Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

映画『天使にラブソングを』ネタバレあらすじと感想レビュー。キャストのウーピーゴールドバーグが相違する価値観の必要性を問う

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

クラブ・シンガーが巻き起こすヒューマンコメディの秀作『天使にラブ・ソングを…』。

売れない歌手が、ある事件から逃げる為に、かくまわれた修道院で起こす騒動を描いたコメディ映画『天使にラブ・ソングを…』。

演出は『スリーメン&リトルレディ』のエミール・アルドリーノ監督、主演は『ザ・プレイヤー』のウーピー・ゴールドバーグが務め、『レザボア・ドッグス』のハーヴェイ・カイテル、『フック』のマギー・スミス、『フィッシャー・キング』のキャシー・ナジミーが集結。

公開から長い年月経てなお、多くの映画ファンから愛される本作の魅力と、作品に込められたテーマについて考察していきます。

スポンサーリンク

映画『天使にラブ・ソングを…』の作品情報


(C)Touchstone Pictures.

【公開】
1992年公開(アメリカ映画)

【原題】
Sister Act

【監督】
エミール・アルドリーノ

【脚本】
ジョセフ・ハワード

【製作総指揮】
スコット・ルーディン

【キャスト】
ウーピー・ゴールドバーグ、マギー・スミス、ハーベイ・カイテル、キャシー・ナジミー、ウェンディ・マッケナ、メアリー・ウィックス、ビル・ナン、ロバート・ミランダ、リチャード・ポートナウ

【作品概要】
ある事件から身を隠す為に、修道院で生活する事になった、売れない歌手のデロリスが巻き起こす騒動と、聖歌隊の再生の軌跡を描いたコメディ作品。

主演のウーピー・ゴールドバーグは、本作がキッカケで大ブレイクし、後にエミー賞、グラミー賞、オスカー、トニー賞の4つの賞をすべて受賞した女優として大活躍します。デロリスを追うマフィアのボス、ヴィンス役にハーヴェイ・カイテル、デロリスと事あるごとに対立する修道院長に、マギー・スミスと実力派の俳優が共演しています。

映画『天使にラブ・ソングを…』のあらすじ


(C)Touchstone Pictures.

デロリスは、ネヴァダ州リノにあるカジノに、毎晩出演しているクラブ・シンガーです。

ですが、カジノの客は、デロリスの歌を全く聞いておらず、デロリスは自身のショーに全く手ごたえを感じていません。

また、デロリスは、カジノのオーナーであるヴィンスと、愛人関係にありましたが、いつまでたっても離婚に踏み切らないヴィンスに、苛立ちを感じています。

ある時デロリスは、ヴィンスからプレゼントされた毛皮が、ヴィンスの奥さんの物である事を知り激怒します。

デロリスは、ヴィンスの事務所に怒鳴り込みますが、そこで目の当たりにしたのは、自分の運転手を射殺するヴィンスの姿でした。

デロリスは、その場から逃げ出し、警察に駆け込みます。

警察に逃げ込んだデロリスは、長年ヴィンスを追いかけているサウザー警部補から、ヴィンスがあらゆる犯罪に手を染めている危険人物である事を聞きます。

デロリスは、重要参考人として保護され、サウザー警部補に身を潜める場所として、修道院に連れて行かれます。

デロリスは、幼少期にカトリック系の学校へ通っていましたが、反抗的な態度を取り続けた問題児で、修道院に身を隠す事を拒否します。

ですが、ヴィンスがデロリスに賞金をかけている事を知り、身の危険を感じたデロリスは、修道院に隠れる事を決意します。

修道院で、デロリスの世話をする事になった修道院長は、厳格な性格で、デロリスの事を最初から嫌がっており、高圧的な態度で接してきます。

逆に、シスター・パトリックやシスター・ロバーツらの若いシスターは、デロリスを好意的に迎え入れますが、修道院を毛嫌いし、自分の生き方を変えないデロリスと、それを認めない修道院長は、やがて激突するようになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・結末の記載がございます。『天使にラブ・ソングを…』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Touchstone Pictures.

デロリスが身を潜めている修道院では、ある問題を抱えていました。

それは、修道院の聖歌隊の歌唱レベルが低く、礼拝に訪れる人達の人数が減っているという事です。

デロリスも実際に、聖歌隊の歌を聞きましたが、それぞれがバラバラに歌っており、聞くに堪えないものでした。

退屈な修道院の生活に、限界を感じたデロリスは、修道院を抜け出して、向かいにあるバーへ行きます。

バーの中は、屈強でガラの悪い男たちが集まっていましたが、デロリスは男たちを退けて、お酒を飲もうとします。

ですが、デロリスを追いかけて来た、シスター・パトリックとシスター・ロバーツらもバーに入って来た為、デロリスは2人を連れて修道院に戻ります。

バーから帰宅した所を、修道院長に見つかってしまい、デロリスは謹慎を言い渡されます。

数日後、修道院で問題を起こし続けるデロリスに呆れた修道院長は、デロリスが歌手である事から、聖歌隊での活動を言い渡します。

レベルの低い聖歌隊に入る事を、デロリスは拒みますが、修道院長の圧力に屈します。

聖歌隊に入ったデロリスは、聖歌隊を根本から変える為、メンバーを音域別に分け、基本的な発生練習などを行います。

そして、デロリスが聖歌隊に入って、最初の礼拝の日、デロリスの指導を受けた聖歌隊は、見違えるほどの見事な歌声を披露します。

ですが、調子に乗ったデロリスにより、賛美歌に手拍子を交えた、ゴスペル風のアレンジも披露し、修道院長の怒りを買います。

修道院長は、デロリスを聖歌隊から外そうとしますが、修道院のオハラ司教が聖歌隊のパフォーマンスを絶賛した事で、修道院長は何も言えなくなります。

その後、デロリスが指導した、賛美歌にアレンジを加えた聖歌隊のパフォーマンスは話題になり、礼拝には多くの人が訪れるようになります。

これまで修道院長に「外の世界は危険」と教え込まれていたシスター達は、デロリスの影響で活発になり、積極的に外へ出て、街での奉仕活動を始めるようになります。

シスター達の奉仕活動は話題になり、デロリスはテレビ出演をしてしまい、サウザー警部補から厳重注意を受けます。

聖歌隊のパフォーマンスは、ローマ法王の耳にも入り、ローマ法王が礼拝に訪れる事になります。

ローマ法王の訪問を「光栄な事」と喜ぶ修道院長は、厳格で神聖な通常通りの讃美歌を歌う事を求めますが、聖歌隊は、デロリスがアレンジを加えた讃美歌を披露する事を希望します。

修道院長は、聖歌隊の希望を受け入れますが「保守的な思想の自分は、この修道院には不要」と感じ、修道院を去る事を決意します。

また、デロリスがテレビに出演した事で、ヴィンスに居所がバレてしまう事を危惧したサウザー警部補は、裁判の時期を早め、48時間後にデロリスは、修道院を立ち去る事になりました。

修道院を去る事になったデロリスは、修道院長には残る事を望みますが、修道院長は拒否します。

サウザー警部補は、デロリスの裁判出廷の準備を進めていました。

ですが、警察署の中にヴィンスへの内通者がいた事で、デロリスの居場所がバレてしまいます。

サウザー警部補はデロリスの身柄保護の為に、修道院に向かいます。

デロリスは、聖歌隊の指導を続ける為に、サウザー警部補から逃げ出し、修道院に残ろうとしますが、ヴィンスの部下2人に連れ去られてしまい、現場を目撃したシスター・ロバーツも捕まります。

ヴィンスの部下2人の隙をついて、デロリスはシスター・ロバーツだけ助け出します。

修道院に戻ったシスター・ロバーツは、デロリスが連れ去られた事を報告し、修道院長は全員で救出に行く事を決意します。

デロリスは、リノにあるカジノに拘束されていました。

ヴィンスは部下2人に、デロリスの射殺を命じますが、部下2人はシスターを射殺する事を拒否します。

デロリスは、ヴィンスと部下が揉めている間に逃げ出して、カジノの中に逃げ込み、デロリスを助けに来たシスター達と合流します。

シスター達は、デロリスを守ろうとしますが、ヴィンスがデロリスへ拳銃を向けます。

その時、サウザー警部補がヴィンスの肩を打ち抜き、デロリスを救います。

助かったデロリスは、修道院長と抱き合い、お互いの価値観を認め合います。

数日後、ローマ法王の前で、パフォーマンスを披露した聖歌隊は大歓声を受けます。

デロリスは、充実した笑顔を見せました。

スポンサーリンク

映画『天使にラブ・ソングを…』感想と評価


(C)Touchstone Pictures.

1992年に製作され、ウーピー・ゴールドバーグの代表作として知られる映画『天使にラブ・ソングを…』。

アメリカでは、公開当時に6ヶ月のロングランヒットを記録、2017年には、公開25周年を記録したTVイベントで、映画のキャストが再集結し、パフォーマンスを披露した事で話題になっています。

日本でも、本作をキッカケにゴスペルブームが起こったとも言われており、現在もミュージカル作品として公演が開催されるなど、世界的に愛されている作品です。

世界中で、長期間に渡り愛される本作の魅力。

それは主人公デロリスの、どんな逆境をも跳ね返す、力強い魅力的なキャラクターです。

歌手として活動しているデロリスですが、仕事はカジノでのショーのみで、そのショーも誰も見ていません。

また、カジノのオーナーのヴィンスと不倫関係にあり、それが理由で犯罪に巻き込まれ、幼少時代から忌み嫌っている修道院に潜伏する事になります。

これまで自由に生きて来たデロリスが、厳しい規律で縛られた修道院で生活する事になる訳ですが、デロリスは自分の生き方や主張を変える事はありません。

それ故、歌手として活動してきた経験を活かし、古い考え方や習慣を破壊し、新たな聖歌隊の形を作り出し、厳粛で神聖な礼拝を、自分の色に染めてしまいます。

デロリスが、アレンジを加えた讃美歌は、堅苦しいイメージを覆しており、このパフォーマンスの場面だけでも楽しめます。

特にラストで披露される「I Will Follow Him」は、有名な曲なので、耳にした事がある人も多いのではないでしょうか?

このように、全く合わない新たな環境に身を置いても、自分の生き方を変えず、周囲に影響を与えるデロリスですが「そもそも神聖な礼拝で、勝手にアレンジしたパフォーマンスをして良いのか?」という問題があります。

デロリスが加入して以降、聖歌隊のパフォーマンスが評判になり、人が集まるようになりますが、本当にそれで良いのでしょうか?

その問題点を主張する、作品内のキャラクターが修道院長となります。

修道院長は、外の世界を「恐怖」と語り、シスターとしての厳しい規律を守ってきた、保守的な考えの持ち主です。

これまで自由に生きて来たデロリスと、規律を重視して生きて来た修道院長、2人のやりとりは非常にコミカルですが「決して交わる事の無い、対極の価値観」という、重要なテーマが込められています。

本作が公開された1992年のアメリカは、人種問題や大統領選挙などで、古い価値観と新たな価値観が対立した時期です。

『天使にラブ・ソングを…』では、デロリスが聖歌隊に持ち込んだ、新たな価値観が認められ、これまで修道院長が信じて守ってきた、古い価値観が破壊されていきます。

これにより、修道院長は修道院を去る事を決め、デロリスは、これまで自由に振る舞ってきた自身の行いが、神聖で歴史のある礼拝を壊してしまった事を感じ、始めて反省します。

この場面は「多様な価値観を認める事の必要性」というメッセージが込められた、本作の印象的な場面となります。

そして、ローマ法王の前で披露される、ラストの讃美歌は、これまで対立してきた、デロリスと修道院長の、古い価値観と新たな価値観を共有させた、見事なパフォーマンスとなっており、作品を締めくくるのにこれ以上ない、名場面となっています。

まとめ


(C)Touchstone Pictures.

古い価値観と新たな価値観が共存する事の、重要性を描いた本作ですが、コメディー作品なので、難しい事は抜きにして、純粋に楽しめる作品でもあります。

小言を言い続ける修道院長と、のらりくらりとかわすデロリス、2人のやりとりは見ていて楽しいですし、ガラの悪い男たちが集まるバーに、シスターが入って踊ったり、カジノ内を大勢のシスターが走り回るクライマックスなど、シスターをテーマにした作品だからこその、コメディシーンも秀逸です。

デロリスという強烈なキャラクターが物語を引っ張り、圧巻の歌唱パフォーマンスの場面など、本作は見どころが満載で、鑑賞している間、楽しくて幸せな気もちになります。

公開から30年近く経過した現在も、さまざまな人に愛されている『天使にラブ・ソングを…』は、映画史に残る、最高のエンターテイメント作品と言えるでしょう。

関連記事

コメディ映画

映画『グーニーズ』あらすじネタバレと感想評価ラスト結末も。主題曲を歌うのはシンディ・ローパーで曲名は“グーニーズはグッドイナフ”

お宝求めて少年少女たちが大活躍!アドベンチャー映画のマスターピース お正月映画の目玉として、1985年末に日本公開され大ヒットとなった『グーニーズ』。 製作総指揮は、1981に『レイダース/失われたア …

コメディ映画

『ディアーディアー』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想レビュー

絶滅種と聞くと、その危機感以上に自然界のロマンを感じてしまう人は意外といるのではないでしょうか? ところが、絶滅したはずの動物がまれに人々の前に現れるケースもあるそうです。 実際、タスマニアタイガーと …

コメディ映画

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ感想と結末あらすじの評価解説。レオナルド・ディカプリオ演じる天文学者の皮肉だらけの地球消滅説

人類の最期通告を受けたら、あなたならどうするか何を信じるか、“誰”といるのか? 今回ご紹介する映画『ドント・ルック・アップ』は、レオナルド・ディカプリオ演じる落ちこぼれの天文学者とジェニファー・ローレ …

コメディ映画

『家族はつらいよ2』キャストとあらすじ!映画舞台挨拶情報や評価解説も

2016年3月に公開された『家族はつらいよ』の続編を、ふたたび山田洋次監督で贈る人情喜劇。 前作のヒットを受けて制作されたこの作品。あの平田家の愉快な面々は今回どのように描かれるのか。 山田洋次監督や …

コメディ映画

映画『100日間のシンプルライフ』感想レビュー評価。実話を大胆に脚色し超ミニマリスト生活へ挑戦する男たちを描く

2020年12月4日(金)映画『100日間のシンプルライフ』がヒューマントラストシネマ渋谷・有楽町、シネマート新宿ほかにて全国順次公開。 幼なじみでビジネスパートナーのパウル(フロリアン・ダーヴィト・ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学