Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2021/05/29
Update

映画『地獄の花園』ネタバレあらすじと結末の感想評価。バカリズムが豪華なキャストで描くヤンキーOLたちの派閥争い

  • Writer :
  • もりのちこ

電話対応にコピー取り、お茶っ葉の補充にデータ入力。
OLの世界は力がすべてなんじゃい!

バカリズムの奇想天外なオリジナル脚本を、星野源など人気アーティストのMVを手掛けてきた映像作家・関和亮が映画化。

バカリズム作品といえば、OLの思考や日常の会話を描き出した『架空OL日記』シリーズがありますが、あのOLは「堅気のOL」だった!?

その裏では、OLのテッペンをかけた、壮絶な派閥争いがおこなわれていたのです。日々、ケンカに明け暮れるOLたち。

そんなOL戦国時代にいながら、普通のOLライフを楽しみたいと願う直子(永野芽郁)。彼女は、果たして素敵なOLライフを手に入れることが出来るのか?

物語の主人公は、誰の手に!? 地上最強のOLを目指せして、いま戦いの火蓋が切って落とされる。映画『地獄の花園』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『地獄の花園』の作品情報


(C)2021「地獄の花園」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
関和亮

【脚本】
バカリズム

【キャスト】
永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、勝村政信、松尾諭、丸山智己、遠藤憲一、小池栄子、ファーストサマーウイカ、近藤くみこ、かなで、室井滋

【作品概要】
芸人バカリズムが、OLの日常を描いた『架空OL日記』の映画上映から1年。今作『地獄の花園』では、OLライフの裏に潜む壮絶な派閥争いの実態を具現化。

監督は、Perfume、サカナクション、星野源など多くの人気アーティストのMV製作で知られる関和亮。

個性豊かなOLたちを演じたのは、主人公・直子役の永野芽郁をはじめ、広瀬アリス菜々緒、川栄李奈、大島美幸、小池栄子ら豪華女優陣が集結。

それに加え、勝村政信、松岡諭、丸山智己、遠藤憲一らが扮する色物OLの登場がストーリーをより一層盛り上げます。

それぞれの凝りまくったビジュアルと、迫力あるOLケンカアクションに注目です。

映画『地獄の花園』のあらすじとネタバレ


(C)2021「地獄の花園」製作委員会

田中直子は、三冨士会社に勤める普通のOLです。デスクワークをこなし、同僚と社食ランチ、化粧直しをして午後も頑張ります。電話対応にコピー取り、備品も補充しないといけません。オフィスレディーは、忙しいのです。

とは、「堅気のOL」のこと。OL裏社会では、「地上最強のOL」を目指し、日々派閥争いが行われていました。ケンカ上等、今日も戦いのゴングが鳴り響きます。

現在の2大勢力、「狂犬の紫織」率いる佐竹一派と「悪魔の朱里」率いる安藤一派が鉢合わせました。「今日こそケリつけてやるよ!」「てめぇこそ、ピラティスできねぇ体にしてやんぞ!」。

この戦いを制したのは「悪魔の朱里」。しかし、そこにムショ帰りの「大怪獣悦子」率いる神田一派がやってきます。(株)三冨士のテッペンをかけた戦い。この戦いをも制した朱里は、三冨士のOL全派を牛耳るトップへと成り上がります。

一方、直子たち「堅気のOL」は、仕事帰りの買い物を楽しんでいました。途中、同じ会社のイケメン社員マツウラが、佐竹一派に絡まれている現場に遭遇。

見守る直子たちの前に、スカジャンを着たヤンキー女が現れ、佐竹一派をボコボコにしました。のちに、彼女は三冨士の新入社員として直子の前にもう一度現れます。

「カリスマヤンキーOL」北条蘭。彼女の噂を聞きつけた各派のリーダーたちは、次々に戦いを挑むも、蘭の圧倒的強さに打ちのめされていきます。蘭は、一気に三冨士のテッペンへと君臨します。

そんな蘭でしたが、普通のOLとしても良い奴でした。痴漢から守ってもらったのを機に、直子と蘭も次第に仲良くなっていきます。

「私って、マンガの主人公の冴えない友達って感じ」。直子は、蘭の主人公キャラに押され気味です。

展開はそんな漫画のように進みます。夜道をひとりで歩いていた直子が、何者かに連れ去られてしまいました。

犯人は、一部上場企業トムスンを牛耳るお局OL「魔王の赤城」一派です。直子を助けに駆け付ける蘭。赤城一派の三強「七色の拳を持つOL早苗」「下関の虎河豚OL麻里」「青い稲妻OL妙子」が、蘭の前に立ちはだかります。

「きっと蘭は、漫画の主人公のようにボスまで一気に倒してくれるに違いない」。直子はどこか安心していました。

以下、『地獄の花園』ネタバレ・結末の記載がございます。『地獄の花園』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021「地獄の花園」製作委員会

「まとめて全員かかってこいやー!」。蘭は、早苗、麻里と順調に倒していきます。あれっ?でも、結構ダメージ受けてない!?

妙子との戦いで蘭はとうとう倒れてしまいました。起き上がらない蘭。「嘘でしょ」。直子は慌てます。

赤城は、三冨士OL全派を手下に加えるため、幹部らを呼び出せと直子に命令します。面倒くさいうえに、自分は普通のOL生活をエンジョイしたいだけだった直子は、眠らせていた怒りが爆発。

瞳孔が開いた直子は、覚醒。そして、暴走。次々に赤城一派を全滅させてしまいました。直子の家族は筋金入りのヤンキー一家でした。それはもう悲しいぐらいのDNA。幼き頃から受けていたケンカの英才教育は、OL生活では封印していました。

「きさま、何者だよ」。「見て分かんだろ。OLだよ」。直子は、その場を蘭の手柄と見せかけ、こっそり帰ります。

その次の日から、蘭は会社を休み、姿を消してしまいました。そんなある日の昼下がり、(株)コムスンの赤城一派が仕返しに、(株)三冨士に乗り込んできました。

三冨士三大OL派閥のリーダー、朱里、紫織、悦子を持ってしても、赤城一派には適いません。おまけに赤城の後ろには、「地上最強のOL」と呼ばれる鬼丸麗奈が控えていました。

「早く、頭連れてこいや!」。「蘭は、今いねぇんだよ」。「ちげーよ、ナオとか言う奴が頭だろ?」。これにより、赤城一派を倒したのは、直子だったことが判明。

「ナオは、普通のOLなんだよ。巻き込みたくねえ」。朱里たちは、最後の力を振り絞り抵抗します。しかし、すでに玄関まで攻め入られてしまいます。

社食でのランチを済ませ、OLネムネムトークをしていた直子の元に、ボロボロにされた三冨士OLが助けを求めにやってきます。

直子は悩みますが、皆が戦っているのを知りながら放っておくことは出来ません。「あたしはさぁ、普通のOLさんでいたかったんだよ。全部台無し!全員殺してやる」。直子の暴走は止まりません。

そして、いよいよ頂上決戦。直子VS鬼丸。勝った方が、地上最強のOLとなります。それはもう壮絶な戦いとなりました。あまりの次元の違いに全OLが引き気味です。

戦いは、直子の勝利で終わりました。物語の主人公はやっぱり直子だったのです。OL界に、しばしの平和が訪れました。

そんな中、姿を消していた蘭は、ひとり修行に励んでいました。直子の強さを目の当たりにしていた蘭は、敗北感に打ちのめされていました。

これまでの人生、人に頼られ、人を助け、最強だけどちょっとドジな人気者として、主人公キャラを演じてきた蘭。

もう一度、主役に返り咲くために、伝説の「日本最初のOL」七瀬小夜の元を訪ねます。「OLの極意を教えてください」。

「お前のケンカはチンピラのケンカ。OLのケンカには“品”が必要なんじゃ」。小夜による厳しいOL修行が始まります。

のちに、小夜は直子の祖母だったことが判明しますが、蘭は熱心に修行に励みます。

OLとは生き様。己の生き様を見出した蘭は、再び会社へ出勤。直子に戦いを挑みます。「蘭、心配したんだよ。皆、もうケンカとかしないから」。

場違いなのは承知で、それでもケンカを仕掛ける蘭。この戦いは、OLのテッペンではなく、物語の主人公をかけた戦いなのです。

蘭のケンカに全力で答える直子。共に過ごしたOL時間が思い出されます。戦いは一日中続きました。まもなく終業の時間です。

互いのパンチがぶつかり、共に倒れるふたり。最初に立ち上がったのは直子でした。「また、明日ね」。「うん。お茶も行こうね」。「割り勘だよ」。また楽しいOLライフが始まる予感です。

起き上がれない蘭の元に、駆け寄る人物がいました。直子が、密かに恋心を抱いていたイケメン社員・マツウラです。

「負けちゃった」甘える蘭に、「会社はケンカが強いとか関係ないんだよ」と教えるマツウラ。「マジで!?」驚く蘭。「ケンカが弱くても愛してる」「私も」。

ケンカには勝った直子でしたが、やるせない気持ちが湧き上がります。「はぁーーー!? 完敗!」。

スポンサーリンク

映画『地獄の花園』の感想と評価


(C)2021「地獄の花園」製作委員会

バカリズム脚本による、空前絶後のOLバトルロワイヤル『地獄の花園』。華やかに見えるOLの世界。実の裏側は、血で血を洗う派閥争いの日々でした。

奇想天外なストーリーもさることながら、登場人物のキャラクターに惹き込まれます。それぞれの特徴を捉えたあだ名と、それでOL大丈夫?というビジュアルの濃さ。

そして、普通OLなら言うのを我慢しているであろう罵倒の数々。まさに「スカッとする」映画です。

日々、ケンカに明け暮れるOLたちですが、仕事に真面目な一面もあります。お茶ッ葉の補充、換気扇の消し忘れチェック、ゴミの分別はしっかりします。そのギャップがまた面白い

仕事が出来るOLほど、ケンカも強い。OLのケンカは、“品”が大事。OLとは生き様。なるほど、なんとなく奥が深そうなOL世界。精神を問い、心と体を鍛え、テッペンを目指す姿は、まるで格闘家のようです

それに加え、見ごたえ満載なのが、OLたちのケンカシーン。「女のケンカでしょ」とバカにしてはなりません。カッコイイ!んです。

ワイヤーアクションを取り入れた体当たりのケンカシーンは、男顔負けの大迫力となっています。

中でも主人公・直子を演じた永野芽郁は、本格アクション初挑戦となりました。クランクインの5ヶ月前からトレーニングを積んだという本気度が感じられます。

その他にも、個性豊かなOLたちを演じたのは、「あてがき」したかのようなハマリ役のキャストばかり

主人公・直子の前に現れる「カリスマヤンキーOL」北条蘭。演じたのは、広瀬アリス。これまでの可愛いイメージをぶち壊し、単純明快なガキ大将キャラを豪快に演じています。

コーンロウヘアに奇抜メイクで「悪魔の朱里」を演じたのは、菜々緒。そのスタイルの良さをふんだんに生かした派手なケンカを見せます。

「地上最強OL」に君臨する鬼丸麗奈役には、小池栄子が登場。地で行ってます!? 直子との頂上決戦では、見事なアクションを披露しています。


(C)2021「地獄の花園」製作委員会

鬼丸の手下たちには、勝村政信、松岡諭、丸山智己、遠藤憲一の女装組が勢揃い。違和感ないお局OLたちに笑いが止まりません

蘭に「雑魚は引っ込んでろ!」「ムダに尺取んなよ、中ボスがっ!」と、散々言われる雑魚キャラには、近藤くみこ(ニッチェ)、かなで(3時のヒロイン)の芸人コンビに、ファーストサマーウイカと、くせ者たちが場を賑わせます。

ヤンキーOLたちは、皆それぞれが愛すべきキャラばかり。出演者全員が、楽しそうに悪キャラを演じきっているのが伝わってきます。

まとめ


(C)2021「地獄の花園」製作委員会

華やかなOLの世界。その裏では、拳を戦わせる壮絶な派閥争いが巻き起こっていた。バカリズムが描き出す、OLバトルロワイヤル『地獄の花園』を紹介しました。

政界から一般企業まで、どこの世界にもある派閥争い。OLの世界も例外ではありませんでした。OLのテッペンを目指し、とにかく勝て! OLの世界は力がすべて。

明日会社に出勤したら、嫌な社員に言ってみましょう。「雑魚は、引っ込んでろ」と映画鑑賞後は、言葉使いにお気を付けください

明日の仕事のこと、厄介な職場の人間関係はひとまず忘れ、映画『地獄の花園』で思いっきり笑ってストレス発散してください




関連記事

コメディ映画

映画『ロシュフォールの恋人たち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『シェルブールの雨傘』に続いてジャック・ドゥミが撮ったミュージカル映画『ロシュフォールの恋人たち』。カトリーヌ・ドヌーヴとその実姉フランソワーズ・ドルレアックが双子の姉妹を演じています。 以下、あらす …

コメディ映画

【妻ふり映画】あらすじとキャスト!『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー! ネットで有名なYahoo!知恵袋。そこにあげた投稿から始まった伝説のコミックエッセイを、榮倉奈々×安 …

コメディ映画

Netflix映画『ザ・ランドロマット』ネタバレ感想と評価考察。実話事件パナマ文書流出に隠された意味をソダーバーグ監督が問う

結婚40周年の代償が、世界規模で起こった「正直者が馬鹿を見る」巨大違法取引の巻き添えに…それは詐欺事件だった!? 今回ご紹介する『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』は、お金に関する実際に起きた事 …

コメディ映画

映画『八王子ゾンビーズ』あらすじと感想考察レビュー。舞台に続いて山下健二郎が踊り出すゾンビコメディ

映画『八王子ゾンビーズ』は2020年7月17日(金)全国ロードショー    映画『八王子ゾンビーズ』は、放送作家として多数の人気番組・ドラマを手掛けた鈴木おさむが、原作・脚本・監督を兼任した、歌って踊 …

コメディ映画

映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』|あらすじと感想レビュー。キャストの長澤まさみに加え、劇場第2弾では白濱亜嵐&関水渚&古川雄大らも参戦

長澤まさみ主演の『コンフィデンスマンJP プリンセス編』2020年7月23日(木・祝)より公開。 映画「コンフィデンスマンJP 」シリーズ続篇『コンフィデンスマンJP プリンセス編』。監督は田中亮、脚 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学