Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/12/03
Update

インド映画『グレート・インディアン・キッチン』あらすじ/上映館/劇場公開日。結末ラストまで共感させる問題作!

  • Writer :
  • 石井夏子

これは本当に映画だろうか、これは現実そのものではないのか?

ありふれた家事労働の描写を通して、インドのミドルクラスを中心に根強く残る家父長制とミソジニー(女性嫌悪)を鋭く描き、大きな議論を呼んだ『The Great Indian Kitchen』(原題)。

(c)Cinema Cooks, (c)Mankind Cinemas, (c)Symmetry Cinemas

邦題『グレート・インディアン・キッチン』として2022年1月21日(金)より新宿ピカデリー他にて全国順次公開されることが決定しました。

多くの男女の共感を呼び、映画祭上映でリピーター続出の問題作が、ついに劇場一般公開となります。

スポンサーリンク

映画『グレート・インディアン・キッチン』について

2021年1月、1本の映画が、コロナ禍のインドで無名の配信サービスによってひっそりとオンライン封切りされました。

その作品『The Great Indian Kitchen』は、インドの南西の端にあるケーララ州の公用語マラヤーラム語で作られ、当初観客として見込まれていたのは、そのマラヤーラム語話者の約3,480万人でした。それは13.8億のインド総人口の3%以下。

登場人物も舞台となる場所も限られた、ミニマリズム的なこの作品のオンライン封切りに当たっては、宣伝らしい宣伝も行われませんでした。

しかし公開後間もなくから主に女性の観客の間で大評判となり、ほどなく彼女たちは自主的に宣伝活動を始め、アクセス集中のため弱小配信サイトのサーバが数日間ダウンするほどの事態となったんです。

クチコミからの大ヒットによって、大手であるインド・アマゾンのプライムビデオによる配信も2か月後にスタートし、英語字幕の力によってインドのさらに多くの観客の間にも共感の輪が広がり、そこから上海国際映画祭を始めとする国内外の映画祭への出品にもつながっていきました。

日本では、東京・大阪他でSPACEBOXが主催・開催した『インディアンムービーウィーク2021パート1』(6月)と『パート2』(9月)での上映では、男女の観客から圧倒的な支持を得た本作。

また、9月に『FRaU』誌オンライン版で本作が紹介された際には、普段インド映画に触れていない読者層にも幅広くリーチし、「どこでどうやったら観られるのか」という声が多く上げられました。

映画『グレート・インディアン・キッチン』の作品情報

【日本公開】
2022年(インド映画・マラヤーラム語)

【原題】
The Great Indian Kitchen

【監督】
ジヨー・ベービ

【キャスト】
ニミシャ・サジャヤン、スラージ・ヴェニャーラムード

【作品概要】

スポンサーリンク

映画『グレート・インディアン・キッチン』のあらすじ

ケーララ州北部のカリカットの町で、高位カーストの男女がお見合いで結婚しました。

夫は由緒ある家柄の出で、伝統的な邸宅に暮らしています。

中東育ちでモダンな生活様式に馴染んだ妻は、夫とその両親とが同居する婚家に入りますが、台所と寝室で男たちに奉仕するだけの生活に疑問を持ち始めます。

教育を受けた若い女性が、家父長制とミソジニー(女性嫌悪)に直面して味わうフラストレーションをドキュメンタリー的タッチで描き…。

まとめ

参考:『The Great Indian Kitchen』予告編

マイナー配信サイトから、大手サイトへ、そして世界の映画祭へ、数奇な道筋をたどったウィズコロナ時代の特異なヒット作が、この日本で世界初の劇場一般公開となります。

グルメ番組のように始まり、やがて家族制度の暗部に切り込んでいくホームドラマ『グレート・インディアン・キッチン』は、2022年1月21日(金)より新宿ピカデリー他全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『いつも月夜に米の飯』あらすじとキャスト。主題歌は吉澤嘉代子に決定

(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会 加藤綾佳監督×山田愛奈主演の映画『いつも月夜に米の飯』は、9月8日よりシネマカリテほか全国順次ロードショー。 新潟県を舞台にした、おいしそうでちょっぴ焦 …

新作映画ニュース

最新作公開日決定『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』あらすじ/キャスト。予告編ラストには「人体実験・研究・拡散・機密・漏洩」のキーワードも現れる!

「バイオハザード」シリーズの最新作の日本公開が、2022年1月28日(金)に決定! サバイバル・アクション映画「バイオハザード」シリーズは、全世界のシリーズ累計売上本数が 1億1700万本を超えるカプ …

新作映画ニュース

塚本晋也監督『鉄男』30周年記念リレー上映!アップリンク吉祥寺にて8月9日より開催

鉄男30周年記念リレー上映『鉄男』『鉄男ⅡBODY HAMMER』 アップリンク吉祥寺にバトンが到着! 塚本晋也監督『鉄男』30周年記念特集上映がアップリンク吉祥寺にて2019年8月9日(金)より1週 …

新作映画ニュース

【映画公開記念プレゼント】バイオレンス・ボイジャー特製トートバック&宇治茶監督サイン入りプレスシート。抽選10名様にガクブル((((;゚Д゚))))贈答

映画『バイオレンス・ボイジャー』は2019年5月24日(金)より全国ロードショー! 劇画とアニメーションを融合した表現技法「ゲキメーション」によって宇治茶監督が描く、バイオレンスそしてグロテスクに満ち …

新作映画ニュース

北欧映画祭が大阪の阪急うめだ本店にて開催。キノ・イグルーからヨーロッパ北部の世界を知る喜び

「北欧映画祭 Collaboration withキノ・イグルー」 2019年5月31日(金)と6月2日(日)の2日間、阪急うめだ本店にて開催決定! ©︎HANKYU HANSHIN DEPARTME …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学