Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/09/04
Update

映画『モースト・ビューティフルアイランド』ネタバレ感想と考察評価。実話体験をした監督自身の着想から不法移民たちを描く

  • Writer :
  • からさわゆみこ

スペイン出身の女優アナ・アセンシオが自身の経験を基に描いたサスペンス・スリラー『モースト・ビューティフルアイランド』。

2020年はアメリカで大統領選挙があります。アメリカが抱える目下の課題は「移民問題」。世界最大数の移民国家とも言われている、アメリカの大統領選の争点が、この移民に対する処遇だそうです。

今回ご紹介する『MOST BEAUTIFUL ISLAND モースト・ビューティフル・アイランド』はその夢をつかむためにアメリカに渡った“移民”女性の物語です。

本作はスペイン人である監督のアナ・アセンシオが移民として渡米し、体験した生活がベースに構成されていて、バイトの着想も似たような経験から脚本を書おろしています。

来日した際のインタビューでは演じたい役をやるには、自分で脚本から監督をやるしかないと決心したと答えています。

ニューヨークのアンダーグラウンド感を出すためにロケ先を探した際には、現場で銃弾が目の前をかすめる恐怖を体験をしたとも語っています。

そんなアメリカ・ニューヨークに潜む、アンダーグラウンドでのできごとを描き、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で審査員大賞を受賞した作品です。

スポンサーリンク

映画『MOST BEAUTIFUL ISLAND モースト・ビューティフル・アイランド』の作品情報

(C)2017 Palomo Films LLC All Rights Reserved.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
アナ・アセンシオ

【原題】
MOST BEAUTIFUL ISLAND

【キャスト】
アナ・アセンシオ、ナターシャ・ロマノヴァ、ニコラス・トゥッチ、ラリー・フェッセンデン、アミ・シェス、デビッド・リトル

【作品概要】
スペインのマドリードが出身のアナ・アセンシオ監督は、2001年にアメリカへ移住し女優を目指しました。本作はそのアナ・アセンシオが主演で監督と脚本も手掛けた初作品となり、2017年のサウスバイサウスウェスト映画祭にて審査員大賞を受賞しました。

制作スタッフには、『ステイク・ランド』(2010)、『肉』(2013)、『ABC・オブ・デス2』(2015)のラリー・フェッセンデン、撮影に『チャンネル・ゼロ』『コイン強盗クラブ』のノア・グリーンバーク、編集には『世界で一番パパが好き』(2004)のフランシスコ・ベロが参加しています。

キャスティングは『サプライズ』(2013)のニコラス・トゥッチ、『タイムクエスト』(2000)のカプリス・ベネデッティ、製作スタッフとしても名を連ねた『喰らう家』(2015)のラリー・フェセンデンなど、ホラーやサスペンスに携わった個性派俳優が、アンダーグラウンドの世界を怪しく演出します。

映画『MOST BEAUTIFUL ISLAND モースト・ビューティフル・アイランド』のあらすじとネタバレ

(C)2017 Palomo Films LLC All Rights Reserved.

故郷のスペインで娘ソフィアを幼くして、不慮の事故で亡くしたルシアナは、その悲しみから逃れるために単身ニューヨークへと、可能性をもとめて渡米してきました。

ところがそのことで悪夢に悩まされ不眠症に陥ります。しかし、悪夢の原因は他にもありました。それはルシアナが渡米した方法が“不法”であるということです。

不眠や栄養不良のせいでルシアナは体調を崩します。友人でロシア人移民のオルガの紹介で、ホロヴィッツという医師のところへ行きますが、保険に入れないため診療費は支払えません。

オルガに紹介されたルシアナは、なんとか診察してもらえると思って訪れましたが、「治療費の払えない者は患者ではない」と診察を拒否されました。

その上、不法移民のルシアナにはまともな仕事などはなく、ある仕事といえば、低賃金の客引きや富裕層の子供を見るベビーシッターなどでした。

たまに『卵子提供者に8000ドル』など仕事ともいえない高額な求人もありますが、それには移民がアメリカで合法的に働くことのできる、社会保障番号が必要でした。

携帯電話も止められ、その日に食べるものにも困窮するルシアナは、オルガから急に仕事が入ったけど、今日は用事があって行けないから代わりに行ってほしいと言われます。

その仕事とはあるパーティーに行き、ミニドレスを着て華を添えるだけで、2000ドルを即金でというアルバイトです。

高額報酬の裏には何かあると思っているルシアナは迷いますが、背に腹は代えられず、バイトをしにパーティー会場へ向かいます。

以下、『MOST BEAUTIFUL ISLAND モースト・ビューティフル・アイランド』ネタバレ・結末の記載がございます。『MOST BEAUTIFUL ISLAND モースト・ビューティフル・アイランド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2017 Palomo Films LLC All Rights Reserved.

ルシアナはパーティーに着て行くドレスを持っていません。ブティックで黒のミニドレスを試着し、目立たない場所を少し切り裂きそこを不良品だ訴え安価で手に入れます。

そのドレスを着てオルガが教えてくれた場所へ行くと、そこはチャイニーズレストランです。

店の店員が前の歩道にある鉄の扉を開けると、そこには地下にいく階段が続いていて、店員はオーナーを呼ぶとルシアナに下へ来いと言います。

地下はレストランの調理場になっていおり、そこを抜け再び地上に上がると店のオーナーが、持っている荷物は捨てていけと言います。

その代りにと南京錠で開けられないようになっている、ミニショルダーバッグを渡されます。オーナーはそれを持って次に言う場所を記憶して行けと告げます。

「ウエストサイド ハイウェイ27丁目 G1地下」

荷物はもちろん携帯電話の持ち込みもNGだと念を押されます。不信を抱きながらも後に引けなくなったルシアナは指定された場所へ行きます。

そこには扉に“G1”と書かれたビルがあり、中に入り地下へと行きます。いくつかの扉を抜けるとたどり着いたのは、何もないコンクリートがむき出しの地下室でした。

そこにはルシアナと同じように黒のミニドレスを着て、南京錠付きのミニショルダーバッグを持った多人種の女性が数人立っていて、想像しているようなパーティー会場とは違います。

そして、他の予定があると言っていたオルガも同じようにいたのです。オルガにどういうことか問い詰めると、お金に困っているようだから騙して誘ったと白状したのです。

(C)2017 Palomo Films LLC All Rights Reserved.

どういうことなのか混乱していると、奥の別室からパーティーを主催しているマダムと老若男女のゲスト達が登場します。

これから何が行われようとしているのか・・・ゲスト達は立っている女性を品定めするように、見まわしていきます。マダムは親しげでありながら威圧感を放っています。

そして、また別室へと戻って行きしばらくすると、マダムから一人女性が呼び出され、別室へ入って行き数分後に怯えながら出てきて、報酬を受け取ると足早に退室していくのでした。

更にもう一人中に入って行くと、今度は悲鳴がしたまま戻ってきません。

ルシアナは不安と恐怖に怯え、脱出を試みますが失敗に終わり、とうとう指名されます。そして、マダムはオルガも一緒に指名し2人で奥の部屋へと行きます。

奥の別室ではセレブなゲストがシャンパンを片手に、透明な棺桶を囲んで談笑しています。そして、その中にはホロヴィッツ医師もいたのです。

そこで行われていたパーティーとは、全裸になった女性が棺桶の中に寝そべり、バッグの中に隠してあった、猛毒のあるクモを体に這わせ2分間、無事でいられるかどうかを“賭ける”賭博パーティーでした。

2人で呼ばれたのはどちらかがパニックになった時に、棒を使って自分の方にクモを誘き寄せ、耐えることができたらというものです。

ルシアナは2分間ジッと耐えて勝つことができましたが、オルガのクモは血清がなく、噛まれたら終わりという恐ろしいクモでした。そのためオルガは終盤でパニックになります。

興奮したオルガをルシアナは棒を使い、冷静にクモを誘き寄せ彼女を救い制限時間もクリアできたのでした。

ルシアナは報酬を受け取ると即座に外に出ます。そして、気持ちを落ち着かせるようにアイスクリームを買って食べ、帰路に向かいました。

スポンサーリンク

映画『MOST BEAUTIFUL ISLAND モースト・ビューティフル・アイランド』の感想と評価

(C)2017 Palomo Films LLC All Rights Reserved.

アメリカのニューヨークといえば「夢や希望」の可能性を秘めた都市であり「自由」というイメージがあります。

移民と呼ばれる多くの人は学問や芸術などを学んだり、仕事をしながら生活する目的を持ってきます。

ところが学業や就業を目的とした場合は、合法的な手続きとビザが必要となり、滞在期間なども決っています。

そのいずれからもはずれてしまい、そのままその国に留まってしまうとその人は“不法滞在”の「不法移民」という扱いになってしまうのです。

アメリカは多くの移民を受け入れてきてしまったため、国民に対する仕事量や移民達への補償などで、経済に大きく影響が出ています。

国民からは不平や不満の声が出ているため、大統領選挙の近いアメリカにとっては政策の面でも重要な課題になっています。

なので不法に滞在している外国人の多くは、違法薬物を使用したりホームレスになってしまう現実も多くあるといえるのです。

移民(不法移民)の問題点や実態はもはやアメリカだけのことではなく、ヨーロッパ全土や日本にも及んでいます。ただ、アメリカには「可能性」を期待する人が多く、外国人に寛容なイメージが無いわけではありません。

しかし、ハイリスクローリターンというのが現実で、もし地下社会を見たならばどう這い上がるのか?その怖さを伝えた映画です。

まとめ

(C)2017 Palomo Films LLC All Rights Reserved.

本作はアナ・アセンシオ監督の実体験に基づくことを脚本にしているので、監督自身も女優になる夢をもって渡米し、移民ならではの貧困も体験したのでしょう。

また、外国人移民の友達との出会いやアルバイトの経験から、作品に結び付くヒントも多くあったと考えられます。

作中のルシアナが「今はこの街に可能性を探すのに疲れた」と言った言葉は、アメリカで暮らす移民が感じている気持ちなのかもしれません。

そして、ニューヨークはアンダーグラウンドな世界はあって当たり前に感じます。本作も観進める間に、人身売買や売春などを想像してしまった人も多いでしょう。

それとは違った内容でしたが、むしろ「こんな世界もあるのか!?」という別の驚きもある映画でした。

関連記事

サスペンス映画

映画『告白小説、その結末』あらすじとキャスト。上映館情報も

フランスで今もっとも注目されている作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」を巨匠ロマン・ポランスキー監督が映画化! 『告白小説、その結末』は6月23日(土)より、ヒューマントラストシ …

サスペンス映画

映画SAW(ソウ)全シリーズあらすじ解説。動画無料視聴方法も

ギネスブック公認世界で最も成功したスリラーシリーズ「SAW」が復活。 2017年11月10日より公開される新感覚ソリッド・シチュエーション・スリラー『ジグソウ:ソウ・レガシー』。 公開直前!あの最前列 …

サスペンス映画

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』あらすじとキャスト【チェン・ウェイハオ監督】

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』は、2018年1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開されます。 10月1日に発表された台湾版アカデミー賞の「第54回金馬奨」の演技賞に、カイザー・チュアン …

サスペンス映画

映画『パニックルーム』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【デヴィットフィンチャー監督作品】

『ゴーン・ガール』や『ゾディアック』などホラーにも近い作風を想像するかたもいるかもしれない、デヴィット・フィンチャー監督。 そんなフィンチャーが今から15年ほど前に製作した『パニック・ルーム』は、以外 …

サスペンス映画

映画『トレイン・ミッション』あらすじと感想。事件真相の解説と評価は

映画「トレイン・ミッション』は3月30日(金)よりロードショー。 『フライト・ゲーム』『アウノウン』主演リーアム・ニーソン&ジャウム・コレット=セラ監督タッグが、ふたたび仕掛けた謎を解けるか …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学