Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ネタバレ】ヒトラーのための虐殺会議|結末あらすじ感想と評価考察。ヴァンゼー会議の映画で描く“最終的解決の恐怖”

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

ユダヤ人絶滅政策を決定したヴァンゼー会議を実際の議事録をもとに映画化

1942年1月20日、ベルリンのヴァンゼー湖畔にある大邸宅にて行われた“ヴァンゼー会議”。

ヴァンゼー会議では、国家保安部長官のラインハルト・ハイドリヒによって招かれたナチス親衛隊や事務官らが顔を揃えました。

会議の議題は、ユダヤ人問題の最終的解決について。最終的解決とは、ヨーロッパにいるユダヤ人を計画的に抹殺することを意味していました。

『ヒトラーのための虐殺会議』は、ヴァンゼー会議に実際に参加していたアドルフ・アイヒマンが記録した議事録を基に映画化されました。

監督を務めたのは、『Möbius』(1992)で映画監督デビューし、劇映画を手がけたのち、テレビ映画を中心に制作してきたマッティ・ゲショネック。

2010年に制作した『Boxhagener Platz』以来となる劇映画となった本作は、ヴァンゼー会議の80年後の2022年に制作されました。

映画『ヒトラーのための虐殺会議』の作品情報


(C)2021 Constantin Television GmbH, ZDF

【日本公開】
2022年(ドイツ映画)

【原題】
Die Wannseekonferenz

【監督】
マッティ・ゲショネック

【キャスト】
フィリップ・ホフマイヤー、ヨハネス・アルマイヤー、マキシミリアン・ブリュックナー、ファビアン・ブッシュ、ペーター・ヨルダン、アルント・クラビッター、フレデリック・リンケマン、トーマス・ロイブル、マルクス・シュラインツアー、ジーモン・シュバルツ、ラファエル・シュタホビアク

【作品概要】
テレビドラマ『フロイト -若き天才と殺人鬼-」(2020)のフィリップ・ホフマイヤーが、野心的なラインハルト・ハイドリヒを見事に演じました。

他のキャストは、『100日間のシンプルライフ』(2018)のヨハネス・アルマイヤー、『ありがとう、トニ・エルドマン』(2016)のトーマス・ロイブル、『ヒトラー 〜最期の12日間』(2004)のファビアン・ブッシュなど名優らが緊迫感あふれる会議の様子を再現しました。

映画『ヒトラーのための虐殺会議』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Constantin Television GmbH, ZDF

1942年1月20日、ベルリンのヴァンゼー湖畔にある大邸宅。

国家保安本部長官のラインハルト・ハイドリヒ(フィリップ・ホフマイヤー)に招かれたナチスの親衛隊と事務次官らが会議のためにやってきます。

ルドルフ・ランゲ親衛隊少佐(フレデリック・リンケマン)は、東部前線で、ユダヤ人の大量処刑に関わり出世をし、オスラント全権区保安警察・保安司令部代理として会議に参加することになります。

同じく、ユダヤ人の大量処刑の実務経験者であるカール・エバーハルト・シェーンガルド親衛隊准将(マキシミリアン・ブリュックナー)に、会議にやってくる高官らについて、少佐は説明を受けます。

シェーンガルド准将は、高官の中でも注意すべき人物は、ユダヤ人にまつわる法律の草案者であるヴィルヘルム・シュトゥッカート内務省次官(ゴーデハート・ギーズ)だとランゲ少佐に説明します。

それぞれの事務次官らは、自分の管轄のことについてしか念頭になく、自分の管轄内の問題が解決するのであれば、条件次第で保安警察が何をしようが目をつむる所存でした。

しかし、内務次官は、保安警察が我が物顔で省庁の権限を侵害することに危機感を示し、大学も出ていないラインハルト・ハイドリヒ長官についてもあまりよく思っていません。

その頃、秘書と共に会場の準備をしていたアドルフ・アイヒマン親衛隊中佐(ヨハネス・マイヤー)のもとに、ハインリヒ・ミュラー親衛隊中将(ジェイコブ・ディール)がやってきます。

座席を見渡すとミュラーは、気に食わない次官を下座の席に移動させ、最終チェックを行なっています。

一番最後に、ハイドリヒ長官が到着し、会議の前にマルティン・ルター外務省次官補(ジーモン・シュヴァルツ)とランゲ少佐を呼び出し、ユダヤ人の処刑の状況について細かい数字を聞き出します。

そうして、始まった高官15名と秘書1人による会議。主な議題は、“ユダヤ人問題の最終的解決”についてです。

まず、資料をもとにヨーロッパ全土のユダヤ人の人数の把握と、収容先や処刑などにおける現状について話が始まります。おおよその数をもとに、全ユダヤ人の人口は1,100万人だと言います。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヒトラーのための虐殺会議』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヒトラーのための虐殺会議』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2021 Constantin Television GmbH, ZDF

ドイツ国内におるユダヤ人について話が進んでいきます。ユダヤ人にまつわる法律を変え、混血であってもユダヤ人の血が入っている以上断絶すべきだと、オットー・ホーフマン親衛隊中将(マルクス・シュラインツァー)は強く主張します。

しかし、ユダヤ人にまつわる法律の草案に関与したヴィルヘルム内務省次官は、頑として今の法律で何の問題もない、変える必要はないと主張します。混血種であっても明らかにユダヤ人だと思われるものは収容対象であるとしていると主張すると、手続きを簡潔にするために全て収容対象であるとハイドリヒ長官は言います。

すると、ヴィルヘルム内務省次官は、「それでは処刑ではなく、断種を行うのはどうか」と提案します。突然の提案にハイドリヒ長官は驚きます。そして中断を提案し、ヴィルヘルム内務省次官を呼び出し2人で話すよう促します。

「議論が上手だ」とハイドリヒ長官は、ヴィルヘルム内務省次官に対し、敬意を払うようなそぶりを見せます。そして「自分が作った法案にケチをつけられるのが嫌なのか、それとも自分の議論のうまさを見せびらかしたいのか」と聞きます。

確かに、自分が作った法案にケチをつけられるのはあまり良い気持ちではないと言いつつも、決してユダヤ人の虐殺に対し、反対しているわけではないと言います。

満足したのか、ハイドリヒ長官は家族の話などを話した後、皆が集まる場に移動していきます。

会議は終えたと告げ、何かまだあ聞きたいことがあれば個別に対応するとハイドリヒ長官が言うと、フリードリヒ首相官房局長が、気になっていたことが一つあると言い始めます。

バビ・ヤール峡谷での処刑の報告を見て、かかった時間などを考えると1,100万人のユダヤ人を処刑するには相当な日数を要し、弾数も相当なものになり、効率が悪いのではないかと言います。

また、第一次世界大戦で軍にいた経験のあるフリードリヒ首相官房局長は、射殺をし続けると精神的な負担も大きく、若者達によって悪影響ではないのかと尋ねます。すると、ハイドリヒ長官は、アイヒマンに報告をするようにと促します。

すると、ソ連の捕虜らなどを使って効率的な処刑方法と、そのための施設の準備も進めているという報告をアイヒマンがします。
ガスの配合などを実験し、効果的な結果を得られたと言います。

フリードリヒ首相官房局長は、ガスにも難色を示しますが、射殺よりも効果的であるし、合理的に処刑を進められる準備はできているとフリードリヒ首相官房局長の懸念を抑えつけます。

そうして会議は終わりを向かえ、皆ぞろぞろと帰っていきます。

映画『ヒトラーのための虐殺会議』の感想と評価


(C)2021 Constantin Television GmbH, ZDF

ヴァンゼー会議の恐怖

ヴァンゼー会議から80年後となる2022年に制作された『ヒトラーのための虐殺会議』、日本公開はちょうど会議が行われた1月20日となりました。

淡々と進められる会議の中で話し合われているのは、ユダヤ人問題の最終的解決についてでした。ユダヤ人が虐殺されることは当然のように話し合われ、その点について異議を唱える者は一人もいません。

問題となっているのは、既に手がいっぱいのユダヤ人たちを、“誰が主体”で、“どのように”処理をするのか、ということでした。

更に、ユダヤ人たちから奪った資産は、“誰のもの”で“どう活用するか”が論点となっています。奪われていく側に対する考えは一切ないのです。

東部戦線で行われたユダヤ人への大虐殺は、ユダヤ人処理に関する一種の治験のようなものでしかありません。

その報告書などをもとに、親衛隊の幹部らは、射殺は効果的ではないという判断にいたり、他の処刑方法を考えるよう命じます。そうして幾つかの実験を経て、ガスによる処刑法を生み出したのです。

射殺は弾などのコストや、打ち続けることによる身体的、精神的なダメージがかかってきます。ガス室を収容所に設備し、処刑される側と、処刑する側の接触を避けるなど、処刑する側の負担軽減を念頭に置いています。

ホロコーストを題材にした多くの映画に描かれている通り、ヴァンゼー会議後、収容所が完成すると、ユダヤ人らが移送されてきます。

そして到着したユダヤ人たちを職人など労働できる人材とそうではない人材にわけ、手持ちの荷物は全て回収されます。労働者に振り分けられなかったものたちは、シャワーを浴びると案内された部屋、すなわちガス室ですぐに処刑されてしまいます。

ユダヤ人らを死体処理から工事、記録係など様々な労働力に分け、親衛隊の統率のもと収容所内は合理的に管轄されていきます。

そのような恐ろしい大量虐殺がいかにしてまかり通ってきたのか、このヴァンゼー会議を通して考えるべきなのではないでしょうか。

このような恐ろしいことができるなんて…と思うかもしれませんが、会議に集まった人々も、実際に収容所でユダヤ人虐殺に直接加担した人々も皆、私たちと同じ人間なのです。

普通に食事をし、生活をしている、私たちと何ら変わりません。

会議に集まった事務次官らは、それぞれの長官の意を忖度し、身のある会議の結果にしなくてはならない立場にあります。

自分の所属する省庁にとって美味しい条件であれば、親衛隊の蛮行にも目を瞑り、自分たちに関係のない問題には関与もしようともしないのです。

ユダヤ人大虐殺の事実


(C)2021 Constantin Television GmbH, ZDF

そんな中、ヴィルヘルム内務省次官は、親衛隊が省庁の仕事の権限を奪うことに対し、異を唱えます。しかし、それは自分の権威が侵害されることに対する危機感であって、ユダヤ人が殺されることに関して反対しているわけではないのです。

それでも、ドイツ国籍のユダヤ人と他の国のユダヤ人は意味合いいが違うと捉えている節はありました。実際にユダヤ人であっても、結婚相手がユダヤ人ではない場合収容所に移送されても処刑は免れたケースなどもありました。

また、ヴィルヘルム内務省次官は、混血の人などには、断種手術をするのはどうかと提案します。

断種とは、手術により子孫を残すことのできない体になることです。断種は、実際にナチスドイツ統制下において精神患者などを対象に行われていました。

ある画家の数奇な運命』(2020)でも、精神異常者と認定された主人公の叔母は入院されてしまうます。その後、断種を行うか、収容所に送るか迫られ、叔母は収容所送りになりガス室で亡くなりました。

ユダヤ人大虐殺に対する罪は、実行した者だけの罪ではありません。自らの立場を守ために、ユダヤ人大虐殺にGOサインを出した者らも同罪なのです。

多くの忖度と、私利私欲と無関係ではないのです。ユダヤ人大虐殺は、決して異常な指導者が一人で始めたものではないのです。一般市民らも加担したという事実に目を向け、描こうとする映画もここ近年で増えてきました。

ノルウェーの映画『ホロコーストの罪人』(2021)では、ナチス親衛隊ではなく、ノルウェーの秘密警察らが忖度し、ユダヤ人の移送を推し進めました。ユダヤ人の移送に協力的であった市民もいたのです。

セルゲイ・ロズニツァのドキュメンタリー映画『バビ・ヤール』(2022)においても、市民らがユダヤ人が移送されることに対し、協力的であった様子を浮き彫りにします。

そもそもことの発端となったのは、撤退したソ連の秘密警察が、遠隔で爆弾を爆破したことでした。ソ連の秘密警察によるものであったのは明らかであるのに、疑いの目はユダヤ人に向けられたのです。

ヴァンゼー会議の中の発言にも出てきますが、ドイツが征服したヨーロッパの国々の多くは、ユダヤ人の移送に対し、容認の姿勢をとっています。

実際に行われたヴァンゼー会議を通し、改めて私たちは負の歴史と、現代社会について考えて守るべきなのです。

まとめ


(C)2021 Constantin Television GmbH, ZDF

1942年、すでにユダヤ人迫害は始まっており、特に東部戦線では、移送されどこかにたどり着く前にその場で射殺されてしまうという恐ろしい処刑が行われていました。

本作は、戦場のシーンや、射殺など残酷な描写は一切出てきません。しかし、その背後には生々しい戦争の残酷さ、悍ましさが感じられます。

野心家であり、ユダヤ人の迫害と殺害に置いて中心的な存在であったラインハルト・ハイドリヒ長官は、ユダヤ人問題だけでなく、自分の統治下であるチェコでのレジスタンスに手を焼いていました。

そしてヴァンゼー会議が行われた年の5月にハイドリヒ長官レジスタンスによって襲撃され、病院で治療するもその後命を落とします。

ハイドリヒがなくなったかたといってユダヤ人への迫害がおさまるということはありません。ユダヤ人への迫害は、確かに親衛隊がおし進めていたものでしたが、それに対し異を唱えるものはいないどころか、協力的ですらあったのです。

それはドイツ国内だけの問題ではありません。レジスタンスをはじめ、ユダヤ人を匿った人も多くいる一方で、ユダヤ人を密告したものもいました。ユダヤ人に関与して自分たちも罪をかぶせられることを恐れたのかもしれません。

収容所で行われていることを記録し、命懸けでホロコーストを脱出し、世界にその事実を知らしめた2人の姿を描く、『アウシュビッツ・レポート』(2021)では、すぐにでも収容所を襲撃して、ユダヤ人の処刑を止めてくれと訴えても、収容所への襲撃は行われませんでした。

しかし、彼らが命懸けで届けたレポートによって、2万人以上のハンガリー系ユダヤ人がアウシュヴィッツに強制移送されるのを阻止することができました。

収容所の実態を知ってもなお、連合軍の国々がユダヤ人を積極的に受け入れたり、収容所への襲撃をしなかった背景には、逃れてきたユダヤ人によって国内の不満が政治に向いてしまったり、戦況が悪化するのを恐れたという背景のあるのかもしれませんが、結局ユダヤ人を見捨てたことには変わりないのです。

現代社会においてもなお、紛争により国を追われた難民は年々増加しています。ウクライナへのロシアの侵攻も第二次世界大戦から80年以上経ったというのに何も学んでいない社会の姿を、私たちは目にするのです。



関連記事

サスペンス映画

映画『キラー・インサイド・ミー』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

第89回(2017)アカデミー賞で見事オスカーに輝くなど今乗りに乗っている俳優ケイシー・アフレック。 彼のその高い演技力を如何なく発揮した『キラー・インサイド・ミー』をご紹介します。 CONTENTS …

サスペンス映画

映画『バーンアウト』ネタバレ感想とラストまであらすじ。バイクと印象的な結末が魅せるクライムサスペンス

Netflix映画『バーン・アウト』 その身を外気に晒し、命を懸け、より速いスピードを求めるバイクレーサー。 今回は、そんな常に死と隣り合わせなスリル満点の世界に生きる男が闇社会に飲み込まれていく様子 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』4番リョウコ役は橋本環奈。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

プリズンエクスペリメントは実話?ネタバレ感想と考察!ラスト結末も

2017年7月19日(水)より新宿シネマカリテにて上映中の人格破壊映画と呼ばれる『プリズン・エクスペリメント』。 サンダンス映画祭3部門受賞ほか、各国の映画祭でも絶賛された作品で、『es[エス]』『エ …

サスペンス映画

三度目の殺人の原作はある?発売日や映画と小説の結末の違いを調査

9月9日(土)より全国の劇場にてロードショーされる映画『三度目の殺人』に大きな注目が集まっています。 今作は2013年に『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を獲得した、是枝裕和監督と福山雅治主 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学