、節子の故郷である鵜頭川村を3年ぶりに訪れました。

その日は、節子の伯父にあたる矢萩元市の自宅に泊めてもらったのですが、鵜頭川村地域一帯が、突然豪雨にみまわれました。

山間の小さな村は土砂崩れで孤立。そして、雨の中、降谷敬一という若者の死体が発見されます。

たまたま雨の様子を見に外を歩いていた岩森と村の医者吉見が、遺体第一発見者からの通報を受けて遺体の状況を見ることになりました。

降谷敬一は、誰かから恨まれるような人物ではないのですが、遺体には無数の刺し傷がありました。

おまけに、大雨のため、足跡や物証など犯人につながる手がかりはまったく残っていません。

鵜頭川村は都会の流行が何年も遅れてやってくるような地方の村で、約300世帯900人が暮らしています。

村では「矢萩工業」の社長である矢萩吉朗が絶大な権力を握っていて、吉朗の親戚筋である矢萩姓の村民はみなその会社の幹部でした。

岩森が宿泊している矢萩家の家長矢萩元市は吉朗の弟ですから、村でも顔がきいていました。

それに反し、村で古くから商店や農業を営む「降谷」の一族は、支配者である矢萩一族に逆らえません。

降谷敬一殺しの容疑者として、矢萩吉朗の息子の大助を村の誰もが頭に浮かべます。

大助は、傷害と器物損壊の前科は数知れない乱暴者で、村の嫌われ者です。酒癖が悪く、昼間から酒を飲んではふらふらと村を歩き回り、行く先々でトラブルを起こす厄介者でした。

つい先日も村で騒ぎを起こし、その際、暴れる大助を殴って取り押さえていたのが敬一でした。

「きっと敬一を逆恨みした大助の仕業に違いない」と村人の誰もが思いましたが、事情聴取された矢萩大助には何のお咎めもなしでした。

矢萩吉朗は大助をとても可愛がっていて、これまでのトラブルもすべて揉み消してきました。今回も当たり前のように大助は無罪放免となったのです。

土砂崩れによって外の世界と切り離された村。停電による通信の断絶。閉じられた村のなかで未だ正体不明の殺人犯が潜んでいる状況。

元市の客人である岩森はいわばよそ者ですが、古びた人間関係の充満する村に閉じ込められているうちに、村に存在する主従関係をいやでも肌で感じるようになりました。

矢萩一族はともかく、降谷をはじめとする他の住民の不安は日々高まっていきました。

そんな中で、女子供だけは必ず守れと声をあげたのが、降谷辰樹とその仲間たちです。不運にも兄を事故で亡くした辰樹は、高校卒業後の東京での大学進学を諦め、継ぎとして村に残ることになりました。

現在の辰樹は矢萩工業の社員です。辰樹はいつも上司の矢萩の嫁から雑用を命じられ、仕事以外の時間も小間使いのように働かされ、不満が募っていきます。

親友だった降谷敦人が進学して村からいなくなったことも、辰樹を不安定にさせている理由の一つでした。

一方、土砂崩れの中、救助がいつになるかもわからない状況の村の孤立は、深刻な食糧不足を招いています。

降谷一族は、商店と農家を営んでいますが、矢萩工業の幹部である矢萩一族には権力こそあれど、食料は降谷から買うしかありません。

すると、ふだんの仕返しとばかりに、降谷たちは矢萩に対して「売り渋る」ようになりました。

物々交換が主となり、米や野菜などの現物を持つものが主導権を握ります。絶対的だった矢萩の権力は徐々に弱まっていきました。

敦人の弟である降谷港人は、矢萩姓の廉太郎と親友関係にあり、村の中の緊迫したこんな状況にピリピリしています。

客人の身分の岩森にも、村中の対立ムードが察しられました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『鵜頭川村事件』ネタバレ・結末の記載がございます。『鵜頭川村事件』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

村では矢萩一族とそれ以外の対立が表面化。若者たちは自警団を結成して力で押さえつけていた者からわが身を護ろうとします。

土砂崩れから2、3日後、せっかく届いた救援物資が預けられた矢萩吉朗の自宅から盗まれてしまいます。矢萩吉朗の権力はいよいよ地に落ち、報復を恐れた矢萩吉朗は屋敷に閉じこもりました。

自警団員は次第に暴力に酔いはじめ、狩るべき獲物を探してうろつくようになります。岩森や降谷港人は、自警団員はわれこそは正義だと思い込んでいると、実感していました。

辰樹は学生運動で使われた演説を声高に叫び、若者たちに「矢萩は特権階級の敵だ」という意識を植えつけ、さらには酒を飲ませて、正常な判断を奪っています。その結果、自警団は理性を持たない暴走集団へと変貌。

副リーダーである白鳥和巳や西尾健治による感情的な演説の効果も抜群で、まだ幼い十代の少年たちはみるみるうちに暴徒化していったのです。

そんな頃、西尾健治が何者かによって刺されます。重症を負った西尾は、村の診療所へ運び込まれて入院しました。

自警団による犯人探しが始まりますが、矢萩大助はすでに自警団による「制裁」で大怪我を負い、身動き一つとれない状態なので犯人ではありません。

大助に共犯者がいて次にやられるのは自分ではないか?という疑惑が火種となり、ついに矢萩への襲撃が始まりました。

若者たちは酒と暴力衝動に酔い、正気を失ったままの状態で、何のためらいなく矢萩の男たちを袋叩きにしていきます。

混乱に乗じて、自分たちを虐げて抑圧してきた者たちに報復しているだけの暴力行為が繰り広げられました。

狂気に身をゆだねた若者たちは姓の区別なく商店を襲撃し、村人の家から貴重品を略奪し、はてには自警団員同士で傷つけ合い始めます。

長い夜が始まり朝までの時間が永劫にも思われる絶望の中、命からがら暴徒たちから逃げ回っている2組がありました。

矢萩の客人である岩森明とその娘・愛子。そして、相反する姓を持ちながら仲の良い、降谷港人と矢萩廉太郎。

2組は山中で偶然出会い合流しました。治外法権ともいえる田所エツ子の家に逃げ込むことで、なんとか暴徒たちから身を隠すことに成功します。

田所エツ子は、村はずれの高台に住む老婦人。子どもたちにピアノを教えるなどして、普段から慕われているうえ、元来「よそ者」であるため襲撃を免れていました。

岩森と港人は、2人ともに縁のある矢萩有美の安否を確かめるため、危険を承知で鵜頭川村へ引き返すことにしました。

岩森は愛子をエツ子に預けて村へ走ります。矢萩有美は岩森の亡妻・節子の親友でした。降谷から矢萩に嫁いだため、どちらの姓からも嫌がらせを受けていたのです。

有美の安否は確認できましたが、けれど、岩森とはぐれた港人が自警団に捕まってしまいます。

狂乱する若者たちの中心にいる辰樹。その前に引きずられる港人。辰樹は心から凍てついたように昏く静かな目で港人を見下ろしていました。

そこには優しかった頃の、港人が憧れていた辰樹の姿はもうありません。港人が死を予感した時、一台の車が荒々しく集団の中へと突っ込んできました。

車から降りたのは、岩森明。「降谷敬一を殺した犯人引き渡す」と言い、診療所にいるはずの西尾を車から引きずり出しました。

西尾は降谷敬一の親友であり、これまで自警団に敬一の仇をとれと発破をかけてきた張本人ですが、西尾はあっさりと自身が犯人であることを認めました。

岩森に促されて、西尾はぽつぽつと真相を語り始めます。まず、西尾と敬一は異母兄弟だったということ。西尾の父親が未亡人だった降谷邦枝に産ませたのが、敬一です。

西尾は邦枝が営む託児所に預けられ、敬一とはそれこそ兄弟のように育ちました。が、近年になって敬一が近々西尾家の子どもとして正式に認知される手はずになったというのが問題となりました。

真実が明るみに出れば、西尾の母は同情されるどころか、姑からいびられたのに違いありません。西尾が敬一を刺したのは、憎かったからではなく、まだ真実を知らない母親を守るためだったのです。

これがことの始まりの敬一殺人事件の全貌でした。西尾が刺された事件は、自分自身で刺した自作自演のものだったのです。

西尾は少しでも長く真相を隠しておくため、隠ぺい工作をしました。ところが、いざ腹を刺す瞬間を辰樹に見られてしまい、手元が狂って、自傷が致命傷になってしまったのです。

実は辰樹は西尾が犯人であることに早い段階から気づいていました。気づいてなお、村を壊すために利用していたのです。

真実が明らかになり、自警団の存在意義は失われます。暴徒と化した自警団は、本能が命ずるままに暴れだしました。

勝手に動き出した自警団を見て「終わりだ、辰樹くん」と岩森は呼びかけますが、「おれは逃げ切らせてもらう」と辰樹。

次の瞬間、岩森は目を疑いました。片手には手斧。反対側の腕には田所エツ子の家に置いてきたはずの愛子が抱えられていたのです。

一歩でも動けば、愛子に危険が及ぶかもしれない。かといって愛子を人質にした辰樹を見逃すわけにもいきません。岩森は、目の前が真っ暗になりました。

次の瞬間、岩森は無我夢中で辰樹に突進。そこからは、いつ果てるともしれない戦いが始まりました。

血みどろの壮絶な争いの末、最後に勝利したのは岩森でした。港人が「愛子ちゃんが見ている!」と叫ばなければ、きっと辰樹の息の根を完全に止めていたことでしょう。

息も絶え絶えの辰樹は、自分も西尾と同じだと言いました。西尾がそうであったように、辰樹にも異母兄弟がいると言うのです。

辰樹の異母兄弟は、白鳥和巳。表面上では辰樹の叔父ということになっている降谷直樹も、実のところ辰樹の異母兄でした。

鵜頭川村では家の跡取りを得るために、このように異母兄弟を作り出していたのです。

辰樹はそんな村が嫌でなりませんでした。そんな辰樹に港人は、本気で岩森を殺すつもりだったのかと問いかけます。

「本気だった」と答える辰樹。けれども「あんな歳の娘がいるし、父親だし、そうもいかんな」と付け加えました。

一夜が明けて「鵜頭川村事件」は終結。死者4名、重軽傷者78名。辰樹は逮捕され、事件は小さく報道されました。

スポンサーリンク

小説『鵜頭川村事件』の感想と評価

土砂崩れで外の社会と遮断された山奥の村で殺人事件が起こりました。容疑者はいるのに、村の権力者の矢萩一族であるため逮捕にいたりません。

閉じ込められた村内で、殺人犯人が野放しになっている現実が村民の自衛意識に火をつけます。わが身を守るために、若者を主流とした自警団が作られました。

目的は自警でしたが、セクハラ、パワハラ、モラハラに耐えてきた弱者たちの怒りは、いつしか村の権力集団‟矢萩一族”に向けられ、‟矢萩刈り”とでも言うべき、大暴動が勃発。小さな村に阿鼻叫喚の地獄絵図が描かれます。

この作品において、一番の恐怖は、何と言っても「洗脳された集団の暴動」ではないでしょうか。

血に飢えた獣のように、理性も知性も吹っ飛んだ若者たちは、闘争本能の赴くままに人を殺伐する行為を起こしました。

死刑にいたる病』でも書かれたような、人の心の悪しき病も怖いのですが、こちらの村人の心理現象もまた怖ろしい

山奥の村に生まれる村人同士の確執、また昔からの村内の因習もストーリーの裏に存在。人間心理を上手く描いたパニックスリラー小説でした。

ドラマ『鵜頭川村事件』の見どころ

2022年8月に、入江忍監督によってドラマ化される『鵜頭川村事件』。主役の岩森を演じるのは、入江監督とWOWOWによるドラマ『同期』以来11年ぶりのタッグを組む松田龍平です。

松田龍平のコメント
「村の人達が狂気に染まって行く中、その狂気に飲み込まれないように意識していたんですけど、それでも次々に起きる事件に巻き込まれ、次第に岩森自身が抱えている狂気が浮き彫りになっていくのは演じていて面白かったところです」。

殺害の狂気一色に染まる中盤から終盤にかけて、岩森もまたその暴動の渦に巻き込まれます。

身の危険を感じながら事件の真相にせまる岩森を、松田龍平自身が感じた狂気を持って演じているのに注目です。

スポンサーリンク

ドラマ『鵜頭川村事件』の作品情報

【配信】
2022年(日本ドラマ)

【原作】
櫛木理宇『鵜頭川村事件』(文春文庫刊)

【脚本】
和田清人

【監督】
入江悠

【キャスト】
松田龍平 ほか

まとめ

ドラマ化される櫛木理宇の『鵜頭川村事件』。閉じ込められた地域で起こった殺人事件をきっかけに、村内で恐るべき暴動がおこり、偶然村を訪れていた主人公も騒動に巻き込まれます。

村を牛耳る矢萩一族と奴隷のように虐げられた毎日をおくる降谷一族の確執が、その根底にありました。

極限の事態に立たされた人間のパニックと恐怖をつぶさに描いたスリラー作品を1話から6話でドラマ化。入江忍監督&松田龍平で描く、恐怖の物語をお楽しみに。

ドラマ『連続ドラマW 鵜頭川村事件』は、2022年8月よりWOWOWにて放送・配信スタート!




関連記事

サスペンス映画

ビバリウムのラスト結末の内容考察!謎の子供の正体を閉じ込められたトムとジェマと共に深掘り解説

映画『ビバリウム』は2021年3月12日(金)より全国公開。 マイホームを夢見る若い夫婦が、住宅見学に訪れた事から始まる恐怖を描いた、映画『ビバリウム』。 住宅街から脱出できなくなった夫婦が、さらに正 …

サスペンス映画

映画『トレーニングデイ』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。刑事バディムービーの定石を打ち破る刺激的な傑作!

新米刑事の命を懸けた訓練日(トレーニング・デイ)を描くアカデミー賞主演男優賞受賞作! 血気盛んな新人刑事がベテラン刑事の指導のもとで、予想つかない事態に巻き込まれる映画『トレーニングディ』。 人口が増 …

サスペンス映画

映画『スワロウSwallow』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ヘイリーベネット演じる“抑圧された女性の解放”を描く

ヘイリー・ベネット主演のスリラー映画『Swallow スワロウ』 一見完璧な生活を送っているかのように見える主婦・ハンターが“異物を飲み込む”ことで自分を取り戻していこうとする美しくもショッキングなス …

サスペンス映画

映画『暗黒女子』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

イヤミスの傑作がついに映画化!全員悪女で嘘つき同士が騙し騙される?! 驚愕のラスト24分が待ち受ける裏切りエンターテイメント『暗黒女子』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『暗黒女 …

サスペンス映画

映画『インフェルノ』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も【トムハンクス主演のパンデミック作品】

地球にとって人類は疫病。特効薬は「地獄=インフェルノ」 ハーバード大学教授ロバート・ラングドンが歴史に秘められた謎を解き事件解決に挑む、ダン・ブラウン原作の大ヒットシリーズ映画化第3弾『インフェルノ』 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学