Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/06/20
Update

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』キャストの安藤サクラは姑獲鳥(うぶめ)役に挑む。演技力の評価とプロフィール!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は2021年8月13日よりロードショー

2005年に三池崇史監督が神木隆之介主演で製作した『妖怪大戦争』に続く、超ド派手妖怪ファンタジーエンタテインメント『妖怪大戦争 ガーディアンズ』が公開されます。

鬼才・三池崇史が再び監督を務め、主演の寺田心はじめ、杉咲花、大沢たかお、大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子ら超豪華俳優が出演します。

1968年に製作された大映特撮映画を2005年にリメイクした三池重史監督作『妖怪大戦争』。再び三池監督が手がける新時代感動のド派手な妖怪アドベンチャー『妖怪大戦争 ガーディアンズ』が今夏公開されます。

妖怪獣による未曽有の危機に立ち向かうために、妖怪たちと妖怪ハンターの末裔の兄弟が数奇な運命に導かれ、世界存亡をかけた戦いに挑みます。

主演は『トワイライトささらさや』『ばあばは、だいじょうぶ』などに出演する、当代きっての名子役・寺田心。

共演には杉咲花、大沢たかお、大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKINら豪華実力派が顔を揃えます。

この記事では姑獲鳥(うぶめ)役の安藤サクラについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の作品情報


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

【上映】
2021年(日本映画)

【監督】
三池崇史

【キャスト】
寺田心、杉咲花、大沢たかお、大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKIN

【作品情報】

2005年の『妖怪大戦争』に続き、再び鬼才・三池崇史監督が手がけた妖怪アドベンチャー『妖怪大戦争 ガーディアンズ』。

襲来する古代の化石から生まれた妖怪獣に、妖怪たちと妖怪ハンターの末裔の少年が立ち向かう物語です。

有名妖怪に加え、本作オリジナルの妖怪や世界中のモンスター、怪獣まで加わり、個性豊かな妖怪ワールドが展開します。

主人公の少年・ケイを演じるのは、タレントとしても大人気の名子役『トワイライトささらさや』『ばあばは、だいじょうぶ』の寺田心。

ケイとともに冒険の旅に出る狐面の剣士に杉咲花、狸の総帥・隠神刑部に大沢たかお、妖怪の総大将・ぬらりひょんに大森南朋が扮します。

そのほか個性豊かな妖怪たちを、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKINら豪華キャストが演じます。

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』のあらすじ


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

20XX年。日本列島を南北に縦断する大地溝帯・フォッサマグナに眠る古代の化石たちが一つに結集し、巨大な妖怪獣に姿を変えました。

この未曾有の危機に妖怪たちは、伝説の武神「大魔神」を復活させるため、伝説の妖怪ハンター・渡辺綱の血を継ぐ気弱な少年・渡辺ケイに白羽の矢を立てます。

しかし、ひょんなことから、間違えて弟のダイが妖怪に連れ去られてしまいます。

ダイを助けるために、ケイは謎の妖怪剣士・狐面の女の導きで大魔神のもとへ。

しかし、人間嫌いの大妖怪・穏神刑部がケイと妖怪たちに待ったをかけます。

そこに渡辺綱の末裔の少年・ケイの命を狙って現れた鬼の一族。

ついに妖怪大戦争が始まりますが、はたして少年・ケイは弟を救い、大魔神をよみがえらせて妖怪獣を止めることができるのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』姑獲鳥(うぶめ)役は安藤サクラ

参考映像:『万引き家族』(2018)

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で姑獲鳥(うぶめ)役を演じる安藤サクラは1986年2月18日生まれの女優。ユマニテ所属。夫は俳優の柄本佑。

父は俳優の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津、姉は映画監督の安藤桃子という芸能一家です。

幼い頃から女優になる夢に心揺れ、高校生の時に女優の道へと進みます。

2007年に父の奥田瑛二が監督を務めた『風の外側』で、クランクイン直前に降板した主演女優の代役として映画デビュー。

同作品には両親が出演。姉の桃子も助監督として参加しています。

2009年出演の園子温監督作『愛のむきだし』で、存在感を発揮。

2011年『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』など注目作に立て続けに出演し、映画賞を受賞

2013年の『かぞくのくに』での演技が絶賛され数多くの映画賞を総なめにしました。

2014年には姉・桃子監督作『0.5ミリ』と、オーディションで勝ち取った『百円の恋』で主演。日本アカデミー賞最優秀主演女優賞はじめ数多くの映画賞を受賞

2017年第1子出産後、育児と両立させながら2018年のNHK連続テレビ小説『まんぷく』のヒロイン・福子を好演

2018年是枝裕和監督作品『万引き家族』で主演。カンヌ国際映画祭パルムドール賞受賞の快挙を成し遂げ、自身も数々の国内映画賞を受賞しました。

そのほか映画『今日子と修一の場合』『愛と誠』、ドラマ『ゆとりですがなにか』『ママゴト』、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』など多数作品で活躍中。

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』姑獲鳥(うぶめ)はどんな役?


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

安藤サクラ演じる姑獲鳥(うぶめ)は、死んだ赤ん坊を抱えた、血だらけの着物を着た女性。

スポンサーリンク

安藤サクラの演技力の評価は

参考映像:『百円の恋』(2014)

幅広い役を演じてきた日本を代表する実力派女優・安藤サクラ。

数々の傑作で名演技をみせ、観客を魅了。高い演技力を評価され、国内外で数々の映画賞を受賞してきました。日本演劇界をけん引する名女優です。

父・奥田英二作品『風の外側』でのデビューを皮切りに、数々の作品に出演。

園子温作品『愛のむきだし』ではカルト教団員のコイケを怪演し、CNNの「まだ世界的に名は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれました。

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』などで、第84回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞

2013年には映画『かぞくのくに』で名演をみせ、第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞と助演女優賞を合わせて受賞。ダブル受賞はキネマ旬報ベスト・テン開始以来初めての快挙となりました。

2014年の『0.5ミリ』と『百円の恋』で2年連続のキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞をはじめ、数多く主演女優賞を受賞。

翌年度第39回日本アカデミー賞では『百円の恋』で最優秀主演女優賞を受賞しました。

ニートからボクサーになる難役を演じるために、まず太ってだらしない体型を作り、撮影後半の10日間で体を絞りボクサー体型を作るという神業をみせています。

キネマ旬報によるオールタイム・ベスト 映画遺産 日本映画男優・女優100(映画雑誌『キネマ旬報』創刊95周年記念)の女優ランキング第8位に選出。

2018年には、前年出産したばかりながらNHK連続テレビ小説『まんぷく』のヒロイン・福子を好演。家族の叱咤激励、NHKの育児協力のもと、毎日子供を連れて撮影に通いました。

製作統括の真鍋斎は安藤について、「幅が広く役を憑依させる。綺麗なだけでなく、物語の人物として生きることができ、一味違う」と絶賛しています。

2018年に主演した是枝裕和監督作『万引き家族』は、第71回カンヌ国際映画祭にてコンペティション部門で最高賞のパルムドールを受賞

審査委員長を務めた名女優ケイト・ブランシェットは、「もし私たちがこれから映画の中であの泣き方をしたら、安藤サクラのマネをしたと思って」と安藤の演技を絶賛しました。

是枝監督は安藤について、「いきなり放り込まれたような場面でも、最初からそこにいて、根の生えたように演じてしまう。ほかの人にはない感じ」と語り、他の俳優との厳然とした差を実感していました。

安藤自身も国内の映画賞を多数受賞。第92回キネマ旬報ベスト・テンと第73回毎日映画コンクールではその年、別の映画に主演した夫の柄本とともに夫婦で主演賞に輝きました。

日本きっての実力派・安藤サクラが本作『妖怪大戦争ガーディアンズ』で挑むのは、妖怪「姑獲鳥(うぶめ)」役。

コミカルな空気を醸し出すことにも長けている安藤ならではの妖怪役に期待が高まります。

安藤サクラの公式SNSの紹介

安藤サクラの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

2005年の大ヒット作『妖怪大戦争』を新たな時代と共にスケールアップさせた『妖怪大戦争 ガーディアンズ』。前作に引き続き日本が誇る鬼才・三池崇史が監督を務めます。

主人公の渡辺ケイを演じるのは、バラエティやCMでも大活躍中の人気子役・寺田心。

日本演劇界のトップランナーの安藤サクラが、妖怪「姑獲鳥(うぶめ)」役で登場します。

共演には杉咲花、大沢たかお、大森南朋、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKINら人気実力派が勢ぞろいしています。

注目の映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は、2021年8月13日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『まぼろしの市街戦』リバイバル上映劇場情報。4Kデジタル修復版の予告編解禁

フランスの名匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作! 映画『まぼろしの市街戦』(4Kデジタル修復版)は10月27日(土)新宿K’s cinema他にて公開です。 他に類のない卓越したユーモアたっぷりに戦 …

新作映画ニュース

陽月華映画『かぞくわり』あらすじとキャスト。劇場公開の初日舞台挨拶リポート

奈良を舞台にした家族と歴史ファンタジーが融合を見せた映画『かぞくわり』は2019年1月19日より有楽町スバル座、TOHOシネマズ橿原ほか全国順次ロードショー。 日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平 …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/8/17より公開】

今週8月17日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

新作映画ニュース

映画『アウシュヴィッツ・レポート』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話の12万人の命を救った脱走者を描く

アカデミー賞国際長編映画賞<スロバキア代表>作品! 2021年(第93回)アカデミー賞国際長編映画賞のスロバキア代表作品である『The Auschwitz Report』。 (C)D.N.A., s. …

新作映画ニュース

『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』映画劇場公開の本ポスター&予告動画解禁!

ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それに関わる人々の運命に迫る名画ミステリー『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』は2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学