Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『最強のふたり(リメイク版)』あらすじネタバレと感想。フィリップの住むニューヨークや現代アートなどで鮮やかに描かれる

  • Writer :
  • 西川ちょり

人生が上昇(UPSIDE)する!

本国フランスで2011年の興行No.1を獲得し、日本でも大ヒットを記録した『最強のふたり』をハリウッドでリメイク!

全米初登場1位、オリジナル版の200倍の大ヒットを記録した映画『THE UPSIDE 最強のふたり』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『THE UPSIDE 最強のふたり』の作品情報


(C)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2019年公開(アメリカ映画)

【原題】
THE UPSIDE

【監督】
ニール・バーガー

【キャスト】
ブライアン・クランストン、ケヴィン・ハート、ニコール・キッドマン、ゴルシフテ・ファラハニ

【作品概要】
フランスで2011年に公開されその年の興行収入一位に輝いた『最強のふたり』(監督:オリヴィエ・ナカシュ、エリック・トレダノ)をハリウッドでリメイク。全米で大ヒットを記録した。

「ペット」シリーズのケヴィン・ハート、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のブライアン・クラストンが偶然のきっかけで友情を育む“ふたり”を演じる。共演はニコール・キッドマン。

『ダイバージェント』のニール・バーガーが監督を務めた。

映画『THE UPSIDE 最強のふたり』あらすじとネタバレ


(C)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

ニューヨークの街をフルスピードで飛ばす一台の車。パトカーが追ってきても運転しているデルは自信たっぷりの様子です。彼の思惑通り、パトカーをまんまとまいたかに見えました。ところが今度は前からパトカーがやってきて、さすがのデルも身動きが取れません。外に出されて、パトカーに手をつかされるデル。

助手席に乗っていたフィリップも降りるように命じられますが、彼はハンディキャップを背負っており、動くことができません。

デルがフィリップが痙攣しだしたから救急病院につれていくところだったと言うので、警官が助手席を覗き込むと、フィリップが泡を吹き出し瀕死の状態でした。

パトカーに誘導してもらって病院へ。警察が行ってしまうと、デルはフィリップに笑いかけるのでした。「たいした演技じゃないか」

6か月前。

デルは服役して最近出所したばかり。職を探している証拠を示すためサインを3つ集めて翌日までに提出しなければなりません。やっと2つサインを集め、最後のサインをもらうため、マンハッタンの高層ビルを訪ねました。

何か仕事を求めてやってきたらしい人のあとについていくと、豪華な待合室に、面接を待つ人々が座っていました。清掃業の応募者にしてはネクタイをしている人もいて腑に落ちません。聞けば、四肢麻痺の大富豪・フィリップの介護者の面接が行われているといいます。

1時間以上待たされたデルは息子を迎えにいかなければならないから、サインだけくれと面接の部屋に入っていきます。

これまで誰が何を言おうとまったく反応しなかったフィリップがデルには関心を持ったようでした。

君を雇おうと言われますが、デルは介護人になる気はさらさらなくサインだけがほしいのです。それならこうしよう、一晩考えて、明日ことわりに来たらサインしようとフィリップは言いました。

デルが学校についたときは、息子のアンソニーは母親が迎えに来たあとでした。デルはアンソニーと元妻ラトリスを訪ねますが、ラトリスは養育費も長い間支払ってくれないデルにすっかり失望していました。

デルはアンソニーの誕生日プレゼントに『ハックルベリー・フィンの冒険』を贈りますが、それはフィリップの本棚から失敬してきた本でした。

アンソニーにつれなくされ、ラトリスに追い出されたデルは眠る場所もなく、翌朝、フィリップの家を訪ねました。

イヴォンヌという女性が「来たのね。サインするわ」と声をかけてきましたが、彼が介助人になると応えると途端に機嫌が悪くなりました。彼に介助人は務まらないと考えているようでした。

地下鉄代を要求すると、この仕事は住み込みだと聞かされます。部屋に案内されたデルはその豪華な部屋にすっかり驚きます。

フィリップからは自分が呼吸をしなくなったときは、無理な蘇生はしないようにしてくれと約束させられます。こうしてフィリップを介助する日々が始まりました。

夜中にフィリップがヘルプの合図を送ってもぐっすり寝込んでいたり、初任給をもらった日は、妻に届けるため外出して行方不明になるなど、気ままな行動をするデルにイヴォンヌからかみなりが落ちます。

そんなデルも介助の仕事に慣れてくると、車椅子が動きやすいように改良を加えたり、持ち前の人懐っこさを発揮してフィリップと心を通わせていくようになりました。

ある日デルは、彼を散歩に連れ出し、どうしてこんなふうになったのかを尋ねました。パラグライダーの事故のため、彼は手足の自由を失ってしまったのでした。天候が悪いのに、いつものチャレンジ精神を働かせたため、無謀な行動に出てしまい事故にあってしまったのだと彼は語りました。

癌で苦しんでいる妻を喜ばせたいと思ったのに・・・。今でも時々、死んだ妻のことで彼は夜中にうなされていました。

事故以降、彼は人の手を借りることで生かされている自分に絶望しており、ただ毎日を空虚に過ごしてきたのです。しかし、そんな彼もデルが介助人になったことで笑顔が増えていきました。

デルが大麻をフィリップに吸わせると、フィリップはすっかりハイになり、ホットドッグ屋でホットドッグを14本も注文しました。

ある時、デルは、フィリップがリリーという女性と文通していることを知りました。デルは、リリーは絶対インターネットで調べてフィリップのことを知っているはずだと主張します。手紙だけのやり取りより実際会ってみたらいいとデルは勧めますが、フィリップとイヴォンヌは、今のままでいいと応えます。

デルがリリーの手紙を見ると、そこには彼女の電話番号が書かれているではありませんか。フィリップとイヴォンヌが止める中、デルはイヴォンヌの携帯を取り上げ電話しますがあいにく留守電でした。デルに携帯を渡されたフィリップは落ち着かない様子で名乗り、電話をくれるようにと伝言を残すのでした。

フィリップを車に乗せ、デルが向かったのは息子の、アンソニーのところでした。アンソニーも車に乗り込み、三人は楽しいひとときを過ごしますが、別れ際にデルがアンソニーに誕生日にあげた「ハックルベリー・フィンの冒険」の本を返してくれと言うと、一度もらったものをなんで返さなきゃいけないの?とアンソニーはへそを曲げ、「盗んだものなの?」と言うと、鞄から本を取り出し、フィリップに手渡しました。

アンソニーはそのまま帰っていきました。「雇われる前なんだ」とデルは言い訳をし、ちゃんと返したかったんだと続けました。「長年の養育費不払いは半日では取り返せない」とフィリップは言うのでした。

二人が帰宅すると、会社の役員や階下の住人たちがフィリップの誕生日をサプライズで祝ってくれました。しかしフィリップはそのようなものを望んでいなかったので、イヴォンヌに客を追い払うように頼みました。

デルはフィリップの望みを悟り、置物やガラス類を粉々に破壊します。驚いてやってきたイヴォンヌにフィリップはパーティーを続けるように言い、デルは遠慮するイヴォンヌを踊らせることに成功します。フィリップはイヴォンヌがダンスが上手なのに驚きました。

そんな中、イヴォンヌの携帯がなり響きました。リリーから電話がかかってきたのです。リリーの声は感じがよく、2人は夕食を共にすることとなりました。

数日後、レストランでリリーを待つ間、フィリップは、デルに5万ドルの小切手を手渡しました。デルが遊び半分に描いた絵を、才能のある新人画家が描いたのだと勘違いした金持ちの隣人が投資のためにその絵を買ったというのです。フィリップはそれでビジネスを始めるようにと言うのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『THE UPSIDE 最強のふたり』ネタバレ・結末の記載がございます。『THE UPSIDE 最強のふたり』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

リリーが到着し、あなたの記事を読んだわ、体がご不自由なことも知っている、デルがいなくても大丈夫よと主張します。デルは立ち去り、いい雰囲気で食事が始まりますが、リリーは次第に戸惑いを隠せなくなっていきます。

彼女の言葉に傷ついたフィリップは車椅子を動かして立ち去ろうとしますが、コーヒーを運んでいた給仕とぶつかり、股間にコーヒーがこぼれてしまいます。あわてふためく人々に対し、「何も感じないんだ!」とフィリップは叫んでいました。

フィリップはデルが無理にリリーと会うようにすすめたせいだと彼をののしり、デルを首にしてしまいます。

デルは、もらった給料で妻子のために家を購入し、5万ドルの小切手を使って、車椅子専門の会社を起業しました。

ある日、理学療養士のマギーがデルを尋ねてきます。フィリップがすっかり生きる望みを失い、イヴォンヌもやめさせられたといいます。あなたの力が必要だと言われ、デルはフィリップに会いに行きました。

デルはフィリップをドライブに連れ出し、無謀な運転をしていたところを警察にみつかってしまいます。咄嗟にフィリップを救急病院につれていくところだとデルは言い、フィリップも迫真の演技を見せました。警官はすっかり信じ、彼らを病院に誘導してくれました。看護師が担架で到着する前に彼らはあわてて逃げるのでした。

デルはフィリップを再びパラグライダーに乗せ、恐怖心を克服するように手配しますが、デルも同じようにパラクライダーに乗るはめになって大騒ぎです。二人の心は再びつながっていました。

デルがフィリップを家に連れて帰ると、イヴォンヌが来ていました。デルがイヴォンヌに連絡したのです。フィリップは嬉しそうに彼女を見あげ、2人ははにかみながら見つめあっていました。

スポンサーリンク

映画『THE UPSIDE 最強のふたり』の感想と評価


(C)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

この作品が心地よく感じられるのは、人生の中で、まったく交わるはずもなかった二人の男が、偶然の出会いから親交を深め、互いに影響し合い、たかめあっていく姿が描かれているからです。

裕福な白人男性とスラム育ちの黒人男性が、互いを認め合い、それぞれが生きる証をみつけていくストーリーは素直に好感のもてるものになっています。

四肢麻痺でニューヨークのマンハッタン(パークアベニュー)のペントハウスに引きこもっている大富豪フィリップに扮するのは、人気ドラマ『ブレイキング・バッド』のウオルターことブライアン・クランストン。刑務所から出てきたばかりで妻と子にも白い目で見られているデルを、コメディアンで俳優のケヴィン・ハートが演じています。

フィリップとデルが童心に帰ったようにはしゃいだり(大麻でラリっているので童心とは程遠いのですが・・・)、デルが起業に関するくだらないアイデアを次々と出すといった会話のやり取りは、愉快で朗らかなものであり、顔の表情だけで演技するブライアン・クランストンがとてもいい表情をみせています。

その穏やかで自然で、押し付けがましさもなければ、妙な遠慮もない関係は、偽善ぽさはひとつもなく、フィリップに生きる喜びを与え、同時にデルを成長させていきます。その相互作用がいいのです。

またこの作品は、オペラからHIPHOPまで、全編音楽にあふれているのですが、オペラがフィリップの趣味でポップス系はデルというふうにはじめはそれぞれの領域の範囲内におかれています。

やがてデルが本物のオペラを劇場で見たことからすっかり虜になり、その境界があやふやになっていきます。

そして最後の最後に紹介されるオペラと、デルが愛してやまないアレサ・フランクリンが出逢っていたという事実には、デルと同じくらいの叫びを心の中であげてしまうことでしょう。

まったくありえないと思っていたことや、期待すらしなかった事柄が、奇跡でなくとも起こりうるという希望の欠片のようなものが、ここに静かに立ちあらわれているのです。

まとめ


(C)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

ニューヨークがとても魅力的に描かれているのもみどころのひとつです。アクション映画かと思わせるような冒頭の鮮やかなカーチェイスは、グランドセントラルステーションや、エンパイアステートビルディングなど、マンハッタンのシンボル的な建物や、NYの街には欠かせないニューヨーク市警の姿を紹介したいからこその展開ではと思わせるくらいです

また、フィリップの住まいに飾られている様々な現代アートにも注目です。面白いのは、デルが殴り書きした絵が、それなりのアートに見えて、それがフィリップの部屋の壁に飾られていれば、新進作家の作品かと勘違いして投資目当てで購入するものがいることです。アートの世界への辛辣な皮肉といえます。

ニコール・キッドマンが控えめな演技に徹しながら、可愛らしいと思わず口にせずにはいられないようなキュートな魅力を発揮しています。

手の届く身近なところに幸せが転がっているのに、人間っていうものはそれに気づくのに随分手間取るものなのだと、ラストの二人の姿を観て、しみじみと感じるのでした。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』ネタバレ感想解説と結末までのあらすじ。見知らぬ人との交流を通して“優しさ”にふれる

デンマーク出身の女性監督ロネ・シェルフィグが描くヒューマンドラマ『ニューヨーク 親切なロシア料理店』。 『17歳の肖像』『ワン・デイ 23年のラブストーリー』で知られる女性監督ロネ・シェルフィグが、老 …

ヒューマンドラマ映画

映画『検察側の罪人』のあらすじとキャスト。原作の雫井脩介の魅力とは

2018年8月24日(金)よりロードショーされる映画『検察側の罪人』。 『犯人に告ぐ』『火の粉』の雫井修介原作同名小説がついに映画化。 元SMAPの木村拓哉と嵐の二宮和也の共演が話題となった作品がつい …

ヒューマンドラマ映画

映画『王様になれ』あらすじと感想レビュー。【the pillows】が音楽と映像の関係に新鮮な可能性を見出す

映画『王様になれ』は2019年9月13日(金)よりシネマート新宿ほかで全国ロードショー! デビュー30周年を迎えたロックバンドthe pillows。その集大成として描く物語は、カメラへの情熱を追いか …

ヒューマンドラマ映画

映画『ペーパームーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

1973年の公開された『ペーパー・ムーン』は、名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督の代表作! 2017年に「午前十時の映画祭8」にて、デジタルリマスター版として再公開されています。 ペテン師の男と9歳の …

ヒューマンドラマ映画

映画感想レビュー『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』ザ・スミスはこうして誕生した

今明かされる、伝説のブリティッシュ・ロックバンド“ザ・スミス”の誕生前日譚。 1980年代前半のイギリスに颯爽と現れ、世界のミュージックシーンを席巻したバンド、ザ・スミス。 そのボーカリストであるステ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学