Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/04/25
Update

映画『パーフェクトルーム』あらすじネタバレ。フル動画を無料視聴!

  • Writer :
  • 若松れん

映画『パーフェクト・ルーム』は、2014年に公開されたアメリカのミステリー映画で、2008年にベルギーで制作された『ロフト』のリメイク作品です。

妻帯者5人が情事を楽しむためだけに用意したマンションの一室で、見知らぬ女性の遺体を発見。予測不可能の事態に疑心暗鬼になっていく男たちを描いています。

監督は『ロフト』も手がけたエリク・ヴァン・ローイ。二転三転するストーリー展開のなか、はたして犯人を見破ることができるのか!?

今回は2014年公開の映画『パーフェクト・ルーム』を紹介します。


映画『パーフェクト・ルーム』を
Huluを今すぐ無料で見る

スポンサーリンク

映画『パーフェクト・ルーム』の作品情報


(C)2013 LOFT INTERNATIONAL NV ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2014年(アメリカ・ベルギー映画合作)

【原題】
The Loft

【監督】
エリク・バン・ローイ

【キャスト】
カール・アーバン、ジェームズ・マースデン、ウェントワース・ミラー、エリック・ストーンストリート、マティアス・スーナールツ、イザベル・ルーカス、レイチェル・テイラー、ローナ・ミトラ

【作品概要】
『パーフェクト・ルーム』は、2008年にベルギーで制作された『ロフト』を、ハリウッドがリメイク版したものです。物語の中心は固い友情で結ばれた5人の妻帯者。女性の遺体発見がきっかけに、今まで隠されていた男たちの秘密が徐々に明かされていきます。

5人の男たちは、ビンセント役に『ALMOST HUMAN』で主演したカール・アーバン、クリス役に『X-MEN』でサイクロップス役を演じたジェームズ・マースデン、ルークには『プリズン・ブレイク』のウェントワース・ミラー、マーティには『モダン・ファミリー』のエリック・ストーンストリート、フィリップ役には『ロフト』にも出演したマティアス・スーナールツが演じています。

▼Huluで『パーフェクト・ルーム』は見られます。
映画『パーフェクト・ルーム』を
Huluを今すぐ無料で見る

映画『パーフェクト・ルーム』のあらすじとネタバレ


(C)2013 LOFT INTERNATIONAL NV ALL RIGHTS RESERVED

固い友情で結ばれている5人は、それぞれ妻や子がいる妻帯者。

ある時4人の友人たちは、建築家のスティーヴンスから自分が手がけたマンションの一室を共有しないかという提案をされました。

情事を行うのにホテルではクレジットカードで足が着く、しかし自宅に連れてくるわけにはいかないし、他に場所がありません。

しかし、秘密の部屋(パーフェクトルーム)があれば、お金もかからないしバレることもないと…。こうして男たちはひとつずつ鍵を所有し、それぞれが自由に部屋を使っていたのです。

特に、スティーヴンスは5人のなかで一番のプレイボーイで、何人もの女性とルームを利用していました。

ある日、ルークがワインを両手に抱えマンションに立ち寄ると、手錠を掛けられ血まみれになっている女性の遺体を発見します。

驚いたルークはソファに座り込んで頭を抱えていました。すると、そこに何も知らないスティーヴンスが鍵を開けて入ってきます。

「ルーク?」スティーヴンスに話しかけられたルークは、そっとベッドの方を指差しました。「なんてことだ…」

スティーヴンスは恐る恐るベッドに近づき遺体を確認。「何があったんだ?」とスティーヴンスが尋ねると、「分からない、ボクが来た時にはもうそこに」とルークは答えます。

「他のみんなには?」というスティーヴンスに、ルークは「クリスとマーティーは呼んだ。フィリップとは連絡が…」と。

ルークもスティーヴンスも知らない女性だといい、鍵を持っている者しか入ることが出来ないこの部屋で、犯人とその女性はどこから入ったのかも不明でした。

防犯センサーは切られていて、玄関にも窓にも鍵は掛かっていた。それなら一体どうやって…?

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『パーフェクト・ルーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『パーフェクト・ルーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2013 LOFT INTERNATIONAL NV ALL RIGHTS RESERVED

ふたりの間で様々な憶測が飛び交い、つまりは”5人の中の誰かが犯人である”そういう結論にたどり着いたころ、誰かが玄関のドアをノックしました。

スティーヴンスがドアを開けるとクリスが入ってきます。

女性の遺体を確認したクリスは「フィリップめ!」と言います。

フィリップはクリスの弟で、女性によく暴力を奮っていたため、クリスはフィリップの仕業だと思いました。

そこへ4人目の友人マーティが鍵を開けて入り、遺体を見て驚きます。

クリスの言葉を聞き「ここにいる4人の仕業じゃない」というスティーヴンス。

真相を突き止めて打開策を探ることにしました。何かに気づいたマーティーが、ベッドに立てかけてある枕を外すとそこには、「FATUM NOS IUN GEBIT」と血文字のラテン語で書かれたメッセージが残されていました。

また、凶器と思われる血まみれのナイフも見つけます。ちょうどそこでフィリップ登場。

状況が分からないフィリップにルークが掴みかかり、お前がやったんだろうと問い詰めました。

しかし、フィリップは昨日は婚約者と一緒にいたからここには来ていないといいます。

そもそも、部屋を利用するためには事前にメールで皆に申告すること、部屋のことを秘密にしておくことという、スティーヴンスが決めたルールがありました。

当初、浮気はしないと受け取らなかったのはクリスだけでした。

しかし、そんなクリスもアンという女性との出会いがきっかけで、ついに鍵を受け取ってしまったのです。

(ここから回想シーン)アンと情事を重ねていたクリスは、彼女に本気になってしまいます。

しかし、彼女は自分は売春婦だからそんな気持ちは必要ないと拒絶されてしまったのです。

家族の元に帰れといい、背中を向けるアンを、クリスは黙って見送るしかありませんでした。

部屋の使い方は様々ですが、共通していることはルールのみ。妻たちにバレるのを一番恐れていました。

しかし、マーティの浮気が原因で、ついに部屋のことが妻たちに知られてしまうことに…。

以前、マーティが浮気した女性が家に乗り込んできたといいます。

その女性というのが、スティーヴンスとルークとマーティがバーで知り合った一夜だけの女性。スティーヴンスもまた彼女の連れの女性サラに目を奪われます。

5人で屋上のプールに向かうと、マーティと女性はどこかに消え、サラとスティーヴンスはプールで情事を楽しみ、ルークは二人を遠目で見ていたのです。

スティーヴンスとサラの関係は、その後も秘密の部屋で続いていました。

ある時、スティーヴンスはサラに別れ話を切り出します。涙を流すサラを部屋に残し、スティーヴは部屋を出て行ったのです。(回想シーン終り)

ルークはサラとの関係をスティーヴンスに突きつけました。
昨日この部屋に来ていたということを問い詰めるつもりだったのです。

スティーヴンスが何かを言いかけたその時、インターホンが鳴りました。

インターホンを鳴らしたのは不動産屋。サラという女性から部屋を売りたいと連絡があったといいます。

一同はサラという女性が誰のことなのか知らない様子でしたが、スティーヴンスが重い口を開きベッドに横たわっている女性がサラだと言いました。

スティーヴンスは昨日サラと部屋に来ていたことを認めます。

しかし、自分が帰るときには彼女は生きていたと言い、それどころか、彼女の遺体を処分することばかり考えているスティーヴにフィリップは、最低なやつだと罵りました。

冷静さを失った男たちはそれぞれを罵倒するなか、ルークは自分のある秘密を告白します。

彼は鍵を渡されてからずっと今まで、部屋を盗撮していたのです。

浮気もしない真面目な男かと思われたルークが、実は人の情事を盗み見するという変態的な趣味に一同驚愕。

しかし、ルークの変態的な趣味によってスティーヴンスの本当の秘密が暴露されることになるのです。

これは妻たちが仕掛けた罠だというスティーヴンスでしたが、呂律が廻っていません。

ルークがスティーブンスの酒に薬を仕込んでいたのです。倒れこむスティーヴンスを4人の男たちが取り囲み「なぜ友達を裏切ったのか」と問い詰めます。

実は、これは全て4人がスティーヴンスに仕掛けた罠だったのです。

サラの遺体を最初に見つけたルークは、彼女の「来世で会いましょう」と書かれた遺書を見つけスティーヴンス以外の仲間を呼び出しました。

警察に連絡するかどうかを話し合っている時、ルークが盗撮したテープをみんなに見せます。

そこには、フィリップが命より大切にしている妹や、仲間の妻と関係を結んでいるスティーブンスの姿が写っていたのです。

また、クリスはスティーヴンスがアンとも関係していたことにショックを受けました。

4人の意見はスティーブンを罠にはめることで合致し、事件性と信憑性を持たせるため、フィリップに遺体の細工を任せ、残りの3人は事前に現場を見ないよう部屋を後にしました。

そして、当日、思ってもみない仕上がりになっていた現場に驚く3人。

フィリップはサラの手首を切り、流れ出た血液でベッドボードにサラの指でラテン語のメッセージを書いていたのです。

最後の仕上げは、動けなくなったスティーヴンスを裸にして、サラの遺体の隣に寝かせることでした。

警察に発見されたスティーヴンスは、その状況証拠から殺人犯の疑いを掛けられました。

他の4人も長い時間事情聴取されたあと、やっと解放されましたがこの時、クリスは捜査官から思いがけないことを聞かされます。

サラは自殺ではなく他殺であるということ。薬を服用して自死を図ったものの、死んでいたわけではなく検視の結果、失血死と断定されていました。

クリスは、フィリップがサラの手首を切ったのが、死に繋がったのだと察しました。

その夜、あの部屋を訪れたクリスは、この件の首謀者が実はルークであることを知りました。

彼は好意を抱いていたサラにスティーヴンスのことを何度も忠告していましたが、彼女は全く聞き入れてくれなかったため、殺害しようとしたのです。

そしてスティーヴンスとサラが別れ話をした日、スティーヴンスが部屋を出て行った後にルークは部屋に入り、彼女に睡眠薬の入ったワインを渡しました。

飲んで意識を失った彼女に、楽に死ねるようにと大量のインスリンを注射したのです。

しかし、本当はサラは生きていました。少なくとも、あの日5人が顔を合わせた時には…。

スポンサーリンク

映画『パーフェクト・ルーム』の感想と評価


(C)2013 LOFT INTERNATIONAL NV ALL RIGHTS RESERVED

二転三転するストーリーに惑わされながら、グイグイ引き込まれていく作品です。

右手に手錠が掛けられたまま、左手首を切ることは不可能。だとすれば、必ず5人の中に犯人がいるはず。

そう思いつつも、もしかしたら…という思いがぬぐえず、最後まで騙されてしまいました

最初はカギを持っていなかったクリス、そしてプレイボーイのスティーヴン、暴力的なフィリップ、女好きで下品なマーティも怪しい。

でも、ルークは妻を愛しているといいつつ、重荷に感じているような印象もあったりと、誰もが少しずつ怪しいのです。


(C)2013 LOFT INTERNATIONAL NV ALL RIGHTS RESERVED

しかし最後、4人がスティーヴンスをはめようとしていたこと、すべての首謀者がルークだったことに驚き。

また、クリスが女性の遺体を確認しようとしたところで、顔が見えるか見えないかというところで、ルークが顔を背けました。

この時点では単に遺体から目を反らしていると思ってしまいます。

しかし、実は自分がしでかしたことから目を背ける、愛するサラの死を捉えることのショックに対するものなのだと、後になって理解できました。

あの些細な出来事が結末で気づかされたことに「してやられた!」と感じた作品です。

▼Huluで『パーフェクト・ルーム』は見られます。
映画『パーフェクト・ルーム』を
Huluを今すぐ無料で見る

まとめ


(C)2013 LOFT INTERNATIONAL NV ALL RIGHTS RESERVED

この作品をご覧になった方で、最後まで分からなかった、騙された!と思った方はどのくらいいるでしょうか。

とにかく設定に手が込んでいるので、まだ観ていないミステリー好きの方にオススメします。

さて、二転三転で騙される展開を楽しめる映画『パーフェクト・ルーム』が観られるHuluでは現在2週間無料トライアルを実施中


映画『パーフェクト・ルーム』を
Huluを今すぐ無料で見る

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

サスペンス映画

映画『新幹線大爆破』あらすじネタバレと感想。フランス再編集版が異例のヒットを飛ばしたパニックサスペンス超大作

爆弾を仕掛けられたまま疾走する新幹線をめぐるノンストップ・パニックサスペンス 乗客1,500人の生命と恐怖と緊迫を乗せた新幹線が疾走する、1975年製作の巨大パニック映画『新幹線大爆破』。 演出は『君 …

サスペンス映画

映画『ホテル・ムンバイ』ネタバレ感想と評価。実際のテロ事件を徹底した取材に基に描く

インドの最高級ホテルで起きた無差別テロ事件を映画化! 2008年にインドの国際都市・ムンバイで発生した、タージマハル・ホテル襲撃事件。 その衝撃のテロ事件に遭遇した宿泊客と、彼らを守り抜いた従業員の姿 …

サスペンス映画

映画『スプリット』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

女子高生3人vs “23+1人”の攻防?! M・ナイト・シャマラン史上最も衝撃的なラストが待ち受ける『スプリット』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『スプリット』の作品情報映画『 …

サスペンス映画

『フライトゲーム』動画無料視聴はU-NEXT。ネタバレ感想と犯人は?

リーアム・ニーソンといえば娘が誘拐されて凄い怒ったり、自分の身分が根こそぎ知らない男に奪われたり、キリスト教を棄教させられたりと、結構大変な目に遭う役が多い印象です。 今作『フライト・ゲーム』でも負け …

サスペンス映画

『スマホを落としただけなのに』結末ネタバレ解説。あなたのセキュリティーは大丈夫!?

志駕晃のスマホ犯罪を題材とした、現代社会ならではのSNSミステリー同名小説を、映画『リング』などジャパニーズホラーの名匠・中田秀夫が映画化した『スマホを落としただけなのに』。 中田監督がとことんリアル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学