Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/06/04
Update

映画アローンALONE|あらすじとキャスト。地雷を踏んだ主人公の悪夢52時間を描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

地雷を踏んでしまい、一切の身動きを封じられた米軍兵の、悪夢のような52時間を描いた映画『ALONE/アローン』。

映画『ALONE/アローン』のあらすじと、キャストのアーミー・ハマー演じる人間の極限を描いた様子の見どころを紹介します。

スポンサーリンク

映画『ALONE/アローン』の作品情報


(C)2016 Mine Canarias Aie Roxbury Enemy Sl Sun Film Srl Mine Film Llc

【公開】
2018年(アメリカ・イギリス・スペイン合作映画)

【原題】
Mine

【監督】
ファビオ・レジナーロ、ファビオ・ガリオーネ

【キャスト】
アーミー・ハマー、アナベル・ウォーリス、トム・カレン、ジェフ・ベル、ジュリエット・オーブリー

【作品概要】
砂漠の地雷原を舞台に、一歩も動けなくなった米軍兵士マイクが、極限の状況に追い込まれていくワンシチュエーションスリラー。

主演は『ソーシャル・ネットワーク』や『君の名前で僕を呼んで』などで高い演技力が評価されているアーミー・ハマー。

監督と脚本は、本作が長編デビューとなる、ファビオ・レジナーロとファビオ・グアリョーネ。

映画『ALONE/アローン』の主要キャスト


(C)2016 Mine Canarias Aie Roxbury Enemy Sl Sun Film Srl Mine Film Llc

アーミー・ハマー(マイク役)のプロフィール

射撃の名手で、地雷原へと迷い込んでしまう米軍兵士マイク。

演じるアーミー・ハマーは、1986年8月28日生まれ、アメリカ出身。

幼少期に俳優を志し、高校時代から演劇学校や芸術学校で演技を学びます。

2005年にTVシリーズで俳優デビューし、2010年の映画『ソーシャル・ネットワーク』で1人2役でウィンクルボス兄弟を演じ、トロント映画批評家協会賞の助演男優賞を受賞し注目されます。

その後、2011年の映画『J・エドガー』や2013年の映画『ローン・レンジャー』などに出演。

参考映像:『君の名前で僕を呼んで』

2017年の映画『君の名前で僕を呼んで』(日本では2018年公開)では、ゴールデングローブ賞の助演男優賞にノミネートされるなど、今後が期待されている俳優です。

本作では、製作総指揮も務めています。

アナベル・ウォーリス(ジェニー役)のプロフィール

マイクの恋人、ジェニーを演じるアナベル・ウォーリスは、1984年生まれのイギリス出身の女優です。

2005年から女優活動を開始し、2009年開始のTVシリーズ『THE TUDORS 背徳の王冠』や2011年開始のTVシリーズ『PAN AM パンナム』などに出演し、注目されるようになります。

2014年のホラー映画『アナベル 死霊館の人形』で主演を務め、2017年の『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』ではメインキャストの1人として、トム・クルーズと共演しています。

トム・カレン(トミー役)のプロフィール

マイクと共に、テロリスト暗殺のミッションに挑む米軍兵士トミー。

演じるトム・カレンは、1985年生まれ、イギリス出身の俳優。

ウェールズ王立音楽演劇学院で学んだ後に、2006年に俳優デビュー、2011年の初主演映画『Weekend』で、英国インディペンデント映画賞、新人賞を受賞。

2010年開始のTVドラマ『ダウントン・アビー』のシーズン4からギリンガム卿役で出演しています。

俳優だけではなく、監督もこなす多彩な俳優です。

スポンサーリンク

映画『ALONE/アローン』のあらすじ


(C)2016 Mine Canarias Aie Roxbury Enemy Sl Sun Film Srl Mine Film Llc
テロリストの暗殺ミッションを命じられた、米軍兵士で射撃の名手であるマイク。

ですが、ミッションに失敗し、マイクは相棒のトミーと共に退却、2人は3000万個以上の地雷が埋まる地雷原に迷い込みます。

目の前でトミーが地雷により爆死し、自らも地雷を踏んでしまったマイクは、身動きがとれなくなります。

昼は灼熱地獄、夜は極寒となる自然の驚異に、水も食料も無いマイクは、心身ともに疲弊していき、極度の疲労から精神が混乱、次第に幼少期の恐ろしいトラウマに襲われるようになります。

1歩動けば即死の絶対絶命の状況に追い込まれたマイクは、援軍が到着するまでの悪夢のような52時間を、耐え抜く事ができるのでしょうか?

映画『ALONE/アローン』の観賞ポイント


(C)2016 Mine Canarias Aie Roxbury Enemy Sl Sun Film Srl Mine Film Llc

映画『ALONE/アローン』は、地雷を踏んだため、1ミリも動けなくなった、マイクの姿を描くワンシチュエーション・スリラーです。

全く動けなくなったマイクを主人公に、どのようにストーリーを展開させていくのかが、非常に気になるところですね。

主人公が動きを封じられた状態で、話が展開する作品といえば、2010年の映画『リミット』が有名です。

参考映像:ロドリゴ・コルテス監督『リミット』(2010)

突然、地中に埋められた棺桶の中で目覚めたポールは、状況が掴めないまま、携帯電話とペン、マッチのみで脱出を試みるという内容。

ストーリーは棺桶の中のみで展開し、ポール役のライアン・レイノルズの1人芝居で進行します。

徐々に判明するポールの状況と、真実と嘘が入り乱れるストーリー展開が見事な傑作で、ポールが迎える悲惨なラストが賛否両論巻き押した作品です。

そしてもう1本、2010年の映画『127時間』は、主人公のアーロンが、岩と壁の間に右手が挟まり動けなくなった事で、孤独と絶望の127時間を描いた作品です。

参考映像:ダニー・ボイル監督『127時間』(2010)

ロドリゴ・コルテス監督の演出した『リミット』は、棺桶の中である程度、自由に体を動かせましたが、ダニー・ボイル監督の『127時間』では、右手が挟まった状態のため、完全に動きが封じられてしまいました。

激しい雨風に晒されて、次第に精神が衰弱してくるアーロンは、何度も自分が助かる幻覚を見るのですが、観客も「助かった?」「駄目だった!」と何度も絶望を味わう為、アーロンと気持ちがシンクロし、グイグイ引き込まれていく構成になっています。

人間の極限状態を描いたという点では、『ALONE』に近い作品かもしれませんね。

恐ろしい事に、この『127時間』は、登山家のアーロン・ラルストンが実際に経験した実話を元にしています。

ワンシチュエーションの映画は、アイデアで勝負する部分が大きいですが、観客を巧みなストーリー展開と、計算された画面構成で引き込む作品が多い印象です。

本作品『ALONE/アローン』も、衰弱しながら極限状態を迎えるマイクを、どのように描き観客を物語に引き込んでいくのか、非常に楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2016 Mine Canarias Aie Roxbury Enemy Sl Sun Film Srl Mine Film Llc

本作品『ALONE/アローン』は、主演のアーミー・ハマーは、過去の出来事が精神に及ぼす影響や、脱水・静止状態が24時間続いた際の人体への影響などを、徹底的に調べて役に挑んでいます。

また、製作総指揮も務め、人生初の丸刈りにするなど、今作に対する意気込みの強さを感じます。

この姿に監督の、ファビオ・レジナーロと、ファビオ・グアリョーネは「アーミーとは真逆といえる主人公を演じきってくれた。」と絶賛しています。

入念なリサーチと、役作りにより新たに誕生したワンシチュエーションスリラー『ALONE』

極限状態に追い込まれた、マイクが迎える運命とは?

関連記事

サスペンス映画

映画『リグレッション』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

1980年から90年代にかけて多発し、全米をパニックに陥れた「悪魔崇拝儀礼虐待」を描いたサスペンス映画『リグレッション』。 実際の事件を基に、人間の奥底にある闇を描く本作をご紹介します。 スポンサーリ …

サスペンス映画

韓国映画『リアル』あらすじとキャスト一覧!公開する劇場情報も

すべてのジャンルを超える新感覚ボーダレスムービー! 韓国の次世代トップ俳優キム・スヒョンが初の一人二役に挑み「20代の代表作」と自ら発言した注目の主演作、『リアル』が4月14日(土)よりシネマート新宿 …

サスペンス映画

映画『ルイの9番目の人生』あらすじネタバレと感想 。ラスト結末も

9歳のルイはこれまでに9回も命の危機を迎えました。不遇すぎる運命のその真相に迫ります。 ロングセラー小説「ルイの9番目の命」を原作に、ファンタジックに描かれたサスペンス映画をご紹介します。 スポンサー …

サスペンス映画

シネマ歌舞伎『女殺油地獄』あらすじと感想レビュー。日本アニメやコミックに通じる伝統芸能の世界を体験しよう!

シネマ歌舞伎『女殺油地獄』は2019年11月8日(金)より、東劇ほか全国ロードショー! 2018年7月に大阪松竹座で上演された、十代目松本幸四郎襲名記念作品『女殺油地獄』が早くもシネマ歌舞伎化され、ス …

サスペンス映画

映画『ルイの9番目の人生』あらすじとキャスト。公開日時と映画館も

9年間で9度も命を失いかける少年ルイ。あまりにも不運な彼の運命の謎をいま、解き明かしていく…。 2018年1月20日より全国順次公開され、世界ベストセラーとなった原作を映画化した『ルイの9番目の命』は …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP