Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『女神の継承』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。韓国のナホンジン監督がプロデュースした恐怖のエンターテインメントがこの夏日本へ!

  • Writer :
  • 星野しげみ

タイ×韓国のタッグのホラー映画『女神の継承』が日本到来!

韓国映画界が誇るナ・ホンジン監督が、観る者を圧倒する恐怖とエンターテインメントの完璧なる融合を望み、原案・プロデュースした『랑종(原題)』『THE MEDIUM(英題)』


(C)2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

このたび、邦題を『女神の継承』として、2022年7月29日(金)シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン 池袋、UPLINK吉祥寺ほか、8月12日(金)より丸の内ピカデリーなど、全国ロードショーが決定しました。

あわせて、ポスタービジュアルも解禁となりましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『女神の継承』について

映画『女神の継承』は、カンヌ国際映画祭に出品され、世界中の度肝を抜いた2016年の『哭声/コクソン』の続編として、企画がスタートしました。

哭声/コクソン』(2016)のナ・ホンジン監督が、『ただ悪より救いたまえ』(2020)『ベテラン』(2015)のファン・ジョンミンが怪演した祈祷師・イルグァンの物語を思いついたことが始まりです。

ナ・ホンジンが監督に抜擢したのは、タイ出身監督バンジョン・ピサンタナクーン。

彼によって本作へと受け継がれたその構想で哭声/コクソン』(2016)のアナザー・バージョンとも言える衝撃作が完成しました。

本作がプレミア上映された2021年プチョン国際ファンタスティック映画祭では、最優秀長編映画賞を受賞。

またその後も、ホラー作品にも関わらず、米アカデミー賞国際長編映画賞タイ代表に選出され、韓国劇場公開では、青少年観覧不可(映倫区分R18+相応)でありながら、興行収入初登場第1位を記録しました。

映画『女神の継承』のポスタービジュアル

今回解禁されたポスタービジュアルに映るのは、暗闇の中に浮かぶ「祈りの先に 救いはあるのか。」という言葉と、呪詛が記された布を被る人型の奇妙なシルエット

人間の首にあたる部分に首飾りのように巻かれている縄も、絞首を連想させる意味深なものです。

本作は、タイ東北部イサーン地方を舞台に、深い森や神秘的な洞窟、エキゾチックな儀式を余すところなくカメラに収めているといいます。

ポスタービジュアルは、観る者を社会の常識が通用しない戦慄の秘境へと招き入れているようです。

スポンサーリンク

映画『女神の継承』の作品情報

【日本公開】
2022年(タイ、韓国映画)

【原案・プロデュース】
ナ・ホンジン

【監督】
バンジョン・ピサンタナクーン

【キャスト】
サワニー・ウトーンマ、ナリルヤ・グルモンコルペチ、シラニ・ヤンキッティカン

映画『女神の継承』のあらすじ

小さな村で暮らす若く美しい女性ミン。

ある日突然、原因不明の体調不良に見舞われ、まるで人格が変わったように凶暴な言動を繰り返します。

途方に暮れた母親は、祈祷師である妹のニムに助けを求めました。

もしやミンは一族の新たな後継者として選ばれて憑依され、その影響でもがき苦しんでいるのではないかー。と、そんな考えも浮かびます。

やがてニムはミンを救うために祈祷を行いますが、彼女に取り憑いている何者かの正体は、ニムの想像をはるかに超えるほど強大な存在でした……。

スポンサーリンク

まとめ

いよいよこの夏、タイ×韓国のタッグで世界を震撼させたホラー映画の大本命が邦題を『女神の継承』として、ついに日本到来となりました。

哭声/コクソン』(2016)のナ・ホンジン監督が、最高を望み、観る者を圧倒する恐怖とエンターテイメントの完璧なる融合を求めた衝撃作です。

圧巻のホラー、 “恐怖”と“エンターテイメント”の融合を映画館でぜひご体験ください。

映画『女神の継承』は、2022年7月29日(金)シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン 池袋、UPLINK吉祥寺ほか、8月12日(金)より丸の内ピカデリーなど、全国ロードショー!!

関連記事

新作映画ニュース

松本人志が恐怖を煽る予告編解禁!ゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』場面写真の紹介も

悪夢のような予告編 世界各国の映画祭から招待され、絶賛を受けた映画『バイオレンス・ボイジャー』が2019年5月24日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかにてロードショーされます。 (C)吉本興業 本作は、 …

新作映画ニュース

映画『アイス・ロード』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。リーアム・ニーソン最新作はレスキュー・エンターテインメント!

全世界が胸を熱くした『アルマゲドン』の脚本家が放つ 決死のレスキュー・エンターエンターテインメント ! 『96時間』シリーズで演技派アクションスターの名を轟かせた“不屈の男”リーアム・ニーソンが主演を …

新作映画ニュース

染谷将太が映画監督を務めた『ブランク』あらすじ。渋谷ユーロスペースで過去作と共に一挙上映

『きみの鳥はうたえる』や『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』で演技派として実力を見せる俳優の染谷将太。 © Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM] 染谷 …

新作映画ニュース

映画『藍に響け』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。久保田紗友×紺野彩夏が「和太鼓ガールズ」実写化青春ムービーにW主演!

紺野彩夏&久保田紗友、ダブル主演青春映画が新タイトル『藍に響け』で5月21日公開に決定! 吹越満、筒井真理子ら追加キャストも発表。 すたひろによる漫画『和太鼓†ガールズ』を原作とした実写映画『藍に響け …

新作映画ニュース

『カゾクデッサン』神戸・元町映画館にて今井文寛監督がリモート舞台挨拶。家族の思いが交差する関係性において“人間臭い温かみ”を感じる

映画『カゾクデッサン』は2021年4月23日(金)より京都みなみ会館、4月24日よりシアターセブン(大阪)、元町映画館(神戸)にて公開!  交通事故に遭い意識が戻らない妻の身を案じる夫とその息子。ある …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学