Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/08/23
Update

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじとキャスト!日本公開はいつ?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2017年12月9日(土)より公開される韓国映画『ありふれた悪事』は、モスクワ国際映画祭にて主演男優賞&最優秀アジア映画賞の2冠達成!

今作は歴史の暗闇に真正面から向き合い、国境を超えて高い評価を獲得した傑作サスペンス!

いよいよ、『ありふれた悪事』のポスタービジュアル&予告編が解禁となりました。

スポンサーリンク

1.映画『ありふれた悪事』の作品情報


©2016 TRINITY ENTERTAINMENT CO., LTD. All Rights Reserved

【公開】
2017年(韓国映画)

【原題】
보통사람(英題:ORDINARY PERSON)

【監督】
キム・ボンハン

【キャスト】
ソン・ヒョンジュ、チャン・ヒョク、キム・サンホ、ラ・ミラン、チョン・マンシク、オ・ヨンア、チ・スンヒョン、チョ・ダルファン

【作品概要】
フィクションでありながら、韓国民主化直前の軍事独裁時代末期の暗い歴史を描き、国内外で高い評価を獲得した今作は、モスクワ国際映画祭で主演男優賞と最優秀アジア映画賞の2冠受賞。

主演は『リバイバル 妻は二度殺される』などで知られるソン・ヒョンジュ。

脇を固めたのは『僕の彼女を紹介します』のチャン・ヒョク、『海にかかる霧』のキム・サンホ、『国際市場で逢いましょう』ラ・ミラン共演。

2.映画『ありふれた悪事』のあらすじ


©2016 TRINITY ENTERTAINMENT CO., LTD. All Rights Reserved

誰もが”普通”に生きられる、そう思ってた。

少々荒っぽいが、正義感の強い平凡な刑事カン・ソンジン(ソン・ヒョンジュ)。

足の不自由な息子のことや、内職して家計を支えている妻のこと。気がかりなことは山ほどあるし、楽しみといえば近所に住む大親友の記者ジェジン(キム・サンホ)と酒を酌み交わす事くらい。

それでも日々幸せに暮らしていた。

しかし、そんなある日、ソンジンは大統領直属の情報機関である国家安全企画部の室長ギュナム(チャン・ヒョク)に呼び出され、別件で逮捕した男が国民を恐怖に陥れている連続殺人事件の犯人であると告げられる。

極秘資料を提供され裏付け捜査への協力を命じられると、一旦はギュナムの話を信じたソンジンだったが、捜査を進めれば進めるほど男が犯人ではないことに気付く。

連続殺人犯逮捕のニュースは国民の目を欺くためにギュナムが仕掛けた 完全な捏造だったのだ。

多額の報酬、そして息子への治療への援助と引き換えに、ソンジンに捏造捜査の続行を命じるギュナム。

一方、捜査に疑いの目を向けるジェジンは、国家安全企画部の陰謀を暴くべく、妨害を受けながらも取材を続けるのだが…。

スポンサーリンク

6.映画『ありふれた悪事』の内容は?


©2016 TRINITY ENTERTAINMENT CO., LTD. All Rights Reserved

今作『ありふれた悪事』は、フィクションながら韓国民主化直前の軍事独裁時代末期の暗い歴史を真正面から描き切った作品。

国内外で高い評価を獲得したほか、世界四大映画祭の1つにも挙げられるモスクワ国際映画祭で主演男優賞最優秀アジア映画賞の2冠受賞という快挙を達成しました。

主演男優賞を受賞したのは『リバイバル 妻は二度殺される』などの大ヒット作で知られる名優ソン・ヒョンジュ

今作では家族のために陰謀に巻き込まれていく平凡な刑事を演じ、国境を超えて多くの人に高い共感を得ました。

また、陰謀の黒幕となる国家安全企画部長を演じるのは『火山高』『僕の彼女を紹介します』など韓流ブーム全盛期から今日に至るまで第一線で活躍を続ける人気俳優チャン・ヒョク。

ほかにもキム・サンホ、ラ・ミラン、 チョン・マンシクといった演技派の俳優陣が脇を固め、物語に圧倒的な説得力を与えています。

まとめ


©2016 TRINITY ENTERTAINMENT CO., LTD. All Rights Reserved

普通の人が普通に生きられなかった時代、そこかしこにありふれていたであろう“悪意と悲劇”が胸を締め付けます。

それに立ち向かおうとした人たちの熱い思いが観る者に涙を誘う傑作サスペンスが誕生させたのです。

モスクワ国際映画祭の最優秀アジア映画賞させたキム・ボンハン監督と、その物語を書いた脚本家チョ・サムエル。

また、撮影は『ビッグマッチ』などで知られるキム・ソンチョル、音楽は『技術者たち』のチョン・ジノ。

韓国映画ファンのあなたにはオススメの作品です!

『ありふれた悪事』は、12月9日(土)より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋にてロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

映画『96時間/レクイエム』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。元CIAの父が娘のために大暴走するサスペンスアクション最終章

リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクションシリーズ最終章。 オリビエ・メガトンが監督を務めた、2015年製作のフランスのサスペンス・アクション映画、『96時間/レクイエム』。 愛する家族と自身の命 …

サスペンス映画

韓国映画『声もなく』ネタバレ感想結末と評価ラスト解説。犯罪ノワール新作でユ・アインとユ・ジェミョンが魅せた演技力とは⁈

驚異の新人監督ホン・ウィジョンとスター俳優ユ・アインの奇跡のタッグ 生きるために犯罪組織の底辺の仕事を請け負う口のきけない青年と、両親に身代金を支払ってもらえない少女の交流を描いた韓国映画『声もなく』 …

サスペンス映画

『悪い種子』ネタバレ結末あらすじと感想考察。サイコパス映画の有名にして”元祖原点”では邪悪な少女を描いた!

50年代に登場した、時代を先取りした戦慄のサスペンス 1950年代。第2次世界大戦が終わり、自由な空気を取り戻したハリウッドは様々な映画を生み出していました。しかしまだ1934年から実施された、ヘイズ …

サスペンス映画

映画『ダークウォーターズ』あらすじネタバレ感想と結末ラスト解説。デュポン事件を告発した弁護士ロバート・ビロットの信念

映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』2019年11月北米公開 映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』は、巨大企業デュポンの不法行為をたった1人で暴 …

サスペンス映画

『沈黙のパレード』映画原作ネタバレあらすじ。結末まで東野圭吾が魅了するガリレオシリーズ第3弾!

東野圭吾原作『沈黙のパレード』が映画化、2022年9月16日(金)に全国公開予定! 東野圭吾原作の推理小説『沈黙のパレード』が2022年に映画化され、ガリレオシリーズ第3弾として全国公開されます。 不 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学