Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/26
Update

二ノ宮隆太郎映画『お嬢ちゃん』あらすじ。キャストの萩原みのりが女性の生き方を体現【新宿K’s cinema】

  • Writer :
  • 石井夏子

むき出しな気持ちを心に秘めて生きる、ある一人の女の生きざま。

若き新鋭監督と女優がタッグを組んで完成させた野心作。


©ENBUゼミナール

二ノ宮隆太郎監督、萩原みのり主演『お嬢ちゃん』が新宿K’s cinemaにて9月28日(土)より公開することが決定しました。

公開決定に加えて、本作のメインビジュアル及び場面写真が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『お嬢ちゃん』について

©ENBUゼミナール

才能溢れる若き新鋭監督と女優がタッグを組んで完成させた本作。

監督は、ロカルノ国際映画祭ほか世界各国の映画祭で高く評価され、鮮烈な印象を刻みつけた『枝葉のこと』も記憶に新しい二ノ宮隆太郎

前作では自身が主演した自叙伝とも言うべき作品でしたが、本作では、自身は出演せず、ある若い女性の生きざまをスクリーンに焼き付けました。

主演のみのりを演じるのは、『ハローグッバイ』(2017)、『転がるビー玉』(2019年公開予定)等、今まさに映画女優として活躍目覚ましい萩原みのり

常に苛立ちを隠せず、しかし心の奥底に優しさを秘めた類まれな役どころを見事に演じました。

映画『お嬢ちゃん』メインビジュアル

©ENBUゼミナール

今回、解禁されたメインビジュアルは、鎌倉の海辺で夏の日差しを浴びて立つ主演のみのりが、強い面持ちで彼方をみつめる表情が採用され、「どいつも、こいつも、くだらない」というコピーが添えられています。

かつてないヒロイン像の誕生を是非楽しみにお待ちください。

スポンサーリンク

主演・萩原みのりプロフィール

©ENBUゼミナール

本作でみのり役を演じた萩原みのり(はぎわらみのり)は1997年3月6日生まれ。愛知県出身。

『放課後グルーヴ』(2013)でドラマデビュー後、映画『ルームメイト』(2013)で映画デビュー。

その後、映画・ドラマなどで活躍し、2015年のドラマ『表参道高校合唱部!』でレギュラー出演し話題に

映画『昼顔』『心が叫びたがってるんだ。』『ゆらり』『僕の好きな女の子』『もぎりさんsession2』など出演作多数。

待機作に映画『転がるビー玉』『37Seconds』などがあります。

監督・二ノ宮隆太郎プロフィール

©ENBUゼミナール

本作の監督を務めた二ノ宮隆太郎(にのみやりゅうたろ)は1986年8月18日生まれ。神奈川県出身。

鈍牛倶楽部所属で、 映画監督、脚本家、俳優として活動しています。

2012年、初の長編作品『魅力の人間』が第34回ぴあフィルムフェスティバルで準グランプリを受賞し、海外映画祭でも好評を博します。

2017年、監督、主演を 務めた長編第2作『枝葉のこと』が第70回ロカルノ国際映画祭に日本映画から長編部門に唯一選出されました。

本作が劇場公開デビュー作。

2019フィルメックス新人監督賞グランプリを受賞

また、長編第4作『逃げきれた夢(仮)』の製作が決定し、初めて商業映画を監督することになります。

スポンサーリンク

映画『お嬢ちゃん』の作品情報


©ENBUゼミナール

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
二ノ宮隆太郎

【キャスト】
萩原みのり、土手理恵子、岬ミレホ、結城さなえ、廣瀬祐樹、伊藤慶徳、寺林弘達、桜まゆみ、植田萌、柴山美保、高岡晃太郎、遠藤隆太大、津尋葵、はぎの一、三好悠生、大石将弘、小竹原晋、鶴田翔、永井ちひろ、高石舞 島津志織、秋田ようこ、中澤梓佐、カナメ、佐藤一輝、中山求一郎、松木大輔、水沢有礼、髙橋雄祐、大河内健太郎

【作品概要】

大ヒット作『カメラを止めるな!』(2017)を生み出した映画専門学校ENBUゼミナールのワークショップ「シネマプロジェクト」の第8弾で製作された2作品のうちの1作。

俳優として活動するかたわら映画監督として作品を手がけ、劇場デビュー作『枝葉のこと』(2017)が第70回ロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に出品されるなど、国内外で注目される新鋭・二ノ宮隆太郎が、夏の鎌倉を舞台に、ひとりの若い女性の生き方を描きました。

映画『お嬢ちゃん』のあらすじ

©ENBUゼミナール

みのり21歳。

神奈川県鎌倉市で暮らすみのりは、観光客が立ち寄る小さな甘味処でアルバイトをして生活しています。

一見普通の女性に見えるが、どこか違う彼女。

普通って何なのか。みのりは他の女性と何が違うのか。みのりは何を考えて生きているのか。

これは、夏の鎌倉に住む、一人の若い女性の生き方を描いた物語です。

まとめ

©ENBUゼミナール

本作で初めて女性を主人公にした映画を撮った二ノ宮隆太郎監督。

その理由を「女優、萩原みのりの魅力を映画で表現したかった」からだと語っています。

主人公の名前が主演女優と同じ“みのり”なことも、そんな監督の想いが込められていそうですね。

萩原みのりが監督の熱意に応え、あがき続ける女性を好演。

若きふたつの魂のぶつかり合いにご期待下さい。

映画『お嬢ちゃん』は新宿K’s cinemaにて2019年9月28日(土)より公開。以降全国順次公開です。

©ENBUゼミナール

関連記事

新作映画ニュース

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カンバーバッチ最新作は実話を基にキューバ危機の舞台裏を描く

核戦争を回避せよ。キューバ危機下の<リアル>をあぶりだす、究極のスパイ・サスペンス。 米・ソ全面核戦争目前、【スパイ】にスカウトされた英国人セールスマン。その極秘任務とは―。 (c)2020 IRON …

新作映画ニュース

BL映画『性の劇薬』あらすじとキャスト。劇場公開は2020年2月と決定しポスタービジュアルも解禁!

大ヒットBL漫画をR18+で実写化。 累計ダウンロード数100万DLを超える大ヒット電子BLコミック『性の劇薬 淫らに開発される身体』。 「性」によって「生」の意味を見つける再生の物語を、出版元である …

新作映画ニュース

映画『空母いぶき』舞台挨拶リポート。西島秀俊・佐々木蔵之介らが完成披露試写会のゲストで登壇!

映画『空母いぶき』は2019年5月24日(金)に公開 2019年5月24日(金)に公開される、かわぐちかいじによるベストセラーコミックを、破格のオールスターキャストで映画化した超大作『空母いぶき』。 …

新作映画ニュース

吉村界人映画『人』あらすじ/キャスト/特報動画。ファンタジーとして幽霊の青年と家族の3日間を描く

幽霊になった⻘年と残された⺟の、⼤切で不思議な3日間。 「家族とは何か」「生きるとは何か」を問いかけるファンタジー映画『人』。 (c)映画「人」制作チーム 主演に吉村界人を迎えた映画『人』が、2022 …

新作映画ニュース

韓国映画『はちどり』あらすじ/キャスト/公開日。実話を基に女性監督が少女の成長を描く!

ベルリン映画祭を始め、世界各国で45以上の賞を受賞。 韓国の単館公開としては異例、公開1か月で観客動員数12万人超の大ヒットを記録した映画『はちどり』。 (C) 2018 EPIPHANY FILMS …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学