Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/12/03
Update

映画『悪なき殺人』ネタバレ結末あらすじと感想評価。”動物だけが知っている”が意味する男女の繋がりを描く群像ミステリー

  • Writer :
  • 松平光冬

愛を求める者たちが“偶然のいたずら”に巻き込まれる

2019年の第32回東京国際映画祭コンペティション部門で最優秀女優賞と観客賞のダブル受賞に輝くいた映画『悪なき殺人』が、2021年12月3日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開、および4日(土)よりデジタル公開。

ある失踪事件を軸に、思いもよらない形でつながっていく5人の男女を描いたサスペンスを、ネタバレ有りでレビューします。

スポンサーリンク

映画『悪なき殺人』の作品情報

(C)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076

【日本公開】
2021年(フランス・ドイツ合作映画)

【原題】
Seules les betes(英題:Only the Animals)

【監督・脚本】
ドミニク・モル

【製作】
キャロル・スコッタ、カロリーヌ・ベンジョー、バルバラ・レテリエ、シモン・アルナル

【共同脚本】
ジル・マルシャン

【撮影】
パトリック・ギリンジェリ

【キャスト】
ドゥニ・メノーシェ、ロール・カラミー、ダミアン・ボナール、ナディア・テレスツィエンキービッツ、バレリア・ブルーニ・デデスキ

【作品概要】
フランスの山間の人里離れた町で発生した女性失踪事件を軸に、5人の男女のつながりを描くサスペンスドラマ。

『ハリー、見知らぬ友人』(2000)で名を上げた鬼才ドミニク・モルが今回も脚本も兼任し、「偶然」をテーマにした群像劇が繰り広げられます。

主要キャストに、『イングロリアス・バスターズ』(2009)や『ジュリアン』(2017)のドゥニ・メノーシェ、『レ・ミゼラブル』(2020)のダミアン・ボナール、ドラマシリーズ「ポゼッションズ 血と砂の花嫁 」(2020)のナディア・テレスツィエンキービッツなど。

2019年の第32回東京国際映画祭コンペティション部門では『動物だけが知っている』の邦題で上映され、観客賞と最優秀女優賞(ナディア・テレスツィエンキービッツ)を受賞しました。

映画『悪なき殺人』のあらすじとネタバレ

プロローグ

アフリカ、コートジボアール最大の都市アビジャン。

子ヤギを背負って自転車に乗る男ロレックスが、サヌー師という人物を訪ねます。

アリスの章

(C)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076

フランスの山間の人里離れた寒村に暮らすアリスは、農場を経営する夫ミシェルを手伝いつつ、共済組合員として働いています。

彼女は、組合の加入者である農家のジョゼフと不倫関係にあり、この日も彼と体を重ねます。

いつもと違ってどこか上の空のジョゼフに、アリスは、彼が昨年の母を亡くして精神が不安定になっているからだとひとり納得します。

そんな中、雪道で乗り捨てられた車が発見され、所有者がエヴリーヌ・デュカという女性であることが判明。

彼女は村の高原にある別荘に滞在しており、別荘の所有者で離れて暮らす夫のギヨームは、マスコミのマイクに、最近は互いに干渉しない生活を送っていたとしながらも、行方不明となった妻の安否を気遣うと答えます。

仕事が多忙だとしてミシェルとの会話が減っているアリスが再度ジョゼフを訪ねると、彼が飼っていた犬の死体を藁小屋で発見。

犬は誰かに撃たれて殺されたと語るジョゼフは、「愛してる」というアリスの言葉を遮り、無理やり追い出してしまいます。

その夜、ミシェルが電話先の相手に「告訴なんてしない!ほっといてくれ」と怒鳴り散らし、そのまま車で外出。その後、帰宅した彼の顔には傷がありました。

翌朝、姿をくらましてしまったミシェルを探すアリスと警官のヴィジエは、エヴリーヌの車があった場所で彼の車を発見。アリスは「ジョゼフの犬を殺したのは夫だと思う」とヴィジエに告げるのでした――。

ジョゼフの章

(C)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076

ジョゼフは、家の近くで布にくるまれた女性の死体を発見し、慌てます。

その直後、訪ねてきたアリスの声に驚き、すぐさま彼女を家に入れて情事にふけるも、死体が気になるあまり上の空状態に。

その後、一旦は死体を山林に捨てようとするも、持ち帰って藁小屋に隠します。

家を訪ねてきたヴィジエの事情聴取から、死体が行方不明中のエヴリーヌと知るも、その場をごまかします。

次第にエヴリーヌに囚われてしまったジョゼフは、死体に吠えまくる飼い犬を黙らせるために射殺。その後、訪ねてきたアリスに犬の死体を見られ、怒号交じりに彼女を追い返します。

エヴリーヌに音楽を聞かせて添い寝し、夢の中で彼女から「貴方が最後よ」と話しかけられたジョゼフ。
 
目覚めた後、エヴリーヌを背負って山にある深い穴に。そこで彼女を投げ落とし、自らも身を投じるのでした――。

マリオンの章

(C)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076(C)Jean-Claude Lother

パリのレストランで働くマリオンは、エヴリーヌと同性愛の関係を続けていました。

エヴリーヌと常に一緒にいたいと思うも、目覚めたベッドには彼女の姿はありません。

マリオンは、以前語っていたプライベートな情報から、彼女が住んでいるとおぼしき山間の村に向かう事に。

村に着き、1台の車をヒッチハイクするも、アリスを乗せてその車を運転していたミシェルは途端に慌てて、マリオンを乗せずに走り去ってしまいます。

突如現れたマリオンに、別荘にいたエヴリーヌは驚きを隠せません

夫が戻ってくるから泊めれないとして、エヴリーヌはホテルを取ろうとするもマリオンは拒み、自ら低料金のロッジを見つけます。ところが、不審者にロッジの周りをうろつかれたり、ドアに現金が挟まっているなどの不気味な体験をすることに。

ある夜、ロッジを訪ねたエヴリーヌから別れを告げられたマリオンは荒れ狂い、口論に。エヴリーヌは思わずマリオンの頬を張り、その場を去ります。

悲しみのまま寝床に付いたマリオンは、翌朝訪ねてきた警官のヴィジエから、エヴリーヌが昨晩から行方不明になっていると告げられます。

事件の関与を否定し、その夜に失意のまま身支度をしていたマリオンを、ミシェルが訪ねてきます。

「アマンディーヌ」と呼んで近づくミシェルに身に覚えのないマリオンは恐怖し、彼の顔を蹴って追い返すのでした――。

アマンディーヌの章

(C)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076(C)HautetCourt

アフリカ、コートジボアールのアビジャンに住む青年アルマンは、SNSで女性になりすまして現金を奪う詐欺行為を働いていました。

その日も、ネットで見つけたマリオンの画像に「アマンディーヌ」という名を付けてなりすますと、すぐさま1人の男がアクセスしてきました。

そんな中、黒魔術を操るサヌー師の助言を受ければ大儲けできるとされ、ロレックスという男もそれで成功したという噂を聞き、アルマンもサヌー師を訪ねます。

サヌー師から成功報酬の一部を上納するよう言われ、黒魔術の儀式を受けたアルマンは、アクセスしてきた男ミシェルをターゲットにすることに。

アマンディーヌになりすましたアルマンは、アビジャンにいる病気で倒れた父を見舞いに行く金がないと、1,000ユーロを無心。同情と下心から、ミシェルは指定された口座に振り込んでしまいます。

大金を手にしたアルマンがその夜にクラブで豪遊していると、元恋人のモニークと再会。

彼女はアルマンとの間に出来た娘と共に、今はフランス人の資産家と暮らしていると語ります。

(C)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076

一方、SNSでアマンディーヌに素性を明かしていたミシェルは、助手席に座るアリスの勧めで、目の前の女性ヒッチハイカーに応じます。

ところがその女性がアマンディーヌ(マリオン)と知り、慌てて車を走らせます。

ミシェルは、アマンディーヌが泊まるロッジを突き止め、夜に徘徊したり、現金をドアに挟んでいきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『悪なき殺人』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076

「僕に会いに来てくれたんだね」とのミシェルからのチャットの意味が分からず困惑するアルマンは、これまでの運が尽きかけているとして再びサヌー師を訪ねるも、最初に約束した金をもらっていないとして、さらに4,000ユーロ払うよう求められます。

チャットで「悪者に監禁されて4,000ユーロが必要なの」と告げられたミシェルは、とにかく直接会おうとアマンディーヌのロッジに向かうも、中で彼女が女性(エヴリーヌ)に叩かれている現場を目撃。

悪者がエヴリーヌと思い込んだミシェルは、彼女の車を尾行し、雪道で止めさせて問い詰めます。しかし話の意味が分からずその場を去ろうとするエヴリーヌを衝動的に絞め殺し、死体をジョゼフの家の前に投棄。

「問題は解決したから大丈夫」というミシェルからのチャットで運の尽きを完全に悟ったアルマンは、突入してきた警官隊に逮捕されます。

コートジボワール警察からの電話で、自分がSNS詐欺に遭っていたと知らされ、加害者を告訴するかと問われたミシェルは、「告訴なんてしない!ほっといてくれ」と怒鳴り、再度アマンディーヌのロッジに。

真相を確認しようとアマンディーヌの前に姿を見せるも、彼女に顔を蹴られて逃げるようにその場を去ります。

翌朝、突然いなくなった夫ミシェルをアリスが探していた頃、彼はアビジャンにいました。

釈放されたアルマンは、街中で出会ったモニークから、フランス人と一緒にこの地を離れると告げられます。

そんなアルマンの後を尾行し、捕まえたミシェルが問い詰めます。

「金は返す」(アルマン)、「人を弄んで楽しいか?」(ミシェル)

アルマンに逃げられ、宿泊するホテルで呆然としていたミシェルのパソコンに、「まだそこにいるの?」とのアルマンからのチャットが。

ミシェルは思わず泣き笑いを浮かべるのでした――。

(C)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076

エピローグ

フランスの寒村のエヴリーヌがいた別荘に、車が1台止まります。

車から出てきたのはエヴリーヌの夫ギヨームと、モニークでした――。

スポンサーリンク

映画『悪なき殺人』の感想と評価

(C)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076(C)HautetCourt

本作『悪なき殺人』に登場する人物は皆、「愛」を求める者たちです。ただ、もう1つ共通しているのは、「愛」を求める相手がそれに応えてくれないということ。

アリスは農夫ジョゼフとの不倫に走りますが、当のジョゼフは素っ気ない。そのジョゼフは家の近くで発見した死体の女性エヴリーヌにのめり込んでいくも、彼女から語りかけることはない。

生前のエヴリーヌと同性愛の関係を続けるマリオンも彼女を欲しますが、深入りを拒まれる。アリスの夫ミシェルは、実在しないと知らずにSNS上の女性アマンディーヌ(マリオン)とつながろうとする。

そして、アマンディーヌになりすます青年アルマンも元恋人モニークとよりを戻そうとするも、金持ちのフランス人(エヴリーヌの夫ギヨーム)のパトロンである彼女にはその気がない…。

本作は、そんな報われない「愛」を求める者の偶然が誤解を生み、予期せぬ事態となっていく、秀逸なミステリーに仕上がっています。

まとめ


(C)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076(C)Jean-Claude Lother

本作が2019年の東京国際映画祭で上映された際の邦題は『動物だけが知っている』。これは原題で原作小説のタイトルでもある、『Seules les betes(Only the Animals)』を意訳しています。

監督のドミニク・モル曰く、この原題には「動物のみが愛せる形で主人を愛する」という意味があるのだとか。

動物は何の見返りも求めず、ただ好きだから愛している。しかし本作の登場人物たちは、各々が見返りを期待して「愛」を求めてしまっている。その皮肉が原題に込められていると言えましょう。

劇中での、怪しい黒魔術を操るサヌー師の言葉、「愛とは、無いもの与えること。快楽とは、在るものを与えること」が実に響きます。

登場人物5人の視点を4章で描き、章が開くにつれミステリーの構図が一つにつながる展開に、唸ること必至の作品です。

映画『悪なき殺人』は、2021年12月3日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開、および4日(土)よりデジタル公開




関連記事

サスペンス映画

映画『9人の翻訳家』ネタバレ感想と結末まで考察解説。実際に文学界で起きた事件“囚われたベストセラー”の犯行動機を解説

実話に基づく前代未聞の翻訳作業。 文学の自由を守るため、立ち上がった人物とは。 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は、ダン・ブラウン著書のベストセラー小説『インフェルノ』の出版秘話を基に描かれ …

サスペンス映画

プリズンエクスペリメントは実話?ネタバレ感想と考察!ラスト結末も

2017年7月19日(水)より新宿シネマカリテにて上映中の人格破壊映画と呼ばれる『プリズン・エクスペリメント』。 サンダンス映画祭3部門受賞ほか、各国の映画祭でも絶賛された作品で、『es[エス]』『エ …

サスペンス映画

【ネタバレ】女子高生に殺されたい|感想解説と結末あらすじ考察。原作漫画から田中圭演じる主人公の“欲望のディテール”をより鮮明に炙り出す

僕はただ、女子高生に殺されたいだけなんだ。 田中圭が主演を務めた映画『女子高生に殺されたい』。 「女子高生に殺されたい」という欲望に取り憑かれた高校教師が、「自己暗殺」のために前代未聞の完全犯罪に挑ん …

サスペンス映画

『六月の蛇』動画無料視聴はHulu!ネタバレあらすじと感想レビュー

世の中には奇妙な映画がたくさんあり、そういった映画はラストが非常に暗かったり、異常に難解だったりすることが多いと思われます。 『野火』の監督・塚本晋也の過去作には、明らかに万人受けしなさそうなジャンル …

サスペンス映画

映画『ミセス・シリアルキラー』ネタバレあらすじと感想評価。どんでん返しが薄気味悪さを残すサスペンス

Netflix映画のサスペンス作品『ミセス・シリアルキラー』のご紹介。 愛する夫のために“裏技”を実行に移す妻、事件解決に執念を燃やす刑事の姿を描く、Netflix映画『ミセス・シリアルキラー』。 妻 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学