Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/07/14
Update

映画『海底47m』感想レビューと評価!結末考察やあらすじも

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2017年8月12日よりシネマート新宿ほかで劇場公開される映画『海底47m』をご存知でしょうか?

全米激震!週末興行ランキング(2017/6/16~18)は、巨大ザメが海賊ジャック・スパロウを抑え堂々のトップ5入り!

急遽劇場公開が決まったシャークスリラーと呼ばれる『海底47m』の見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『海底47m』の作品情報

【公開】
2017年(イギリス映画)

【監督】
ヨハネス・ロバーツ

【キャスト】
マンディ・ムーア、クレア・ホルト、サンティアゴ・セグーラ、ヤニ・ゲルマン、マシュー・モディーン

【作品概要】
水深47メートルの海に沈んだ檻の中で、全長6メートル以上の人喰いザメと対峙する姉妹の姿を描いた恐怖のシチュエーションスリラー。

『塔の上のラプンツェル』でヒロイン声優を務めたマンディ・ムーアと、テレビドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』などで知られるクレア・ホルトが主人公姉妹を演じます。

演出は『F エフ』『ストレージ24」など注目されるヨハネス・ロバーツ監督。

2.映画『海底47m』のあらすじ


(C)47 DOWN LTD 2016, ALL RIGHTS RESERVED

リサとケイトの仲の良い姉妹は休暇をメキシコで過ごしていました。

姉リサは「君は退屈な人間だ」と交際をしていた彼氏に言われて破局。そんな傷心の姉リサを慰めようと妹ケイトは考えを巡らすが良いアイデアを思いつけずにいます。

その後、せっかくの避暑地メキシコを楽しもうと軽いアバンチュールの夜を過ごした姉妹は、地元青年から「シャークケージ・ダイビング」に誘われます。

「好奇心旺盛な妹ケイトは「これだ!」と思いたち、姉リサをケージ・ダイビングに誘います。

しかし、姉リサはケイトとは違い臆病な性格で気乗りしませんでした。

そんなネガティブな姉リサにケイトは「また、退屈な女だと思われるわよ」と言われてしまい、渋々ダイビングに挑むことにします。

翌日、リサとケイトは現地の青年たちと待ち合わせ船着場に到着。

そこで待ち受けていたダイビング船のテイラー船長からダイビング経験の質問を受けます。

妹ケイトはテイラーに「2人ともダイビングをしたことがある」と言うが、姉リサはダイビング経験がありませんでした。

船に乗船するも未だ姉リサは、ダイビングへの不安を感じ船内で吐露。しかし、そんな姉の様子にもケイトは「危険なことなんてないでしょう」と不安を受け止めませんでした。

やがて、ダイビングスポットに到着。テイラー船長はサメたちをおびき寄せるために撒き餌をはじめました。

最初に海に潜ったのは地元の青年たち。しかし、この時すでに誰もが気が付かなかったが、ケージ・ダイビングを吊り下げるウインチに巻かれたロープは磨耗して切れ目が入っていました。

青年たちが無事に帰還したのを見届けたテイラー船長は、リサとケイトを海底に送る準備を始めます。

その後、ゆっくりと姉リサと妹ケイトが入った檻が海中へと沈めて生きます。

初めのうちは姉妹は魚の群れが悠々と泳ぐ、この世のものとは思えない神秘的な海中の美しさに歓喜の興奮。

しかし、そんな折、ゲージを下げていたロープが切れてしまい、船上に備え付けられていたケーブルの巻上機とともに海底深く落下してしまいます。

リサとケイトは2人だけの暗い海底47メートルへと沈んでしまいました。

しかも、2人は船上にいる地元青年やテイラーと電波が通じずに交信ができない状態で、誰かの助けを呼ぶ声も届きません。

また、ボンベの酸素も時間が経てばやがてゼロになってしまいます。

さらには、巨大なサメが泳いでる海底で餌食にならず、臆病な姉リサと好奇心旺盛な妹ケイトは無事に船上に生還することができるのでしょうか…。

スポンサーリンク

3.映画『海底47m』の感想と評価


(C)47 DOWN LTD 2016, ALL RIGHTS RESERVED

恋に傷心した姉への立ち直りとして、ちょっとした勇気づけのつもり提案した妹。

彼女たち姉妹の思いやりで始めた「シャーク・ゲージダイビング」の檻の落下に始まり、6メートルを超えるホオジロザメの襲来!

酸素ボンベの減っていく酸欠状態!海中での不安や幻覚、潜水病など。仲の良い2人の姉妹に次々に襲い掛かっていくこの映画。

なんと!当初は劇場公開せずに、ディメイション・フィルムズより2016年8月にDVD発売と、ビデオオンデマンドでの配信を予定していたそうです。

しかし、完成度が高く、手に汗握り息をのむ迫力の映像や単なるサメ映画のように襲うだけではない、設定アイデアの面白さなどから、エンターテイメント・スタジオズが配給権を取得。

タイトルを『IN the Deep』から『47METERS DOWN(邦題:海底47m)』と改めて、急遽劇場公開が決まった作品です。

その際には同じく海を題材にした『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』を抑えて、堂々のトップ5にランキングされました!(2016/6/16~18)

予想を超えた反響に2270スクリーンにて公開、興行収入115,000ドルという好スタートに全米興行界に激震が走っています。

さて、こういうこと書くと、また全米ナンダカンダ宣伝か!と思い込むあなた、早合点はいけませんよ。

確かに当初GAGA本社の試写会に行く前は、ぼくも『海底47m』ね〜、ぐらいの軽いノリで観に行ったのですが、これは予想を超えた面白さでした!

試写会場も予想以上に混雑。

映画鑑賞中は両隣の座席にいらした右側の女性は恐怖のあまり、両手で顔を抑えることが多かったようですし、左側の男性は手を組んで拝みの状態で画面に観入って固まっていましたよ。

それほど、緊張感のあるサスペンス場面やスリラーとしての怖さを持っているドキドキ、ハラハラな作品ですよ。

さて、あなたは海洋映画と言えばあなたは何を思い出しますか?

ちなみにぼくのマイベスト3は、ジャック=イヴ・クストー&ルイ・マル監督の1956年の名作『沈黙の海』。

スティーブン・スピルバーグ監督の1975年の傑作『ジューズ』。リック・ベンソン監督の1988年の秀作『グラン・ブルー』と、名作や傑作が多いのが海を題材に扱った作品だって気がつかれていますか?

海底には6メートル越えのサメがウヨウヨ!?


(C)47 DOWN LTD 2016, ALL RIGHTS RESERVED

今回ご紹介の『海底47m』はもちろん、どれとも似ていない新たなる海洋作品

もちろん、最近流行りのソリッド・シチュエーションとして、建物(小屋・部屋)に閉じめられた状況下にある人間の極限の状態をスリリングに描いた作品が大きなポイントで、今回はその点が「海底47メートルに沈んだ檻」になっています。

↓ソリッド・シュチュエーションの映画を知りたい方は以下を映画をご参考にどうぞ!

仲良い姉妹リサとケイトは無事に助かるのか?


(C)47 DOWN LTD 2016, ALL RIGHTS RESERVED

見どころは、ズバリ!47メートルの海底から無事に脱出できるかということです。

映画館ってくらいじゃないですか。(当たり前だけど、笑)

なんとなく、リサとケイト姉妹と同じように海底に一緒にいる雰囲気にコチラもなってきます。

また、海底の暗がりでよく見えないフレーム外のどこから巨大サメが来るのかドキドキして怖いんですよね。(お化け屋敷感覚ね)

こりゃ、家で観るのはアカン!この映画は観るのは劇場だな!って素直に納得してしまいます。

また、ネタバレにあることは書きませんが、あの落とされる感覚、そして、ラストシーンの解釈はいかに取るかは観たあなた次第!

妹ケイト役を演じたクレア・ホイトは今作『海底47m』の脚本について次のように語っています。

「監督のヨハネスは、すごい緊張感を脚本に込めたと思う。脚本を読んだ後、すごく興奮したし、この映画の役を引き受けたいと本当に思ったの。これまでとは違った何かに挑戦する機会を得たことが嬉しかった」

クレアにとってもこれまでにない初めての作品に出会ったと興奮していますね。

また、姉リサ役を演じたマンディ・ムーアも今作の脚本の巧みさに驚きながら、次のように語っています。

「この脚本は途中で置くことなんてできなかったわ。心臓をドキドキさせながら「ワオ!」って感じで一気に読んだわ。緊張感もあって、展開も面白かった。これまでに観たことのないものになると感じたわ」

脚本が面白すぎて一気に読んでしまったマンディ。

2人ともこの映画が脚本段階で面白くなることを確信していますね。

この太鼓判に、あたなもぜひ、今夏を涼しむ意味でも劇場でご鑑賞をお勧めしますよ!

まとめ


(C)47 DOWN LTD 2016, ALL RIGHTS RESERVED

姉想いの妹がちょっとした勇気付けではじめた「シャーク・ゲージダイビング」。

その挑戦が思わぬトラブルにあい、海底47メートルの絶望的な状況に取り残される彼女たち

今作に出演したクレア・ホルトとマンディ・ムーアは揃って映画の見どころを、スリリングなシーンを観て恐ろしく怖いと感じながらも、姉妹の絆の物語だとも感じて欲しいそうです。

8月12日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー!

ぜひ、『海底47m』サメ映画の大本命を、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

映画『ジオストーム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【地球滅亡のデザスターと兄弟関係を描く】

映画『ジオストーム』は1月19日(金)から全国ロードショーされています。 テクノロジーの推を集めた気象コントロール衛星を運営させから3年。突如、衛星が暴走を始めると世界各地で超異常気象を発生させます。 …

サスペンス映画

映画『娘よ』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も《日本で初めて公開されたパキスタン作品》

今回ご紹介する映画『娘よ』は、日本で初めて公開されるパキスタン映画。 世界の片隅では、今だ起き続ける紛争に巻き込まれた少女や、少年の哀しみをネットでよく見かけます。また昨今は、過激な発言で一部の国民を …

サスペンス映画

映画『ジュリアン』ネタバレ感想とラスト結末までのあらすじ。ルグラン監督が参考にした名作シャイニングとの共通点

11歳の少年ジュリアンは隔週ごとに別居した父と会わなければいけなくなり、母親の情報を聞こうとしてくる父から母を守ろうとしますが…。 監督は本作でデビューした“第二のグザヴィエ”と呼ばれる俊英グザヴィエ …

サスペンス映画

映画『サラブレッド』ネタバレ感想と評価。結末ラストで秘密と裏切りが思いもよらない展開へ

無感情のアマンダと感情的なリリーは、 混ぜると危険な関係。 サンダンス映画祭観客賞をはじめ、インディペンデント作品を対象とする数々の映画賞にノミネートされ注目を浴びた映画『サラブレッド』。 強い血は残 …

サスペンス映画

サイレントトーキョーの朝比奈の切ない結末考察。小説と映画の内容から比較解説。意味深な“クリスマスの計画”とは何?

映画『サイレント・トーキョー』は2020年12月4日(金)より公開。 秦建日子の著作『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャスト …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学