Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2023/02/05
Update

【ネタバレ】ゴースト/ニューヨークの幻|あらすじ結末考察と感想評価。名作大人のラブロマンスは“サスペンスの妙味”で一躍大ヒットを飛ばす!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

恋人を守る幽霊を主人公にした純愛ファンタジー

世界的大ヒットとなったパトリック・スウェイジ、デミ・ムーア主演のロマンティックファンタジー。

ジェリー・ザッカー監督が、突然殺されてしまった男性が幽霊となって恋人を守る姿を切なく描きます。

共演のウーピー・ゴールドバーグが霊媒師を好演し、第63回アカデミー賞で助演女優賞を受賞しました。ヒロインのモリーを演じたデミ・ムーアは、大ブレイクを果たしています。

主人公が幽霊となってもこの世にとどまり続けたのには、深い理由がありました。

幽霊とのラブストーリーの元祖ともいえる本作の魅力についてご紹介します。

映画『ゴースト ニューヨークの幻』の作品情報


TM & Copyright (C)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

【公開】
1990年(アメリカ映画)

【監督】
ジェリー・ザッカー

【脚本】
ブルース・ジョエル・ルービン

【編集】
ウォルター・マーチ

【出演】
パトリック・スウェイジ、デミ・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグ、トニー・ゴールドウィン

【作品概要】
『裸の銃を持つ男』(1989)のジェリー・ザッカー監督作品。愛する人が幽霊となって現れるロマンティックファンタジードラマ。

『アウトサイダー』(1983)、『シティ・オブ・ジョイ』(1992)のパトリック・スウェイジと、『G.I.ジェーン』(1998)のデミ・ムーアが共演し、世界的にメガヒットとなりました。

天使にラブ・ソングを…』シリーズのウーピー・ゴールドバーグが霊媒師役を演じ、第63回アカデミー賞で助演女優賞を受賞しています。

映画『ゴースト ニューヨークの幻』のあらすじとネタバレ


TM & Copyright (C)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

銀行員のサム・ウィートは仲睦まじい恋人の陶芸家モリー・ジェンセンと新居で同棲を始めます。同僚のカール・ブルーナーとも気が合い、仕事も順調でした。しかし、なぜかサムは不安な気持ちをぬぐえずにいました。

ある日、銀行で大きな金額が動いていることに気づいたサムは、送金コードを変えてひとりで調査を進めます。

ある晩、モリーと外出した帰り道でサムは暴漢に襲われ、銃で撃たれてしまいます。気が付くとサムの魂は体から抜け出て、ゴーストとなっていました。彼は自分の血だらけの体を抱きしめるモリーの姿を、呆然と見つめます。

その後もサムはモリーの傍にとどまり続けます。カールはモリーを訪ね、散歩に誘いました。ふたりが出かけた後、なんとサムを殺した暴漢が家に侵入します。モリーが帰宅しますが、彼女は男がいることに気づきません。サムは自分の気配がわかる猫のフロイドを使ってどうにか男を追い出し、後を追います。

男のアパートまでつけていったサムは、彼の名がウィリー・ロペスだと知ります。男が何者かに電話で数日中に手に入れると話すのを聞いて、サムは不安に駆られます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ゴースト ニューヨークの幻』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ゴースト ニューヨークの幻』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


TM & Copyright (C)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

その帰り道、「霊媒師 霊感占い」と書かれた看板を見つけたサムは、その店を訪ねました。客と一緒に部屋に入り込んだ彼の前に、霊能力者オダ・メイが現れます。インチキ臭い彼女に悪態をつくサム。すると、オダ・メイは彼の声を聞き取り、動揺します。

自分の声が聞こえることを知ったサムは、自分を殺した男からモリーを守ってほしいとオダ・メイに必死で頼みます。

初めは断っていたオダ・メイでしたが、サムのしつこさに負けてモリーのアパートを訪ねました。門前払いにされそうになりますが、サムにしか知り得ない話をしてモリーの信用を得ます。

犯人が来たことをモリーに伝えるサムとオダ・メイ。しかし、犯人の住所が自宅近くだと知ったオダ・メイは、関わり合うことを嫌がって帰ってしまいます。

モリーはオダ・メイのことをカールに話しました。カールはインチキだと言いながらも、モリーのために自分が調べると言います。

ロペスを調べに行くカールについていったサム。するとカールとロペスはグルで、カールこそが黒幕だった事実を知ります。彼は銀行の金を手に入れるために、サムのコードの書かれた手帳を狙っていました。

モリーは警察に話をしますが、信じてもらえませんでした。そして、オダ・メイに前科がいくつもあることがわかります。

モリー宅に忍び込んでカールは手帳を手に入れ、麻薬組織に銀行の金を振り込む裏取引を約束します。その様子をサムが見ていました。

その晩訪れたカールに、モリーは警察でのことを話します。悲しむ彼女に口づけようとするカール。思わず飛び掛かったサムはふたりには触れられなかったものの、写真立てを倒すことができました。音に驚いたモリーはカールから離れます。

地下鉄で出会った男が物に触ることのできることを思い出したサムは、やり方を教わりに行きました。練習してコツを覚えたサムは、物を動かせるようになります。

もう一度オダ・メイに助けを求めにいったサムは、彼女が霊に憑依される姿を目の当たりにします。占い館までロペスが追ってきたため、オダ・メイは慌てて逃げ出しました。

サムはニセの身分証明書を用意すれば、彼らを追い払えるといって説得します。サムはリタ・ミラーという名を偽造した彼女を連れて銀行へ向かいました。

カールの口座の主になりすまし、オダ・メイは口座解約に成功します。400万ドルの大金を手にして興奮する彼女に、持ったままだったら殺されるとサムは言って、すぐにその場で慈善団体に寄付させました。

カールは約束の時間に麻薬組織に金を送金しようとしますが、口座は解約されていました。金を失い窮地に陥ったカールを、サムは嘲笑います。パソコンに「人殺し サムサムサム」と出たのを見て、カールは驚愕して逃げ出しました。

モリーのもとへ行き、冷や汗を流しながら話を聞くカール。モリーはオダ・メイが銀行で口座を解約したことを話してしまいます。追い詰められたカールはサムに向かって、オダ・メイに11時までに金を持ってこさせなければモリーを殺すと脅します。

サムはオダ・メイに急いで逃げるように伝えましたが、すぐにカールとロペスが彼女の家まで追ってきました。

サムはロペスの前で物を倒したり水道をひねったりして怖がらせ、逃げ出したロペスは車道に飛び出して車にはねられて死んでしまいます。彼はそのままゴーストになり、悪霊たちに連れ去られていきました。

オダ・メイはモリーにカールが黒幕だと話しますが、信じてもらえません。しかし、コインを浮かせて彼女の手に握らせて「お守りだ」とサムがいっていると聞いて、とうとうモリーは事実を受け入れます。

モリーは警察に連絡し、到着を待ちます。お互いにもう一度触れたいと話すふたりの話を聞き、オダ・メイは自分の体を使っていいと話します。

彼女の体に憑依したサムは、思い切りモリーを抱きしめました。しかしそのとき、カールの声がします。

モリーたちは非常階段で逃げますが、サムはなぜか物を触れなくなっており、カールを止めることができません。

カールにつかまってしまったオダ・メイ。銃を突きつけ、金のありかを聞くカールでしたが、サムに引きはがされます。

逆上したカールはモリーに銃を突きつけ、金を要求しました。力を回復したサムはカールを追い詰めます。すると、割れた窓ガラスが偶然落ちてきて、カールの腹を突き刺しました。

ゴーストになったカールは、悪霊たちに連れ去られました。

モリーにもサムの声が聞こえるようになったそのとき、精霊たちが彼を迎えにやってきました。

光に照らされたサムの顔を見つめて、モリーは微笑みます。サムは最後に彼女にキスをし、愛してると伝えてから旅立っていきました。

映画『ゴースト ニューヨークの幻』の感想と評価


TM & Copyright (C)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

ラブロマンスとサスペンスを融合させた名作

恋人を守るためにゴーストとなってこの世にの留まる主人公の切ない恋を描き、世界的に大ヒットした名作です。キュートなヒロインを演じたデミ・ムーアを大ブレイクさせたことでも知られています。

同年公開された対照的なラブコメ作品『プリティ・ウーマン』とともに大きな話題をさらい、恋愛ドラマ隆盛期を作り上げました。

本作の魅力は、たくさんの要素を楽しめる複合エンターテインメント作品となっている点にあります。

ひとつは、王道のラブロマンスストーリーである点です。まじめな銀行員のサムは、陶芸家の恋人・モリーと外出した帰り道で暴漢に襲われ、突然殺されてしまいます。しかし、彼は恋人を危機から好くために、ゴーストとなってこの世にとどまりました。触れたくても触れられない、ふたりの切ない関係は涙を誘います。

生きている間はモリーに「愛してる」と言えなかったサムが、最後精霊によって天に召されるときにとうとう彼女に伝えることができる場面は感動的です。

その後、ストーリーはサスペンスフルな展開へと転じます。サムを襲った黒幕は親友のカールでした。カールは不正に資金洗浄した口座の送金コードをサムから奪うようにロペスに依頼しましたが、サムが抵抗したため殺してしまったのです。

コードを手に入れたいカールが、モリーを狙っていることに気づいたサムは、恋人を助けるために必死で駆け回ります。

その後、サムの声を聞くことが出来る霊媒師のオダ・メイの登場によって作品がコミカルに味付けされる一方で、悪者たちが死後に悪霊に連れ去られていく姿はホラーチックに描かれるなど、さまざまな魅力で彩られます。

このバランスのよさに加え、印象的なシーンが多いこともヒットの大きな要因です。

ふたりでろくろを回す官能的なシーンはあまりにも有名です。また、自分がこの世にとどまっていることを知らせるために、サムがコインを宙に浮かせてモリーに手渡す場面など、名シーンが多数存在することも今尚愛され続ける理由となっています。

周囲を巻き込むウーピー・ゴールドバーグの魅力


TM & Copyright (C)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

本作で特に大きな魅力を放っているのは、ウーピー・ゴールドバーグ演じる霊媒師オダ・メイです。

日本でも大人気の『天使にラブ・ソングを…』シリーズでデロリスを演じたウーピーが魅力を全開させています。本作で第63回アカデミー賞の助演女優賞を見事受賞しました。

オダ・メイはいくつもの前科を持つインチキ霊媒師でしたが、サムの声を聞くことができる本物の霊能力者だとわかります。

稀代のコメディエンヌのウーピーが、このオダ・メイをコミカルにこの上なく魅力的に演じています。それまで切なく悲しいスリリングだった物語を、一気に明るく笑える空気に変えてしまうのです。異質な存在感を持つ彼女が、本作の屋台骨の役割を果たしています。

ストーリーの展開とともに、次はウーピーがどうやって笑わせてくれるのだろうかという期待で胸がワクワクすることでしょう。

銀行を訪れ、口座解約という一大ミッションを行うシーンは最高です。秘密裡に訪れたはずなのに、オダ・メイはショッキングピンクのド派手な服と帽子をかぶって現れるのですから。サムに注意されても帽子をとろうとしない姿に、思わず吹き出してしまいます。

ただでさえ目立つ彼女が、そんな姿をしていたら目を引かないはずがありません。結局モリーにも見つかり、カールにまで知られることになったことから自分のクビを締めてしまいます。

手にした大金の400万ドルを寄付しなければならなくなったオダ・メイの苦渋の表情を見たら、笑うしかありません。

彼女の明るさに観る者が導かれるのと同様、サムもモリーもオダ・メイの放つ強い明るさとやさしさに救われていきます。最後に自分の身を差し出してサムに憑依させてやる姿は慈愛に満ち、まるで聖母かのようです。

硬軟演じ分けられる実力派のウーピーならではの味わいある演技に魅了されることでしょう。

まとめ

可憐なデミ・ムーアに魅了される名作『ゴースト ニューヨークの幻』。愛するヒロインを危険から守るために、必死で奮闘する主人公・サムの姿に胸が熱くなります。

最初は泣き暮らしていたモリーが、最後に美しい精霊に導かれて天に召されるサムをやさしい瞳で見送る姿が印象的です。

これほどまで自分のために力を尽くしてくれた恋人の深い愛に満たされ、モリーはきっとこの先も幸せに生きていけることでしょう。

悲しみだけではなく愛と希望に満ちあふれた本作は、これからも多くのファンに愛され続けるに違いありません。




関連記事

ラブストーリー映画

映画『甘いお酒でうがい』感想とレビュー評価。原作はお笑い芸人シソンヌの「じろう」が架空のOL・川嶋佳子の名で著した517日の物語

映画『甘いお酒でうがい』は2020年9月25日(金)から公開。 お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが、長年コントで演じてきたキャラクターを主人公に、何気ない日常を送りながらも、何処か風変わりで少し後ろ向 …

ラブストーリー映画

映画『パリの恋人』あらすじネタバレと感想。オードリー・ヘプバーンの名作ミュージカルの見所

永遠の妖精オードリー・ヘプバーンが、パリを舞台に歌って踊るミュージカル映画。 ミュージカル映画の金字塔『雨に唄えば』のスタンリー・ドーネン監督と、オードリー・ヘプバーンが初めて組んだ作品です。 オード …

ラブストーリー映画

【ネタバレ】ラーゲリより愛を込めて|あらすじ感想と結末の評価解説。二宮和也×北川景子は山本幡男の実話で“遺書”の意義を問いかける

運命に翻弄された2人の11年に及ぶ愛の奇跡を描く『ラーゲリより愛を込めて』 第二次世界大戦後の1945年。捕虜となって酷寒のシベリアで捕虜生活を送る山本幡男は、帰国(ダモイ)を信じて仲間たちを励ましま …

ラブストーリー映画

映画『ういらぶ。』あらすじネタバレと感想。平野紫耀で人気コミック実写化

好きすぎて、イジメちゃう。 幼なじみの凛と優羽はお互い好き同士なのに、素直に「好き」と言えない関係。好きすぎて優しくできない凛は、優羽と幼なじみの関係を超えることができるのか? ライバルの登場で、幼な …

ラブストーリー映画

映画『愛のまなざしを』ネタバレ結末感想とあらすじの評価解説。男女の嫉妬と復讐を仲村トオルと杉野希妃による演技で描くラブ・サスペンス!

映画『愛のまなざしを』は男女の嫉妬と復讐と救済を描く 仲村トオル演じる精神科医の主人公と、杉野希妃演じる彼の元患者であった女性との愛憎劇を描いた映画『愛のまなざしを』。 亡き妻・薫への思いが断ちきれな …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学