Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『モーターギャング』あらすじキャスト。【未体験ゾーンの映画たち2019】での日本公開が決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『モーターギャング』2019年4月5日(金)公開決定

映画『モーターギャング』の公開が、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催中の“未体験ゾーンの映画たち2019”にて4月5日より決定しました。

あわせてビジュアル&予告映像も解禁されました。

ただのアクション映画では終わらない本作をぜひお楽しみください。

スポンサーリンク

映画『モーターギャング』の予告映像

バイクにまたがり、疾走する男たち。

そこで浮かび上がるメッセージ。

「かつて、アメリカン・モーターサイクリスト・アソシエーションは「99%のバイク乗りは法を遵守している」との声明を発表した。しかし、自らを残りの「1%」と称し、今尚犯罪行為を続ける集団がある。」

全てが順調だったモーターギャングのナンバー2・パドー(ライアン・コア)でしたが、風向きが変わってきます。

兄が起こしたトラブル、ボスの出所、パドーに持ちかけられた無茶な条件…。

銃弾が飛び交い、血で血を洗うような紛争が勃発。

最後は、鏡の前で銃をスライドさせるパドーの、決意に満ちた表情が映し出されます。

モーターギャングの危険な日常と抗争をスリリングに描き、本国オーストラリア・アカデミー賞で5部門にノミネートされるなど話題と高い評価を獲得した本作。

リアルな狂気が観客を圧倒する、傑作アウトロー・アクションに仕上がっています。

映画『モーターギャング』の作品情報


©2017 Ticket to Ride Ply Ltd, Screenwest (Australia) Ltd , See Pictures Ply Ltd, Spectrum Films, PJ Pictures Ply Ltd and Red Apple Camera Rentals Ply Ltd

【公開】
2019年(オーストラリア映画)

【監督】
スティーヴン・マッカラム

【キャスト】
ライアン・コア、アビー・リー、マット・ネイブル、シモーヌ・ケッセル

【作品概要】
本国オーストラリア・アカデミー賞で5部門にノミネートされるなど、話題と高い評価を獲得した本作。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のダグ役が印象深いアビー・リー、『ハクソー・リッジ』(2017)のライアン・コアを始めオーストラリアの人気俳優たちが集結しました。

スポンサーリンク

映画『モーターギャング』のあらすじ


©2017 Ticket to Ride Ply Ltd, Screenwest (Australia) Ltd , See Pictures Ply Ltd, Spectrum Films, PJ Pictures Ply Ltd and Red Apple Camera Rentals Ply Ltd

凶暴なモーターギャングクラブ・コッパーヘッズの幹部パドーは、刑務所にいるボスの代わりにクラブを取り仕切り、仲間からの信頼も厚い男。

しかし、同じ組織に所属する実の兄が他のギャングとトラブルを起こし、命を狙われるハメに。


©2017 Ticket to Ride Ply Ltd, Screenwest (Australia) Ltd , See Pictures Ply Ltd, Spectrum Films, PJ Pictures Ply Ltd and Red Apple Camera Rentals Ply Ltd

相手は兄を見逃すことを条件に、パドーに無茶な取引を持ちかけてきますが、最悪のタイミングでボスが出所します。

パドーは誰にも知られることなく事態を収集しようとするも、状況は悪化。

やがて泥沼の抗争劇へと発展していくことに…。


©2017 Ticket to Ride Ply Ltd, Screenwest (Australia) Ltd , See Pictures Ply Ltd, Spectrum Films, PJ Pictures Ply Ltd and Red Apple Camera Rentals Ply Ltd

“未体験ゾーンの映画たち2019”とは


©2017 Ticket to Ride Ply Ltd, Screenwest (Australia) Ltd , See Pictures Ply Ltd, Spectrum Films, PJ Pictures Ply Ltd and Red Apple Camera Rentals Ply Ltd

2012年より毎年開催されている、劇場発映画祭です。

日本未公開の注目作や新作をスクリーンで公開、体験しようと言う試みです。

第8回目の2019年は、世界各国、あらゆるジャンルから選出された貴重な映画が一挙に58本公開。

Cinemarcheでは“未体験ゾーンの映画たち2019”の鑑賞コラムも掲載中!

ライター・映画屋のジョンさんが全58作を制覇するべく映画館に赴き、各作品の記録や感想をコラムに綴っています。

「未公開作ってことは面白くないんでしょ?」なんて思いこまずに、ぜひ一度体験してみて下さい!

スポンサーリンク

まとめ


©2017 Ticket to Ride Ply Ltd, Screenwest (Australia) Ltd , See Pictures Ply Ltd, Spectrum Films, PJ Pictures Ply Ltd and Red Apple Camera Rentals Ply Ltd

2019年4月5日(金) より、ヒューマントラストシネマ渋谷“未体験ゾーンの映画たち2019” にてロードショーされる映画『モーターギャング』。

予告を見たらおわかりいただけますように、手に汗握るアクションと、濃厚な人間ドラマで観客を圧倒する力作です。

オーストラリア・アカデミー賞で5部門にノミネートされるほどの実力派アウトロー・アクション映画『モーターギャング』。

ぜひ劇場で体験して下さい。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

関連記事

新作映画ニュース

斎藤工映画『TOKYO TELEWORK FILM』が始動!監督最新作はテレワークを舞台にリモート撮影でクランクイン

齊藤工監督の最新オムニバス映画プロジェクトが始動。 映画業界の未来を鑑みて、いろいろな動きが広がる中、新たな企画がはじまりました。 (C)EAST FACTORY INC. 新型コロナウイルス対応の緊 …

新作映画ニュース

【2020年1月31日〜2月1日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

X-MENシリーズ20年を祝うイベント開催!映画ダーク・フェニックスの限定ポスター解禁も

大規模グローバルイベント“X-MEN DAY”の詳細は!? 2019年6月21日(金)に全国ロードショーされる映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』。 シリーズ最終章を迎える「X-MEN」シリーズの …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの水原ケイ子役は橋本愛【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

韓国ノワール映画『毒戦 BELIEVER』予告編完成!2019年日本公開の全員クセ者のキャラに惹きこまれる

姿なき麻薬王を追うマトリが潜入した〈狂人区〉。 そこで見た驚愕の真実とは? 韓国で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『デッドプール2』を押さえ初登場第1位を記録し、傑作『新しき世界』(2013 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP