Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/12/22
Update

映画『バックドラフト』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。消防士兄弟の絆をロン・ハワード監督が描いた感動作

  • Writer :
  • 秋國まゆ

消防士兄弟の絆を描いた「バックドラフト」シリーズ第1作!

ロン・ハワードが監督を務めた、1991年製作のアメリカの大作ドラマ映画『バックドラフト』。

消火作業中に殉職した父の後を引き継ぎ、消防士になった主人公ブライアンが勇敢な消防士である兄スティーブンと仲間たちと共に、火災と戦う日々を送っていく姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

日夜火災と戦い続けている男たちが、炎を熟知しバックドラフトを起こす放火犯を探すというサスペンス要素もある、アメリカの大作ドラマ「バックドラフト」シリーズ第1作目、映画『バックドラフト』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『バックドラフト』の作品情報


(C) 1991 Universal Studios All Rights Reserved

【公開】
1991年(アメリカ映画)

【脚本】
グレゴリー・ワイデン

【監督】
ロン・ハワード

【キャスト】
カート・ラッセル、ウィリアム・ボールドウィン、ロバート・デ・ニーロ、スコット・グレン、ジェニファー・ジェイソン・リー、レベッカ・デモーネイ、ドナルド・サザーランド、クリント・ハワード、ライアン・トッド、ジェイソン・ゲドリック、J・T・ウォルシュ、セドリック・ヤング、トニー・モッカス・Sr、ジャック・マクギー、マーク・ウィーラー

【作品概要】
『バックマン家の人々』(1989)やトム・ハンクス主演の大ヒットミステリー「ラングドン」シリーズ、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)などを手掛ける、ロン・ハワードが監督を務めたアメリカの大作ドラマ作品。

1992年、第64回アカデミー賞音響賞や音響効果編集賞、視覚効果賞にノミネートされた作品です。

「ワイルド・スピード」シリーズや『バーニング・オーシャン』(2016)などに出演するカート・ラッセルが主演を務め、『アンタッチャブル』(1987)や『ジョーカー』(2019)などに出演するロバート・デ・ニーロが共演しています。

映画『バックドラフト』のあらすじとネタバレ


(C) 1991 Universal Studios All Rights Reserved

1972年、アメリカ・シカゴ。幼い少年ブライアン・マキャフリーは、シカゴ消防局第17分隊に所属する消防士の父デニスが、仲間たちと共に火災現場に出動するのに同行しました。

しかし消火作業中、デニスはガス管の下にいた部下アドコックスを庇い、ブライアンが見ている目の前で殉職してしまったのです。

それから20年後。ブライアンは父の後を継ぐべく、一度挫折し逃げ出した消防学校を卒業。故郷のシカゴで消防士になることが決まりました。

卒業式の夜、友人のティム・クリズミンスキーら同期と一緒に、卒業祝いに飲んでいたブライアンは、近くで火災が起きたことを知ります。

ブライアンがティムと一緒に見に行った現場は、「爆発気流(バックドラフト)」と呼んでいる火災が発生。建物の住人である公認会計士シーグレイブが爆風で吹き飛ばされ、車に激突し即死しました。

消火作業をしている第17分隊の中で、ブライアンは5歳離れた兄スティーブの姿を発見。父に憧れて消防士を目指したスティーブは、父と同じ第17分隊の隊長として活躍していたのです。

スティーブは昔から兄貴風を吹かせて威張るため、ブライアンたち兄弟は昔から折り合いが悪く、確執がありました。

ブライアンに声を掛けたスティーブは、弟を自分の目の届くところに置くため、勝手にブライアンの配属先を第17分隊に決めてしまいます。

それを抗議しに行った際、ブライアンは一見何もかも完璧そうに見えるスティーブが、強情な性格故に妻子と別居状態で、オンボロな父の船で寝泊まりしていることを知りました。


(C) 1991 Universal Studios All Rights Reserved

迎えた初出動の日、ブライアンは友人であり同期でもあると共に第17分隊の新米消防士として、火災が起きた縫製工場へ出動。

消火作業中、スティーブの補佐についたブライアンは、消防士としてエリートである兄の活躍を目の当たりにします。

その一方で、ブライアンは消火栓にホースを繋ぐのが遅れたり、炎の中必死に救助したのがただのマネキンだったりとチームの足を引っ張ってしまい、劣等感に苛まれてしまいました。

スティーブの指示により、アドコックスと共に取り残された女性を救助したティムは、功績をあげるきっかけをくれたスティーブに憧れを抱きます。

その日の夜。ブライアンはスティーブたちと共に出席したパーティーで、元恋人ジェニファー・ヴァイトクスから、彼女が秘書を務める市議会議員マーティン・スウェイザクを紹介されます。

予算の合理化の一環として、消防署と消防士の人員削減を進めているスウェイザクは、元消防士の火災調査官ドナルド・リムゲインに、シーグレイブが爆死した火災調査を頼んでいました。

しかし、なかなか調査報告書をあげないリムゲインにしびれを切らし、スウェイザクはブライアンを、彼の助手に推薦します。

ところが、父のような消防士になると固く決意していたブライアンは、僅か30秒で断りました。

一方スティーブは、別居中の妻ヘレンとヘレンと踊っていた男に、ブライアンの悪口を言われカッとなり、騒ぎを起こしてしまいます。

そんなスティーブを止めたアドコックスは、「もっと自分を抑えろ、だから昇進できないんだ」と諭します。

それでも再び男に殴りかかろうとするスティーブを、今度はブライアンが止め、酔っ払いの彼をオンボロ船まで送りました。

眠りにつくまでの間、スティーブはブライアンに初めて弱音を吐きます。「俺は火を知ってるんだ、誰よりも火に詳しい。だから親父の二の舞にはならない」

「なのになぜ、お前も他の連中も、俺のことを信用しなくなった?」………スティーブは気が短く自制心が保てない性格と、強引なやり方で消火作業をするせいで、なかなか昇進できずにいたのです。

翌日以降、スティーブに負けじと訓練に励むブライアンでしたが、そのスティーブが自分だけ厳しく指導するのが不満な様子。なかなか兄弟の間にできた溝は埋まりません。

そんなある日。放水準備がまだできていないにもかかわらず、スティーブは父同様、火災現場に取り残された子供を助けたい一心で、単身火災現場に突入。

ブライアンも負けじと後を追いますが、行く手を阻む炎に尻込みしてしまいます。対してスティーブは、マスクを着けずに炎の中を突き進み、まるでヒーローのように子供を救ってみせたのです。

圧倒的な兄との実力差をまざまざと見せつけられ、敗北感を味わったブライアンは、消防士を辞めてリムゲインの助手に転職しました。

以下、『バックドラフト』ネタバレ・結末の記載がございます。『バックドラフト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 1991 Universal Studios All Rights Reserved

ブライアンのリムゲインの助手としての初仕事は、父と旧知の仲であり、6年間服役している連続放火犯ロナルド・バーテルとの面会でした。

仮釈放を求めるバーテルは、仮釈放委員会に反省の気持ちを示す一方で、リムゲインの質問に対して嬉々として放火した時のことを話し、この世界を燃やしたい欲があることを明かします。

その後、シカゴ市内の劇場でバックドラフトによる火災が発生し、劇場の経営者コスグローブが爆死。ブライアンは、その火災現場に調査しに行くリムゲインに同行します。

リムゲイルたちが現場検証をした後、コスグローブたちの遺体を検視医に解剖してもらった結果、被害者2人の死因は、コスグローブはドア、シーグレイブは87年式の車という静止物体との激突によるものであること。

爆風を受けて吹き飛ばされた2人が触れたドアのパテからは、熱で燃え尽きる配管用パテとゴムの混合物が検出されたことが判明しました。

さらに2人の遺体には、変色したシャツの切れ端が付着しており、そのシャツの切れ端を分光器で調べた結果、「トリクティクロレイト」というマグネシウムを吸収する成分が検出されました。

製造中止となっている毒性廃棄物事故の処理剤であるトリクティクロレイトが熱で気化し、2人の服に付着していたのです。

その後、リムゲイルと共に事務所に戻ったブライアンは、バーテルとの面会と、現場検証と検視による調査で導き出した彼の推論を聞きます。

「犯人は現場に証拠を残さず、ゆっくり燃焼させ、バックドラフトを起こした」

「犯人は火が消えるようドアのパテに細工し、事故を装って確実に被害者2人を殺した」

その頃、スティーブたち第17分隊は、火災が発生した高層ビルに到着。「まだ火の手が上がっていないし、人手も少ないから応援を待とう」と言うアドコックスの助言を無視し、スティーブは自分に憧れを抱くティムを連れ、早期消火のために火災現場に突入します。

しかし経験不足なティムは、ドアの温度を確かめもせずこじ開けたため、バックドラフトが発生。爆風を浴びたティムは、重傷を負ってしまいました。

スティーブはティムの負傷に責任を感じ、1人消火後の現場で涙を流しました。しかし、仲間から冷たい視線を浴びせられ、ティムの搬送先の病院でブライアンとアドコックスから糾弾された際は、スティーブは素直に謝れず反発してしまいます。

翌日。ブライアンとリムゲイルは、ティムがバックドラフトを起こした部屋の現場検証を行った結果、ドアのパテに細工されていることから、他の2件の事件と同じ放火犯による犯行であることが判明。

ティムがバックドラフトを起こした部屋には、ホルコムという男が焼死体で発見されました。バックドラフトを仕掛けた放火犯によって、奥のドアを開けたホルコムと、外のドアを開けたティムも爆風を浴びてしまったのです。

ここで1つ、ある疑惑が浮上します。リムゲイルはスウェイザクと会って事件について話した際、公表していないはずのホルコムの名前を、知らないはずの彼の口から出てきたのです。

スウェイザクを怪しいと睨むリムゲイルは、ブライアンと一緒に彼と被害者たちのことを調べた結果、3人は「レイクサイド」という不動産会社で繋がっていることが判明。

スウェイザクが何か隠していると踏み、ブライアンはよりを戻したジェニファーに、彼の事務所から資料を盗むよう頼みます。

一方スティーブは、ヘレンの元を訪れ、本音を打ち明けました。「ガキの頃は消防士という仕事を単純明快に考えていた、“火事があったら駆けつける”と」

「俺は仲間を愛しているのに…。絆が必要なんだ、大事なのは信頼だ」「“死が2人を分かつまで”という結婚の誓いがあるように、消防士にも“共に死ぬ”という誓いがある。その気持ちがないとやっていけない」

一方ブライアンは、ジェニファーからシカゴ市予算勧告書の資料を入手。その結果、リムゲイルたちはスウェイザクに消防局の人員削減を勧告した監査法人は、従業員もいない私書箱だけの法人であること。

スウェイザクは、死んだ3人と共謀し人員削減の資料を偽造させ、削減した消防署の空いた土地を利用して多額の不動産利益を得ようと企んでいたことを掴みます。

リムゲイルたちはスウェイザクを尋問するべく、彼の邸宅に急行。そこでスウェイザクを狙った放火犯と鉢合わせしてしまいます。

放火犯が逃走した後、リムゲイルは放火犯に襲われたブライアンと、スウェイザクを救出するも、放火犯が仕掛けたバックドラフトで吹き飛び重傷を負ってしまいました。


(C) 1991 Universal Studios All Rights Reserved

入院したリムゲイルに代わって、ブライアンは放火犯に繋がる手掛かりを掴むため、バーテルに協力を求めることにしました。

調査資料を読んだバーテルは、ブライアンにこう言いました。「犯人は火というものを熟知しているが、火を許さない」

「火が嫌いだから、自由に遊ばせない。そして、トリクティクロレイトを持っている奴だ」

これを聞いたブライアンは、スティーブが寝泊まりしている船に、消防署から持ってきた要らない備品があったことを思い出し、スティーブがいない間にこっそりチェック。

するとその備品の原材料が、トリクティクロレイトであることが分かり、犯人は消防士であることを悟ります。

ブライアンは最初、それを持つスティーブが犯人ではないかと疑いました。しかし、それは間違いであるとすぐに気づきます。

ブライアンはスティーブのロッカーを調べに行った際、シャワー室から出てきたアドコックスの背中の傷を見て愕然としました。

ブライアンは放火犯に襲われた際、反撃として背中に発火したコンセントを押し当てていました。コンセントの跡がくっきり残るほどの火傷、アドコックスの背中にあったのです。

ブライアンはそのことをスティーブに伝えるべく、消防局の駐車場にいた彼の元へ向かいます。

するとスティーブは、ブライアンが何か言う前に、「(放火犯は)アドコックスか?」と尋ねてきました。

ブライアンが調べに来た、備品に入っているトリクティクロレイトを持つ者が放火犯であること。

そして、それを自分にくれたアドコックスが、その放火犯ではないかとまで、スティーブは先ほど交わされた弟との会話から察し、事件の真相に気付いたからです。

そんな兄弟の会話を、消防局の窓から覗いて聞いていたアドコックス。それに気づいたブライアンが、スティーブに危険を知らせようとしますが、その前に彼は仲間たちと一緒に火災が起きた化学工場へ出動してしまいました。

防火服とヘルメットを手に取り、一足遅く化学工場に到着したブライアンは、既に化学工場の屋上で消火作業を行っている17分隊の元へ急ぎます。

17分隊の消防士がこれ以上の消火作業は危険だと判断し撤収していく中、スティーブとアドコックスは激しく口論していました。

「消防士が何故放火なんてしたんだ?」「備品を俺にやって、罪を着せようとしたのか?」と尋問するスティーブに対し、アドコックスは犯行理由を明かし、理解を求めます。

「いとこがスウェイザクの事務所で働いていて、あの資料を見つけた」「仲間は人手不足で殉職していく中、不当な利益で大儲けする奴らが許せなかった」

「俺は仲間のために、金のために消防士を殺す奴らを殺す」………あの時、アドコックスがスティーブを止めたのは、命の恩人の息子を死なせないために、バックドラフトを仕掛けた高層ビルの部屋に近づけさせたくなかったからでした。

そんな2人の間に入ったブライアンは、バックドラフトのせいでティムが重傷を負ったとアドコックスを責めます。

さらにブライアンは、部下が放火犯であることに関して、上司としてアドコックスにどう責任をとらせるのかと、スティーブを責めました。

その直後、大規模火災によって化学工場が崩壊し始め、ブライアンたちは逃げ遅れてしまいます。

非常階段からエレベーターのシャフトへ落ちたブライアンは、はぐれてしまったスティーブに助けを求めました。

すると次の瞬間、エレベーターのシャフトに繋がる壁を、消防斧でこじ開けたスティーブが登場。ブライアンを無事救出し、2人でアドコックスを助けに行きます。

しかし、突如目の前に現れたアドコックスは、消防斧を振りかざしブライアンに襲い掛かってきたのです。

互いに消防斧を構え、睨み合うスティーブとアドコックス。アドコックスは大規模火災に乗じて兄弟を殺すつもりでしたが、兄弟への情と良心には逆らえず、消防斧を手放しその場に蹲ります。

その直後、3人がいた足場の下にあるガス管が爆発し、足場が崩壊。スティーブはギリギリのところで踏ん張り、炎の中に落ちそうなアドコックスの手を寸でのところで掴みます。

そこへ自力で這い上がったブライアンが登場。しかし、こちらに手を伸ばすブライアンを見た瞬間、ぶら下がる足場を掴んでいたスティーブの手が限界を迎え、アドコックスと共に転落してしまうのです。

燃え盛る炎の中へ落ちていったアドコックスは死に、奇跡的に下の足場へ落ちたスティーブも、重傷を負って動けません。

ブライアンはスティーブを助けるべく、炎への恐怖心を克服し、救助に駆けつけた仲間の消防士が手放してしまったホースを使って、炎に立ち向かいます。

そのおかげで駆けつけてこれた仲間の消防士に、スティーブはブライアンを見ながら、「見ろ、さすが俺の弟だ」と言いました。

無事化学工場を脱出後、スティーブは病院へ救急搬送されましたが、既に手遅れでした。

スティーブは最期に、「分隊の名誉のために、アドコックスのことは言うな」とブライアンに頼み、彼の手を握りながら救急車の中で息を引き取りました。

後日。ブライアンはスティーブとの約束を守ったことで、事件の真相が明かされることがないまま、殉職したスティーブたちの葬儀が市を挙げて盛大に行われました。

スティーブたちの葬儀後、ブライアンはリムゲイルと共に、会見中のスウェイザクの元を訪れ、マスコミの前で彼の不正を告発します。

スウェイザクを失脚させた後、消防士に復帰したブライアンは、スティーブがしてくれたように第17分隊に配属された新米消防士を励まし、仲間と共に火災現場へ向かいました。

スポンサーリンク

映画『バックドラフト』の感想と評価


(C) 1991 Universal Studios All Rights Reserved

消防士兄弟の確執と修復

昔からスティーブが兄貴風を吹かせて威張るせいで、折り合いが悪かったマキャフリー兄弟。大人になっても2人の間には確執がありました。

一見完璧に見えるエリート消防士スティーブの悩みが明かされた場面では、ブライアンは今まで別世界の人間だと思っていた兄に、親近感を持てたことでしょう。

その証拠に、マキャフリー兄弟は互いに負けじと訓練に励み、時に笑い合う姿が見られます。

このまま良きライバルとして、兄弟仲を修復させていくかと思いきや、ブライアンがスティーブへの敗北感で消防士を辞めてしまい、再びギクシャクしてしまうのです。

ブライアンがいなくなった後、初めてヘレンに本音を打ち明けたスティーブの姿を見ていると、彼が強引なやり方で消火作業をするのは、共に炎と戦う大事な仲間と無事帰還するため。

尊敬していた父を救えなかった後悔と、大事な弟まで失いたくない思いから、ブライアンを厳しく指導しているのではないかと考察できます。

不器用なだけで弟想いなスティーブにブライアンが気づき、関係を修復できたのが彼の死に際だったなんて、悲しすぎて涙が止まりません。

衝撃を受ける放火犯の正体


(C) 1991 Universal Studios All Rights Reserved

物語の後半ではブライアンが消防士を辞め、火災調査官の助手となり、リムゲイルと共に事件を調査し、放火犯が誰か探していきます。

偶然にもマキャフリー兄弟が同時に辿り着いた放火犯の正体は、彼らの父が命懸けで救い、2人を見守ってきてくれたアドコックスでした。

それまでスウェイザクに疑いがかけられていただけに、まさか消防士が放火犯なんていう展開に衝撃を受けます。

いとこからスウェイザクの不正を知り、彼らの金儲けのせいで仲間が殉職していくことが許せなかったアドコックスは、仲間のためを思って放火犯となってしまったのです。

だからといってスティーブたち仲間の消防士を殺す気はさらさらなく、アドコックスは自らが仕掛けたバックドラフトがある場所には、彼らを近づけまいとしていました。

まとめ


(C) 1991 Universal Studios All Rights Reserved

確執がある消防士兄弟と、特定の人物だけを爆死させる放火犯の男3人が、燃え盛る炎の中で交差するアメリカの大作ドラマ作品でした。

本作の見どころは、マキャフリー兄弟の確執と修復、炎と戦う熱き消防士たちの活躍。そして放火犯を探す火災調査官の活躍です。

作中で描かれている、消防士たちに襲い掛かる炎はとても迫力があり、そのクオリティの高さに第64回アカデミー賞視覚効果賞にノミネートされたのも頷けます。

エンドロール前には、「現在アメリカでは、120万700人の消防士が活躍している」というテロップが流れていました。

今この瞬間も、人々の命と仲間を守るために炎と戦っている消防士が沢山いることを考えると、これは炎と戦う消防士たちを讃え、感謝を込めて作られた作品なのではないでしょうか。

消防士兄弟の絆と、炎の中で交差する熱き男たちの運命を描いた大作ドラマ映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『癒しのこころみ 自分を好きになる方法』あらすじと感想評価レビュー。松井愛莉が人の心と身体を癒すセラピストを熱演

人の心と身体を癒していく姿を描いたヒューマンドラマ映画『癒しのこころみ 自分を好きになる方法』 ここ数年、職業とする人は増えているセラピスト。仕事に挫折して、心が折れてしまった女性がセラピストという職 …

ヒューマンドラマ映画

映画『レディ・バード』あらすじとキャスト一覧!日本公開の劇場はどこ?

第90回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・脚本賞の5部門にノミネートされた、『レディ・バード』がいよいよ2018年6月1日より、TOHOシネマズシャンテ他で全国順次公開されます! …

ヒューマンドラマ映画

映画『新聞記者』あらすじネタバレと感想。結末で見せた松坂桃李の表情に自己存在を見せられた

映画『新聞記者』は、2019年6月28日(金)より全国ロードショー 内閣官房 VS 女性記者。 『サニー 永遠の仲間たち』、『怪しい彼女』などで知られる韓国映画界の至宝シム・ウンギョンと『娼年』、『孤 …

ヒューマンドラマ映画

映画『焼肉ドラゴン』あらすじとキャスト。主演の真木よう子の演技力は?

映画『焼肉ドラゴン』は、6月22日(金)より全国ロードショー! 2008年に初演された日本の新国立劇場と、韓国の芸術の殿堂によるコラボ舞台劇「焼肉ドラゴン」。劇作者の鄭義信が自らメガホンを取り映画化! …

ヒューマンドラマ映画

金子雅和映画『アルビノの木』を含む「監督特集」上映開催!劇場情報も

世界の映画祭で堂々十冠を獲得した金子雅和監督の『アルビノの木』。 本作の凱旋を記念して、劇場初となる処女作を含み、金子監督の短長編9作品を「金子雅和監督特集」と銘打って、4月14日(土)より池袋シネマ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学