Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2023/03/09
Update

韓国映画『高速道路家族』あらすじ感想と評価解説。“パラサイト”に続く衝撃作はサービスエリアで生きる貧困家族の予測不可能な物語

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『高速道路家族』は2023年4月21日(金)よりシネマート新宿、アップリンク吉祥寺、池袋シネマ・ロサ他で全国公開!

釜山映画祭で「『パラサイト 半地下の家族』に次ぐ大傑作」とさえ称賛されたチョン・イルとラ・ミランW主演作『高速道路家族』が2023年4月21日(金)よりシネマート新宿、アップリンク吉祥寺、池袋シネマ・ロサ他で全国公開されます。

スキャンダル』(2018)のイ・ジェヨン監督に師事してきたイ・サンムン監督による初の長編作です。

高速道路を転々としながら暮らす貧しい一家と、中古家具店の社長夫婦が出逢い、予測できない物語が展開します。

貧困問題、家族の絆、トラウマのつらさなど、さまざまなことを考えさせられる一作であり、怒涛の展開を見せる衝撃作『高速道路家族』魅力についてご紹介します。

映画『高速道路家族』の作品情報


(C)2022 Seollem film, kt alpha Co., Ltd. All Rights Reserved.

【日本公開】
2023年(韓国映画)

【監督・脚本】
イ・サンムン

【キャスト】
チョン・イル、ラ・ミラン、キム・スルギ、ペク・ヒョンジン

【作品概要】
大ヒット作『スキャンダル』(2018)のイ・ジェヨン監督に師事してきた新鋭イ・サンムン監督による衝撃のパラサイティック・スリラー。

韓国国内ではスマッシュヒットを記録した本作。高速道路で暮らすホームレス一家と、家具屋を経営する裕福な訳あり夫婦が出逢ったことから、予測不可能な物語が展開していきます。

ホームレス一家の父親・ギウを、ドラマ『太陽を抱く月』で知られる韓国トップスターのチョン・イルが好演。経営者のヨンソンを『正直政治家 チュ・サンスク』『ガール・コップス』(2019)のラ・ミランが演じます。

映画『高速道路家族』のあらすじ


(C)2022 Seollem film, kt alpha Co., Ltd. All Rights Reserved.

高速道路のサービスエリアを転々としながらテントを張って暮らすギウ一家。初めて出会う他人から2万ウォンを借りるという名目でだましとり、その金で食いつないで生活していました。

親切なヨンソンは、お腹をすかせた子どもたちを哀れに思い、多めに金を渡して去っていきます。

ある日、ギウはヨンソンと別のサービスエリアで偶然に再会してしまいました。不審に感じたヨンソンは警察に通報し、ギウは拘留されます。

残された妊娠中のギウの妻ジスクと子どもたちを放っておけず、ヨンソンは彼らを自宅に連れ帰りました。

ヨンソンのもとでごく普通の生活を手に入れたジスクたち。一方、牢に入れられていたギウは家族が恋しくなり……。

映画『高速道路家族』の感想と評価


(C)2022 Seollem film, kt alpha Co., Ltd. All Rights Reserved.

流浪する家族の悲喜劇

恐ろしいほどの貧困を描き出す衝撃作『高速道路家族』。暗い物語なのに常に漂うユーモラスな空気感は『パラサイト 半地下の家族』と似た印象を抱かせますが、まったく異なるストーリー展開となっています

訳ありの男・ギウを父とする主人公一家は、サービスエリアを転々としながら暮らす貧困家庭です。人のよさそうな人をターゲットに、財布を落としたと嘘をいって2万ウォンをだましとってその日暮らしをしています。

幼い子どものいる4人家族でそんな綱渡りのような生活をしていることに、恐怖を感じるほど驚かされます。しかも、その後妻のジスクはさらにもうひとり子どもを妊娠するのです。

ギウは妻と9歳の娘のウニ、5歳の息子のテクを心から愛しており、明るく陽気に振る舞っては家族を楽しませようとします。一見能天気に見えるギウは深い心の傷を持っており、家族への愛でその穴を埋めようとしていました

貧しいながら、ひとつの料理を分け合う仲睦まじい姿には、うらやましさを感じさせるほどの温かみがあります。

しかし、遠距離を歩いて渡り歩く旅はつらく、幼いテクは足が痛いと言って泣き、テントの中で固い床の上で眠るために皆腰の痛みに苦しんでいます。時にはテントが撤去されそうになるなどのトラブルにも遭い、疲労しきって毎日を過ごす姿には胸が痛むばかりです。

しかも子どもたちは学校にも通っておらず、読み書きもできないありさまでした。ウニは学校にいきたいと父に頼みますが、きいてもらえません。

そんなある日、以前金を受け取った相手・ヨンソンと再会したことから、ギウは詐欺を見破られて牢に入れられてしまいます。苦境を見かねたヨンソンが残された母子3人を引き取ります。

ヨンソンもまた、心にぽっかり大きく空いた穴を埋めるようとしていました。野良猫にさえエサをやらずに素通りできないヨンソンにとって、ジスクたちを見捨てるなど到底できることではなかったのです

ここで悲劇とも喜劇ともつかない事態が起こります。ジスクら3人は、屋根の下の柔らかい布団で眠れば腰が痛くならないことを知り、温かいご飯をお腹いっぱい食べられる幸せを知ってしまうのです

これまでの生活が異常なものだったことに気づいた彼らは、果たしてどんな未来を選び取るのでしょう。衝撃のラストにはきっと言葉を失うに違いありません

まとめ


(C)2022 Seollem film, kt alpha Co., Ltd. All Rights Reserved.

怒涛のストーリー展開で観る者の心を最後までつかんで離さない衝撃作『高速道路家族』。観終えた後は放心状態になってしまうほど、スリリングで心を揺さぶる一作です。

登場人物の誰もが大きな心の傷を抱え、身を寄せ合ってその苦しみを埋め合って生きています。共感せずにはいられない人々です。

誰が悪いわけでもないのに、一度下り坂を転がり始めたら何かにぶつかるまで止まれない怖さ。一家の父のギウは、ボロボロに傷つきながら崖を転げ落ちていきます。

一家に救いは訪れるのか、どうぞ最後まで見届けて下さい。

映画『高速道路家族』は2023年4月21日(金)よりシネマート新宿、アップリンク吉祥寺、池袋シネマ・ロサ他で全国公開です。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

ディーンフジオカ主演映画『結婚』キャストとあらすじ!試写会情報も

“「結婚しよう」― それが、彼の別れの言葉” マルチな才能を有するディーン・フジオカさんが結婚詐欺師を演じた映画『結婚』をご紹介します。 (C)2017「結婚」製作委員会 CONTENTS映画『結婚』 …

ヒューマンドラマ映画

三澤拓哉監督の新作『ある殺人、落葉のころに』クランクイン!海外スタッフも参加

2017年11月25日、神奈川県寒川町出身の三澤拓哉監督が新たに制作を開始した映画『ある殺人、落葉のころに』の撮影が、クランク・インしました。 本作では三澤監督は出身地である茅ヶ崎周辺に海外からスタッ …

ヒューマンドラマ映画

映画『Eggs 選ばれたい私たち』感想評価と解説レビュー。エッグドナーを志願した女性たちの“等身大の悩み”

映画『Eggs 選ばれたい私たち』は2021年4月2日(金)よりテアトル新宿、 4月9日(金)よりテアトル梅田ほかにて全国順次公開。 子供のいない夫婦に卵子を提供するエッグドナー(卵子提供者)に志願し …

ヒューマンドラマ映画

パッドマン5億人の女性を救った男|ネタバレ感想と内容解説。インド女性の悩みに立ち向かった男の実話!

映画『パッドマン5億人の女性を救った男』は、2018年12月7日(金)よりTOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー! 2000年代のインドで、衛生的でかつ安価な生理用品の開発・普及に奔走した男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『風の電話』あらすじネタバレ感想と結末の評価解説。不幸を感じながらも天国にいる3万人と繋がる想いとは

「もしもし」。 その電話は天国と繋がっていました。 実際に岩手県の大槌町に存在している「風の電話」。電話線が繋がっていないその電話は、天国に繋がる電話として、東日本大震災以降、多くの方が訪れています。 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学