Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/04/27
Update

映画『グッド・ワイフ』あらすじ/キャスト/公開日。予告動画で経済危機と主婦たちのマウンティングが描かれる!

  • Writer :
  • 石井夏子

アッパークラスの主婦たちのマウンティング合戦を描く社会派スタイリッシュドラマ。

最悪の経済危機に見舞われた1982年のメキシコを舞台に、アッパークラスの主婦たちの戦いを描いた映画『Las Ninas Bien』。

(C)D.R. ESTEBAN CORP S.A. DE C.V. , MEXICO 2018

日本上映用の題名を『グッド・ワイフ』と改め、2020年7月10日よりYEBISU GARDEN CINEMAを皮切りに全国順次公開いたします。

この度、本作のポスタービジュアルと予告編が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『グッド・ワイフ』について

裕福な夫の“妻”として生きる女たちのマウンティング合戦を通し、現代女性にとっての愛や結婚、さらにはアイデンティティを模索するスタイリッシュなドラマ『グッド・ワイフ』

本作の舞台となるのは第91回アカデミー賞で外国語映画賞ほか3冠に輝いたアルフォンソ・キュアロン監督作『ROMA/ローマ』から 10年後のメキシコです。

メキシコの新鋭の女性監督アレハンドラ・マルケス・アベヤの長編2作目となる本作は、メキシコを代表する女性作家グアダルーペ・ロアエサによる社会風刺の効いた小説「Las Ninas Bien」が原案となっています。

2018年のトロント国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに、多くの国際映画祭で絶賛され、2019年メキシコ・アカデミー賞では13部門にノミネート、主演女優賞ほか4部門を受賞した話題作です。


映画『グッド・ワイフ』の予告編

この度、解禁された予告編では、主人公となるセレブ妻の“女王”ソフィアを始め、1980年代当時のアッパークラスの主婦たちの贅沢な暮らしぶりと、女たちの激しい“マウンティング”バトルから目が離せません。

当時最先端のゴージャスなファッションやライフスタイル、カルチャーも本作の大きな見どころのひとつです。

しかし、誰もが憧れる生活を送っていたソフィアの完璧な世界は、1982年にメキシコを襲った経済危機をきっかけに脆くも崩れ去ってゆく…。富を拠り所としていた女性が、財産を失った時、その先には何が待っているのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『グッド・ワイフ』の作品情報

(C)D.R. ESTEBAN CORP S.A. DE C.V. , MEXICO 2018

【日本公開】
2020年(メキシコ映画)

【原題】
Las Ninas Bien

【監督・脚本】
アレハンドラ・マルケス・アベヤ

【原案】
グアダルーペ・ロアエサ

【キャスト】
イルセ・サラス、カサンドラ・シアンゲロッティ、パウリーナ・ガイタン、ジョアンナ・ムリーヨ、フラビオ・メディナ

【日本語字幕】
大西公子

映画『グッド・ワイフ』のあらすじ

(C)D.R. ESTEBAN CORP S.A. DE C.V. , MEXICO 2018

1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。

実業家の夫との間に3人の子供に恵まれたソフィアは、高級住宅街にある美しい豪邸で満ち足りた生活を送っていました。

セレブ妻たちのコミュニティに女王のごとく君臨していた彼女は、証券会社の社長を夫に持つ、垢抜けない“新入り”アナ・パウラの出現が気に入りません。

ですが、歴史的なメキシコの経済危機が到来し、富裕層を直撃。突如として、ソフィアの完璧な世界は崩壊し始め…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)D.R. ESTEBAN CORP S.A. DE C.V. , MEXICO 2018

メキシコの新鋭の女性監督アレハンドラ・マルケス・アベヤ監督が、完璧なセレブ主婦ソフィアの答えのでない内的葛藤をラグジュアリーなキャンバスの上で巧みに描き出して見せます。

鮮やかに再現された華麗なる 1980年代ファッションとライフスタイルと、メキシコを襲った経済危機があぶり出す美しい悪夢をぜひお楽しみください。

映画『グッド・ワイフ』は2020年7月10日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『truth〜姦しき弔いの果て〜』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。堤幸彦監督50作目は精子バンクをテーマにしたインディーズ作品

Rome International Movie Award最優秀作品賞受賞。 堤幸彦監督50作目のハイクオリティインディーズ映画『truth 〜姦しき弔いの果て〜』が2021年7月にオンライン開催さ …

新作映画ニュース

映画『リチャード・ジュエル』アカデミー賞2020年の最有力候補。イーストウッド監督最新作の劇中の場面写真解禁

2020年1月、私たちは衝撃の真実を知る。 イーストウッドの第40作、勇敢な警備員の身に起きた実話を描くサスペンスドラマ『リチャード・ジュエル』。 全世界待望、クリント・イーストウッドが放つ衝撃作『リ …

新作映画ニュース

【映画(2020)予告動画】井筒和幸監督が新作『無頼』を松本利夫×柳ゆり菜の共演で戦後日本を描く

総勢400余名の俳優たちが演じる社会のはみ出し者たち、 あぶれ者たちを通して、戦後の日本の姿を描く 『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満 …

新作映画ニュース

山田涼介×土屋太鳳映画『大怪獣のあとしまつ』あらすじ/キャスト/特報動画。空想特撮エンターテイメントで“その後”を描き出す

「この死体、どうする?」。 邦画史上最大級“巨大怪獣”の“死んだ後”の物語。 暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。突如、ヒーローが現れて世界を救う――。それは、子どもの頃に誰もが憧れた、特撮映画でお決まり …

新作映画ニュース

『僕はイエス様が嫌い』あらすじ。サンセバスチャン国際映画祭への奥山監督の快挙

奥山大史監督の映画『僕はイエス様が嫌い』が第66回サンセバスチャン国際映画祭ニューディレクターズコンペティションに正式出品決定。 日本人として7年ぶり、かつ最年少の22歳でノミネートされた奥山大史監督 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学