Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/07/22
Update

映画『VIDEOPHOBIA』あらすじ/キャスト/上映館/劇場公開日。注目のスリラーはモノクロで大阪を描く!

  • Writer :
  • 石井夏子

フランスの巨匠オリヴィエ・アサイヤスをはじめ、世界が絶賛した、衝撃の日本映画!

モントリオール新映画祭での評判を受け、大阪アジアン映画祭での日本プレミア上映が全回ソールドアウトした映画『VIDEOPHOBIA』。

映画『VIDEOPHOBIA』が2020年10月24日(土)より新宿K’s cinema、11月7日(土)より池袋シネマ・ロサ、大阪・第七藝術劇場で公開されることが決定し、本ビジュアルが解禁となりました。

さらに、実施中のクラウドファンディングもわずか9日間で目標金額に達成し、映画を待ち望むファンからの注目度の高さがうかがえます。

スポンサーリンク

映画『VIDEOPHOBIA』について

(C)「VIDEOPHOBIA」製作委員会

本作『VIDEOPHOBIA』は、ネットワークの落とし穴から迷い込んだ異世界で、追いつめられる主人公の孤立と恐怖を描く、大阪のアンダーグラウンドを舞台にした、モノクローム・サイバー・スリラーです。

『大和(カリフォルニア)』『TOURISM』で国内外からの熱い注目を集めた俊英・宮崎大祐監督が、ディープな大阪のさらに奥へと進み、日常の何気ない裂け目から見えてくる、確かに存在する異世界を、モノクロームでとらえました。

ヒロイン・愛を体当たりで演じたのは、サニーデイ・サービス「セツナ」のMVでブレイクし、『クシナ』では葛藤の演技で観客の心を掴んだ廣田朋菜

さらに『リリイ・シュシュのすべて』で脚光を浴びて以来、独特の存在感を放ち続ける忍成修吾や、イラン出身のタレントで、女優としての活躍も目覚ましいサヘル・ローズの怪演にも注目です。

(C)「VIDEOPHOBIA」製作委員会

サントラは日本のみならず海外でも人気を誇る BAKU(KAIKOO)、エンディングテーマは大阪出身の大人気ラッパーJinDogg、ヌンチャクらによるオリジナル曲。

モントリオール新映画祭での「魅惑的かつ凄惨!」との評を受け、2020年3月に開催された大阪アジアン映画祭の国内プレミア上映は全回ソールドアウト

フランスのアサイヤス監督は「見事な作品!主演女優はとても身体的で、自然で、それでいて神秘的だ。そしてこの映画自体も同様に、シンプルで、エレガントで、明晰で、反復の中に日常生活の神秘とも言える何かを捉えている。」と惜しみない賛辞を送りました。

また、女優の小泉今日子は「現代日本の若者のリアルな日常に潜む危うさをスリリングに描きながらも、ヌーヴェルヴァーグの香りがぷんぷん匂う。こういうの私は好きです。」と称賛しています。

映画『VIDEOPHOBIA』の作品情報

(C)「VIDEOPHOBIA」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
宮崎大祐

【音楽】
BAKU(KAIKOO)

【キャスト】
廣田朋菜、忍成修吾、芦那すみれ、梅田誠弘、サヘル・ローズ、辰寿広美、森田亜紀

スポンサーリンク

映画『VIDEOPHOBIA』のあらすじ

(C)「VIDEOPHOBIA」製作委員会

東京で女優になるという夢破れて故郷・大阪のコリアンタウンに帰って来た29歳の愛はそれでも夢をあきらめきれず、実家に住み、バイトをしながら演技のワークショップに通っていました。

そんなある日、クラブで出会った男と一晩限りの関係をもってしまう愛。

数日後、愛はその夜の情事を撮影したと思われる動画がネット上に流出していることに気づきます。

その後も連日、その夜のものと思われる動画がネット上に投稿されてしまいます。

自分のものとは断言できないものの拡散し始める映像に、愛は徐々に精神を失調し始め…。

まとめ

(C)「VIDEOPHOBIA」製作委員会

世界が注目する日本映画の劇場公開が満を持して決定しました。

コロナ禍で休業を余儀なくされ大打撃を受けた全国の映画館での公開を盛り上げるべく実施中のクラウドファンディングは、わずか9日間で目標金額に達成し、映画ファンからの注目度の高さがうかがえますね。

達成後の現在も、より多くの劇場での公開を目指し、7月30日まで『VIDEOPHOBIA』クラウドファンディングページにてサポーターを募っています。

映画『VIDEOPHOBIA』は2020年10月24日(土)より新宿K’s cinema、11月7日(土)より池袋シネマ ・ロサ、第七藝術劇場にて、ほか全国順次公開です。




関連記事

新作映画ニュース

映画『この世はありきたり』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月4日と決定の塩出太志監督作!

塩出太志×岡田あがさ。 奇才と鬼才の狂演。 『死神ターニャ』(第26回・東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ)、『時時巡りエブリデイ』『ロード・オブ・ツリメラ』など独自の世界観の映画を創り続けている塩 …

新作映画ニュース

【2019年11月29日〜30日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画『インディペンデントリビング』あらすじと公開情報。2020年春に障害者の自立生活を描くドキメンタリー上映

“生きづらさ”を抱えた人たちが“自分らしさ“を取り戻すドキュメンタリー 重い障害を持つ者に、一人暮らしはできるのだろうか? ©ぶんぶんフィルムズ 自立生活を希望する障害者たちに密着したドキュメンタリー …

新作映画ニュース

映画『透明人間☆田村透』あらすじとキャスト。下北沢トリウッドにて11月16日より2週間限定公開

新たなインディペンデント映画の意欲作が登場! 専門学校東京ビジュアルアーツの実習作品として制作された米山耕太監督の『透明人間☆田村透』。 映画『透明人間☆田村透』 2019年2月のトリウッドでのイベン …

新作映画ニュース

映画『RUN!-3films-』あらすじとキャスト。土屋哲彦と畑井雄介の監督作が11月に劇場上映!

2019年11月に池袋シネマ・ロサにて劇場ロードショー ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、数々の映画祭に招待され受賞もしてきた土屋哲彦監督、畑井雄介監督の疾走感溢れる3作品を1つに集めたオ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学