Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/05/16
Update

映画『くれなずめ』ネタバレ結末のあらすじと感想。死んでいる友への哀悼歌とアンサーソングが響き渡る

  • Writer :
  • もりのちこ

日が暮れそうで暮れない「暮れなずむ」時間。もうそろそろ「くれなずめ!」。

劇団「ゴジゲン」主宰でもあり、『アフロ田中』『バイプレイヤーズ』『アズミ・ハルコは行方不明』の松居大悟監督が、自身の体験を基に書き下ろした舞台劇の映画化。

高校時代につるんでいた6人の仲間たちが、結婚披露宴で余興をするために5年振りに集った。6人揃えばいつでもあの頃に戻っていた。そう、5年前までは。

ウケるはずの余興もすべり、2次会までの時間を持て余す6人は、高校時代の思い出を振り返るのでした。

6人の「今」と、思い出が蘇る「過去」が交差した時、果たして6人は「その答え」にたどり着くことができるのでしょうか。映画『くれなずめ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『くれなずめ』の作品情報


(C)2020「くれなずめ」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
松居大悟

【キャスト】
成田凌、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、高良健吾、飯豊まりえ、内田理央、小林喜日、都築拓紀、城田優、前田敦子、滝藤賢一、近藤芳正、岩松了、パパイヤ鈴木

【作品概要】
友人の死を受け止めることが出来ない仲間たちの寂しさを描いた映画『くれなずめ』。松居大悟監督自身の体験に基づき書かれたオリジナル脚本となります。

2017年、松居大悟監督が主宰の劇団「ゴジゲン」での舞台を経て、映画化となりました。

映画版の出演メンバーには、主人公・吉尾和希を演じる『カツベン』(2019)の成田凌をはじめ、高良健吾、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹と豪華キャストが勢揃い。また、男仲間6人に混ざり紅一点、同級生ミキエ役に前田敦子が登場。

映画主題歌は、ウルフルズの『ゾウはネズミ色』。今作のために書き下ろした1曲です。劇中のテーマ曲となる『それが答えだ!』のアンサーソングにもなっています。

映画『くれなずめ』のあらすじとネタバレ


(C)2020「くれなずめ」製作委員会

結婚披露宴会場で、念入りに余興の打ち合わせをする6人の男たち。高校時代の帰宅部仲間だった彼らは、友達の結婚式で余興をするために5年振りに再会していました。

学生の頃からの友達とは、久しぶりに顔を合わせてもすぐに昔に戻るものです。悪ふざけが過ぎる6人は、そのままカラオケへ。

太陽族の「誇り」で盛り上がるも、途中で息切れし歳をとったと感じるメンバー。

昔から優柔不断だけど心優しい吉尾、劇団を主宰する欽一と役者の明石、唯一の既婚者となったソース、会社員で後輩気質の大成、地元のネジ工場で働くネジ。みんな、アラサーになっていました。

「今日はお開きにしよう」と締めの挨拶を受け持った吉尾は、ふと感じていた疑問を口にします。

「もしかして、俺ってさぁ、ほら5年前…。分かってるよね?死んでるんだけど…」。

「あいあいあーい、んじゃまたね」。仲間たちはなぜか答えをはぐらかし、冗談のように扱いました。

結婚式当日です。パーティーは終わり、暗い表情の欽一と明石、そして吉尾が会場から出てきます。どうやら、余興がかなり滑ったようです。

満を辞して用意した余興は、かつて文化祭で披露した赤フンダンス。ウルフルズの『それが答えだ!』を、フンドシ一丁で全力で踊るというものでした。

ソース、大成、ネジもやってきます。「なんで脱がなかったんだよ」「なに、客イジリしてんだよ」「ヘラヘラ笑ってただろ。無表情の方が面白いって言ったじゃん」。責任の擦り付け合いです。

「つか、あれやって2次会行けます?」。大成の言葉にうなだれる仲間たち。「2次会までどんくらいあんの?」「3時間です」「持て余すなー」。それでも時間を潰すことにした6人。

どの店も満席で腰を落ち着けることが出来ません。6人はグダグダと歩きながら、昔のことを思い出していました。死んだはずなのにまだここにいる吉尾との思い出です。

12年前、高校の文化祭でやるコントに吉尾を誘ったのは明石でした。文化祭の打ち上げの席にやってきたイジメっこに、こっそり仕返しをしてやったことは、ソースと吉尾だけの秘密です。

「また一緒になんかやりたいね」。腹の底から笑ったあの日。

9年前、大成の部屋に泊まりに行ったネジと吉尾。吉尾の好きな人が同級生のミキエだったことが判明。「おやすみ。また、明日」。「また明日って良いよな」。「笑えるんだけど」。

もみくしゃになり笑いあったあの日。

6年前、仙台に就職した吉尾の元を訪ねる欽一。吉尾を劇団に誘うためでした。芝居を止め会社員としてやっていくことを吉尾は選びます。

おでん屋台で酒を酌み交わしながら、芝居について熱く語りあったあの日。

そして、2年前。吉尾の3周忌の日。大成は、駅のホームでミキエと出会います。「線香あげに来た」。

そのミキエが今、2次会までの時間つぶしをしている6人の前を通ります。

「あの余興なに?最悪なんだけど。あれ、吉尾じゃん。なんでいんの?」。

吉尾の存在を不思議とも思わないミキエ。相変わらずキレキャラのミキエに、吉尾は思い切って告白します。

「ずっと好きです」。

何も答えず、娘の写真を見せるミキエ。ミキエは結婚し、子供もいました。「んじゃ、2次会で」と立ち去るミキエに、「幸せになれよー!」と声をかける吉尾。

やっと思いを伝えられた。見守っていた5人も嬉しそうです。感動のシーンのはずでした。ミキエが振り向き怒りながら戻ってきます。「おいおい、さっきで終わりで良かったじゃん」。呟きが聞こえてきます。

「はぁ?もう幸せなってるし。死んでるから偉いの?生きてても変わんねぇんだよ」。ミキエの説教は続きました。

以下、『くれなずめ』ネタバレ・結末の記載がございます。『くれなずめ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「くれなずめ」製作委員会

ミキエへの告白で、吉尾が成仏すると思っていた大成たちは、まだ見える吉尾の姿にがっかりします。

試しにみんなで吉尾を持ち上げ、天に向かって胴上げをしてみました。「どう、行けそう?」。「まったく行けそうにない」。

夕焼けが綺麗です。「くれなずんでんなー」。欽一、明石、大成、ネジ、ソースは吉尾を無視することにしました。「忘れるんだ」。

思い起こされるのは、吉尾と会った最後の日。5年前、欽一と明石の芝居を見に東京に来た吉尾。舞台が終わり久しぶりの再会に盛り上がる仲間たちでしたが、吉尾は今日中に仙台に帰ると言い、ひとり帰っていきました。

あれが最後になるなんて、誰が思えたことでしょう。5人は、吉尾のいない現実に向き合わなければなりません。

消えたはずの吉尾が再び姿を現します。「出たり消えたり勝手にすんな」。

とうとう気持ちを爆発させる明石。止める欽一ともみ合いになり、気付くと心臓を握っていました。

次々、自分の心臓を取り出していく5人。「死をも超えるとはな!これが命の向こう側だ」。

そこには、永遠の時を生きる神鳥・ガルーダに仮装した吉尾の姿がありました。高校時代、文化祭でやったコントのようです。

5人が目を覚ますと、そこは辺り一面のお花畑でした。「お前ら老けたなー」。吉尾の声だけ聞こえます。

「こっちきてどうすんだよ。アホだな。戻れよ」。

散々思いを引きずってきた5人に対し、天国の吉尾は案外あっさりしていました。「なんか、ムカつくな」。欽一たちは、余興の練習を始めます。

「それが答えだぁ!」。渾身の力を振り絞り踊り出すと、そこはいつのまにか結婚披露宴の余興のステージになっていました。

赤フン一丁で踊るみんなの中に混じって、吉尾の姿もあります。笑顔で喜ぶ新郎新婦、「へたくそー」とヤジを飛ばしながら、ミキエも笑っています。最後のキメポーズまで踊り終えた6人の顔も満足そうです。

「それじゃあ、帰りますか。バイバイ」。見送る吉尾は少し寂しそうです。「おい、バカ。踊りとかコントとか、嬉しいけど嬉しくないよ、バカ」。5人は天国を立ち去ります。

5人が戻ったのは、最後に吉尾に会った5年前のあの晩でした。「過去でもなんでも書き換えてやろうぜ」。

劇場の外で大成とソースが、吉尾に「久しぶり」と声をかけます。ネジ、欽一、明石もやってきます。「芝居、面白かったよ」。あの日の会話が繰り返されます。

あの夜と違うことは、吉尾以外の仲間は全員知っているということです。これが、吉尾を見る最後だと。目に涙を浮かべ別れる仲間たち。

さぁ、まもなく2次会の時間です。空には、綺麗な夕焼けが広がっています。

日が暮れそうで暮れない時間。「もう、くれろよ」。5人は笑いながら歩き出しました。

スポンサーリンク

映画『くれなずめ』の感想と評価


(C)2020「くれなずめ」製作委員会

松居大悟監督が自身の体験に基づき書き上げたオリジナル脚本『くれなずめ』。友人の死を受け入れられず引きずって生きる者たちの寂しさを、ユーモラスに描きます。

タイトルの『くれなずめ』は、日が暮れそうで暮れない時間「暮れなずむ」を変化させ、命令形にした造語で、形容できない時間、なんとも言えない愛おしい瞬間に名付けたものだそうです。まさに、この物語を言い表すのにぴったりな言葉だと感じました。

ストーリー展開では、けっこうな序盤で衝撃が走ります。高校時代の仲間6人が久しぶりに集まった席で、主人公の吉尾(成田凌)が、実は死んでいることが発覚します。

普通に姿が見え、話し、笑い合える吉尾の姿に、何の疑問も持たず接する仲間たちでしたが、その心の底は、友人の死を受け入れられないまま過ごして来た寂しい思いで溢れていました

スベりにスベった結婚式での余興のあと、2次会までのぽっかり空いた時間、残された5人は、ふとしたことから吉尾との思い出を回想していきます。

それぞれの思い出が、いちいちクセが強いというのが特徴ですが、学生時代の思い出なんてくだらないことばかりだったと懐かしくなります。

友達が集まれば、ただそれだけで楽しかったあの頃。大人になって思い出すと、ぽっと心があったかくなる記憶。あの時間は宝物だったように思えます

大事な人との楽しい思い出は、本当にふとした時に蘇ってくる時があります。いつまでも浸っていたい時間。それが「暮れなずむ」時間なのかもしれません。

それでも映画のラストには、仲間たちがいよいよ吉尾と本当のお別れをする時がきます。綺麗だった夕焼けの時間はもう終わりです。

「くれなずめ」。残された者は、どんなに悲しくても現実の明日をちゃんと迎えなければなりません。過去を書き換えても、前に進むことを決めるのは自分です

映画のテーマ曲

劇中で欠かすことができない余興シーン。6人がフンドシ一丁で踊る曲がウルフルズの『それが答えだ!』です。

彼らが高校生の頃にもやってウケた鉄板ネタのはずでした。アラサーの彼らは余興でやってスベリます。中途半端でやり切れない気持ちが敗北の原因でしょう。

その後、彼らはそれぞれ吉尾の死と向き合い、再び『それが答えだ!』を踊る時がきます。見事にやり切った赤フンダンスに、彼らと共に吹っ切れたという爽快感を味わえます。

また、映画の主題歌には、ウルフルズが映画のために書き下ろした『ゾウはネズミ色』が使われています。『それが答えだ!』から約25年の時を経て、アンサーソングともいえる曲となりました。

『それが答えだ!』では、結局その答えが何なのかは明かされていません。ウルフルズ好きという設定の吉尾が、「答えが明かされていない所が良いのだ」と触れるシーンもあります。

トータス松本は、楽曲提供についてのインタビューで、こう言っています。「25年経って、答えにはたどり着けない事を知ったというだけ。それで良いという答えなのだ」と。

納得いかない物事に無理やり答えを探そうとしても、間違いばかりが見つかるかもしれません。ふとした、しょーもない時間の狭間にこそ、小さな答えを見つけることが出来るのかもしれません。

絶妙なキャスティング


(C)2020「くれなずめ」製作委員会

また、映画の見どころのひとつに、絶妙なキャスティングがあげられます。成田凌、高良健吾、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹と、実力派俳優たちが集結。本当の同級生かと思えるほどの、息の合った演技を見せます

6人揃えばコントのような掛け合いが始まり、バカなことを本気でやる仲間内のノリに、見ている方もクスッと笑えます。

また、男仲間6人の同級生ミキエ役に前田敦子が登場。出演シーンでは、毎回キレるというキャラを豪快にやり切っています。男だらけのぐだぐだなノリを、バチンと一発しめてくれる存在です。

その他にも、ちょい役で意外な豪華俳優が登場するなど、小ネタ満載の松居大悟監督ワールドが楽しめます

まとめ


(C)2020「くれなずめ」製作委員会

友人の結婚披露宴で「赤フンダンス」の余興をするために集まった高校の同級生6人の、今と過去の物語『くれなずめ』を紹介しました。

形容できない時間、なんとも言えない愛おしい瞬間「くれなずめ」。時に立ち止まり、大切な人との思い出に浸る時間があっても良いんじゃないでしょうか。

答えを求めるだけが人生じゃない。答えがないことも認めて、しょーもない感情も抱えて、それでも生きていれば良いこともあって、そしてまたいつか、大事な人と再会できる日がくるはずです。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

実写映画『リバーズエッジ』二階堂ふみ・吉沢亮らの演技力の評価は

岡崎京子の原作漫画が行定勲監督の手によって映画化! 二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵ら若手実力派が岡崎ワールドを体現。 主題歌を担当するのは岡崎京子の盟友である小沢健二。 二階堂ふみ主演の映画『リバーズ・エ …

ヒューマンドラマ映画

映画『はるヲうるひと』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。タイトルの意味がラストで清々しい人間ドラマを佐藤二朗が描く

閉塞感の溢れる島を舞台に「明日を生きる為の希望」を得る、人々の群像劇。 日本のどこかに存在する架空の島を舞台に、壮絶な過去を背負った兄妹と、その周囲の人達の人間ドラマを描いた映画『はるヲうるひと』。 …

ヒューマンドラマ映画

【アウトレイジ最終章】あらすじネタバレ。大友の原点考察や感想も

2010年に“全員悪人”という強烈なキャッチコピーをもって公開された北野武監督作品『アウトレイジ』。北野組初参加のキャストを集めスマッシュヒットを記録しました。 その後を受けて北野映画初の続編『アウト …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハクソー・リッジ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

俳優としても有名なメル・ギブソンが10年ぶりに監督した作品です。 日本での公開は6月24日予定ですが、沖縄戦を舞台にしたこの戦争映画はアカデミー賞など様々な賞にノミネートされた話題の映画です。 『ハク …

ヒューマンドラマ映画

映画『ストックホルム・ケース』感想評価とレビュー解説。実話を基にイーサン・ホークが憎めない銀行強盗を熱演

2020年11月6日(金)映画『ストックホルム・ケース』がヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿、UPLINK吉祥寺ほかで上映。 イーサン・ホークが『ブルーに生まれついて』のロバート・バドロー監 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学