Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【オーディションで女性キャスト募集!】新たなアイドルを生み出したい荻颯太郎監督がバラエティ番組に始動

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

荻颯太郎監督が映像バラエティ番組のキャスト募集!


(C)Cinemarche

若手の荻颯太郎監督が、2019年11月より開設予定のYouTubeチャンネル内の動画番組「シネマゴ★Chinemago」のキャストを募集しています

俳優はもちろん、アイドル、声優、歌手、モデル、ダンサーなどエンタメ業界で活動したい方々に大募集をかけています。

スポンサーリンク

荻颯太郎監督とは

参考映像:映画『地球がこなごなになっても』予告編

荻颯太郎は、1994年10月1日生まれの京都府出身。立命館大学映像学部卒業

大学に入学後、学生時代に映画、ミュージックビデオ、企業コマーシャルなど様々な映像作品で監督を務めます。

2014年に初監督作『2006のぷるーと』を発表。

その後も同じく2014年に『キエル』、2015年に『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』『風が吹けばキスをする』『うち湯』を発表。

2017年には立命館大学の卒業成果作品として『地球がこなごなになっても』(2016年制作)を完成披露。

同年にはMV『WEEKEND』や『地球がこなごなになっても』のスピンオフ的短編『feral』を発表するなど、意欲的に活動を続けています。

*荻颯太郎監督の短編・長編を公開中の作品はコチラ→

YouTube動画番組「シネマゴ★Chinemago」とは

短編映画、コント、ホラー、感動、恋愛、お色気、ドキュメンタリー、ダンス、シュールなど、ジャンルにとらわれない映像・動画コンテンツの制作配信していくそうです。

その中でも映像エンタメバラエティ番組「シネマゴ★Chinemago」は、そのチャンネルを象徴するメイン作品の一つとして制作・配信予定の動画配信型番組。

演出を担当するのは、映画『地球がこなごなになっても』を始め、MV・企業CMなど様々な作品を手がけてきた監督・荻颯太郎。

また2019年11月からは「毎日投稿/配信」を基本として活動を予定。荻颯太郎以外の監督も起用し、コンスタントに様々な作品を制作していきます。

スポンサーリンク

「シネマゴ★Chinemago」のオーディション募集要項

【応募資格】
女性:18~28歳(自称可)

●複数名を採用予定。
●学生可。ただし未成年の方は保護者又は親権者の同意が必要です。
●事務所などに所属されている方も応募可。
●関東近郊にお住いの方。(関東圏内ロケ、およびスタジオでの撮影がメインとなるため)
●オーディションに必要な交通費は自己負担となります。

【出演報酬について】
●時給1,100円 
・アルバイトとして専属契約。働きに応じ雇用形態の見直し・昇給あり。
・交通費支給。
●契約時には印鑑を持参。
●未成年の方は保護者又は親権者の同意が必要です。

【開催日時】
2019年9月15日(日) 13時〜17時

【会場】
東京都港区赤坂でオーディションは行いますが、一次書類審査を通過した方のみ、追って会場をお知らせいたします。

【選考方法】
★一次審査:書類審査

応募メール本文に以下の内容を、件名に「番組出演者募集オーディション応募の件」をご記入いいただいた上でオーディションサイト「シネマプランナー」内の応募フォームへとお送りください。

一次審査を通過された方のみ合否のご連絡をさせていただきます。

また、二次審査は「面接審査」となり、書類審査通過後、上記の日時及び会場をメールにて案内いたします。

当日はプロデューサーほか、荻颯太郎監督を含めたスタッフ陣による面接を行います。

面接は10〜20分程度になります。

「シネマゴ★Cinemago」キャストオーデション応募フォームはコチラ→

オーディション応募の記入項目

1. 氏名
2. 連絡先(メールアドレス・電話番号・SNS)
3. 年齢
4. 性別
5. 略歴(出演・制作作品などの実績)
6. 応募理由・特技などの自己アピールポイント
7. 顔写真/全身写真(最近撮影されたもの・髪型のわかるもの)
8. 出演映像リール(YouTubeリンクなど)

「シネマゴ★Chinemago」のキャスト合格後の主な流れ


(c)Cinemarche

荻颯太郎監督による、2019年10月以降からチャンネル・番組PRを目的する各合格者のイメージビデオを撮影予定

また荻監督が毎月複数日での撮影を予定しています。完成した映像作品は11月から各番組・動画の制作・配信を本格的に開始予定です。

まとめ

参考映像:『風が吹けばキスをする』予告編

荻颯太郎監督が新たに挑むYouTubeバラエティ番組「シネマゴ★Chinemago」

荻監督は以前にお会いした際に、「自分が発掘したアイドルを育成してみたい!」と語っていました。いよいよ、その夢に始動をスタートさせたようです。

今回のオーディションでは、俳優、アイドル、声優、歌手、モデル、ダンサーなど、広く募集をしています。

エンタメ業界で活動したい方であれば、ひとつのデビューのきっかけになりそうですね。

また、荻監督の目に止まり審査合格後には、さっそくイメージビデオ撮影などがあるようです。

2019年の秋、新たなチャレンジをしてみてはいかがでしょう

「シネマゴ★Cinemago」キャストオーデション応募フォームはコチラ→

関連記事

新作映画ニュース

映画『ホモ・サピエンスの涙』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。ロイ・アンダーソン新作の最優秀監督賞作品とは?

映像の魔術師が、この時代を生きる全人類ホモ・サピエンスに贈る、 愛と希望を込めた映像詩。 アリ・アスター、イニャリトゥ、アロノフスキーら名匠たちが敬愛する、奇才ロイ・アンダーソン監督5年ぶりの最新作『 …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの浅田美代子は養子縁組団体代表・浅見静恵役を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

映画『町田くんの世界』キャストの猪原奈々役は関水渚(せきみずなぎさ)。プロフィールと演技力の評価

第20回手塚治虫文化賞・新生賞を受賞した安藤ゆきの同名マンガ『町田くんの世界』を実写化した青春映画が2019年6月7日に公開されます。 監督は『舟を編む』で史上最年少の30歳で日本アカデミー賞最優秀監 …

新作映画ニュース

韓国映画『長沙里9.15』あらすじ/キャスト/公開日。朝鮮戦争の実話にミンホやミーガンフォックスが挑む!

歴史の闇に埋もれた死闘を描くミリタリーアクション超大作。 世界を席巻した傑作『友へ チング』のクァク・キョンテク監督。 クァク・キョンテク監督が満を持して朝鮮戦争を描き、本国週末興行収入ランキング初登 …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの清川伸彦役は濱田岳【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学