Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/10/21
Update

映画『マークスマン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。リーアム・ニーソンが最強の元狙撃兵と化して凶悪な麻薬カルテルと対峙するアクション・エンタテインメントが日本上陸!

  • Writer :
  • 大塚まき

狙う! 撃つ!! 仕留める!!!
今度のリーアム・ニーソンは、的中率100%の元狙撃兵

凶悪麻薬カルテルから 身寄りのない少年を守り抜け! 妻に先立たれた元狙撃兵と家族を失ったメキシコ人少年のアメリカ横断逃避行。


(C)2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.

アカデミー賞ノミネートの実力を誇る演技派アクターであり、年輪を刻みながらも、アクション俳優の地位も確立した、リーアム・ニーソン。そんな彼が“最強の元狙撃兵”と化して凶悪な麻薬カルテルと全面抗争を繰り広げる最新作『THE MARKSMAN』の邦題を『マークスマン』として、2022年1月7日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて日本公開することが決定しました。

あわせて、ポスタービジュアルが解禁となります。

スポンサーリンク

映画『マークスマン』について

参考:『THE MARKSMAN』公式インスタグラム

全米で2週連続のナンバーワンヒットを飛ばした『マークスマン』は、リーアム・ニーソンが元狙撃兵を演じ、凶悪麻薬カルテルと対峙するアクション・エンタテインメント

リーアム・ニーソン演じる主人公ジム・ハンソンが、メキシコの麻薬カルテルの魔の手から逃れようと国境を越えてきた少年を助けたために、追われる身に。

ジムは、親戚が暮らすというシカゴに少年を送り届けるためにアメリカ横断の旅へ出かけるが、アメリカに不法侵入したカルテルは執拗に彼らを追撃し…。果たしてジムは少年を守り、無事シカゴにたどり着けるのでしょうか。

「96時間」シリーズで“最強の親父”という呼び名を得て以来、アクション俳優として破竹の活躍を続けてきたリーアム・ニーソンが、いぶし銀の魅力をより一層増し“最強の元狙撃兵”と化して凶悪な麻薬カルテルと全面構想を繰り広げます。

監督・脚本は、『人生の特等席』(2012)で監督デビューを果たしたロバート・ロレンツ

硫黄島からの手紙』(2006)『グラン・トリノ』(2008)『アメリカン・スナイパー』(2014)などのクリント・イーストウッド監督の名作に製作のひとりとして深く関わった、いわばイーストウッド作品の遺伝子を継ぐ才人。

彼が手を加えた脚本を読み、リーアム・ニーソンはそこにイーストウッドが長年にわたって体現してきた寡黙な一匹狼の闘志を感じ取ったといいます。

目を奪われるアクションの描写はもちろん、人生の重荷を背負って前に進むアウトローの美学にも筋が通っており、歯応えのある物語をきっちりと構築した点も見逃がせません。

映画『マークスマン』のポスタービジュアル

本記事の冒頭に記載した、この度解禁となったポスタービジュアルは、ショットガンを覗き込むリーアム・ニーソンの写真が大きく使われたデザインとなっています。

この男に照準を当てられたら最後!と思わせるリーアム・ニーソンの鋭い眼光が印象的

そして壮絶にクラッシュしている車と、凶悪さが否応なく伝わる麻薬カルテルによるリンチの様子、不安そうな少年があしらわれ、過酷な逃避行を予感させます。

また、コピーの「狙う! 撃つ!! 仕留める!!!」が、リーアム・ニーソン演じる主人公ジムの意志の強さ、狙撃の腕への確かな自信を感じさせ、主人公と麻薬カルテルの勝負の行方に期待が高まってきます。

スポンサーリンク

映画『マークスマン』の作品情報

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
THE MARKSMAN

【監督・脚本】
ロバート・ロレンツ

【キャスト】
リーアム・ニーソン、キャサリン・ウィニック、フアン・パブロ・ラバ、テレサ・ルイス、ジェイコブ・ペレス

映画『マークスマン』のあらすじ

愛妻に先立たれ、メキシコ国境付近の町で牧場を営みながら愛犬と暮らす元海兵隊の腕利き狙撃兵、ジム・ハンソン。

ある日、メキシコの麻薬カルテルの魔の手を逃れ、越境してきた母子を助けたことから、彼の運命は大きく変わり始めます。

カルテルに撃たれた母親は、ジムに11歳の息子ミゲルを託して絶命しました。

ミゲルをシカゴに住む親類のもとに送り届けてほしい――日々の生活に手いっぱいのジムでしたが、仕方なくこれを引き受けます。

一方、米国に侵入したカルテルは執拗に彼らを追撃。迫りくる危機に、ジムは必死に抵抗します。

果たして彼は、ミゲルを守り、シカゴにたどり着くことができるのか?

命を懸けた戦いの火ぶたが、切って落とされました。

スポンサーリンク

まとめ

参考:『THE MARKSMAN』公式インスタグラム

ハリウッドを代表する演技派アクション俳優、リーアム・ニーソンの次なる敵は、凶悪麻薬カルテル! 全米では公開2週連続No.1ヒットを遂げました。

託されたことはやり遂げる元狙撃兵が家族を失ったメキシコ人少年を連れて、シカゴに向かいます。

最強の元狙撃兵と化して凶悪な麻薬カルテルと全面構想を繰り広げるリーアム・ニーソンのアクション・エンタテインメントが日本上陸です。

リーアム・ニーソン最新作映画『マークスマン』は、2022年1月7日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』あらすじ/キャスト/予告動画。ディオールとエルメス協力で描く人間ドラマ

パリを舞台に、世界最高峰で勝負する女性調香師の再起。 ディオール、エルメスの専属調香師、豪華協力によって映画化が実現! フランス興行成績NO.1の成績で大ヒットスタートした映画『パリの調香師 しあわせ …

新作映画ニュース

ジョニー・デップ映画『グッバイ、リチャード!』あらすじ/キャスト/公開日。感動ドラマThe Professorが日本上陸!

6月9日はジョニー・デップ誕生日! 2018年に製作されたジョニー・デップ主演映画『The Professor』。 (C)2018 RSG Financing and Distribution, LL …

新作映画ニュース

映画『ドロステのはてで僕ら』あらすじ。キャストは劇団ヨーロッパ企画で6月より全国順次公開!

人気劇団・ヨーロッパ企画初のオリジナル長編映画いよいよクランクイン。 京都を拠点に活動を続け、毎年の本公演では1万5千人を動員する人気劇団ヨーロッパ企画。 劇団として取り組む初のオリジナル長編映画『ド …

新作映画ニュース

映画『パーフェクト・ケア』あらすじ/キャスト/解説考察。ロザムンド・パイクが高齢者を搾取する悪徳後見人を怪演!

『パーフェクト・ケア』は2021年12月3日(金)、全国劇場3週間限定公開と同時にデジタル配信開始決定! イギリスの映画・ドラマ・舞台で様々な役柄に挑み、体当たり演技を披露していたロザムンド・パイク。 …

新作映画ニュース

映画『15ミニッツ・ウォー』あらすじとキャスト。実話を描いたアクションの日本公開は10月11日!

前人未聞の人質救出作戦。 壮絶な実話を基に描く“極限の戦場”! 人質は21人の子どもと美人女性教師。5人のスナイパーVSテロリスト © 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROU …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学