Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2023/08/17
Update

【感想評価】私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?|実話の免罪事件をジャン=ポール・サロメ監督が描く社会派サスペンス

  • Writer :
  • からさわゆみこ

第79回ヴェネチア国際映画祭、労働・環境人材育成財団賞受賞作! 10月20日から全国順次公開

映画『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』は、フランス総合原子力企業アレバ社の技術力そして、従業員の雇用を守るため、秘密裏に進行していた、中国とのハイリスクな技術移転契約を内部告発した、フランス民主労働組合連盟代表のモーリーン・カーニーが受けた冤罪の実話を描いた、社会派サスペンスドラマです。

イザベル・ユペールが主演を務め、共演は『デリシュ!』のグレゴリー・ガドゥボワ、『ヒトラー 最期の12日間』のアレクサンドラ・マリア・ララ。

監督を担当したのは『ルーヴルの怪人』などで知られるジャン=ポール・サロメ。自ら脚本にも参加し、実話を基に如何に描いたのかに注目です。

映画『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』の作品情報

(C)2022 le Bureau Films-Heimatfilm GmbH + CO KG-France 2 Cinema

【日本公開】
2023年(フランス映画)

【原題】
La Syndicaliste

【監督】
ジャン=ポール・サロメ

【脚本】
ジャン=ポール・サロメ、ファデット・ドゥルアール

【キャスト】
イザベル・ユペール、グレゴリー・ガドゥボワ、フランソワ=グザビエ・ドゥメゾン、ピエール・ドゥラドンシャン、アレクサンドラ・マリア・ララ、ジル・コーエン、マリナ・フォイス、イバン・アタル

【作品概要】
映画『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』の監督を務めたジャン=ポール・サロメは、フランス国内を中心に監督や脚本家として活動しています。

サロメ監督はモーリーンを無実に導いた、フランス雑誌「L’Obs」の記者、カロリーヌ・ミシェル=アギーレの著書『LA SYNDICALISTE』と出会い、本作の企画を立ち上げました。

モーリーン・カーニーを演じたのは、『ピアニスト』(2002)、『エル ELLE』(2017)などで、国際映画祭の最優秀女優賞を受賞しているイザベル・ユペールです。

モーリーンの夫役には『デリシュ!』(2022)のグレゴリー・ガドゥボワ、フランス原子力会社アレバの後任社長ウルセル役に『ふたりのマエストロ』(2023)のイバン・アタルが務め、他に『ヒトラー 最期の12日間』(2005)のアレクサンドラ・マリア・ララ、『ヴィーガンズ・ハム』(2022)のマリナ・フォイスなどが共演しています。

映画『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』のあらすじ


(C)2022 le Bureau Films-Heimatfilm GmbH + CO KG-France 2 Cinema

2012年12月17日、パリ近郊ランブイエのモーリーン・カーニーの自宅で、家政婦が衝撃的な現場を目撃し事件が発覚します。

遡ること数カ月前、原子力企業アレバの労働組合代表を務めるモーリーンは、同社の傘下にあるハンガリーのパクシュ原子力発電所で、不遇な条件で働く女性組合員たちの要望を聴取するために訪れていました。

モーリーンがパリ本社に戻ると、盟友であり現社長のアンヌから、大統領命令で解任されると告げられます。

しかし、彼女の後任には能力のない、会社役員ウルセルが就任するという噂がありました。それと同時にモーリーンは6期目の組合代表に再選されます。ウルセルにとってモーリーンは煙たい存在でした。

ある日、モーリーンにフランス電力公社(EDF)で働く、テレジアスという男から電話が入り、内部告発とも取れる書類を渡されます。

そこにはアルバ社とEDFが中国と手を組み、低コストの原発を建設する契約が、水面下で進んでいることを示していました。

モーリーンはフランスの原子力技術が中国に渡り、フランス人労働者が失業することになると、懸念し告発内容の調査と信憑性に迫ります。

ところが政府の閣僚や企業のトップに捨て身で立ち向かうという、モーリーンの行動力が、自宅で襲撃され身体的、精神的暴力へと繋がる事件に発展してしまいました。

襲撃事件は捜査されますが結果は、彼女の自作自演の虚偽だと断定され、権力により自白を強要され有罪となります。しかし、彼女は権力による精神的暴力に屈せず、後に6年間闘い続けることになります……。

映画『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』の感想と評価


(C)2022 le Bureau Films-Heimatfilm GmbH + CO KG-France 2 Cinema

“寝首を掻かれた”彼女の孤独な闘い

モーリーン・カーニーは労働組合主義の家庭で育ち、ネルソン・マンデラ大統領の釈放を求める運動に参加していた母親の影響もあり、高校生ではフェミニスト活動家となっています。

映画の冒頭でモーリーンが女性組合員の不当な解雇に対し、猛然と抗議している姿が彼女の資質です。

本作には社会で活躍する女性の社長や女性判事、女性憲兵なども登場しますが、特権階級や男社会の中にあっては、彼女の強い味方にはなり得ませんでした。

また、5万人の従業員の雇用を守ろうとしたモーリーンに対し、権力者の圧力は立場の弱い労働者を弱腰にさせ、彼らも彼女の真の味方にはなりませんでした。

つまり、モーリーン・カーニーは守ろうとした人たちからも、“寝首を搔かれる”ようなこととなり、最終的には自尊心が彼女を支え、6年にも及ぶ闘いになる結果となりますが、それを象徴する彼女の言葉がラストシーンにあります。

「モーリーン・カーニー事件」とは


(C)2022 le Bureau Films-Heimatfilm GmbH + CO KG-France 2 Cinema

誰が国民の生活を守るのか・・・?1人の女性が5万人の雇用を守ろうとしたことが黙殺され、その女性の人生そのものが全否定された「モーリーン・カーニー事件」とはなんだったのか?そのことを深く考えさせられます。

男性優位の社会、特権階級のフランスは1人の闘う女性を虐げました。それが今や国際レベルで、あらゆる権威をはく奪されているように見えてしまいます。

作中、モーリーン・カーニーが告発したEDFと中国との共同開発の件は、粛々と進み2012年に契約が締結されます。そして2020年には原子力発電量が原発大国のフランスを抜き、中国が世界2位になります。

モーリーン・カーニーを演じたイザベル・ユペールは演じるにあたり「モーリーンの事件について、一連のドキュメンタリーに信ぴょう性があるとすれば、いまだに人々の関心を惹きつけていること」に興味があると語ります。

現在のEDFの経営は危うい状況だと言われており、その原因が原子力関連の問題と不利益な政策とも言われる中、2022年に現大統領が国有化する政策を打ち立てているので、国民の関心が高まっているからではないでしょうか。

しかし、モーリーンにとっては、アレバ社や5万人の雇用者を守るという大義ではじまったことが、最終的には自分の中の真実と権力の闘いであったと推測します。

権力との闘いで彼女を支えたモチベーションは、モーリーン・カーニーは自身の経験から、“女性に対する暴力と闘う団体”の中で、暴力を受けた経験を持つ女性へのアドバイス「友情を諦めないで」、という言葉の中に見ることができます。

さらに(友人の)愛情や優しさは“真実”にアクセスさせ、壊れたプライドを復活させることを可能にするとインタビューで語り、何があっても見捨てなかった家族や同僚達の存在が、勝利へ導く原動力になったのだとわかります。

まとめ


(C)2022 le Bureau Films-Heimatfilm GmbH + CO KG-France 2 Cinema

映画『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』で描かれた、社会や組織における女性の立場の弱さを政治と経済の権力構造、労働組合、裁判、原子力発電、中国との問題、夫婦関係など様々な面から訴えていました

そして、フランス国家を大きく揺るがした、この社会的スキャンダルは経済と雇用の不安定さの要因として、影響を色濃く残しています。

映画『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』は、2023年10月20日(金)よりBunkamuraル・シネマ渋谷宮下ほかにて、順次全国公開予定です。



関連記事

サスペンス映画

【映画ネタバレ】キューブCUBE日本版|感想考察と結末評価。菅田将暉“継続”と黒幕は元ネタ洋画と違うラストが告げる

死の罠が張り巡らされる立方体の迷宮から脱出できるのか!? さまざまな映像技術を駆使したことで、低予算ながらも爆発的ヒットを記録したヴィンチェンゾ・ナタリ監督制作のカナダ映画『CUBE』(1997)。 …

サスペンス映画

映画『マッドダディ』ネタバレ感想!ラスト結末の考察と名作ホラーとの関連性とは

ある日すべての親が謎の衝動に駆られ子供を殺しだす!「アドレナリン」の監督が送る予測不能の超ハイテンションスリラー。 荒唐無稽な設定を全力でやり切ってみせたB級の快作『マッドダディ』。 ブライアン・テイ …

サスペンス映画

【ネタバレ】母性|映画あらすじ感想と結末の評価解説。ハコヅメ戸田恵梨香×永野芽郁が“母性”に呪われた母娘を演じる!

母親と娘、それぞれの目線で語られる親子をつなぐ母性とは? 女子高生が自宅の庭で死亡する、ショッキングな事件が発生したことで語られる「ある出来事」を、母と娘それぞれの証言で構成されるミステリードラマ『母 …

サスペンス映画

映画『哀愁しんでれら』ネタバレ解説とラスト結末。怖い事件の最後はグリム童話的なストーリーテリングで支配する

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。 「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠 …

サスペンス映画

映画『ヴィレッジ』ネタバレ考察と評価解説。シャマラン監督おすすめの“悲しい過去”を閉じ込めた「理想郷の真実」

「語ってはならぬ物」との協定で平和が約束された村。小さな掟破りが増幅させる恐怖と愛する者を守りたい、無垢な勇気が起こす奇跡の物語。 映画『ヴィレッジ』を手掛けたのは、M・ナイト・シャマラン監督。『シッ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学