Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『バーニングオーシャン』ネタバレ感想と実話映画の評価!動画無料視聴方法も

  • Writer :
  • 山田苺

日本でも大きく報道された『2010年メキシコ湾原油流出事故』。

被害の大きさは数日にわたりテレビ中継が行われ、燃え上がる石油採掘施設や、溢れ出る原油などショッキングな映像が放送されました。

今回の『バーニング・オーシャン』はその舞台となった石油採掘施設『ディープ・ホライゾン』にて脱出する人々を描いた体験型ムービーとなっております。

スポンサーリンク

1.映画『バーニング・オーシャン』の作品情報


(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Deepwater Horizon

【監督】
ピーター・バーグ

【キャスト】
マーク・ウォールバーグ、カート・ラッセル、ジョン・マルコビッチ、ジーナ・ロドリゲス、ディラン・オブライエン、ケイト・ハドソン

【作品概要】
2010年に発生したメキシコ湾沖での海底油田爆発事故が、『ローン・サバイバー』『パトリオット・デイ』のピーター・バーグと、主演のマーク・ウォールバーグにより映画化。

これでもかというほどの人為的ミスの連鎖、親会社と下請け会社のおとなの事情による確執といったことが、積みに積み見重なって大爆発したのは、怒り心頭の下請けの主任・カート・ラッセルではなく、海底油田『ディープ・ウォーターホライゾン』でした・・・

▼映画『バーニング・オーシャン』は、U-NEXTでご覧いただけます。
映画『バーニング・オーシャン』を今すぐ見る

2.映画『バーニング・オーシャン』のあらすじとネタバレ


(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

2010年4月20日。石油掘削会社で働くエンジニアのマイクは、妻と娘と3人暮らし。

この日、3週間ほど家を離れ、メキシコ湾沖に浮かぶ巨大油田採掘施設『ディープ・ホライゾン』に赴任します。

現地には従業員を乗せた飛行機で向かい、マイクはそこで主任のジミーと、施設操縦士のアンドレアと共に現地に到着。

しかし、現地に着くや否や、本来行うべき「セメント・テスト」が行われず、作業が進められていることを知ります。理由は親会社のBPが、下請けのテスト担当を追い返したためでした。

それを知ったジミーは大激怒し、マイクをつれてBP社のヴィドリンに抗議をしに行きます。

ヴィトリンは採掘作業の予算も予定日も大幅に遅れていることを懸念し、テストを省いて時間も経費も削減するためだと弁解しますが、下請けの従業員の命を背負っているジミーは食い下がります。

エンジニアであるマイクも、『ディープ・ホライゾン』にはいくつもの細かい欠陥や故障が起きていることを気にかけていました。

お互い歩み寄らないため、ジミーはセメント・テストを今から行うことは困難なので、使用するパイプの負圧テストは行うことで話がまとまります。

マイクもヴィトリンの態度は気に入らず、親会社であるBPと、ジミーら下請けには大きな溝が生まれました。

負圧テストを実施すると、以上数値が表示されますが、ヴィトリンはこれが計測器のミスによるものだと異常を認めません。

それを完全に否定できる要素がないことで、ジミーは作業のゴーサインを渋々ながら出してしまいます。

念のためドリルパイプとは別で、抑圧パイプにも同様のテストを行いますが、本来ならドリルパイプと同じ数値を示すはずが、こちらはゼロ示しました。

明らかに異常事態であるにも関わらず、ヴィトリンは従業員の不安を罵り、作業を続行させます。

夜になり、マイクとジミーはそれぞれ自室にいる頃、従業員はパイプから泥水がにじみ出ているのを発見します。

ヴィトリンも状況を確認しに向かった次の瞬間、パイプは勢いよく大量の泥水を吹き上げ、傍にいた従業員は吹き飛ばされていしまいます。

その物音を聞いたマイクは不審に思いますが、ジミーはシャワーを浴びている最中で気付けません。

一度は泥水の噴出を抑えることができましたが、すぐに勢いを増して制御を突破し、泥水は最上部に達します。

それだけではなく、同時にガスと原油も噴出し、その勢いで機械の一部が破損。その際に生じた火花で一気に引火してしまいます。

マイクの部屋も停電が起きたので、外の様子を見ようと部屋のドアを開けると爆風にドア後と吹き飛ばされます。

ジミーは水道管の破裂で、破片が目に刺さって負傷し、その爆風で吹き飛ばされ大怪我を負います。

パイプのある現場も、フェンスやガラスで守られている監視室にさえ破片や岩が飛んできて、大惨事となります。

異変に気付いたアンドレアたちが外に出ると、そこには目を疑いたくなるほどの豪華が、ディープ・ホライゾンの最上部まで達していました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『バーニング・オーシャン』ネタバレ・結末の記載がございます。『バーニング・オーシャン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

すぐに被害状況を通報しようとするアンドレアをBPの社員が、失態の露見を恐れて止めようとします。

走行している間に更なる爆発がおきていることもあり、アンドレアは制止を振り払って通報します。

すぐに被害状況は伝わり、レスキュー隊が出動。突如連絡が途絶えたことを心配するマイクの妻は、ディープ・ホライゾンで火災が発生したことを知り不安を隠せません。

気を失っていたマイクが目覚めると、廊下は見るも無残な状況でした。

とにかく残っている生存者を探すために、マイクは施設内を移動します。

そこには既に虫の息となっている従業員も。マイクはジミーの安否も確認するために彼の部屋へ向かいます。

ジミーは破片が目に刺さって身動きが取れない状態でした。

なんとかジミーを担ぎ、マイクはひとまず操作室を目指します。

すでにBPの社員はボートに乗って脱出しており、残されていたのはアンドレアやヴィトリン、下請けの従業員達でした。

ジミーは被害を抑えるために、緊急停止ボタンを作動させようとしますが、停電により作動せず。

マイクは業火の中エンジン室へ向かい、再度電源を復旧させます。

それでも爆発はやまず、上部にあるクレーンの落下を防ぐために、また一人従業員が命を落としていきます。

マイクらはもはや避難するほか術がなくなり、救命ボートで脱出をしますが、マイクアンドレアだけ取り残されてしまいます。

海面に飛び込む以外、脱出する方法が無くなってしまいますが、文字どおりそこは火の海と化しています。

高所から飛び出せば、火の海を飛び越えれると考え、2人は命からがら最上部へ到達しますが、アンドレアは怖気づいて飛び降りれません。

マイクは自分だけ飛び降りると見せかけ、アンドレアを強引に海へ投げ込み、後を追うようにマイクも飛び込みます。

2人は無事火の海を飛び越え、救助隊によって引き上げられました。

ジミーは救助船で点呼を取りますが、返事のない従業員が幾人もいます。

皆で行方の分からなくなった従業員へ祈りをささげ、救助ヘリが重傷者を搬送していきます。

その後、治療を終えたマイクはBP社が用意したホテルへ向かい、家族と無事に再会しますが、安否の分からない従業員の家族が取り乱す姿を目の当たりにしたマイクは、ひとりホテルの部屋で泣き崩れます。

そこへ妻と娘が駆けつけ、マイクに優しく寄り添うのでした。

スポンサーリンク

3.映画『バーニング・オーシャン』の感想と評価


(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

今作を見て強烈に感じたのは、一般的なパニック映画というより、まるでモンスター映画を見ているような印象でした。

噴き上げる泥水や、舞い上がり、迫り来る炎はまるで化け物のようです。

実際、海上のパニック映画には溺れてしまう人が出てくるのに、今作ではひとりもそういった描写がありません。

爆風で吹っ飛ぶか、飛翔物に襲われるか、業火に飲み込まれるか(あるいはそれら同時…)

一瞬で怪物となった『ディープ・ホライゾン』によって襲われる人々を描く演出が凄まじかったです。

もちろん、『ローン・サバイバー』でも見せ付けた人間が執拗に吹っ飛ぶシーンは健在で、特に『バック・ドラフト』でも大変な目にあったカート・ラッセルが、まるでお人形さんよろしくシャワールームから部屋にぶっ飛ぶ姿は圧巻です。可哀想にも程がある。

とにかく、「薬物に手を出さなくさせるなら『レクイエム・フォー・ドリーム』を見よう」と言われるように、今作は「細かい作業チェックを怠らないようにさせるなら『バーニング・オーシャン』を見よう」といえるほどの作品だと思います。

まとめ


(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

今回の事件による被害者は11名におよび、マイクとアンドレアは退職。ジミーは現在も現場で勤務しているそうです。

ディープ・ホライゾンは海底に沈み、海に流れ出た原油は87日間かけて78万リットルを放出。

「大丈夫大丈夫!」「平気平気!」のBP社ヴィドリンは殺人罪で起訴。しかし2015年に取り下げられました。

日本でも大きく報道された事件の舞台をむき出しに描いた今作は、言い意味で社会的メッセージ以上に、現場で起きた出来事を強烈に描いた体験型映画

かつ、現場で働く人々に敬意を送りたくなる作品でした。

さて、映画『バーニング・オーシャン』を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです。

▼映画『バーニング・オーシャン』は、U-NEXTでご覧いただけます。
映画『バーニング・オーシャン』を今すぐ見る

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ナポリの隣人』あらすじネタバレと感想。イタリアの名匠ジャンニ・アメリオがあなたに送る”絶望の一品”

映画『ナポリの隣人』は、2019年2月9日(土)より、岩波ホールほか全国順次公開。 「もうやめてくれ」、そう呟きたくなるほどの絶望と孤独。 人間と社会の闇がリアルに描かれた「21世紀のネオリアリズモ」 …

ヒューマンドラマ映画

映画『スケート・キッチン』あらすじネタバレと感想。女子スケーターの日常と等身大の悩みがここに

『スケート・キッチン』は2019年5月10日(金)より渋谷シネクイントほかにてロードショー! 実在するガールズスケートクルー「スケート・キッチン」のキャスト起用で大きな話題となった映画『スケート・キッ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラストデイズ』動画無料配信はHulu。あらすじネタバレと感想

パニック・スリラー映画を多く手掛けるダビ・パストールとアレックス・パストールの兄弟監督。 彼らが現代のスペインを舞台に突如蔓延した“ある病気”に翻弄され、ひたすら地下鉄を歩いていく映画『ラスト・デイズ …

ヒューマンドラマ映画

映画かさね『累(2018)』あらすじ。キャストの土屋太鳳&芳根京子ダブル主演

映画『累-かさね-』は、9月7日(金)より全国ロードショー! 松浦だるま原作のコミックが豪華キャストでついに映画化。禁断の契約による嫉妬心の連鎖…、そして待つ衝撃の結末。 どんどん泥沼化していく愛憎劇 …

ヒューマンドラマ映画

映画『走れ!T高バスケット部』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

高校バスケット部の新しいバイブル⁈松崎洋の小説「走れ!T高バスケット部」が、ついに実写映画化。 バスケットマンの永遠のバイブル「スラムダンク」に継ぐ、青春バスケット映画が誕生しました。 弱小バスケット …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学