Cinemarche

映画ネタバレ・感想・考察サイト

ドラマ映画

映画『ぼくらの家路』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

Entry 2016/12/20| Update

少年を描いた映画には名作が多いと言われています。

例えば、フランソワ・トリフォー監督の名作『大人は判ってくれない』や、

日本映画では、是枝裕和監督作品の『誰も知らない』では、主演を務めた柳楽優弥の眼差しは見事な演技でした。

今回ご紹介する、『ぼくらの家路』もドイツ少年の成長を描いた秀作です。

スポンサーリンク

映画『ぼくらの家路』の作品情報

【公開】
2015年(ドイツ)

【脚本・監督】
エドワード・ベルガー

【キャスト】
イボ・ピッツカー、ゲオルグ・アームズ、ルイーズ・ヘイヤー、ネル・ミュラー=ストフェン、ビンセント・レデツキ、ヤコブ・マッチェンツ

【作品概要】
施設を飛び出した10歳の少年と、その弟6歳の兄弟が、母親を捜す姿を描き、2014年の第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品された作品。

主役ジャックは、撮影当時わずか11歳で、俳優デビューとなるイボ・ピッツカーが務めています。

スポンサーリンク

映画『ぼくらの家路』のあらすじとネタバレ

ぼくらの家路
(C)PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH

10歳のジャックは、6歳の弟マヌエルの面倒をみるのが毎日の日課。

シングルマザーの母親は優しいが、その若さから、恋人との時間や夜遊びを何より優先してしまいます。

ある日、弟マヌエルが、バスルームで誤って熱湯を浴びてしまい火傷をおってしまいます。

これきっかけに、ジャックは施設に預けられることになります。

寂しさゆえに心を開けないジャックは、友達もできず、施設に馴染めません。

ジャックは、待ちに待った、家に帰宅を許される夏休みがようやく訪れます。

しかし、母親から施設に電話があり、「迎えは3日後になる」と、ジャックは告げられます。

ショックを受けたジャックは、施設のいじめっ子とのいざこざもあって、施設を飛び出してしまいます…。

以下、『ぼくらの家路』ネタバレ・結末の記載がございます。『ぼくらの家路』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

夜通し歩き続けて自宅に着いたものの、母親は不在で、いつもの場所にカギも置いてありません…。

ジャックは、母親の携帯電話に電話をかけますが、留守番メッセージばかりが流れます。

仕方なく母親に伝言を残して、マヌエルを預けている親類のもとに迎えに行くジャック。

ジャックは、弟マヌエルを連れて、仕事場やナイトクラブ、昔の恋人の働く事務所まで行き、母親の行方を捜してベルリン中を歩き回ります。

やっと、施設を飛び出して三日目に、自宅に帰っていた母親と再会を果たしたジャック。

母親は、幼い弟マヌエルを一緒に寝かしつけると、安堵のジャックは歯を磨きます。

ふと、ジャックは、思い起こします。いつでも自宅に戻れるように自宅の鍵を手にします。

やがて、ジャックは、弟マヌエルを連れて、元のの施設に帰ってきます、

映画『ぼくらの家路』の感想と評価

ぼくらの家路2
(C)PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH

原題『JACK』と示さすように、1人の少年に焦点をあて、その成長を見つめた作品です。

ジャックが毎日おこなう手慣れた食事の準備や、弟への献身的な世話が、けな気だが痛々しくもあります。

原題『JACK』は、始めと終わりに2度映し出されます。

それを見た時、観客は心境の変化に気が付かれることでしょう。

それこそが、少年の成長を目撃した心の動きに他なりません。

また、ジャックが施設で初めて心を交わした少年から借りた双眼鏡のエピソードは秀逸。

友人が双眼鏡を大切にする姿の隠喩は、憧れの父親の視線との同一化。父親と同じものを見ている感覚を示しています。

しかし、ジャックは、友人の双眼鏡を不注意から無くしてしまいます。

気にかけていたジャックは、代わりの双眼鏡を盗んで返そうとする。

つまりは、今度はジャック自身が、苦難の末に大人へ成長した視野を持った意味を示しています。

双眼鏡を返すシーンは描かれてはいませんが、友人は許してくれると信じたいですね。

まとめ

ぼくらの家路3
(C)PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH

10歳のジャックは、6歳の弟のマヌエルとシングルマザーの母親と3人で暮らし。

しかし、若い母は、息子たちよりも恋人との時間や夜遊びを優先してしまう。

そんな母親を当てにせず、 成長への一歩を決意をしたショットが、終盤に再会した母親に安堵しつつ、ジャックが就寝前に歯磨する姿。

ベルガー監督は、ジャックの繰り返される日常的な動作で“気付き決意”を表現した手腕は流石と言えるでしょう。

歯磨きをする姿は、虫歯予防であり、育児放棄予防なのだと思います。

母親の愛情を求めていたジャック、弟の面倒をみるジャック、友人思いのジャック、これらを通してジャックの導いた成長の決断を静かに見つめてほしい作品。

きっと、女性の心を揺さぶる映画、ぜひ、観てほしい1本です!

スポンサーリンク

関連記事

ドラマ映画

映画『ハルチカ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

卒業式シーズンに若い学生たちに贈るアイドル映画『ハルチカ』。 市井昌秀監督は15〜17歳の学生でなく、昔学生だった人たちも楽しめる映画を作ったと、自負するほどの自信作。 ジャニーズの「Sexy Zon …

ドラマ映画

映画『理由なき反抗』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

自動車事故により24歳の若さでこの世を去った伝説的俳優、ジェームズ・ディーン。 人々が彼に対して抱くイメージの源泉ともいうべき作品『理由なき反抗』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『理由なき反抗 …

ドラマ映画

映画『東京物語』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

山田洋次監督の最新作『家族はつらいよ2』は、現在2017年5月公開にむけて好調撮影中。 その第1作目となる、『家族はつらいよ』は、1953年公開の『東京物語』のリメイク版なのはご存知でしょうか? 映画 …

ドラマ映画

映画『若草の頃』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『若草の頃』は、『巴里のアメリカ人』『バンドワゴン』で知られるヴインセント・ミネリの出世作です。今でも多くの人に愛される本作の魅力はどこにあるのでしょうか? 映画『巴里のアメリカ人』あらすじネタバレと …

ドラマ映画

映画『野火』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

モロッコの現地日付け2016年12月4日に、第16回マラケシュ国際映画祭にて、塚本晋也監督が功労賞「トリビュート」を受賞しました! 塚本監督の積み重ねて来た映画製作の大きな功績に贈られた賞で、授与式に …