Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/10/02
Update

映画『クレイジー・リッチ!』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 西川ちょり

恋人と家族どっちが大切⁉︎恋人は超リッチ!

全米で大ヒット中のオール・アジアンキャストムービー『クレイジー・リッチ』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『クレイジー・リッチ!』の作品情報


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Crazy Rich Asians

【監督】
ジョン・M・チュウ

【キャスト】
コンスタンス・ウー、ヘンリー・ゴールディング、ジェンマ・チャン、リサ・ルー、オークワフィナ、ハリー・シャム・Jr.、ケン・チョン、ミシェル・ヨー、ソノヤ・ミズノ

【作品概要】
ケビン・クワンが自らの経験を基にして書き上げた小説の映画化作品。ケビン・クワン自身が製作総指揮を務めている。

シンガポールの超リッチな人々の恋愛模様をダイナミックに描くラブコメディ。

オール・アジアンキャストで制作された本作は、全米で大ヒットを記録。監督を務めたのは『G.I.ジョー バック2 リベンジ』(2013)、『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(2016)のジョン・M・チュウ。

映画『クレイジー・リッチ!』のあらすじとネタバレ


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

1995年、ロンドン。

雨の中、ある高級ホテルにアジア系の親子が到着します。女性は「エレノア・ヤン」と名乗って、スイートを予約していると言いますが、ホテル側は「予約ははいっておりません。満席です」と彼女を拒否します。

あげくに「チャイナタウンでも散策されては?」と付け加えるありさまです。

「電話くらいお借りしても?」と女性は尋ねますが、その電話すら外の公衆電話に行かされる羽目に。やがて、ホテルのエレベーターのドアが空いて、カルソープ卿があわてて飛び出してきました。

「今、ご主人と話したよ。私は代々所持した事業を手放す。このホテルの経営権はシンガポールのヤン家が買ったので、今日からオーナーは彼女だ」

唖然とする従業員を前に、ヤン家の親子はエレベーターに乗り込むのでした。

2018年 ニューヨーク。

ニューヨーク大の経済学の教授であるレイチェル・チュウは、恋人ニック・ヤンから、親友の結婚式に出席するため、故郷のシンガポールに帰るのだが、一緒に来ないかと誘われます。

この際、親にも紹介しておきたいからと言う彼の言葉にうなずくレイチェル。そんな二人の姿を「ラジオ女」と呼ばれるゴシップ好きの女がSNSで拡散。

二人が結婚するのではという噂がまたたく間に拡散されます。それはシンガポールのニックの母親にも伝わってしまいます。

飛行機に搭乗すると、専任バトラーが待機する超豪華なVIP席に案内され、レイチェルは初めてニックが大変なお金持ちであることを知るのでした。

初めてのアジア旅行に胸をときめかせながらも、ニックの家族に会うことに緊張するレイチェル。シンガポールに着くと、ニックの親友のコリン・クーとフィアンセのアラミンタ・リーが迎えてくれました。

四人は屋台で飲んだり食べたりして、楽しい一時を過ごしました。

ホテルで一泊した翌日、レイチェルは付添人の打ち合わせがあるというニックと分かれ、大学時代の友人、ペク・リン・ゴーの自宅を訪ねました。

彼女も裕福な家の娘ですが、ペクは独特のファッションセンスと、冴えたトークをする個性的な女性です。

ペクはレイチェルがレイチェルの母親のアドバイスで選んで持ってきたドレスにダメ出しし、自分のクローゼットからドレスを選んでくれました。

ペクの運転する車でニックの家に行くと、そこは迷子になるような広大な土地に建つ、豪勢なお屋敷でした。

ニックはアジア屈指の不動産王の御曹司だったのです。ニックの家族との初めての対面は驚くことばかりでした。

結婚前のバチェラーパーティーの会場はなんと海上に浮かぶタンカーの甲板。水着姿の大勢の女性が集まり、派手な音楽が鳴り響いていました。

パーティーの主役のはずのコリン・クーは、「親友とビールを飲んでサッカーできればよかったんだけど」と苦笑い。すきをみて、ニックとともに会場をヘリコプターで脱出します。

筏でくつろいでいた二人でしたが、コリンはニックに「君は将来は家に戻る身だ」と語りかけます。ニックとレイチェルのことを心配しているのでした。

「レイチェルはニューヨークを愛している。立派な仕事も持っている。ニコラス・ヤン夫人になれば毎日が闘いになるんだぞ」

その頃、レイチェルはアラミンタ・リーによる「バチェロレッテ・パーティー」に招待されていました。

しかし、そこで、彼女は嫉妬する女性陣から、様々な嫌がらせを受けるはめに。

レイチェルは「富豪の財産を狙う悪役扱い」されたことに腹をたてます。

ニックになぜ家のことを今まで話してくれなかったのかと怒って尋ねると、ニックは「君はぼくの家族のことを聞こうとしなかった。そこが他の人と違うところなんだ。君といる僕が好きだ。自分勝手だったよ。これからは二人で闘う」と応えるのでした。

彼は彼女にぞっこんなのです。

しかし、いくら二人が相思相愛であろうと、ニックの母親も、祖母もレイチェルを息子の嫁にすることを認めようとはしません。

ニックの母親自身、第一候補でも第二候補でもなかったことから、代々伝わる結婚指輪も継承されず、随分と苦労したことを打ち明け、「あなたには無理よ。あなたはアジアの習慣をわかっていない。あなたはアメリカ人よ」と厳しい言葉を投げかけるのでした。

すっかり落ち込んだレイチェルは、ペクに「式も出たくない」と愚痴りますが、ペグは「ビビってるだけじゃん。あなたはゲーム理論の教授なんだから、そこを見せなくちゃ」と叱咤し、レイチェルをセレブ化させるため、最高のドレスとスタイリストを用意するのでした。

コリンとアラミンタの結婚式当日、見違えるほど、美しく着飾ったレイチェルに、人々は驚きます。しかし、案の定、エレノアから同じ列に座ることを拒否されてしまいます。しかし、負けじと、前の席を陣取るレイチェル。

遠巻きにその様子を見ながら、ニックはレイチェルを頼もしく思い、微笑みました。

結婚式は総費用4000万ドルも書けた豪華なもので、花嫁のアラミンタは大変美しく、新郎新婦はとても幸せそうでした。

結婚式も無事に終わりましたが、レイチェルには大変ショックなことが起きてしまいます。エレノアがレイチェルの身辺調査をしたのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『クレイジー・リッチ』ネタバレ・結末の記載がございます。『クレイジー・リッチ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

レイチェルの父は早くに亡くなり、母親が一人で育てたと聞かされていたのですが、エレノアは、父親は生きていて、中国にいるというのです。母親は父親を置き去りにして勝手にアメリカに行ったのだと。

聞かされた内容に驚きを隠せないレイチェルでしたが、「こんな家族とは付き合えない」とエレノアに言われて、「こちらも願い下げよ」とその場を立ち去りました。

すっかり落ち込んだレイチェルはペクの家に世話になっていましたが、突然母親がニューヨークからやってきます。ニックが呼んだのでした。母親は事情を話してくれました。

夫は暴力を振るうひどい男だったこと、昔の同級生が支えてくれたこと、二人の間に生まれたのがレイチェルだったこと、夫に知れたら殺される、その人に迷惑をかけないためにアメリカに行かなければならなかったことなどを。

ニックは「本当にすまなかった。母のしたことは許せない」とレイチェルに謝り、「家族は大切だけれど、もうかばわない。僕は家族を捨てる。二人で暮らそう」と言うのでした。そして指輪を取り出しました。

そんな中、レイチェルはエレノアを麻雀の席に呼び出します。

「家族のことはニックから話を聞かれたと思います。私は最初から嫌われていた。何故ですか?」とレイチェルは尋ねました。

「あなたがアメリカ人だからよ。アメリカ人は自分の幸せだけを考えている。中国人には長い間守られてきたものがあるのよ。家のために生きなくてはならないの」とエレノアは答えました。

「ニックから求婚されました」とレイチェルが言うと、エレノアはハッとして顔を上げました。「ニックは家族を捨てると言っていました。でも断りましたよ」

エレノアはホッとしたようでした。

「私を選べば、家族を失う。家族を選んでもニックはあなたを憎みます。ニックを愛しているから、二度もあなたを失わせたくない。ニックがあなたが認める人と結婚して、あなたが将来、月下美人の咲くころに小鳥が鳴き、孫と遊ぶ時か来たら思い出してください。 私のおかげです。名もない移民のおかげだと」

レイチェルはペクに別れを告げ、母親と一緒にニューヨークに戻るため、飛行機に乗り込んでいました。その時、ニックが彼女を追ってきました。

ニックは、指輪を差し出し「僕と結婚してください」とレイチェルにプロポーズしました。

その指輪は、エレノアが指につけていた結婚指輪でした。レイチェルの表情がパッと明るくなりました。ニックに飛びついてプロポーズを承諾するのでした。

スポンサーリンク

映画『クレイジー・リッチ!』の感想と評価


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

1993年に制作された『ジョイ・ラック・クラブ』以来25年ぶりのオール・アジアンキャストで制作された本作は、全米で大ヒットを記録。

アジアンキャストの映画が今のアメリカで受け入れられるというのが画期的ですが、何が人々をそれほどひきつけたのでしょうか!?

まず驚かされるのは、登場人物がヒロインを除いて皆、超絶お金持ちという設定。まさに現代のチャイニーズマネーの威力を象徴しているともいえますが、何よりスケールの大きさが魅力です。


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

飛行機のゴージャスなファーストクラスから始まって、ヴェルサイユ宮殿と“トランプ大統領のトイレ”を模した友人のお屋敷。車で迷ってしまうくらいの恋人の大豪邸(俯瞰で見せてくれます)。

バチュラーパーティーに参加する男たちがワーグナーの「ワルキューレの騎行」をBGMに、ヘリコプターで行き着いたのは海上に浮かぶ巨大タンカー。美術品とも言えるイヤリングの購入、4000万ドルかけて教会を飾り立てた結婚式等々…。

嫌味でないあっけらかんとした豪華絢爛ぶりが爽快です。

また、シンデレラストーリー的物語は、ハリウッドのラブコメの伝統を受け継いだ“王道”なもの。身分違いの恋という点でビリー・ワイルダー監督の『麗しのサブリナ』などの古典的名作を思わせます。


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

主役二人の恋の行方と同時に、脇のカップル(今回はニックの従姉妹夫婦)の恋愛模様が並行するのも往年のMGMミュージカルなどによく見られたパターンです。

そうした懐かしのハリウッドの香りが、エキゾチックな現代のアジアの世界で蘇っている面白さが魅力の一つとなっているといえるでしょう。

さらには家長制度的な古いしきたりと新しい価値観の衝突という、普遍的な問題がテーマになっているのも、多くの人々に関心をもたれたのではないでしょうか。

やりたいことを封印して、家族のために生きてきたニックの母親と、専門職につき自立しているレイチェルとの衝突が、女性が如何に生きるかというテーマを内包しているのです。


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

そして何より、この作品を魅力的にしているのは、ヒロインのレイチェル・チュウを演じたコンスタンス・ウーの存在でしょう。

一見、映画の中の台詞にもあるように「決して特別な美人というわけではない」し、派手さもなく、どちらかというと平凡なキャラクターに見える彼女なのですが、物語が進むにつれ、金持ちでイケメンの文句のつけようのない御曹司が、彼女に惚れるのも納得だという気持ちにさせられていくのです。

人格や家族や生まれさえも全否定されて深く傷つく彼女が、何度も何度も立ち直り、明るく微笑む朗らかさが、作品の全体のトーンとなっていて、温かい気持ちを呼び起こします。

そして『オーシャンズ8』でも大活躍だったオークワフィナ扮する親友のペク・リン・ゴーを始め、脇を固める個性的なキャラクターたちがまたいいのです。


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

ニックの母親だって、自分自身が、家柄が足りず長年苦労してきた経験から、レイチェルには無理だと言っているわけで、ただの悪人として描いていないところが共感できます。この母親役を演じるミシェル・ヨーの貫禄はさすがといわざるをえません。

また、本作には「移民」という視点があるのも忘れてはいけません。「移民」としての誇りをレイチェルが口にする姿に、全米の多くの移民(中華系に限らず)の方々が共感したことは想像に固くありません。

まとめ


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

本作品のヒットがきっかけで、早速様々な動きが起こっています。

オークワフィナとミシェル・ヨーが再び共演するかもしれないというニュースが駆け巡ったり、今作でブレイクしたニック役のヘンリー・ゴールディングがポール・フェイグ監督作品に出演決定など、出演者の次回作が話題になっています。

アメリカのテレビ放送局ABCが、中国系アメリカ人女性を主人公にしたドラマを計画中という話もあるようです。さらに映画の続編も予定されていて、『クレイジー・リッチ!』フィーバーはまだまだ続きそうです!

ところで、本作のエンドロールが非常にポップな作りとなっていて、是非そこにも注目してみてください。

作品のモチーフ(シンクロナイズド・スイミングやシーライオン、麻雀牌など)をデザイン化した可愛いアニメーションが流れます。

また、オークワフィナの歌声も聞けますので、最後まで席を立たないことをオススメします。

関連記事

ラブストーリー映画

ホン・サンス映画『それから(2018)』あらすじとキャスト。劇場情報も

今、世界一センセーショナルな監督と女優、名匠ホン・サンスとキム・ミニが紡ぐ男女の可笑しみを目撃せよ! ホン・サンス監督の『それから』は、6月9日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラ …

ラブストーリー映画

『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』感想と考察

映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』は、10月14日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開。 モダニズム華やかなりし頃、天才や巨匠と呼ばれた建築家は何に惹かれたのか? キ …

ラブストーリー映画

映画『君の膵臓をたべたい(キミスイ)』ネタバレ感想。タイトルの意味や結末も

『黒崎くんの言いなりになんてならない』や『君と100回目の恋』など、人気少女漫画を原作にした作品を手掛けてきた月川翔監督による『君の膵臓をたべたい』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事 …

ラブストーリー映画

映画『15年後のラブソング』あらすじと感想レビュー。大人になりきれない者たちが開く“新たな人生の扉”

映画『15年後のラブソング』は2020年6月12日(金)から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他、全国公開予定 映画『15年後のラブソング』は、『アバウト・ア・ボーイ』『ハイ・フィデリティ …

ラブストーリー映画

映画『マチルダ禁断の恋』あらすじネタバレと感想。ロシア皇帝と伝説のバレリーナの実話物語

その魅惑の踊りを見たら最後、誰もが恋に落ちるプリマ。彼女は、ロシアの伝説のバレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤ。 ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世もまた、マチルダの魅力に翻弄された男性のひとりでした …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学