Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/28
Update

映画『異端の鳥』あらすじ/キャスト/公開日/特報予告編。原作本はホロコーストの本質を描いた発禁の書

  • Writer :
  • 石井夏子

第76回ヴェネツィア国際映画祭ユニセフ賞受賞。
第92回アカデミー賞チェコ代表作品。

ホロコーストの本質に迫る、美しくも残酷な異端の問題作が日本に上陸します。

2019年のヴェネツィア国際映画祭において、『ジョーカー』以上に話題を集めた映画『The Painted Bird(原題)』。

本作の邦題を『異端の鳥』とし、2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国ロードショーされます。

スポンサーリンク

映画『異端の鳥』について


@2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ

第二次大戦中、ナチスのホロコーストから逃れるために、たった一人で田舎に疎開した少年が差別と迫害に抗いながら強く生き抜く姿と、異物である少年を徹底的に攻撃する“普通の人々”を赤裸々に描いた本作

原作は自身もホロコーストの生き残りである、ポーランドの作家イェジー・コシンスキが1965年に発表した彼の代表作「ペインティッド・バード(初版邦題:異端の鳥)」。

ポーランドでは発禁書となり、作家自身も後に謎の自殺を遂げた“いわくつきの傑作”を映画化するために、チェコ出身のヴァーツラフ・マルホウル監督は3年をかけて17のバージョンのシナリオを用意

資金調達に4年をかけ、さらに主演のペトル・コラールが成長していく様を描く為、撮影に2年を費やし、実に11年もの歳月をかけて映像化しました。

撮影監督を務めたウラジミール・スムットニーは、『コーリャ 愛のプラハ』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞し、チェコのアカデミー賞であるチェコ映画賞最優秀映画賞を7度も受賞しているチェコ映画界の巨匠です。

舞台となる国や場所を特定されないように使用される言語は、人工言語「スラヴィック・エスペラント語」を採用

シネスコ、モノクロームの圧倒的な映像美で描かれる約3時間の物語は、映画的な驚異と奇跡に満ち満ちています。

映画『異端の鳥』のキャスト

迫害を生き抜くうちに徐々に心を失っていく少年を体当たりで演じ切ったのは、新人のペトル・コラール

他にもステラン・スカルスガルド、ハーヴェイ・カイテル、ジュリアン・サンズ、バリー・ペッパー、ウド・キアーなどのいぶし銀の名優たちが顔を揃えました。

ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映されると、少年の置かれた過酷な状況が賛否を呼び、途中退場者が続出

しかし、同時に10分間のスタンディングオベーションを受け、ユニセフ賞を受賞し、同映画祭屈指の話題作となりました。

本作はその後も多くの批評家から絶賛を浴び、アカデミー賞国際長編映画賞のチェコ代表にも選ばれています。

スポンサーリンク

映画『異端の鳥』の作品情報

@2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ

 
【日本公開】
2020年(チェコ・スロヴァキア・ウクライナ合作映画)

【原作】
イェジー・コシンスキ「ペインティッド・バード」(松籟社・刊)
 
【原題】
The Painted Bird

【監督・脚本】
ヴァーツラフ・マルホウル

【字幕翻訳】
岩辺いずみ 

【キャスト】
ペトル・コラール、ステラン・スカルスガルド、ハーヴェイ・カイテル、ジュリアン・サンズ、バリー・ペッパー、ウド・キア

映画『異端の鳥』のあらすじ

東欧のどこか。

ホロコーストを逃れて疎開した少年は、預かり先である一人暮らしの叔母が病死した上に火事で叔母の家が消失したことで、身寄りをなくし一人で旅に出ることになってしまいました。

行く先々で彼を異物とみなす周囲の人間たちの酷い仕打ちに遭いながらも、彼はなんとか生き延びようと必死でもがき続け…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:映画『異端の鳥』の公式Twitter

発禁の書が半世紀の時を経て奇跡の映画化。

人はなぜ異質な存在を排除しようとするのか?ホロコーストの源流を辿り戦争と人間の本性に迫る、美しくも残酷な衝撃作は、観る者の心を激しく揺さぶり問いかけてきます。

映画『異端の鳥』は2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『台湾、街かどの人形劇』あらすじ。日本公開は11月30日に決定!

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』で大注目の台湾布袋戯! 父から息子へ受け継がれる物語。 侯孝賢監督映画の常連俳優で布袋戯の巨匠・李天禄(リ・ティエンルー)の息子・陳錫煌(チェン・ …

新作映画ニュース

映画『みとりし』あらすじとキャスト。榎木孝明が共感した職業「看取り士」のもつ死生観

映画『みとりし』が、2019年9月13日(金)より、有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー。 看取り士が見守る人生最期の瞬間とは? 榎木孝明が看取り士を演じる映画『みとりし』が、2019年9月13日( …

新作映画ニュース

映画『アマンダと僕』上映館は2019年6月公開シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次に決定

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジックランタン賞を受賞し、第31回東京国際映画祭東京グランプリ&最優秀脚本賞のW受賞に輝いた映画『AMANDA』(原題)。 日本公開に向けて邦題を『アマ …

新作映画ニュース

映画『鬼が笑う』あらすじ/キャスト。三野兄弟が半田周平を主演に“父親殺し”と再生を描く

兄弟映画制作チーム“MINO Bros.”による新作映画『鬼が笑う』完成。 兄の三野龍一が監督、弟の三野和比古が脚本を担当する兄弟映画制作チーム“MINO Bros.”。 MINO Bros.『⻤が笑 …

新作映画ニュース

映画『色の街』あらすじ。現役大学生のキャスト黒澤優介と監督森平周が紡ぐ青春ショートムービー

学生のエネルギーが映画界に新風を起こす! 2019年11月に公開予定の映画『色の街』は、早大劇団『てあとろ50′』出身の黒澤優介主演、森平周初監督作品。 早大演劇倶楽部出身の俳優・小手伸也が、物語のカ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学