Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ネタバレ】バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版|あらすじ結末感想と解説評価。ホームズ実写化で推理劇を初心者も玄人も楽しめる“謎と愛憎”

  • Writer :
  • 糸魚川悟

探偵小説界の不朽の名作を日本初の実写化!

変人の探偵と常識人の相棒による捜査劇と言う、定番とも言える探偵小説の形を決定付けたとされる「シャーロック・ホームズ」シリーズ。

さまざまな媒体で幾度となく映像化されたこのシリーズは、汎用性の高いキャラクター像と完成度の高い物語が100年以上経った現代でもなお人気を保ち続けています。

今回はそんな「シャーロック・ホームズ」シリーズの中でも特に人気の高いエピソードを映像化した『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』の作品情報


(C)2022「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
西谷弘

【脚本】
東山狭

【キャスト】
ディーン・フジオカ、岩田剛典、新木優子、広末涼子、村上虹郎、渋川清彦、西村まさ彦、山田真歩、佐々木蔵之介、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平

【作品概要】
1901年に発表されたアーサー・コナン・ドイルによる長編小説「バスカヴィル家の犬」を、「シャーロック・ホームズ」シリーズの舞台を現代日本に置き換えたドラマ『シャーロック アントールドストーリーズ』の続編として映像化した作品。

ドラマシリーズでの演出も担当した『容疑者Xの献身』(2008)や『昼顔』(2017)の西谷弘が本作の監督を務めました。

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』のあらすじとネタバレ


(C)2022「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」製作委員会

1月9日、瀬戸内海に浮かぶ「霞島」に住む富豪一族「蓮壁家」に「娘を誘拐した」と言う脅迫状が届きました。

一家の主である千鶴男は犯人の指示通り1千万円の身代金を持ち、指定された墓地へとひとりで向かいます。

墓地のある山には野犬や猪が多く出没することから大量の動物用の罠が仕掛けられており、千鶴男は充分な用心をしつつ墓地へとたどり着きますが、そこに犯人の姿はなく暗闇の中に光る赤い目の犬が現れただけでした。

その日、身代金は犯人のもとには届かなかったものの、誘拐された蓮壁紅は無事に解放されました。

1ヶ月後、千鶴男の元主治医の若宮は、今は私立探偵の誉獅子雄の助手として、誘拐事件の真相解決を求める千鶴男の相談をリモートで受けていました。

しかし、離席中に突然苦しみ始めた千鶴男はその場に倒れると、駆けつけた千里によって救護されますがそのまま死亡が確認されます。

数日後、千鶴男との最期の会話者として警視庁捜査一課長の江藤に取り調べを受ける若宮と誉は、千鶴男の死因が日本からは絶滅したとされる「狂犬病」であったことを知ります。

千鶴男が見たとされる「魔犬」の正体と事件の繋がりに興味を惹かれ、江藤から強い後押しを受けたふたりは霞島に足を踏み入れました。

若宮と千里が知り合いということもあり、山奥の古びた洋風建築の邸宅に住む蓮壁家に招待されたふたりはそこで千鶴男の妻の依羅、使用人の馬場、地震学者の捨井、リフォーム業者の冨楽朗子、そして誘拐被害者の紅と飼い犬であるヴィルに出会います。

全員に話を聞く誉と若宮は、蓮壁家には誘拐事件よりも前から家を出るように求める脅迫状が繰り返し来ていたことや、誘拐事件の日に千鶴男が足を負傷していたことを聞き出しました。

千里は銀行を信じない千鶴夫が山奥の廃坑に多額の現金と遺言書を隠していることを知っており、夜にでも廃坑に向かう計画を立てていました。

誉と若宮は山奥の墓地を訪れると、何者かの存在に気づいた誉が蓮壁家のことを若宮に任せると姿を消してしまいました。

夜、誉が失踪しひとり蓮壁家に取り残された若宮は「誰もひとりにするな」と言う誉の忠告を受け、廃坑に向かう千里に同行しようとしますが、異様な睡魔に襲われ眠りについてしまいます。

翌日、廃坑で罠が足に食い込み、動けなくなったまま凍死した千里の死体が見つかりました。

立て続けに家族を失った依羅はまるで紅がいないかのように絶望し塞ぎ込み、若宮はその精神状態を危惧。

一方、誉は誘拐事件以前の脅迫状が紅に恋をする捨井によるものであることを見抜いていましたが、霞島に大きな地震が来ると予測し古びた豪邸では危険だと考える捨井による善意と純粋な恋心が起と知り、彼を犯人の候補から除外します。

その後、誉は誘拐された日に紅が勤めていたとされるキャバクラや、江藤の父親が署長を勤めていた警察署、そして町の外れにあるリフォーム業者の倉庫を訪れ、ひとつの仮説を立てていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』のネタバレ・結末の記載がございます。『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2022「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」製作委員会

蓮壁家に留まる若宮は全ての謎が廃坑に繋がっていると信じ、夜間に紅の静止を振り払いヴィルを連れて山へと向かいます。

廃坑に近づいた若宮は赤い目をした犬に追われ廃坑内を逃げ惑いますが、それは犬の仮装をした誉であり、暗闇に光る赤い目は赤いライトを着けたドローンによるものだと判明。

電話で誉に廃坑に来るよう指示されていた若宮は激怒しますが、これは誉による犯人のおびき出し作戦であり、誉はその場に現れたリフォーム業者の冨楽朗子とその夫である雷太を全ての事件の犯人であると指摘。

20年前、霞島ではもうひとつの誘拐事件が起きていました。

買い物の途中に冨楽夫妻の娘・碧海が何者かに誘拐され、夫妻は20年もの間、碧海を捜索し続け、目の形に面影を残す紅と出会います。

紅が蓮壁家の人間であると知った朗子はリフォーム業者と言う身分を使い蓮壁家に取り入ると、紅の歯ブラシを盗み出しDNA鑑定を行うことで紅が碧海である確信を得ました。

ある日、紅を呼び出した冨楽夫妻が真実を打ち明けると、紅は蓮壁家で自分だけが冷遇されていた理由に合点がいくと同時に冨楽夫妻の暖かさに触れ、蓮壁家の人間を全員殺害し資産を乗っ取り冨楽夫妻と共に優雅に過ごす計画を立案。

誘拐事件を自演し千鶴男を呼び出した冨楽夫妻はドローンを使い「魔犬」を作り出し、動揺した千鶴男を罠に引っ掛け傷を負わせます。

傷を負った状態で邸宅へと戻った千鶴男は、紅によってあらかじめ狂犬病ウイルスが仕込まれていた消毒液を傷口に使ったことで狂犬病を発症し死亡。

千里が死亡した夜、紅は若宮に睡眠薬を飲ませ、ドローンを使った同じ手口で千里を罠に追い込み殺害。

そして殺害計画の最終章は若宮が山へと向かった今この瞬間に紅が依羅を殺すことで完結する予定でしたが、誉の命令で若宮が紅に睡眠薬を飲ませ阻止していました。

しかし、若宮から使用人の馬場と紅の信頼関係を聞いた誉は邸宅へと走り始めます。

邸宅では紅が睡眠薬によって眠っていましたが、依羅は既に馬場によって殺害されており、馬場は自室で首を吊り自殺体となっていました。

馬場の遺書には、20年前に娘を死なせてしまいそのことが千鶴男に発覚することを恐れた依羅が、碧海を誘拐した一部始終が記されていました。

千里が産まれたことで紅が自身の娘でないことを知っていた千鶴男と依羅は徹底して紅を冷遇するようになったこと、真相を知った紅が蓮壁家の殺害計画を唯一彼女に親切にした馬場にだけ教えていたこと、そして全ての罪を自分が被り自殺すること、全てが書かれた馬場の遺書を読んだ誉は警察を呼び出そうとします。

しかし、「必ず出頭するから家族だけの時間が欲しい」と言う言葉を信じた若宮は誉を連れて冨楽夫妻と紅、そしてヴィルを残し邸宅を後にします。

そこには婚約指輪と花束を持った捨井も現れ、誉が「紅には待っている人が居る方が良い」と言うと、突如緊急地震速報が鳴り響き、霞島を巨大な地震が襲います。

山間部にある邸宅の危険性を悟った誉は若宮を車に乗せ、捨井も車に乗せようとしますが捨井は邸宅へと駆け寄り、止むなく誉は車を走らせました。

邸宅内では雷太が紅と朗子を避難させようとしますが、目を覚ました紅は夫妻を「お父さん」「お母さん」と呼び、3人は抱きしめ合い土砂へと飲まれていきました。

土砂に飲まれた邸宅を見た若宮はその場に崩れ落ちると「頼みを聞かず警察を呼んでいれば助かったかもしれない」と言いますが、誉は「もう彼女が苦しまない」とだけ言います。

東京に戻り江藤に報告するふたり、江藤は20年前の誘拐事件の捜査から逃げた自身の父親の幻想から逃れるために霞島に足を踏み入れませんでしたが、誉から実は江藤の父親は職を捨ててまで碧海を探していたと聞きます。

誉と若宮の家からの帰り道、江藤はふたりの話を思い出し、霞島を襲った地震に対する復興募金に多額のお金を入れました。

スポンサーリンク

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』の感想と評価

(C)2022「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」製作委員会

2020年代だからこそ描ける全く新しい「魔犬の呪い」

ベネディクト・カンバーバッチ主演で話題となったイギリスBBC放送による『SHERLOCK』やアメリカCBS放送による『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』など、現代に舞台を置き換えた「シャーロック・ホームズ」シリーズは世界各地で製作されています。

日本でもHuluとHBOアジアが共同製作した『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』が公開されており、それぞれの演者による全く新しいホームズ像が話題となりました。

そんな「シャーロック・ホームズ」のエピソードの中でも、宿敵モリアーティと対峙する「最後の事件」に匹敵する映像化回数を誇る「バスカヴィル家の犬」。

「魔犬」と言う現代離れした概念が重要となるため、各作品でさまざまなアレンジが行われたこの作品は、「魔犬」の存在が時に薬物による幻覚であったり、時にロボットであったりとそのアレンジに注目が集まる作品でもあります。

そして日本初の実写映像化となる『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』では、現代ならではの現実的に再現可能なトリックで「魔犬」が登場

全ての映像化作品を見ている人にも独自のアレンジを楽しんで貰えるような、全く新しい「バスカヴィル家の犬」が描かれていました。

その殺人は復讐か欲望か

(C)2022「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」製作委員会

いわくつきの大富豪の一族で起きる呪いを模した連続殺人。

推理小説やミステリ映画ではもはや定番となったこの図式も、定番を作り出した作品が原作であるがゆえに、類似作に全く劣らない魅力に溢れている本作。

原作における「バスカヴィル家の犬」では、大富豪の財産を巡った遺産相続を巡る策謀と殺人計画が物語の中心となっており、その中で大きなどんでん返しが繰り広げられます。

『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』では、原作の遺産相続を巡る殺人を踏襲しながらも、その中に一族をめぐる「復讐」と「欲望」、そして「懺悔」の物語を織り交ぜており、鑑賞後の切なさは原作を上回っていました

家族の愛と殺意にあふれた本作は、人間ドラマとしても必見の作品でした。

まとめ


(C)2022「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」製作委員会

ディーン・フジオカによるエキセントリックではあるものの強い正義漢を秘めたホームズこと誉と、岩田剛典演じる人間味にあふれたワトソンこと若宮。

100年以上愛される「シャーロック・ホームズ」シリーズが決定付けた、推理小説界の最強バディを現代アレンジした本作はその魅力をしっかりと引き継いでおり、ふたりのやり取りを永遠に見ていられるような作品に仕上がっています。

1話完結ドラマの劇場版ということもあり、ドラマシリーズを未鑑賞の人でもしっかりと楽しめるような配慮もなされている本作。

魔犬の呪いの謎と人間ドラマを詰め込んだ映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』は、「シャーロック・ホームズ」シリーズファンにも、そうでない方にも鑑賞して欲しい作品です。


関連記事

サスペンス映画

映画『L.A.コンフィデンシャル』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

~一人の女、ひとつの真実…男たち、野獣の輝き~ ジェイムズ・エルロイの暗黒の“L.A.4部作”を一つを見事に映画化した傑作クライム・サスペンス『L.A.コンフィデンシャル』をご紹介します。 スポンサー …

サスペンス映画

三度目の殺人あらすじネタバレと感想!映画ラスト結末も。原作はある?

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな“真実”を想像する法廷心理サスペンス。 キャスト …

サスペンス映画

映画『パーフェクトストーム』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

一隻の漁船が北大西洋沖の漁場へと向かうが、そこに待っていたのは荒れ狂った海原に、経験したことのない30mに及ぶ巨大な波。 漁船の乗組員たちは無事帰還できるのか…。 実話を基に『U・ボート』『アウトブレ …

サスペンス映画

映画『ミスミソウ』あらすじとキャスト。山田杏奈の完成披露試写会レポート

映画『ミスミソウ』は、4月7日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー! 人気コミック『ハイスコアガール』や『でろでろ』などで知られる漫画家の押切蓮介の代表作を実写映画化した『ミスミソウ』。 3月8 …

サスペンス映画

映画『新幹線大爆破』あらすじネタバレと感想。フランス再編集版が異例のヒットを飛ばしたパニックサスペンス超大作

爆弾を仕掛けられたまま疾走する新幹線をめぐるノンストップ・パニックサスペンス 乗客1,500人の生命と恐怖と緊迫を乗せた新幹線が疾走する、1975年製作の巨大パニック映画『新幹線大爆破』。 演出は『君 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学