Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/09
Update

デニス・ホッパー映画『ラストムービー』4K修復版がリバイバル上映!公開日は12月20日に決定

  • Writer :
  • 石井夏子

ハリウッドの異端者にして鬼才デニス・ホッパーによる革命的傑作。
31年ぶりの劇場公開!

1969年にアメリカ文化の記念碑ともいえる初監督作『イージー★ライダー』を発表したデニス・ホッパー。

監督第2作であり“呪われた映画”あるいは“革命的な傑作”ともいわれる『ラストムービー』(1971)が2019年12月20日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショーとなることが決定しました。

1988年以来31年ぶりの上映、オリジナルネガから4Kスキャン/4K修復が施された最新素材での上映となります。

スポンサーリンク

映画『ラストムービー』について

©1971 The Hopper Art Trust, All Rights Reserved

本作『ラストムービー』は、インディペンデント映画史上空前の興行収入を叩き出した初監督作『イージー★ライダー』(1969)でカンヌ映画祭・新人監督賞受賞、アカデミー賞の脚本賞にもノミネートされ一躍時代の寵児となったデニス・ホッパーが、最終編集権を含む完全なクリエイティヴの自由を得て念願の企画を映画化した渾身の監督第2作

映画撮影のために南米ペルーの村に赴いたスタントマン、カンザス(デニス・ホッパー)が、撮影後ドラッグに溺れ、放蕩にふけるうち、映画作りを模した村での奇妙な儀式に巻き込まれ、やがて虚構と現実の境目を飛び越えためくるめく世界へと突入していく姿を描きます。

当時ユースカルチャー市場を取り込むために、予算100万ドル以内で監督に最終編集権を保証するかたちでピーター・フォンダの『さすらいのカウボーイ』(1971)、モンテ・ヘルマンの『断絶』(1971)、ジョージ・ルーカスの『アメリカン・グラフィティ』(1973)とともにユニヴァーサルが製作した一本です。

脚本はホッパーが“兄貴”と慕ったジェームズ・ディーン主演の名作『理由なき反抗』(1955)を書いたスチュワート・スターン。

ホッパーは次第に正気を失い狂気に陥る主人公カンザスを自ら演じ、ベテラン女優ジュリー・アダムス、映画監督のサミュエル・フラー、先日惜しくも他界した盟友ピーター・フォンダ、ロックの殿堂入りも果たしたママス&パパスのミシェル・フィリップス、本作の音楽も手がけたシンガーソングライターのクリス・クリストファーソンなど錚々たる面々が共演しています。

なぜ呪われた映画といわれるのか

©1971 The Hopper Art Trust, All Rights Reserved

編集作業が1年にわたるという狂気に満ちたその創作は混迷を極め、1971年ヴェネツィア国際映画祭で好評を博すものの、難解な内容と前衛的な構成に困惑したユニヴァーサルのトップの再編集指示をホッパーが断固拒絶、映画は短期間での公開後ほぼお蔵入りとなってしまいました。

この騒動でハリウッドから干されたホッパーは酒とドラッグに溺れ、映画監督としてはその後約10年間の空白期間を迎えることとなります。

本作は1971年当時ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコの3都市で小規模の上映が行われましたが、2018年のリバイバル公開まで全米で公開されることはありませんでしyた。

日本では1988年、当時アメリカ国外で初めて劇場公開されるもその後のVHS発売以降一度もDVDやブルーレイ化、テレビ放送もなされていません

スポンサーリンク

映画『ラストムービー』の作品情報

©1971 The Hopper Art Trust, All Rights Reserved

【製作】
1971年(アメリカ映画)

【4K版日本公開】
2019年

【原題】
THE LAST MOVIE

【監督】
デニス・ホッパー

【製作】
ポール・ルイス

【撮影】
ラズロ・コヴァックス

【脚本】
スチュワート・スターン

【キャスト】
デニス・ホッパー、ジュリー・アダムス、ロイ・エンジェル、サミュエル・フラー、ピーター・フォンダ、ミシェル・フィリップス、クリス・クリストファーソン

【作品概要】
エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・グラスコフ、製作はポール・ルイス、監督・編集・主演はデニス・ホッパー。

ホッパーとスチュワート・スターンの原案を基に、スターンが脚本を書きました。

映画『ラストムービー』のあらすじ

©1971 The Hopper Art Trust, All Rights Reserved

ビリー・ザ・キッドの映画を撮るサミュエル・フラー監督一行を見つめるスタントマンのカンザス(デニス・ホッパー)は、毎夜繰り広げられるクルーの乱痴気騒ぎに嫌悪感を抱いていました。

撮影終了後も村に残った彼は、ペルー女性のマリア(ステラ・ガルシア)と平穏な生活を送りますが、金採掘にうつつをぬかす友人ネヴィル(ドン・ゴードン)を通じて知りあった金持ちのアメリカ人夫婦一行との酒とドラッグに溺れていきます。

次第にアイデンティティを失い、この腐敗の象徴とも言うべきアメリカ人の妻(ジュリー・アダムス)から侮辱されたことにより、不条理の世界へとはまってゆき…。

スポンサーリンク

まとめ

©1971 The Hopper Art Trust, All Rights Reserved

映画作りをめぐる物語を幻想的に描き出した本作は、俳優、映画作家、写真家として活躍するハリウッドの異端者デニス・ホッパーだからこそ作ることができた過激な芸術映画です。

複雑なプロットや大胆な編集方法で当時のハリウッドを驚愕させたこの失われた傑作が、『イージー★ライダー』製作50周年にあたる本年、スクリーンによみがえります。

映画『ラストムービー』4K修復版は2019年12月20日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【一般試写会プレゼント】映画『SHADOW/影武者』15組30名様ご招待!8月22日(木)よみうりホールにて

映画『SHADOW/影武者』は2019年9月6日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開! 中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督が『HERO』(2002)、『LOVERS』(2004)以来となる …

新作映画ニュース

高円寺シアターバッカスにて佃尚能監督の特集上映開催!映画『万置き姉弟』が劇場初公開

佃尚能監督の特集上映 2019年3月23日(土)・24日(日)の2日間、高円寺シアターバッカスリニューアルオープンを記念して、佃尚能監督の無料特集上映が開催されます。 カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映 …

新作映画ニュース

二ノ宮隆太郎映画『お嬢ちゃん』あらすじ。キャストの萩原みのりが女性の生き方を体現【新宿K’s cinema】

むき出しな気持ちを心に秘めて生きる、ある一人の女の生きざま。 若き新鋭監督と女優がタッグを組んで完成させた野心作。 ©ENBUゼミナール 二ノ宮隆太郎監督、萩原みのり主演『お嬢ちゃん』が新宿K’s c …

新作映画ニュース

伊藤寧々&佐藤乃莉映画『ウーマンウーマンウーマン』あらすじとキャスト。水石亜飛夢ら出演の男編も加えてパワーアップ!

映画『ウーマンウーマンウーマン』は、2019年7月9日よりテアトル新宿4日限定レイトショー 2016年に『食べられる男』でドイツニッポンコネクション審査員特別賞を受賞した、近藤啓介新作長編映画『ウーマ …

新作映画ニュース

映画『アマンダと僕』あらすじとキャスト。監督のミカエル・アースは日本での劇場公開と東京国際映画祭グランプリ&最優秀脚本賞の快挙

第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作品『アマンダ(原題)』が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!! さらに2019年初夏にはシネスイッチ銀座ほか …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP