Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/05/01
Update

映画『イン・ザ・ハイツ』あらすじ/キャスト/公開日。おすすめブロードウェイミュージカルの映像化作品が日本上陸!

  • Writer :
  • 石井夏子

作品賞含むトニー賞4冠、グラミー賞に輝く、傑作ブロードウェイ・ミュージカル、ついに映画化。

最優秀作品賞を含むトニー賞4冠とグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞したミュージカル『イン・ザ・ハイツ』。

この度、傑作ブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品『イン・ザ・ハイツ』の日本公開が、2021年7月30日公開に決定いたしました。

また、本作『イン・ザ・ハイツ』のUS版ビジュアルが解禁になります。

US版ニュートレーラーも併せてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『イン・ザ・ハイツ』について

参考:intheheightsmovie公式インスタグラムより

FOX NEWS、バラエティ紙、タイム誌など全米の名だたるマスコミがこぞって「今年最も観たい映画」に上げる全世界注目の話題作が、7月30日に公開となります。

本作は、ピューリッツアー賞、グラミー賞、エミー賞、トニー賞、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を受賞するなど今やミュージカル界のみならずエンターテイメント業界にその名を轟かすリン=マニュエル・ミランダの同名ミュージカルが原作

作詞・作曲家、脚本家、俳優、ラッパーと多才ぶりを発揮するミランダの天才ぶりと人気を世界に認めさせたのは、NY、ロンドンをはじめ「世界中で最もチケットが取れないミュージカル」と異例の人気で社会現象を巻き起こしているブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』。

トニー賞最優秀作品賞をはじめ11部門を受賞、そのあまりのクオリティの高さと楽曲の鮮烈さに世界中から観客が押し寄せています。

また、リン=マニュエル・ミランダは、ディズニーアニメーション『モアナと伝説の海』でラップを含む映画音楽の作詞・作曲を手掛けました。

そんな彼のデビュー作にして、トニー賞で作品賞と楽曲賞を含む4部門を受賞(13部門ノミネート)、国内外で高い評価を受け、彼の類まれな才能を決定づけた『イン・ザ・ハイツ』は、映像化がずっと望まれながらも実現することのなかった傑作ミュージカル

映画化権争奪の末、いよいよ待望の映画化となります。

映画化したのは、キャストがほぼ全員アジア人にも関わらず全米3週連続第一位を記録し異例の大ヒットとなったクレイジー・リッチ!』のジョン・M・チュウ監督

リン=マニュエル・ミランダの『イン・ザ・ハイツ』への力の入れようは別格。原案のみならず製作、作詞・作曲でも全力を注いでいます。

ジョン・M・チュウ監督とリン=マニュエル・ミランダ、まさに今一番注目されるヒットメーカーの2人が、ミュージカル史上最高にダイナミ
ックで情熱的なミュージカルで世界に新しい旋風を巻き起こします。

映画『イン・ザ・ハイツ』の評判は?

米国ではすでに試写が行われており、はやくも絶賛の声が多数挙がっている本作。

中でも歌手のアリアナ・グランデは、自身のInstagramストーリーズに「この映画がなぜこんなに美しく完璧なのかが理解できないくらい。驚くほどの出来栄え。とてもとても、美しい」と大絶賛のコメントを投稿。作品への全面支持の態度を明らかにしました。

また本作は、6月9日から開幕するNYのトライベッカ映画祭にてワールドプレミアが決定。同時に複数の場所で野外上映が行われるほか、屋内では劇場のUnitedPalaceで上映が行われます。

United Palaceはアッパー・マンハッタンのワシントンハイツに位置しており、映画の舞台でミランダの⻑年の居住地でもあることから、特別な上映になることが予想されています。

スポンサーリンク

映画『イン・ザ・ハイツ』US版ビジュアル

(C) 2020 Warner Bros.Entertainment Inc. All Rights Reserved

今回解禁されるUS版ビジュアルは、街のシンボルであるジョージ・ワシントン・ブリッジを背景に、ストリートで大勢が踊る映画のワンシーンが使用されています。

主人公のウスナビ(アンソニー・ラモス)を中心に、調和の取れた力強いダンスを披露する姿が切り取れており、ダイナミックで作品のはつらつとした雰囲気がよく伝わってきますね。

今にも軽快な音楽が聴こえてきそうな、躍動感みなぎるエネルギッシュなビジュアルが完成しました!

映画『イン・ザ・ハイツ』の作品情報

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
In the Heights

【監督】
ジョン・M・チュウ

【キャスト】
アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンズ、レスリー・グレース、メリッサ・バレラ、オルガ・メレディス、ジミー・スミッツ

【作品概要】

スポンサーリンク

映画『イン・ザ・ハイツ』のあらすじ

ワシントン・ハイツ――そこはNYの片隅にある取り残された街。

祖国を遠く離れた住⺠たちで賑わう大通りはいつも、歌とダンスであふれています。

暑さが激しい真夏に起こった大停電。

その夜、仕事や進学、恋にもがきながら、夢に踏み出そうとする4人の若者の運命が、大きく動き出し……。

まとめ

参考:intheheightsmovie公式インスタグラムより

NYを舞台に圧巻のダンスと最高の音楽で贈る、全世界注目のミュージカル映画『イン・ザ・ハイツ』。

アリアナ・グランデも「美しく完璧」と激賞する本作が遂に2021年7月30日(金)に日本上陸決定です。

胸を衝くパワフルなナンバーと、圧巻の群舞シーン、ほとばしる熱狂と魂を揺さぶるメッセージ。

今こそ世界に、音楽の感動と熱い夢を届ける、ミュージカル・エンタテイメントにぜひご期待ください。


関連記事

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018のおすすめ厳選5作品。あらすじと登壇ゲストの日程紹介も

いよいよ開幕が迫ってきた、第31回東京国際映画祭。チケット販売開始と同時に完売の作品も続出しました。 この記事では、コンペティション部門に選出された16本の作品から気になる海外映画5作を取り上げてご紹 …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの中村豪士役は綾野剛【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』は2019年10月18日より全国公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬々 …

新作映画ニュース

『SAYONARA AMERICA』キャスト/公開日/上映館。細野晴臣の音楽への想いを込めたライブドキュメンタリー2作目

音楽家・細野晴臣のライブドキュメンタリー第2作『SAYONARA AMERICA(サヨナラ アメリカ)』 このたび本作が、2021年11月12日(金)よりシネスイッチ銀座、シネクイント、大阪ステーショ …

新作映画ニュース

映画『インディペンデントリビング』あらすじと公開情報。2020年春に障害者の自立生活を描くドキメンタリー上映

“生きづらさ”を抱えた人たちが“自分らしさ“を取り戻すドキュメンタリー 重い障害を持つ者に、一人暮らしはできるのだろうか? ©ぶんぶんフィルムズ 自立生活を希望する障害者たちに密着したドキュメンタリー …

新作映画ニュース

感動的で泣ける恋愛を描いた中国映画『芳華(ほうか)Youth』の本編映像解禁。ヒロインが涙する理由は?

逆境にも負けなかった彼女の涙のワケは ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠、フォン・シャオガン監督。 文革、毛沢東の死、中越戦争など国を揺るがす事件が立て続けに発生した激動の70年代、そ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学