Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/12/28
Update

『ハケンアニメ!』映画化原作のあらすじネタバレと感想評価。アニメ業界の覇権バトルにラブも加わる熱血エンターテインメント

  • Writer :
  • 星野しげみ

辻村深月の小説『ハケンアニメ!』が2022年5月に実写映画化!

直木賞作家・辻村深月がアニメ業界で奮闘する人々の姿を描いた小説『ハケンアニメ!』。

さまざまな役割のスタッフの中、監督・プロデューサー・アニメーターの女性たちの活躍と葛藤、最も成功したアニメの称号である「ハケン=覇権」を取るための熾烈な争いが浮き彫りにされます。

アニメ業界にメスをいれたオシゴト小説ともいうべき『ハケンアニメ!』を、『水曜日が消えた』(2020)の吉野耕平監督が映画化しました。

2022年5月20日(金)の映画公開に先駆けて、小説『ハケンアニメ!』をネタバレ有でご紹介します。

スポンサーリンク

小説『ハケンアニメ!』の主な登場人物

【有科香屋子】(映画では尾野真千子)
『運命戦線リデルライト(仮)』の製作プロデューサー。王子監督に憧れて業界入りをする。

【王子千晴】(映画では中村倫也)
『運命戦線リデルライト(仮)』監督。

【斎藤瞳】(映画では吉岡里帆)
『サウンドバック 奏の石』監督。法学部出身のキレ者。

【行城理】(映画では柄本佑)
『サウンドバック 奏の石』のプロデューサー。

【並澤和奈】(映画では小野花梨)
作画スタジオ「ファインガーデンのアニメーター。選永市町おこしイベントに協力する。

【宗森周平】(映画では工藤阿須加)
新潟県選永市観光課職員。町おこしイベントに熱中する。

小説『ハケンアニメ!』のあらすじとネタバレ


『ハケンアニメ!』(マガジンハウス 2014年)

「どうしてアニメ業界に入ったんですか」という質問に、「アニメが好きだから」と答える有科香屋子。

香屋子は、アニメ『運命戦線リデルライト(仮)』の製作プロデューサー。10年前に放映された伝説的アニメ『光のヨスガ』を見てアニメ業界に入ることを決意しました。

『光のヨスガ』の監督である弱冠24歳の王子千晴と一緒に仕事がしたい、その一心で飛び込んだ職場が「スタジオえっじ」でした。

『運命戦線リデルライト(仮)』は『光のヨスガ』以来となる王子を監督に迎えてのアニメですが、制作途中でその王子が失踪していました。

出来上がったストックは3話目までしかなく、王子の代わりは誰にも務まりません。そんな中、香屋子は王子の不在を悟らせないよう駆けずり回っていました。

もうこれ以上は待てないと思ったとき、香屋子の前に王子が帰ってきました。

旅行に行っていたと言う王子ですが、その後、プレッシャーに押しつぶされそうになりながら一人で自宅にこもって、必死でシナリオを仕上げていたことがわかりました。

放映されたアニメ『リデルライト』の評判は抜群! その『リデルライト』とアニメ業界の覇権を争うアニメが『サウンドバック 奏の石』でした。

アニメ『サウンドバック 奏の石』は、アニメ制作の大手トウケイ動画の作品です。

ここで働く斎藤瞳は、有名大学の法学部を卒業しながらアニメ業界に飛び込んだという変わり種。「どうしてアニメ業界に入ったんですか」という質問をされると、瞳は「アニメの魅力に憑りつかれたからかなあ」と考えます。

飛び込んだ業界ではその能力を買われ、これまでの功績でやりたくてたまらなかったロボット少年ものシリーズの企画が通りました。

自らが企画した『サウンドバック 奏の石』ですが、放映時間は『リデルライト』の深夜帯とは違い夕方枠土曜5時のアニメであるため、倫理委員会もPTAも相手にしなければなりません。

リデルライトの製作シーンと対比されるかのように、現場で戦う瞳。出演する声優たちも思うようになりません。

瞳と衝突し現場から飛び出していく声優も後を絶たず、追いかけるプロデューサーの行城理は必死。各話演出・作画監督・脚本化・シリーズ構成と、打ち合わせに結論がまとまらずに夜通しかかることもしばしばです。

瞳は無駄な打ち合わせじゃないかという思いが顔に出てしまいます。そこでも「天才肌の斎藤さんには無駄に見えることでも、現場には必要なことってあるんですよ」と両者のフォローに入る行城。

多数の仕事を抱え、みんなにいい顔をしているように見える行城は、顔の広さを生かして瞳をサポートします。

やがて瞳は、行城がみんなが気持ちよく仕事ができるよう細やかに配慮していることに気付き、スタッフが行城の悪口を話しているところを見つけた際も一喝します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには小説『ハケンアニメ!』ネタバレ・結末の記載がございます。小説『ハケンアニメ!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

東京で、アニメのライバル同士の会社が覇権争いに火花を散らしている頃、新潟の選氷市でも一人の女性がアニメの世界にのめり込んでいました。

「どうしてアニメ業界に入ったんですか」という質問に「絵を描くのが好きだから」と答える、並澤和奈。彼女は絵を描きたい一心でアニメ業界に入り、アニメ原画スタジオファインガーデンの社長に誘われて、東京から新潟に居を移して仕事をしていました。

たまたまファインガーデンを訪れた東京のフィギュア制作会社の社員と仲良くなり、休暇でデートのために東京に行ったときに、行城と知り合いました。

新潟県で自宅とスタジオを往復する毎日でしたが、ファインガーデンのある選永市観光課の宗森周平と関わっていくことで日常が変化していきます。

仕事場と自宅の往復で和奈は気づいていませんでしたが、サウンドバックの斎藤監督はアニメで登場する町のモデルに選永を使っていました。

あちらこちらに名シーンの聖地があるので、宗森とスタンプラリーを企画することになりました。

地元の祭りでもサウンドバックのイラストを入れた舟を作って、舟下りという一番のイベントで観光客にも見てもらおうとしますが、地元商工会の反対に会います。

そこを無理やりねじ込んだんでくれたアニメに理解のある副理事長がいたりとか、様々な人々の協力があり、行城の手配もあって祭りの日に主要スタッフが勢ぞろいしました。

宗森も自分が知るアニメ関係者と言うことで、東京にいる高校の先輩に声をかけると言います。

当日現れた宗森の先輩は、なんと王子でした。王子の父親は、アニメに理解のある副理事長だったのです。

お祭りが大成功した後日談ですが、斎藤瞳はトウケイ動画をやめて別のアニメ制作会社へ行くことになりました。

今期のハケンアニメとなったのは、前評判の良かった『運命戦線リデルライト』でも『サウンドバック 奏の石』でもありません。『サマーラウンジ・セピアガール』でした。

しかし、『サウンドバック 奏の石』はパッケージの売り上げで2位、おもちゃの売れ行きも上場。『運命戦線リデルライト』は、誰もが今季一番面白かったアニメとして挙げるという結果を得ました。

今期のアニメが終われば次のアニメへ。

抜き差しならない関係だった王子と行城がタッグを組んで、春休みアニメ映画を製作することになり、作画監督として並澤和奈が抜擢されます。

スポンサーリンク

小説『ハケンアニメ!』の感想と評価

タイトルの「ハケン」は「派遣」ではなく、「覇権」の意味です。『ハケンアニメ!』は、お仕事小説としてアニメ業界を辛辣に描き出しています。

3人の女性たちはこの業界に入った理由を聞かれると、アニメが好きだからとかあいまいな答えをしました。ですが、実際はそんなに甘いものではありません。

売れるアニメ作品を世に出して、アニメ界のてっぺんを取るという、熾烈な覇権争いのある世界でした。

何も知らずに好きなことだからと飛び込んだ彼女たちは、それぞれ監督・プロデューサー・アニメーターとして自分の天分を極めるように活躍します。

勿論そこには、恋愛感情もあれば人間関係の不協和音もあり、彼女たちが関わった3つのアニメ作品のどれがその年の覇権を取るのか、とても興味深く読めました。

災い転じて福となる。どうなることかと冷や冷やさせながらも、みごとに丸く納めるストーリー展開は、流石に直木賞作家です。好きな仕事に没頭する主人公たちに共感を覚える作品でした。

映画『ハケンアニメ!』の見どころ


(C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

原作小説では、プロデューサーの有科香屋子と天才監督・王子千晴の仕事ぶりを中心に描かれています

映画では新人監督の斎藤瞳にスポットをあて、アニメ業界で声優との意見の食い違いに泣かされ、クセ者敏腕プロデューサー・行城理に振り回されながらも、成長していく姿が見られます。

アニメが持つ力を信じ、チャンスを掴んだ吉岡里帆演じる新人監督・斎藤瞳と、中村倫也演じる崖っぷちの天才監督・王子千晴との覇権争いの仕事ぶりが見ものでしょう。

映画のアニメ監修に東映アニメーション、制作にはProduction I.Gをはじめ、日本を代表するアニメプロダクションも参加したという映画『ハケンアニメ!』。

原作が醸し出す、自分の好きなものに対するまっすぐに向き合う人々の眩しい生き様や、覇権を狙う新旧監督の一騎打ちがより深く描かれるであろうと、期待が高まります

スポンサーリンク

映画『ハケンアニメ!』の作品情報


(C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

【公開】
2022年公開(日本映画)

【原作】
辻村深月:『ハケンアニメ!』(マガジンハウス)

【脚本】
政池洋佑

【監督】
吉野耕平

【キャスト】
吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子、工藤阿須加、小野花梨、

まとめ

朝が来る』(2020)や『太陽の座る場所』(2014)『ツナグ』(2012)など、映画化された辻村作品にまたひとつ、熱血エンターテイメントの『ハケンアニメ!』が加わります。

アニメ監修には東映アニメーション、制作にはProduction I.Gをはじめ、日本を代表するアニメプロダクションが参加したそうですから、アニメファンにはたまらない映画となるでしょう。

また、アニメ業界を徹底的に研究したと思われる辻村深月の原作を、よりリアルにライバルたちのぶつかり合いを演じるキャスト陣も見ものです。

熱いバトルのその先にあるものは果たして何なのでしょう。2022年5月の映画公開が待たれます。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『田園の守り人たち』あらすじと感想。戦争を背景に移りゆく女性たちの暮らし

『田園の守り人たち』は2019年7月6日(土)より、岩波ホールにて公開! ミレーの絵画を思わせる美しい田園風景の中、寡黙に働く女たちが描かれます。 それは男たちを戦場にとられた後、代わって女たちが銃後 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャスト。山本千尋(萌役)のプロフィールと演技力の評価

『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男子!!』がついに待望の実写映画化。 監督を務めるのは、期待の新鋭 …

ヒューマンドラマ映画

ネタバレ感想『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』結末あらすじと解説評価。ウェス・アンダーソン監督が名優たちと共に作り上げた“至高の世界”

ウェス・アンダーソン監督が名優たちと共に作り上げた至高の世界 ウェス・アンダーソン監督の長編第10作目を飾る最新作の舞台は、20世紀フランスの架空の街にある『フレンチ・ディスパッチ』誌の編集部です。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『バーレスク』あらすじとネタバレと感想。ラスト結末も

『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』など、最近は多くの名作ミュージカル映画が世に出ました。 そんな中、遡ること2010年に『バーレスク』が公開されました。 第68回最優秀作品賞にもノミネー …

ヒューマンドラマ映画

マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー|あらすじネタバレと感想レビュー!

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』は、8月24日(金)より公開! 2008年に公開され大ヒットしたミュージカル映画『マンマ・ミーア』の10年ぶりの続編。 アマンダ・セイフライド、メリル・ストリ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学