Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/06/08
Update

ヒョンビン映画『スウィンダラーズ』あらすじと感想レビュー。どんでん返しの詐欺師たちに心地よく騙される

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

韓国映画『スウィンダラーズ』7月7日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

詐欺師だけをダマすという詐欺師5人と、エリート検事の攻防を描いた、まったく予測不可能なケイパームービー。

駆け引きと裏切りの連続のダマし合いからの展開に大どんでん返しもある!

愉快!痛快!!爽快!!!な、犯罪エンターテイメント『スウィンダラーズ』とは…。

“1度目はダマすほうが、2度目はダマされたほうが悪い!?”あなたはダマさらずにいられるか?

スポンサーリンク

映画『スウィンダラーズ』の作品情報


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
꾼(英題:The Swindlers)

【脚本・監督】
チャン・チャンウォン

【キャスト】
ヒョンビン、ユ・ジテ、ペ・ソンウ、パク・ソンウン、アン・セハ、ナナ

【作品概要】
韓国で実際に起きたマルチ商法詐欺事件をモチーフに、『コンフィデンシャル 共助』などで知られるヒョンビンが巧妙な詐欺師を演じたクライムサスペンス映画。

ヒョンビンが主人公の知的詐欺師のジソンを務め、共演は『オールド・ボーイ』のユ・ジテ、『ベテラン』のペ・ソンウ、『新しき世界』のパク・ソンウンたち人気俳優が固めます。

映画『スウィンダラーズ』のあらすじ


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

1度目はダマすほうが、2度目はダマされたほうが悪い!?

韓国を騒がせた希代の詐欺師チャン・ドゥチルが死亡したという、テレビニュースが放映されます。

しかし、ドゥチルはどこかで今だに生きているという噂とともに、彼を保護した権力者たちによって、意図的に逃がしたという臆測までもが出回り始めるます。

詐欺師だけをダマす詐欺師ジソンは、自身の父親の命を殺めたチャン・ドゥチルはまだ生きていると確信を持ち、事件の担当検事パク・ヒスに、ドゥチルを捕まえようと提案を持ちかけます。

パク検事の署内で非公認の捜査ルートである詐欺師3人組コ・ソクトン、チュンジャ、キム課長を合流させ、行方をくらましたチャン・ドゥチルの右腕クァク・スンゴンに接近するため、新しい作戦を実行します。

しかし、パク検事はチャン・ドゥチル検挙ではなく、別の目的のために密かに違う作戦を企てています。

それに気づいたジソンと他の詐欺師たちも互いにダマされないため、それぞれの計画を立て始めるが…。

スポンサーリンク

映画『スウィンダラーズ』の感想と評価


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

彗星のごとく現れた新人チャン・チャンウォン監督

本作品『スウィンダラーズ』の演出を務め上げたチャン・チャンウォン監督は、長い間、先輩監督であるイ・ジュニク監督の下で活動した逸材です。

イ・ジュニク監督といえば、2005年に韓国において、それまでの映画史を塗り替え、大鐘賞も受賞した映画『王の男』を監督を務めていたので、助監督のチャンウォンは、この韓国の歴史ドラマで、スタッフとして采配を振るっていた人物。

そこでチャンウォン監督の名前をまだ聴き慣れていない、韓国映画ファンでもこれを聴くと、韓国映画界における経験豊かなな実力者の1人だということに頷けるのではないでしょうか。

そんなチャンウォン監督は、詐欺師たちの予測不可能な計画を描いた映画『スウィンダラーズ』で、いよいよ、初長編監督デビューを果たしました。

チャンウォン監督は、本作をこのように一言で述べています、「重苦しい現実を痛快にしてくれるエネルギーに満ちた映画」。

この言葉どおり!詐欺師を捕まえようとする詐欺師たちのハラハラするだまし合いのチームプレーを、愉快に描いた本作は、これまでにない予測不能な展開で描かれ、笑いと面白さを韓国映画ファンに見せてくれます。

間違いなく!あなたも映画を観て緻密に練られたチャンウォン監督の脚本と演出に、騙されること120パーセント⁈ですよ。

詐欺師だけをダマす詐欺師ジソンと父親の絆


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

韓流のイケメン俳優ヒョンビンが演じた、詐欺師だけをダマす知能型詐欺師ファン・ジソン。

映画冒頭で韓国を騒がせた希代の詐欺師チャン・ドゥチルの起こした詐欺事件の見せた後、一方で詐欺師を行うファン・ジソンは登場します。

このジソンの様子は、映画全体のストーリー展開を予想させる姿に満ちています。

悪い詐欺師をダマしたものの、それがバレて下町の路地を追いかけられ、追い詰められるジソンのは、映画全体の大きな振りのようなものです。

詐欺師だけを狙う詐欺師として登場し、変装とダマしのテクニックにたけ、ずば抜けた様子を一気に見せます。

ここで物語の核となる、父親との関係を描く場面は、重要なので要注目です。

ジソンの父親も詐欺師なのですが、自分のような闇の世界に息子ジソンに来て欲しくない親心と、それをジソンは聞き流し、ダマして手にいれた2つの腕時計のやり取りは、ちょっとホロリとします。

ある種の息子の成長にぶりに、あえてダマされるフリをする父親

その思いを刻んだ腕時計は、やがて永遠に止まった時刻を指しています。

ジソンはその腕時計を、詐欺師としての生涯のマスターピースとして、“ダマされるほうが愚か”という生き方を忘れない初心として、どのような時も貫き通します

本作が単なる復讐映画ではなく、チャンウォン監督の語った「重苦しい現実を痛快にしてくれるエネルギーに満ちた映画」というのも、ココに顕著に観られことでしょう。

詐欺師をダマす詐欺師ジソンは、生きる力を持ったバイタリティー溢れる青年なのです。

これこそが韓国人特有の民族的な生きる力である恨(ハン)、そのものだと感じさせられました。

嫉妬や恨み、悲しみ、怒りなどの感情としての恨ではなく、自己のかくありたいと望む恨の姿です。

それを詐欺師同士という親子関係と、詐欺師からダマし獲ったニセモノとホンモノの2つの腕時計で見せた、チャンウォン監督の脚本と演出力は、素晴らしいものだと言えるでしょう。

イケメン俳優のヒョンビン

ヒョンビンは2014年に火本公開された『王の涙 –イ・サンの決断-』や、近作2018年『コンフィデンシャル/共助』などに出演した俳優。

圧倒的なカリスマ性で多くの作品でスクリーンを席巻するヒョンビンは、本作では詐欺師を演じています。

さまざまな人物に変装する見せ場も、チャンウォン監督の要望もあり、自ら本人が演じています。

詐欺師だけをダマす知能型詐欺師ジソンという、キャラクターの人物像に魅力を感じ、出演を決心したというヒョンビン。

特殊メイクによる外見の変身はもちろん、声や行動にまでこだわったヒョンビンの演技力で、映画全体のクオリティとモチベーションに情熱を注ぎ、ジソンというキャラクターに愛情を感じさせてくれます

まとめ


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

本作品『スウィンダラーズ』は、ヒョンビンのほかにも、魅力的なキャストが多数出演しています。

個人的には、共演する韓国の名バイプレイヤーのコ・ソクトンはお気に入りですし、スタイル抜群でカワイイ女優ナナについても語りたいところですが、本日はこのあたりにしておきましょう。

観客のあなたが、どこでダマされ、どうしてそうなったのか?何度も繰り返して観たくなる愉快・痛快映画、それが『スウィンダラーズ』です。

チャン・チャンウォン監督の長編デビュー作の『スウィンダラーズ』、7月7日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー!

ヒョンビン演じる詐欺師ジソンにダマされる爽快感を、ぜひ、劇場で味わってください!

お見逃しなく!!

関連記事

サスペンス映画

『死刑にいたる病』映画原作ネタバレあらすじと感想解説。犯人は誰か?小説チェインドッグの猟奇殺人犯の“真の恐怖”とは

櫛木理宇の小説『死刑にいたる病』が2022年5月6日(金)に映画公開決定! 小説『死刑にいたる病』は、2015年7月刊行の『チェインドッグ』を改題の上、2017年10月に文庫化された櫛木理宇のサスペン …

サスペンス映画

映画『ブラックレイン』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。松田優作演じる佐藤の意味とブレードランナーとの相違点

日米の名優たちが、大阪の街を駆ける! 『エイリアン』(1979)、『ブレードランナー』(1982)、『グラディエーター』(2000)など数々の名作を世に送り出してきたリドリー・スコット監督の『ブラック …

サスペンス映画

三浦しおん原作映画『光』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【井浦新×瑛太共演作品】

「まほろ駅前」シリーズでタッグを組んだ三浦しをん&大森立嗣監督がん再タッグを組んだサスペンス。 25年前に犯した罪がもとで、周囲の人間も巻き込みながら再び不穏な空気の中に身を投じる男女の姿を演じる主演 …

サスペンス映画

映画『96時間/レクイエム』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。元CIAの父が娘のために大暴走するサスペンスアクション最終章

リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクションシリーズ最終章。 オリビエ・メガトンが監督を務めた、2015年製作のフランスのサスペンス・アクション映画、『96時間/レクイエム』。 愛する家族と自身の命 …

サスペンス映画

三度目の殺人の原作はある?発売日や映画と小説の結末の違いを調査

9月9日(土)より全国の劇場にてロードショーされる映画『三度目の殺人』に大きな注目が集まっています。 今作は2013年に『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を獲得した、是枝裕和監督と福山雅治主 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学