Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/11/23
Update

映画『決戦は日曜日』キャストの赤楚衛二(あかそえいじ)は岩渕勇気役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『決戦は日曜日』は2022年1月7日(金)ロードショー

『東京ウィンドオーケストラ』など新感覚コメディ映画を手がける坂下雄一郎監督による、窪田正孝・宮沢りえ主演の映画『決戦は日曜日』が、2022年1月7日(金)に公開されます。

ことなかれ主義の議員秘書と熱意が空回りしてばかりの新人候補者の選挙活動をシニカルに描いた社会派コメディです。

主演の窪田正孝、宮沢りえに加え、赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎らが顔を揃えます。

この記事では岩渕勇気役の赤楚衛二について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『決戦は日曜日』の作品情報


(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
坂下雄一郎

【キャスト】
窪田正孝、宮沢りえ、赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真

【作品情報】

『東京ウィンドオーケストラ』や『ピンカートンに会いにいく』など、コメディ映画の新時代を担う坂下雄一郎監督によるシニカルな社会派コメディ『決戦は日曜日』。

病に倒れた議員の父親に代わって立候補した娘を当選させるために、秘書が奮闘する様をコミカルに描きます。

5年以上の歳月をかけて生み出されたオリジナル脚本に惚れ込み出演を快諾した窪田正孝が、主人公の議員秘書・谷村勉を演じます。

彼を振り回す無知な二世候補の川島有美役に扮するのは、本格コメディ初挑戦となる宮沢りえ。

有美の秘書軍団には、人気急上昇中の赤楚衛二をはじめ、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真ら実力派が集結しています。

映画『決戦は日曜日』のあらすじ


(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

とある地方都市。地域に強い地盤を持つ衆議院議員・川島昌平の事務所で私設秘書として働く谷村勉。

秘書として中堅となり、川島のサポートに徹する仕事に満足していました。

ところが、衆議院解散のタイミングで川島が病に倒れてしまいます。

次の選挙で川島の地盤を引き継いで出馬することになったのは、川島の娘・有美でした。

自由奔放で世間知らずながら、謎の熱意だけはある有美に振り回される谷村。

父の川島の盤石な地盤があるため、よほどのことがない限り当選は確実と思われましたが…。

スポンサーリンク

映画『決戦は日曜日』岩渕勇気役は赤楚衛二

参考映像:『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020)

映画『決戦は日曜日』で岩渕勇気役を演じる赤楚衛二は1994年3月1日生まれの俳優・モデル。愛知県出身。トライストーン・エンタテイメント所属。

10代の頃は名古屋のモデル事務所FORM JAPANで、赤楚衛(まもる)の芸名で活動していました。

2010年に名古屋の男性グループIIKEMENNAGOYA(後にBOYS AND MENに名称変更)に加入し、舞台公演やバラエティ番組レギュラーに出演。

2013年、サマンサタバサのメンズモデルオーディションでグランプリ受賞。

2014年にトライストーン・エンタテイメントに所属し、2015年1月15日より現芸名の赤楚衛二で俳優としてドラマ・映画などで活動スタートします。

2015年『表参道高校合唱部!』でドラマ初出演、同年映画『ヒロイン失格』で銀幕デビューを果たしました。

2017年にAmazonプライムビデオ『仮面ライダーアマゾンズ』に出演後、同年9月に『仮面ライダービルド』で万丈龍我 / 仮面ライダークローズ 役としてシリーズ2作品に出演。

2019年に馬場ふみかとダブル主演の『ねぇ先生、知らないの?』でドラマ初主演。

2020年に『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』で単独ドラマ初主演を飾りブレイクしました。

主な出演作は、映画『映像研には手を出すな!』『思い、思われ、ふり、ふられ』『妖怪大戦争 ガーディアンズ』、ドラマ『SUPER RICH』『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』『パニックコマーシャル』など。

映画『決戦は日曜日』岩渕勇気はどんな役?


(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

赤楚衛二演じる岩渕勇気は、宮沢りえ演じる二世候補・川島有美を支えるクセモノ揃いの秘書軍団の一人。

スポンサーリンク

赤楚衛二の演技力の評価は

参考映像:『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(2021)

甘いマスクと180cm近い長身で、人気赤丸付急上昇中の若手俳優の赤楚衛二。

2017年の『仮面ライダービルド』で万丈龍我/仮面ライダークローズ役でその名を知られるようになりました。

人気少女漫画を浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚の4人主演で実写映画化した『思い、思われ、ふり、ふられ』で、複雑な思いを抱えるヒロインの恋の相手・乾和臣を好演。

2020年『チェリまほ』の愛称で親しまれている人気漫画を実写化した『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』で主人公・安達清を演じて大ブレイク

赤楚の愛らしい風貌と役柄が絶妙にマッチ。相手役の町田啓太との息の合った掛け合いで、甘やかなやさしさあふれるBLの世界を生み出し、女性ファンをとりこにしました。

ドラマは2020年12月度ギャラクシー賞月間賞を受賞したほか、ドラマ満足度も連続1位を独走する快進撃をみせました。

本間プロデューサーは赤楚をキャスティングした理由について、「どんな役でもあざとさや自意識を感じない、にじみ出る直向きさがすごく魅力的」とコメント。

赤楚が演じたら“愛される(主人公の)安達”になると確信したそうです。

人気は留まるところを知らず、2020年11月発売のファースト写真集「A」は、オリコン上半期本ランキング2021写真集ランキング8位にランクイン。

2021年には『コールドケース3 ~真実の扉~』『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』『監察医 朝顔(第2シーズン)』にゲスト出演。

2021年公開『妖怪大戦争ガーディアンズ』では、コミカルで憎めないキャラの妖怪・天邪鬼を個性的に演じています。

確実にキャリアを積み重ねて2021年10月期ドラマ『SUPER RICH』ではヒロインの相手役の好青年・春野優を務め、好評を博しています。

本作『決戦は日曜日』では、無知な二世候補の川島有美を支える秘書をコミカルに演じます。

赤楚衛二の公式SNSの紹介

赤楚衛二の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

新時代を担うコメディの名手・坂下雄一郎が監督・脚本を務める映画『決戦は日曜日』。

主人公の議員秘書・谷村をNHK朝ドラ『エール』主演を務めた実力派・窪田正孝、彼を振り回す困り者の二世候補・川島有美役をアカデミー最優秀賞を3度受賞する名女優・宮沢りえが演じます。

秘書軍団の一人・岩渕勇気を演じるのは、『チェリまほ』ことドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』で大ブレイクした若手俳優・赤楚衛二。

そのほか、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真ら豪華実力派も顔を揃えます。

注目の映画『決戦は日曜日』は、2022年1月7日(金)より全国公開です。




関連記事

新作映画ニュース

ゴールデングローブ賞3部門ノミネートの映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』スポット映像紹介!

第77回ゴールデン・グローブ賞にて3部門ノミネートの快挙! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品『ナイブズ・アウト …

新作映画ニュース

杉野遥亮×福原遥映画『羊とオオカミの恋と殺人』あらすじとキャスト。漫画『穴殺人』を実写化!

杉野遥亮が自殺志願の引きこもりに。 恋人役の福原遥は美しき殺人鬼。 ©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社 この度、1,000万ダウンロードを突破している人気漫画アプリ『マンガ …

新作映画ニュース

【一般試写会プレゼント】映画『いちごの唄』抽選で30組60名様ご招待!6月21日(金)にニッショーホールにて

映画『いちごの唄』は2019年7月5日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 二度と会えない親友がいた。大好きな人ができた。ロックの曲を憶えた。超豪華キャスト・スタッフが集結! この夏最高の …

新作映画ニュース

樋口真嗣×大庭功睦『キュクロプス』トークショーinテアトル新宿。映画監督としての信念とは

大庭功睦監督の和製ノワール作品『キュクロプス』。 大庭功睦監督(左)樋口真嗣監督(右)©︎Cinemarche 現在、テアトル新宿においてレイトショー上映されている大庭功睦監督作品『キュクロプス』。 …

新作映画ニュース

映画パラサイト|パク・ソジュン(家庭教師業を紹介した青年)演技考察!梨泰院クラス人気俳優が演じた“王子”の二面性

『パラサイト 半地下の家族』ミニョク役はパク・ソジュン! 第92回アカデミー賞で四冠を成し遂げ、2021年1月8日(金)の「金曜ロードショー」にて初の地上波放映を迎えるポン・ジュノ監督の映画『パラサイ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学