Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/02
Update

映画『ひまわり(公開50周年版)』あらすじ/上映館。ソフィアローレン代表作が劇場で蘇る!

  • Writer :
  • 石井夏子

1970年の公開から50年、今鮮やかによみがえる。
多くの日本人が愛し続けた、映画史に残る永遠の名作。

ネオ・レアリズモの名匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督による戦争によって引き裂かれた夫婦の悲しき愛の物語『ひまわり』。

2020年6月1日(金)より『ひまわり 50周年HDレストア版』として、全国順次公開することが決定いたしました。

はるか地平線まで続く一面のひまわり畑。ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニの競演。

ヘンリー・マンシーニによる哀愁に満ちたテーマ曲に彩られ、1970年の初公開から何度も公開され、その度に映画ファンの心を掴んできた一作が現状、世界最高の状態でスクリーンに帰って来ます

スポンサーリンク

映画『ひまわり』とは?

(C)1970 – COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT) – FILMS CONCORDIA(FR) – SURF FILM SRL, ALL RIGHTS RESERVED.

イタリアを代表する名優ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが共演し、日本でも大ヒットを記録した不朽の名作『ひまわり』

本作は、『靴みがき』(1946)、『自転車泥棒』(1948)などで知られるネオ・レアリズモの名匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督が、互いに思いながらも戦争によって引き裂かれた夫婦の姿を、ヘンリー・マンシーニによるあまりにも有名な甘く切ないテーマ曲に乗せて描き出す悲しき愛の物語

1970年、ハリウッド大作がひしめく中で公開された本作は、当時イタリア映画として異例の大ヒットを遂げ、同年の日本洋画興行ランキングで5位を記録。

以来、何度も劇場公開され、その度に映画ファンの心をつかんできました。

映画『ひまわり 50周年HDレストア版』について

(C)1970 – COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT) – FILMS CONCORDIA(FR) – SURF FILM SRL, ALL RIGHTS RESERVED.

『ひまわり』が、2020年で50周年を迎えるのを記念し、この度、『ひまわり 50周年HDレストア版』として公開されます。

イタリア本国でもオリジナルネガが消失しておりポジフィルムしか存在しない本作は、2011年、2015年に続き今回3回目の修復を日本で行い、現時点で世界最高の状態となってスクリーンに帰ってきます

スポンサーリンク

映画『ひまわり』の作品情報

(C)1970 – COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT) – FILMS CONCORDIA(FR) – SURF FILM SRL, ALL RIGHTS RESERVED.

【製作】
1970年(イタリア映画)

【HDレストア版日本公開】
2020年

【原題】
I GIRASOLI

【監督】
ヴィットリオ・デ・シーカ

【制作】
カルロ・ポンティ

【撮影】
ジュゼッペ・ロトゥンノ

【音楽】
ヘンリー・マンシーニ

【キャスト】
ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、リュドミラ・サベーリエワ

映画『ひまわり』のあらすじ

(C)1970 – COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT) – FILMS CONCORDIA(FR) – SURF FILM SRL, ALL RIGHTS RESERVED.

第二次世界大戦下のイタリア。

ジョバンナ(ソフィア・ローレン)とアントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)は、美しいナポリの海岸で恋におち、結婚します。

その後、アントニオは厳しいソ連の最前線に送られ行方不明になってしまいますが、ジョバンナは何年経っても戻らない夫のことを生きていると信じて疑いません。

終戦後、手がかりもないままアントニオを探しに単身ソ連へ渡るジョバンナ。

しかし、広大なひまわり畑の果てに待っていたのは、少女のように可憐なロシア人女性マーシャ(リュドミラ・サベーリエワ)と結婚し、子どもにも恵まれた幸せなアントニオの姿でした。

すべてを察したジョバンナは、よろめく足どりのまま1人イタリアへ帰国。心にぽっかり穴が空いてしまった日々を送るジョバンナ。

そんな時、突然アントニオが彼女の元を訪れます。

心揺れ動くなか、彼女は運命の決断を下し…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)1970 – COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT) – FILMS CONCORDIA(FR) – SURF FILM SRL, ALL RIGHTS RESERVED.

本作の公開を記念して、ヴィットリオ・デ・シーカ監督のすべてを描いたドキュメンタリー映画『ヴィットリオ・D』(日本未公開)の本編DVDが『ひまわり 50周年HDレストア版』の劇場入場者先着1000名様にプレゼントされます。

『ひまわり』にまつわる秘話はもちろん、クリント・イーストウッドやウディ・アレン、マイク・リー、ケン・ローチなど著名な監督たちが出演し、世界中から尊敬を集める彼の創作の秘密に迫る必見作です。

ぜひ劇場でゲットして、『ひまわり』の世界を深く味わいましょう。

日本人に愛され続ける、映画史に残る永遠の名作『ひまわり 50周年HDレストア版』は、2020年6月1日より全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの永作博美は養子縁組の母親・佐都子役を熱演【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのスキン役は窪田正孝。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

ソフィー・ターナーが映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』での役作りや女優ジェシカ・チャステインとの共演を語る!

ソフィー・ターナーが明かすX-MEN最終章秘話! 2019年6月21日(金)より日本公開の映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』。 本作でタイトルロールである、ジーン・グレイ/ダーク・フェニックス …

新作映画ニュース

【2020年1月31日〜2月1日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画『ナイブズ・アウト(Knives Out :原題)』あらすじ。キャストにダニエルクレイグとクリエヴァを迎えたミステリー

ライアン・ジョンソン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)監督がミステリーの女王アガサ・クリスティーに捧げる最新作。 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督がオリジナル脚本で、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学