Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/06/22
Update

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』感想と考察評価レビュー。多感な若者と心理学教授の儚くも尊い交流

  • Writer :
  • 松平光冬

青年を導く人生の師フロイトを熱演した名優、ブルーノ・ガンツの遺作

2019年2月に亡くなったドイツを代表する名優ブルーノ・ガンツの遺作となる映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』が、2020年7月24日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国で公開されます。

1937年、ナチス・ドイツとの併合に揺れる激動のウィーンを舞台に、17歳の青年フランツが精神分析学者ジークムント・フロイト教授の教えを請いながら、悩み、成長していく姿を描きます。

スポンサーリンク

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』の作品情報


(C)2018 epo-film, Glory Film

【日本公開】
2020年(オーストリア・ドイツ合作映画)

【原作】
ローベルト・ゼーターラー『キオスク』(2017年東宜出版・酒寄進一訳)

【原題】
Der Trafkant(英題:The Tobacconist)

【監督・共同脚本】
ニコラウス・ライトナー

【製作】
ディエター・ポホラトコ

【脚本】
クラウス・リヒター

【音楽】
マシアス・ウェバー

【キャスト】
ジーモン・モルツェ、ブルーノ・ガンツ、ヨハネス・クリシュ、エマ・ドログノヴァ

【作品概要】
2012年に出版されて以降、ドイツ国内で50万部以上のベストセラーとなったローベルト・ゼーターラーの『キオスク』を映画化。1937年、ナチス・ドイツとの併合に揺れる激動のウィーンを舞台に、17歳の青年フランツが精神分析学者フロイトの教えを請いながら、恋に悩み、成長していく姿を描きます。

フロイト教授を演じたのは、『ベルリン・天使の詩』(1987)、『ヒトラー~最期の12日間~』(2004)などでその名を世界に知らしめたブルーノ・ガンツで、本作が遺作となりました。フランツ役に、本作の監督ニコラウス・ライトナーが手がけたテレビドラマや映画にも出演した、新鋭ジーモン・モルツェが扮します。そのほか、『顔のないヒトラーたち』(2014)、『女は二度決断する』(2017)のヨハネス・クリシュが脇を固めます。

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』のあらすじ


(C)2018 epo-film, Glory Film

1937年のナチス・ドイツとの併合に揺れるオーストリア。

母の古い知人で、傷痍軍人のオットーが経営するタバコ屋の見習いとして働くために、首都ウィーンへとやってきた17歳のフランツは、常連客のひとりで、“頭の医者”として知られるフロイト教授と懇意になります。

フロイトと親しくなったフランツは、教授から人生を楽しみ、恋をするようにアドバイスを受けるように。

やがてボヘミア出身の年上女性のアネシュカに一目惚れしたフランツが多感な青春を謳歌しようとしていた矢先、オーストリア全体は激動の時を迎えようとしていました…。

スポンサーリンク

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』の感想と評価


(C)2018 epo-film, Glory Film

大人になるアイテムが揃う場所、キオスク

本作『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』は、1937年のオーストリアを舞台に、田舎から出てきた青年フランツがタバコ店「トラフィク」で見習いとして働くことから物語が進行します。

「販売」を意味するイタリア語「traffico」を語源とするこの小売店は、ドイツでは「キオスク(Kiosk)」と呼ばれており、日本のJR駅構内にある売店の「キオスク」もここから来ています。

日本と同様に、フランツが働くキオスク(トラフィク)でも、タバコ以外に新聞・雑誌、文具などさまざまな商品を扱っており、テレビも存在せず、ラジオも普及しきっていなかった当時のウィーンでは、活字メディアは市民の重要な情報源でした。

その中でもキオスクで扱う重要な商品がタバコや葉巻で、キオスク店主のオットーがいみじくも言います。

「粗悪品のタバコは馬糞の味がする。良い葉巻はタバコの味がする。そして極上品の葉巻は世界の味がする」。

知識や快楽を得られる新聞・雑誌に、悦楽を味わう葉巻・タバコも揃えるキオスクは、いわば大人が嗜むアイテムの宝庫

キオスクを利用する客との触れ合いは、17歳のフランツにとって大きな刺激となっていきます。

(C)2018 epo-film, Glory Film

悩み多き若者を導く“頭の医者”フロイト


(C)2018 epo-film, Glory Film

そんなキオスクの常連客の一人が、精神分析学の創始者であるジークムント・フロイトです。

フランツは、上質な葉巻をこよなく愛する“頭を治す医者”から、人生を楽しみ、恋をするよう助言を受けることに。

やがて年上女性のアネシュカに一目惚れしたフランツは、彼女の奔放な性格に振り回され、戸惑います。

初めての恋に悩むフランツに、“3つの処方箋”を与えるフロイト。

その中の一つが、自分が見た夢を紙に書き留めるという、いわゆる「夢判断(分析)」というものです。

(C)2018 epo-film, Glory Film

原作では細かく描かれていなかったフランツの夢や妄想を、監督のニコラウス・ライトナーは幻想的なタッチで見事に映像化

「快感と恥は兄弟」、「男はズボンの中にリビドー(性衝動)を持つ」、「愛はいつも勘違いだ」といった勾玉のような助言をフランツに授けていくフロイトは、師弟でもあり友人でもある関係を築いていきます。

本作が遺作となったフロイト役のブルーノ・ガンツは、関連書籍を読みあさってフロイトという人物について学んだ上に、病に侵されていたという最晩年の肉声音源も聞き、役作りに活かしました。

まとめ


(C)2018 epo-film, Glory Film

しかし、ナチス・ドイツがオーストリア全土を掌握するにしたがって、精神的に未熟で夢見がちな青年フランツも、否応なしに激動の渦に呑まれていくことに。

本作は、時代設定こそ第二次世界大戦前ではありますが、描かれるテーマは、難民受け入れに反発し右傾化しつつある、現代のドイツやオーストリアを思わせます。

それでもフランツは、とある人物が掲げるスローガン「心の自由なくして民族の自由なし」にのっとり、自分に正直であり続けながら、恋とは何か、人生とは何かを学んでいくのです。

若き青年と老齢医師の儚くも尊い交流が、心に染み入る一本です。

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』は、2020年7月24日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国で公開


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ナポリの隣人』あらすじネタバレと感想。イタリアの名匠ジャンニ・アメリオがあなたに送る”絶望の一品”

映画『ナポリの隣人』は、2019年2月9日(土)より、岩波ホールほか全国順次公開。 「もうやめてくれ」、そう呟きたくなるほどの絶望と孤独。 人間と社会の闇がリアルに描かれた「21世紀のネオリアリズモ」 …

ヒューマンドラマ映画

映画『こどもしょくどう』あらすじネタバレと感想。吉岡秀隆&常盤貴子共演で貧困やネグレクト問題を子供たちの視点で描く

2019年3月23日より公開の映画『こどもしょくどう』。 俳優の吉岡秀隆、女優の常盤貴子らが出演している映画『こどもしょくどう』。 とある食堂が「子ども食堂」を開くまでの経緯を子どもたちの視点から描い …

ヒューマンドラマ映画

原田美枝子映画『愛を乞うひと』ネタバレあらすじと感想。演技派女優が可能にさせた対照的な性格の母親二役

傷みを伴う過去と、自分の知らない事実と向き合う映画『愛を乞うひと』 幼い時に台湾人で優しい父親を病気で亡くし、その後実母から凄惨な虐待を受けた少女が17歳になったとき、惨めで壮絶な暮らしと母親を捨てて …

ヒューマンドラマ映画

映画『銃』キャスト女優日南響子(トースト女)の演技力。原作をより魅力的にした女神の存在感

芥川賞作家・中村文則の同名デビュー作を、『百円の恋』の武正晴監督のメガホン、村上虹郎と広瀬アリスの共演で映画化。 第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に正式出品された本作。 11月17日(土 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ワイルド・ローズ』あらすじと感想レビュー。楽曲主題歌を歌うジェシー・バックリーがシングルマザーへ応援歌

映画『ワイルド・ローズ』は、2020年6月26日(金)から全国公開。 『ワイルド・ローズ』は実在の人物をモデルに生まれた物語です。主演のローズ役は『ジュディ 虹の彼方に』(2019)での好演が光った、 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP